西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボルネオ島タビン野生動物保護区~最終日③

ランチ♪
鶏肉中心のホテルの食事でしたが、色々な野菜をふんだんに使っていて
どれも美味しくいただきました☆
ティムさんとマレーシアの話、日本の話、動物や鳥たちの話をしながらの
楽しい時間もこれで終わり。
タビンを離れる前の、最後の食事です。
P1020633.jpg


帰りたくはないがどうしてもやってくる帰りの時間。
荷造りをするため、僕らの宿泊棟へ向かいました。
そしてこの階段を上がりきったとき、なにやら気配が・・・?
DSCF3471.jpg
わああ~!僕らの好きなシロクロサイチョウ!『White-crowned Hornbill』!
目の前の宿泊棟テラスに居るではないですかーー!(テンションマックス↑)
IMGP4005.jpg
頭の先から尾の先まで1m以上あるサイチョウを間近で見ると、
さらに大きく見える!
信玄公の兜を彷彿とさせる白い冠羽が格好いい☆

近くの木に飛び移ります。これも夫婦でした。
上の首が白いのがオス。
下のメスが、小さな枝?をオスに渡しているのが確認できますでしょうか。
意味は分かりませんが、求愛のサインのひとつなのかもしれませんね。
IMGP4038.jpg

毛づくろい。とてもリラックスしているように見えます^^
シロクロサイチョウの大撮影会♪
IMGP4055.jpg

通常、鳥は木の上に居るので腹側からの写真が多くなってしまうんだけど、
上から見下ろすように背面からの撮影が出来たのはこの場所ならでは。
ティムさんに画像を見せたら、ポストカードに出来るくらいの写真だって!
サイチョウ夫婦、ナイスショットありがとう♪^^
IMGP4065.jpg

「最後に素晴らしい出会いがあったな~」と茶と話していたら、
タビン動物王国(正しくは野生動物保護区^^)のスゴさは
こんなものではなかった!!


ロビーへ向かう途中、前稿に書いた巨大ニシキヘビの死骸の方へふと目をやると、
これまた巨大なトカゲが死骸をむさぼり食っていた~!!!

僕らが見たときに丁度食べ終えたのか(ヘビは大きいので食べ残してたけど)、
すぐにジャングルへと消えていきましたが、茶に託したLUMIXがその姿を
捉えていた!ジャーン☆
P1020680.jpg
息を呑む瞬間!!すっげー!!
P1020681.jpg
『Monitor Rizard』、ミズオオトカゲ。
主に水辺に暮らすこのオオトカゲ、最大で3mになります。
僕らが見たのもそれ近くあったと思います。その印象は、そう、
ちょっと小型のコモドドラゴンといった風。

まさに恐竜。僕も茶も大興奮!
カタコト英語で、現地ガイドさんに報告しました。

最後の最後でこんな経験ができるなんて!


いよいよチェックアウト。
備え付けのノートに感想を書き込みます☆
DSCF3477.jpg
タビンワイルドライフリゾートのガイドのみなさん、
貴重な経験、とっても楽しい旅をどうもありがとうございました!
「See you again!」
P1020468.jpg

そしてラハダトゥ空港に向かうため送迎の車に乗ってホテルのゲートへ行くと・・・
ん??
IMGP4093.jpg
ああ~!あのイーグルの子供が地面に降りて通せんぼ!
「帰らないで~」なんて言ってくれてたりして?^^
僕らも帰りたくないよ~☆
IMGP4092.jpg

なんとドラマチックな最終日!!


かわいい見送りを受けてから、車は再びガタガタ道を通り空港へ。
沿道にはフルーツ売りの屋台が出ていたり。
DSCF3481.jpg
ラハダトゥ空港。滑走路脇にすぐ民家が。
DSCF3488.jpg
プロペラ機が降り立ちました。
DSCF3499.jpg

2日間と半日のタビン滞在は、あまりにも内容の濃い充実した毎日で
もっと長い時間を過ごしたように感じられました☆

さらばタビン動物王国!!
DSCF3503.jpg

機は1時間のフライト後、再びコタキナバルへ。

まだつづく

ポチッとお願いします☆

関連記事

| ボルネオ島 | 01:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/845-9f13f75c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT