西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏の信州・松本城~安曇野花火大会!

定休日である火曜日に開催される花火大会は、少ない。
しかし都心の花火大会以外で色々と調べてみると、
8月に長野県安曇野の花火大会を発見!
しかもうまい具合に第3水曜との連休に重なっているじゃないですか☆
すぐに特急とホテルを予約しました☆


立川から特急あずさ。
こんな展望席もありました♪
P1040788.jpg


松本駅に到着したのは午前11時30分。
すぐに予定していたお店へ向かいます。

うなぎ、寿司の『しき美 松本駅前店』は、徒歩2分ほど。
すでに店先からは美味しそうなうなぎの香りがぁあっ!
P1040795.jpg
お店のHPによると本店は安曇野にあり、その清冽な水でうなぎを活かし
身を締めているとのこと。
しき美の店主さんに伺うと、うなぎは諏訪湖近くの名産地、岡谷のもの。

うな丼!ふたを開けて歓声でました(笑)美味しそう~!
P1040791.jpg
肉厚ですごく身が締まっており、皮は香ばしくパリパリ!
うなぎ本来の身の弾力がとてもよく感じられます。
炭火で焼き上げた匂いが胃袋を刺激します。
タレは甘めで、このうなぎによく合ってる。
めちゃくちゃ美味しい!!

関東風に蒸さずに焼く食べ方は僕たち初めてでしたが、
個人的にはこっちの方が好きになりました☆

茶に言わせれば「今までのうなぎは何だったんだ」くらいのものでした。
うなぎの新境地に達した思いです^^
こんなに美味しいのに、お店は空いていて不思議。
再訪が楽しみな『しき美』さんでした♪


さて花火大会まで時間があるため徒歩10分、国宝・松本城へ。
いやぁ~、久しぶりに見る雄姿!何年ぶりになるかな。
IMGP5974.jpg
この雄姿(天守)は徳川時代になってからのもの。
元は一帯の地名に残っている“深志城”といい、戦国期は信濃守護・小笠原氏の
支城であったのを、我が遠祖信玄公の小笠原討滅により武田の前線基地に。
山本勘助の縄張りにより改良され、重臣・馬場信春が城将となりました。
IMGP5980.jpg
中に入りたかったけど、入城(入場)90分待ち!
ひえー、どっかのアトラクションかよ!って^^;
想像はしてたけど、さすがお盆休みだねー。
矢狭間から、コンニチハ(笑)☆
P1040806.jpg
まぁ入城はいつかゆっくりするとして、外郭を歩きました。
空の青さと山の緑がとてもキレイでしたねー。
夏の空!って感じ。
IMGP6012.jpg

堀の水が意外とキレイで、カワセミなんか居るんじゃないかと
思っているそばから発見(笑)!
夫婦ではなく、メスと子供か、子供同士か。
石垣の隙間に営巣しているんでしょうね~^^
P1040867.jpg


城の大通りを松本駅へ向けて戻る途中、また城が。
古本屋さんです。
いいセンス!僕の理想とするおうちですね~。ガハハ
IMGP6015.jpg


和スイーツの看板を見て、かき氷でも食べようと入ってみると
ここは『四柱神社』の境内。
神社経営のオシャレなお店なのでした☆
P1040932.jpg
僕は「黒糖みつ」に「抹茶アイス」をトッピング。
出てきてビックリ!メニューの写真よりかなりデカイ!!
フワフワの氷。黒蜜と抹茶アイスの相性もバッチリ♪
P1040909.jpg
茶は「苺みつ」に「苺アイス」と「練乳」をトッピングという
黄金の組み合わせ。
すごい量だったけど美味しいから、食べ切っちゃいました~!
P1040922.jpg


松本駅から篠ノ井線で二駅(っても駅間が長い)、『明科』駅下車。
ここから徒歩20分、犀川の川原が花火大会の会場です。
信州サーモンの養殖場がありました。
P1040940.jpg
ちなみに犀川の下流、千曲川との合流地点の一帯が“川中島”で、
史上有名な武田vs上杉の激戦地になります。

開始の約2時間前に到着。
会場は川原だから広く、有料席以外でも余裕があります。
僕らはなるべく正面から見える場所に陣取りました☆
P1040958.jpg

つづく

ポチッとお願いします☆

関連記事

| 山梨長野 | 01:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/861-ba827876

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT