西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

陸前高田市、津波に耐えた『奇跡の一本松』が枯死してしまったのを
元通りに復元し、保存することになりましたね。

ニュースで見ました。
「震災復興のシンボルとして残すべき」という声、
「枯死したんだから寝かせておいてあげるべき」という声、
僕は両方ともうなずけます。

僕は被災者じゃないので身勝手な意見にすぎないけど、
人は目に見えなくなると忘れるもの。

松には立っていてほしいです。


全く話は変わるけど、僕たちも大切な“樹”を失いました。
庭の雑草の手入れのため母が呼んだ植木屋が、
僕らの結婚記念樹である桃の木を処分してしまいました。

2008年、山梨の武田神社にて挙式した際に買い、
庭に植えていた桃の木。

信じられない気持ちです。
何が信じられないって、よくぞ勝手に引っこ抜いて処分したものです。

植木屋は店にまで来て謝罪をし、代わりに何かという話をしてきたけど
僕は「いらない」と言った。

代わりに、って問題ではないし、庭には自分の気に入った樹を植えたいから。

以後、人を悲しませるような仕事はしないでね、って気持ちです。
もうウチには呼ばないけどね。


ポチッとお願いします☆

関連記事

| 未分類 | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/875-7ebd2943

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT