FC2ブログ

西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ボルネオ島タビン野生動物保護区~初日②

タビンワイルドライフリゾート到着後、周辺の森を軽くウォーキング☆

僕らにはHIS現地日本語ガイドのティムさん、ネイチャーガイドさん、そして
その助手(見習い)ガイドさんの3人が付いてくれるという鉄壁の布陣☆

ネイチャーガイドさんが森のこと、生き物のことを詳しく解説してくれ(英語)、
ティムさんがそれを通訳してくれます。
赤いシャツの見習いさんは後の車でのツアーで素晴らしい働きを見せてくれます。
DSCF3272.jpg

このタビン滞在2日間と少しの間、すごくたくさんの生き物たちと出会います。
英名が分かるもの、和名が分かるもの、両方分かるもの、名前不明のもの・・・。
分かる範囲で記載していきたいと思います。


ガイドさんが木を指差しました。
ブタオザルの登場!
顔がブタ夫・・・ではなく、尻尾がブタのように短いことから名付けられました。
IMGP3261.jpg
・・・(笑)
ガイドさんによればオス同士だそうな。
下の子の“なに見てんだよ”って目線が笑えます^^
何となく親しみやすいのは、ニホンザルに似ているからでしょうか。
IMGP3266.jpg

ここでは長い尾のカニクイザルも一瞬だけ目撃!
IMGP3263.jpg


あっと!サイチョウだ~!
野生のサイチョウだ~!!ライオンキングのザズーですね^^
IMGP3607.jpg
何かを見つけると、ガイドさんが本で解説してくれます。
これは『Oriental Pied Hornbill(カササギサイチョウ)』。
ホーンビルというのがサイチョウの意味のようです。
ダメダメ写真だけど、野生サイチョウの記念すべき一発目ということで。
DSCF3277.jpg

このトカゲは皮膜を広げ、ヒューンと飛べるんだそうです。
IMGP4175.jpg

2種の赤いトンボの競演☆
IMGP3254_20120705153426.jpg

遠くの木にいるのは・・・?
P1010812.jpg
先日、日本でやっと初見したばかりのブッポウソウじゃないか~!
こんな、いとも簡単に・・・^^;
P1010814.jpg

ホテル周辺を歩いただけで、楽しい~!
ボルネオの自然度を早くも味わいました。
そしてランチタイム~♪

食事専用の棟でいただきます。
ブッフェスタイルで、白いご飯と、鶏のカレー煮込み、蒸し魚、
野菜の炒め物が2種。
P1010817.jpg

イスラム教、ヒンドゥー教などの関係で食事は鶏肉、魚、野菜が中心。
P1010819.jpg
トマトスープもあって、どれもとっても美味しい~♪
P1010820.jpg
デザートは新鮮なフルーツと、ヨーグルトにコーンが入ったもの。
P1010824.jpg

お客はアジア人は僕らだけで、西洋人の方がほとんど。
10人程の団体と、夫婦(またはカップル)が5組ほど。


食後はしばらく部屋で休んだり、食事棟のテラスでのんびり。
でも、どこにいても鳥とかいっぱいだから僕ら2人共に
鳥レーダーが働いてしまって、実はのんびり出来てなかったりして・・・^^;
P1010828.jpg


つづく

ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 01:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボルネオ島タビン野生動物保護区~初日・タビンワイルドライフリゾート

1日目は成田~クアラルンプール~コタキナバルと飛行機を乗り継ぎ、
コタキナバルのサバ・オリエンタルホテルに宿泊。

2日目(タビン初日)は4:00起床。

5:00。
ホテルに迎えに来てくれたのは日本語ガイドのティムさん。
彼はH.I.S.の現地スタッフで、これから旅行終了までずっと
付いていてくれます。
よろしくお願いしまーす☆

7:00。
ティムさんと僕ら3人でコタキナバルから飛行機に乗りました。
人生初のプロペラ機!
DSCF3209.jpg

朝もやの山間に一際目立つキナバル山です。
DSCF3222.jpg

7:55。
約1時間のフライトでラハダトゥへ。
空港からのホテルの車には退役軍人の老夫婦、僕らと(たぶん)同じ位の年代のご夫婦と。
(期間中の車でのネイチャーツアーはずっとこの外国人の方達と一緒でした。)
DSCF3230.jpg
途中から未舗装の道が続き、ガタガタに揺られる!
茶は座席から浮き上がってましたよ(笑)※酔い止め飲んでおいてヨカッタ~^^;

どこから動物保護区内なのか分からないけど、たまに人家が現れる。
子供が手を振ってくれたりします^^
道途中には広大なアブラヤシのプランテーション。
DSCF3242_20120704181157.jpg


車に揺られ1時間半後、タビン野生動物保護区内のホテル
『タビン ワイルドライフリゾート』に到着しました~!!
右はティムさん、左は僕らを担当するホテル常駐のネイチャーガイドさん。
Apa khabar!(アパ カバール=初めまして)よろしくお願いしまーす!!
DSC_0069.jpg
このワイルドライフリゾート、どんなものかと思っていたら
周囲の景観に配慮した造りの、とっても居心地が良さそうなホテル。

チェックインして、まずは部屋へ。
客室の各棟はリバーサイドと山側にそれぞれ存在し、僕らは山側のお部屋。
ウッドデッキを歩き、
P1010830.jpg

階段を上がります(これが意外と大変^^;)。
オレンジ色の重いトランクを運んでくれているのは若い従業員のお兄ちゃん。
マレーでは基本、チップは不要です。ありがとね~。
DSCF3259_20120704194955.jpg

緑に包まれた客室。
“森に住んでいる”感じがします☆
DSCF3261.jpg
中は広ーい!ベッドは3台。5~6人は泊まれそうです。
P1010726.jpg


ジャングルの中にあるワイルドライフリゾート。周辺は手付かずの原生林、
二次林、アブラヤシのプランテーションで構成されています。
『タビン野生動物保護区』は近年まで研究者しか訪れなかったようなところで、
マレーシアのガイドブックでも載っているものは少ないです。


荷物を置いて、早速!
ガイドさんと軽いジャングルウォーキングに出かけました。
吊り橋を渡って、密林へ!
IMGP3223.jpg

見たことの無い植物がたくさん!
DSCF3269.jpg

ひらひらと風に身を任せるように飛ぶ優雅な蝶でした☆
IMGP3226.jpg

ボルネオゾウの足跡!!普通に居るんだ(笑)。
旅行中に会えるかな~?
P1010745.jpg

ミミズが泥を吐いて造った塚。
P1010741.jpg

トカゲも、
IMGP3305.jpg

鳥も、見たことない生き物ばかり!!
いきなりすごい刺激を受けました☆
P1020873.jpg

つづく

ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ボルネオ島!

ボルネオ島、タビン野生動物保護区訪問。

ワクワクの当日がやってきました!
吉祥寺からバスで成田空港。
サングラスかけてリゾート気分でいる人がいますが、
今回はハワイやJEEP島のようにはいかないからな!(笑)
DSCF3161.jpg

午前10:30。マレーシア航空にて成田を出発。

16:45マレーシアのクアラルンプール着。
想像していたよりも大きい空港!
DSCF3179.jpg
空港内にジャングルボードウォークがあって、少しだけ気分を味わえます。
まぁこれから本物のジャングルに行くんだけどね^^
DSCF3173.jpg

2時間のトランジット後、乗り継ぎで19:00にクアラルンプールを発します。
時間的にこの日の夕食は機内食に。チキンのカレー風味、旨いですね☆
DSCF3187.jpg


21:35、ボルネオ島サバ州の玄関口といわれる都市コタキナバルに到着。
この日は空港から車で10分程のサバ・オリエンタルホテルに泊まります。
DSCF3192.jpg

H.I.S.からのプレゼントはレインコートや名物のナマコ石鹸など。
その中に“ヒルソックス”なるものが!さすがボルネオのネイチャーツアー。
使うことはあるのか!?血ィ吸われてしまうのか!?
DSCF3200.jpg

期待と不安(は全然無いけど)を胸に眠りにつきました☆
朝、早いんだ~・・・

つづく

ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 01:50 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

マレー語

6月にGWの振替休日をいただき、マレーシア・ボルネオ島へ行ってきました。


旅の計画では、当初第一候補だったのが「ウィーン・プラハ8日間」。
ところが、どこでどうなったのか行き先はマレーシア、ボルネオ島。
タビン野生動物保護区へ訪問という全く違った場所に(笑)。

ヨーロッパは茶が行ったことないので候補だったんだけど、
宮殿や古城観光がメインで移動で1日が終わってしまったりするし、
この先いつでもいけるから、と。(これはこれで魅力的なんだが)

僕らの好きなネイチャーツアーで探し直したところ、
H.I.S.のエコツアー『ボルネオ島タビン野生動物保護区5日間』を
発見し、野生児な僕らはこちらに決定(笑)!!


かつてイギリス統治下にあったこともあり英語が通じるんだけど、
せっかくだから最低限の挨拶とかはマレー語で話そうと、
ちょっと学習していきました。(て、英語も話せないんだが^^;)


〇はじめまして/お元気ですか?=Apa khabar?(アパ カバール)

〇おはよう=Selamat pagi(スラマッ パギ)

〇こんにちは=Selamat tengahari(スラマッ トゥンガハリ)

〇こんばんは=Selamat petang(スラマッ プタン)

〇おやすみなさい=Selamat malam(スラマッ マラム)

〇さようなら=Selamat tinggal(スラマッ ティンガル)


スラマッシリーズ(笑)は普通に覚えていくしかない。
他の言葉は、妙な語呂あわせを使いました^^

〇ありがとう=Terima Kasih(トゥリマ カシ)
 トリマー(トゥリマ)が菓子(カシ)をくれてありがとう。

〇いくらですか?=Berapa?(ベラパ)
 ブラ(ベラ)とンティーはいくらですか?

〇おいしかったです=Sedap betul(セダッ ブトゥル)
 おいしくて(食べすぎて)背が(セダ)太る!(ブトゥル) 無理な日本語・・・^^;


コタ・キナバルの屋台などで注文する時に

〇焼く=bakar(バカー)
 焼くバカ

〇煮る=rebus(ルブス)
 煮るブス

〇蒸す=kukus(ククス)
 蒸すクス

〇揚げる=gorenng(ゴレン)
 これ(ゴレン)あげる

焼くバカ、煮るブス、蒸すククスは語呂が良くてこのまま覚えちゃった。
言葉は悪いんだけどね(笑)。
何とかゴレンて料理は日本で知ってるからこれも覚えやすい。


〇トイレ=Tandas(タンダス)
 痰出す・・・これもそのまんま・・・ばっちい^^;

〇助けて!=Tolong!(トロン)
 これは語呂も何も無い、すぐ覚えました。
 トロンなんて言う事態になりたくないな、と思っていたら、どうやらTolongは
 何かして欲しい時、頼み事などする時に使うようで、例えば
〇お勘定をお願いします=Tolong kira(トロン キラ)
これは最終日、コタ・キナバルのレストランで使いました^^


他にもいくつか覚えましたが、さてその成果は??
P1020466.jpg


ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |