FC2ブログ

西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

JEEP島~2日目③キミシマ環礁

下からボートを見上げてみた。
スノーケル組の人たちと手を振り合って。
「行ってきまーす」
DSCF0520.jpg

上からも写真を撮ってくれてました!泡が迫る面白写真^^
(この画像はKご夫妻より頂戴しました☆)
-10.jpg
ここで僕が撮影してるのは下↓の画像。

潜行する茶。
その深い青の中に吸い込まれていくかのよう・・・
しばらく、この切り立った崖のような風景に沿って泳いでいきます。
DSCF0526.jpg
深い。本当に深い!
海の底の方は見えません。海中大冒険!

砂地に出ました。
チンアナゴたちがお出迎え!
DSCF0542.jpg

前方を指し示す柴崎さん。
「うおー!!」
ナポレオンフィッシュ!!
DSCF0546.jpg
ちょっと遠くて写真の写りは悪いけど、遠目にもその大きさは
十分わかりました。初ナポレオン、嬉しかったぁ~♪

大物に遭遇する可能性が高いというキミシマ環礁の海。
そんな海は僕たちの好奇心を最大限に引き出してくれます。
DSCF0550.jpg

アオマスク(顔が青いから付いた名前だろーなー^^)、そして
下にちょこちょこいるのは・・・
DSCF0570.jpg
僕の好きなハタタテハゼ!カップルですね☆
DSCF0577.jpg

茶も楽しそうだな~☆
DSCF0539.jpg
色鮮やかなハナゴイの群れ。
DSCF0594.jpg
波:なし
水温:30度
透明度:50m(すっげー!)
最大水深:28m
潜水時間:43分


ポチッとお願いします☆

| JEEP島 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JEEP島~2日目②

JEEP島ハウスリーフでの僕と茶。
(スノーケリング中のKご夫妻より画像をいただきました)-7.jpg


早朝ダイビングとかけっこでお腹ペコペコ。
あっという間にパンが無くなりました^^
RIMG0155.jpg
食後はガイドの柴崎さんから今日の予定を。
僕が一番行きたいと思っていた、キミシマ環礁へ!ワクワク☆
RIMG0161.jpg


サンゴ礁からなるJEEP島。白い砂浜がまぶしい!
IMGP0109.jpg
ジープ&ビキニと、柴崎さんJr、ソーダイ君。
IMGP0107.jpg
ソーダイ君と、シノ&リペルの孫娘ハナヱちゃん!
この2人は滞在中、僕のよき好敵手でありました(笑)^^
朝からこの元気!僕も朝から走りまくり!(よく遊んだね~)
IMGP0116.jpg


ボートからJEEPのサンゴを見るとこんな感じ。壮観だな~。
ではキミシマ環礁へ向けて出発!
IMGP0130.jpg

イルカがボートの先頭を誘導するかのように泳いでいきます☆
IMGP0157.jpg
カワイイ小島があったり。「あれ、俺の島」なんて言ってみたい^^
IMGP0173.jpg


ボートで約50分。ここがキミシマ環礁!
IMGP0227.jpg
なんなんだ~この青さは~!?
世界一美しい、とも言われている“キミシマ・ブルー”の海が広がっています☆
魚も上からまる見え!
IMGP0223.jpg

スッゲ~もう感動モノだね。早く潜りたい!
IMGP0235.jpg
高鳴る鼓動。
PA190983.jpg
潜行開始~!うっひょ~♪
PA190989.jpg
(夢人島の一部のお客様にはおなじみ、大サービスの図^^)


ポチッとお願いします☆

| JEEP島 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JEEP島~2日目①

二日目の朝がきた!!
RIMG0151.jpg
明るくなり、自然に目が覚める。
生き物本来の生活をしているんだな~。
(普段の生活がいかに不自然かということね)

流れついた椰子の実ひとつ。
IMGP0085.jpg

JEEP島の一日の始まり。今日も天気は良さそう!
IMGP0091.jpg
まだ寝ている人たち(笑)
RIMG0138.jpg
それとは逆に、砂に足跡つけて寝に帰るヤドカリたち。
RIMG0150.jpg

今日は朝からダイビング!
JEEP島の周りのハウスリーフを潜る早朝ダイビングです。
朝早いと透明度もバッチリ!気持ちいい~♪
DSCF0489.jpg

クマノミさん、おはよう~!
DSCF0391.jpg

島の周りはサンゴ礁を住処とする魚たちのパラダイス!
DSCF0417.jpg
クロユリハゼのカップル☆
DSCF0428.jpg
魚と一緒に泳いでいると、幸せな気持ちになってくる。
DSCF0446.jpg
悠然と泳ぐ大型のサメ、ツマジロ!
DSCF0463.jpg

グレートバラクーダ!群れでいる写真を見たことはあるけど、
こいつは単独でした。カッコイイ魚です。
DSCF0470.jpg

陽光をいっぱいに浴びているサンゴたち。サンゴの息吹が聞こえてくるかのよう。
DSCF0504.jpg

一日のスタートとしては、マジ最高ですな!!


ポチッとお願いします☆

| JEEP島 | 00:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JEEP島~初日④

時計なんか要らないJEEP島生活。
太陽や月が、時の流れを教えてくれます。
IMGP0010.jpg

誰かが「あっ、サメだ!」
波打ち際に普通にサメがいます。もちろん何の害も無い大人しいサメ。
自然の中にいることを実感。
IMGP9996a.jpg
こちらJEEP島常駐の(笑)、ミツスイ。
IMGP0038.jpg

人にナデナデされるのが大好きなビキニちゃん☆
RIMG0089.jpg
僕らの洗濯物と、ジープ君。ここが定位置みたい^^
洗濯物は一晩で完全に乾きます♪
IMGP0034.jpg

ジープでは水は超貴重。
体を洗うのは大きいバケツの水、ひとり一杯。
自然に優しい成分のシャンプー持参で、頭を洗う。
体はザッと流す程度。それで十分。
バケツ一杯で足りるのか?と思っていたけど。余るくらいでした。

やれば出来る、節水。
水の大切さも改めて実感しました。


おなか空いた~!いい匂いがしてきた!
ハンバーグに「Welcome to JEEP
RIMG0096.jpg
外で、みんなで団らんしながらの夕食。
RIMG0098.jpg
ビールが一段とうまい!!
ハンバーグカレー、美味しい!!日本で食べるのと変わらん♪
RIMG0101.jpg
JEEP島常駐のスタッフには、ガイドの柴崎さん一家の他に現地人のシノ&リペル夫妻が。
毎食の準備をしてくれるのは、奥様のリペル。
長い間、日本食を手がけているだけあってさすがの美味しさ☆
おかわり~^^


夜。
たくさん這い出してきたヤドカリたちが遊び相手^^
RIMG0119.jpg

JEEP島にはもちろん電気は引いてないので、夕方6時から夜10時まで
発電機が稼働します。電灯が点くのはこの間だけ。
カメラのバッテリー充電などもこの時間に出来るんです。

灯りが消えた後も、月明かりでよく見えます。
IMGP0048.jpg
月が沈む瞬間は生まれて初めて見るもの。
夕陽のような色に変化しました。
IMGP0069.jpg
すごいなぁ~。
自然って。


さ、ビーチチェアーに枕と掛け布団で、外で寝ましょー♪
波の音を聞きながら、満天の星空を見ながら、
いつの間にか・・・ZZZ


ポチッとお願いします☆

| JEEP島 | 01:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JEEP島~初日③

沈船「富士川丸」は、映画「タイタニック」で船が沈んだ場面が
撮影された場所でもあります。
船首で、お約束の場面の再現!
DSCF0298.jpg
僕、腰に手を回さなきゃいけないのにワキにやっちゃいました。
これじゃ羽交い絞め状態!?
捕まった人みたい。失敗、失敗。ガハハ


大砲のテレグラフは、今でも手で引くことができます。
そこには製造された「兵庫県」「大阪」などの文字が。
DSCF0301.jpg

甲板には、当時のガスマスクや救急箱、水筒、鍋の蓋、酒瓶など。
DSCF0287.jpg

人間が忘れてはならない戦争の跡が、この海には沈んでいました。
DSCF0288.jpg

そんな富士川丸を今ではソフトコーラルが優しくつつみ込み、
たくさんの魚たちのゆりかごとなっています。
DSCF0302.jpg
ハナビラクマノミの棲家。
DSCF0292a.jpg

やはり迫力ありますね。
DSCF0320.jpg
色々な意味で貴重な存在となっている富士川丸。
ダイビングポイントとしても非常に楽しかったです☆
DSCF0324.jpg
水面:なぎ
波:なし
水温:30度(温か~^^)
透明度:15m(このポイントにしてはちょっと良くない)
最大水深:21.9m
潜水時間:43分


さてJEEP島へ戻ったのは夕方だけど、もう一泳ぎすっか!
シュノーケリングを楽しみます☆
DSCF0346.jpg
サンゴ群がキレイ。
DSCF0363.jpg

夕飯までの、ゆったり寛ぎの時間☆
IMGP0006.jpg
茶は大好きなヤドカリと戯れる。
IMGP0022.jpg


ポチッとお願いします☆

| JEEP島 | 01:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JEEP島~初日②

お昼は、BLRのお店で買ったお弁当。ご飯に、鶏の足というシンプル弁当。
骨は、お待ちかねのジープ君にあげました!^^骨を見る目つき、尋常じゃない(笑)
DSCF0240.jpg
暑いんだけど、全く不快じゃない。
木陰は涼しいし、とっても過ごしやすいんです♪
IMGP9990.jpg


一周徒歩約4分の小さなJEEP島。
ゲスト用にこの8人用のコテージと、5人用のコテージが建っています。
IMGP9983.jpg

今回の参加者は僕ら2人の他にもう一組ご夫婦と、
なんと一人旅の女性が3人も。合計7人。
8人コテージは女性5人が、5人コテージは男性2人で使用しました。

と言っても、朝から夜までずっと外で過ごしていたので
コテージは着替えと荷物置き以外にほとんど使わなかったけど!
(なんと寝るのも外!)


一休みしてから、JEEP最初のダイビング!場所はボートで10分の
有名ポイント「富士川丸」。僕らは初めてとなる“沈船ダイビング”です☆
IMGP9984.jpg


グアムに近いこのトラック環礁には、今でも戦争の爪痕が多く残っています。
「富士川丸」もその一つ。

運搬船として活動していた富士川丸は魚雷を受けて撃沈され、133mの船体と
備品類など多くはそのまま残されています。

マストを下から見上げると、十字架のように。
DSCF0250.jpg

魚群の多いことでも知られる富士川丸。
群れが迫ってきた~!
DSCF0257.jpg
迫力のギンガメアジ!
DSCF0259.jpg
イソマグロ。
DSCF0267a.jpg

富士川丸の左舷廊下へ入っていきます。ちょっとドキドキ。
DSCF0274.jpg
男性用小便器。原型を留めており、当時の様子が窺い知れます。
DSCF0277.jpg
エンジンルームには、陽の光が差し込んで幻想的。
DSCF0280.jpg

エンジンルームを横切り、船首へ。
DSCF0282.jpg


ポチッとお願いします☆

| JEEP島 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JEEP島~初日①

グアムからチューク空港に到着したのは午前9時35分。
RIMG0031.jpg
暑い~!さすがは赤道近くだ!
RIMG0032.jpg

迎えの車に乗ってホテルBLRへ向かいます。

チューク、モエン島の、いわばメインストリート。
ガタガタのデコボコ道。
最近ようやく舗装工事に着手したそうだけど、完成は7~8年も先だって。
RIMG0035.jpg
みんなこっちに手を振ってくれるし、振れば返してくれる。
陽気な人たち☆


ホテルBLRはダイバーも多く訪れるリゾートホテル。
ここで、JEEP島で数日を共に過ごすお仲間たちと、
常駐スタッフである柴崎さんご一家と合流しました☆
よろしくお願いしまーす!!

ホテルに隣接するお店で今日の昼ご飯や3泊分の水、ビールを買い込みます。
既に水着着用~!
RIMG0037.jpg

ボートに乗って、いよいよJEEP島へ向けて出発!
RIMG0041.jpg

突っ走ること30分。
あっ見えてきた!あれがJEEP島だ~っ!!
RIMG0068.jpg
上陸前から感無量。
ついに来ちゃったんだね~☆
DSCF0231.jpg

早速、船の上で記念写真♪
RIMG0073.jpg

島をよくよく見れば・・・出迎えてくれたのは人、ではなくワンちゃんたち!
JEEP島犬のジープ♂とビキニ♀!初めまして~☆
RIMG0076.jpg
ビキニの遠吠え。歓迎のファンファーレのよう(勝手な思い込み)☆
DSCF0233.jpg
初上陸~♪早くも美しい海に魅せられちゃってます!
RIMG0079.jpg
これからどんな島生活が待っているんだろう!?


ポチッとお願いします☆

| JEEP島 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JEEP島へ!!

僕たちがJEEP島の存在を知ったのはもう3年も前のこと。

ビデオを観て、「すごい!!こんなところへ行ってみたいなぁ~」という
以前からの思いを、ついに!実現させました☆


このJEEP島公式ホームページを見て、期待を胸に膨らませます。
(僕のブログではここまで詳しく書かないので興味のある方は熟読ください)

そしてとても参考になるのがmixiの「JEEP島からの贈り物」というコミュ。
JEEP体験者の方の話や、JEEP常駐の日本人スタッフ、柴崎さんのタイムリーな
現地話など、旅行に際して大変助かりました☆


では公式ホームページを参考に、とりあえずザッとJEEP島のプロフィールを!


国名はミクロネシア連邦チューク州(公用語は英語)
時差は日本の+1時間
ミクロネシア連邦の、世界最大とも言われているトラック環礁には
大小数多くの島があり、JEEP島はその中のひとつになります。

気候: 気温・水温ともに一年を通じて平均28~30℃。
湿度は低く過ごしやすい。
雨季・乾季の区別なし。
ベストシーズンと言える期間は特になく、一年中安定。
低気圧が発生して天気が崩れる時はあるが、 台風の心配はなし。



そして行き方は、
成田からコンチネンタルミクロネシア航空でグアムまで3時間半。
(僕らは日曜夜の出発便だったので、グアム空港で7時間のトランジット)

そして飛行機を乗り換えてチューク(トラック本島のモエン島)まで約1時間半。
チュークの空港から車で約20分で、ホテルBLRに到着。
このBLRからボートで30分~40分で、目的地JEEP島に到着です!



ホテルBLRに泊まってJEEP島へ船で出かける、という選び方も出来る
わけですが、そんなことをしたらJEEP島の本当の魅力は味わえません。
僕らは迷わず「JEEP3泊」に!!
(乗り継ぎの都合上、最終日はグアムに一泊しました)


10月17日(日)、午後8時50分成田発、グアム行き。
RIMG0007.jpg
キャリーバッグは既に預け済み。
手荷物はお互いの背にマスク、スノーケル、フィン、ブーツ一式。
僕のバッグはほとんどがカメラやハウジング。
いざ出発~!!


3時間ほどでグアムに到着。時差+1時間、もう深夜です。
ここからチューク行きの飛行機に乗り換えだけど、その出発まで
7時間近く待たなきゃなりません。
(日曜の早い便だと、すんなり行けますが^^;)

軽食屋とか免税店は一晩中開いてるけど、7時間も時間を潰すには
寝るしかありません。てゆーか、寝る時間だ。
こんな具合に、待合席の手置きの無い所を使って寝床を確保。
(床に寝る人もいるようだけど、ちょっとそれは出来なかった)
RIMG0012.jpg
じゃあ、おやすみなさーい・・・


一晩中、空港内には音楽が響き渡り。
「荷物のそばにいてください」ってアナウンスをしつこく流したり。
眠れねぇ~っ!!(◎v◎)ホー
RIMG0016.jpg

う~、まったく眠れなかった・・・


後で聞いた話、空港では乗り遅れる人を出さぬよう寝かさないように
してるんだって!

一睡もせずに朝が来た!待ちわびたチュークへの出発便☆
RIMG0019.jpg

グアム空港で軽く腹ごしらえ。たぬきうどんをススル。
RIMG0021.jpg
ごく普通のたぬきうどんだが、海外の空港でごく普通に食べられるとは。
7$とお高いですが、普通に美味しいです。


以降、写真整理と時間があり次第、JEEP島旅行記を付けていきたいと思います☆
また長くなるので中断もしながらゆっくりと・・・


ポチッとお願いします☆

| JEEP島 | 01:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |