西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2月・日帰り鳥見旅1

指のケガを恐れて、スノーボードをやらなくなって6~7年。
以来、寒がりなせいもあり、冬の外出は温泉とか物産展とかが多かった。


でもバードウォッチングに目覚めてからは
美しい風景や生きものたちが僕を冬の自然のフィールドへと導いてくれます。


てなわけで早朝の汽車に乗って、ひとり日帰り鳥見旅。
冬鳥を探しに歩いてきました。
すごくいい天気☆
P1020906.jpg

本格的に野鳥探しをするようになって約5年。
今回はその中でも最高と言っていい1日となりました。
マナーにのっとり場所は伏せさせていただきます。


ヤドリギの下には、レンジャクの粘っこいフンがたくさん。
ご本人とは会えませんでしたが、ひとり顔がニヤついてしまいます。
P1020893.jpg


散策開始してすぐに目の前を“赤い鳥”が横切る!
むぉ~気付くのが遅かった・・・
悔しさのあまり茶にメール(笑)。


再び歩を進めると、明らかにカラ類ではない、少し高い声・・・
立ち止まって、しばらく待ってみました・・・

枯れ木、枯れ枝、白い雪の中に、鮮烈な赤色が目に飛び込んできた!
オオマシコだ!(初見・初撮影)
P2200100.jpg

いきなり本命の鳥が現れて興奮!
P2200169.jpg

成熟した真っ赤なオスのオオマシコが2羽。
P2200180.jpg

あちこち移動しながら実をついばみ、こちらへ近づいてきました♪
P2200678.jpg

初めて見るオオマシコ。
これほど、これほど赤いとは!
ベニマシコのピンクよりもバラ色、真紅。
図鑑や他の人の写真で見るよりメタリックな感じ。
P2200694.jpg

雪が似合います。僕のお気に入りの一枚☆
P2200687.jpg

遠くシベリアから越冬のため渡ってくるオオマシコ。
P2200700.jpg
オオマシコやレンジャクなど、渡りの鳥の中にはその年によって
渡来数が大きく変わる種類もいて、全く見られない年もあります。
今年は冬鳥の当たり年だったようですね。

白い銀白色のあごヒゲ?が目立つ十分に成熟したオスは数少ないそう。
P2200723.jpg

雪の上に座り込んで食べてます^^
P2200731.jpg

枝かぶりの写真ばかりで中々満足な撮影は出来ませんが、
愛らしい姿をたっぷり観察しました♪
P2200728.jpg

喜びのあまり茶にメール(笑)


つづく

ポチッとお願いします☆

関連記事

| バードウォッチング | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/964-e7e78f40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT