西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

福朗散歩『羽村取水堰~草花丘陵』

よくお客様に『出かける場所をどうやって見つけてるの?』と聞かれます。
僕たちは散歩の本やたまたまネットで見つけた所なのですが、
最近はもっぱら『日本の探鳥地・首都圏版』(文一総合出版)を参考にしています。

で、今回もそれを見て来たわけですが、僕の表題で福朗散歩としているけど
思いっきり“ハイキング”でした!


一騎にて西荻窪から青梅線で一本、『羽村』駅下車。
(最近、西荻窪から上り線に乗らなくなったな~^^;)
羽村堰は西口なんだけど、降りてみるとコンビニも何もない。
なので一旦東口へ出てファミマでオニギリやお茶を買い、再び
西口から歩くこと約10分。羽村取水堰が見えてきました!
DSCF2785.jpg
今から360年前に完成した羽村取水堰。
言わずと知れた玉川上水の起点であり、一部は現在も活用されています。

この流れが僕らの住んでいる近くの井の頭、高井戸を通り、四谷に至ります。
初めは豪快な流れも、下流に行くにつれだんだんと静かになりますよね。
DSCF2863.jpg

江戸市民、そして東京都民を潤した“英雄”とも呼ぶべき玉川兄弟の像。
高井戸まで掘ったときに幕府からの費用が底を尽き、自宅を売り払って
費用に充てたそう。工事は想像を絶する苦難の日々でした。
昔の人の責任感たるや凄い。失敗すると切腹とかって人もいるし。
DSCF2790.jpg


堰下橋のたもとに“何か居そう”なヨシ原を見つけたので行ってみると・・・
聞こえてきたゾ!

ソングポストで赤い口をいっぱいに開け、高らかに歌うオオヨシキリ。
夏鳥、やって来ました☆
IMGP1931.jpg
『ギョギョシ ギョギョギョ』と、かなり大きな声で鳴いています☆
その鳴き声から“行々子”とも呼ばれ、夏の季語として俳句にも多々登場。
季節感のあるヤツです。
雄が雌をなのか、雄が雄をなのか(縄張り争いで)分からなかったけど
大体10羽ほどが追いかけあっていました。
この顔、本当に歌ってるみたい~♪^^
IMGP1935.jpg

オオヨシキリの古巣を発見。よくカッコウ類に托卵されるんだよね^^;
DSCF2798.jpg
声でかいし(笑)、周りより高い位置に出てきて鳴きまくるので
見つけるのは容易です^^
じっとしているうち四方八方この賑やかな声に囲まれ、前方のヨシに居るかと思えば
横の草むら、後ろの木に現れたりとまるでモグラたたき(笑)。
たくさんのオオヨシキリに囲まれてシアワセ~♪しかし賑やかだな!


堰下橋を渡って右折すると多摩川分流の小さな流れがあったのでそこでお昼に♪
ここではキレイなさえずりが聞こえ、しばらくすると青い小鳥が対岸へ
飛んでいきました。渡り途中のオオルリに感動♪
DSCF2805.jpg


この先にある羽村郷土博物館に寄りました。
ここでは玉川上水や付近の武蔵野台地から出た遺跡など詳しく紹介。

博物館の裏手から『草花丘陵』ハイキングコースがあります。
いってみよ~!
川の音も聞こえなくなり、一気に静かな環境に。
深山に入ってきたみたい^^楽しー♪
DSCF2823.jpg

意外と急な上り坂の途中、小さな社の羽村神社があります。
そこからの風景は見事!疲れが吹き飛ぶ~。
遠くに狭山丘陵。
多摩川は蛇行していて、ここに取水堰が造られたのが納得☆
DSCF2829.jpg

浅間岳山頂でセルフタイマー自分撮り(笑)。
ここから健脚なればハイキングで『小作駅』にも『福生駅』にも出られます。
僕は途中から玉川大橋に出て羽村取水堰へ戻りました。
DSCF2831.jpg

まだ鳴いてるよ^^;オオヨシキリとヒヨドリ、にぎやかコンビ(笑)。
IMGP1943.jpg

さえずりもカラーも美しいキセキレイは、飛んでいる虫を食べる
フライングキャッチを何度も行っていました。
IMGP1947.jpg

陽が傾く頃、堰下で獲物待ちのアオサギ。
今週も楽しい散歩、いやハイキングでした♪
IMGP1886_20120510164758.jpg

今回の出会い
オオヨシキリ、オオルリ、カワセミ、ハチクマ、トビ、
ホオジロ、シジュウカラ、メジロ、ムクドリ、ヒヨドリ、
ダイサギ、アオサギ、カルガモ、カイツブリ、アオゲラ、
コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、
キジ、キジバト、ウグイス、スズメ、ハシボソガラス、
ツバメ、カワウ、ガビチョウなど


吉祥寺で、別行動だった茶と合流。
寿司『美登利』にてハイキングによる猛烈な空腹とノドの渇きを満たす。
久しぶりに生キューッ!!
DSCF2867.jpg


ポチッとお願いします☆

関連記事

| 福朗散歩 | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/804-d7eb2776

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT