西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(3年前の)12月の清里

『バーク清里』という、3年前の清里旅で宿泊したペンションから
個展の案内ハガキが届いたので懐かしくなり、ブログを見返してみると・・・

ない!
書き忘れではなく、UPし忘れだった(笑)


クッソ寒かった12月の清里!
その2日間をサクッと。


2011年12月、好天気。

高速バスでひた走ること約2時間、雄大な八ヶ岳連峰が眼前に広がります☆
DSCF8159.jpg

清里へ到着して最初に向かったのは、『萌木の村』
ドイツ料理が中心のレストラン「ROCK」で、お店イチオシの
ROCKビーフカレーを堪能。
レーズンバターを溶かしパクリ。美味しい!
DSCF8179.jpg

お店からサービスのマシュマロを暖炉で焼きます♪
DSCF8196.jpg

カレーは一皿を2人でシェア。
すごくお腹が空いていたんだけど、ペンションのご主人から
「お腹空かせておいてね!」の指令あり、従いました(笑)。


『萌木の村』をしばし散策。雑貨屋さんなどありましたが
シーズンオフのため閉まっている所がほとんど。
別にお店は目的じゃないから探鳥しながら清里駅方面へ歩きます。


駅前の店はことごとくシャッターが下りていて、人っこ一人居ません。
シーズンオフとはいえ、これがかつて若者でごったがえした清里か。
ある意味珍しい、冬の清里の光景。
DSCF8225.jpg

『この自販機は春まで止まります 冬眠中』だって。ガハハ
DSCF8227.jpg


今回お世話になるペンション『バーク清里』に到着!
DSCF8236.jpg

お部屋に入るドアを開けると小廊下があり、そこから部屋、トイレ、風呂に
通じています。
部屋の中に洗面台があって非常に使い勝手が良く、キレイ!
DSCF8238.jpg

食事までの間、画家でもあるご主人の絵を鑑賞したり、
天井が高く居心地の良いロビーでコーヒーを飲みながら本を読んだり・・・
DSCF8264.jpg

ご主人の自画像。
DSCF8262.jpg

夕食は名物のビーフシチュー!
やわらかお肉、高原野菜やキノコも旨い旨い♪
おコメも絶品。ご飯、シチューもオカワリできます。
お腹空かせておいてよかった~(笑)
DSCF8283.jpg

食後は話好きのご主人と談笑。

じゃらんクチコミ宿大賞、楽天トラベルアワード大賞に選ばれている
人気ペンションですが暮れも押迫った時期なんで宿泊客は僕らだけ。

この後、車で温泉に連れて行ってくださいました。
ご主人と入った風呂、語ったこと。いい思い出☆
(さりげなくペンションの後継がない?みたいな話をされた。
僕の何を見込んでそう言われたのかは分からないが、
ひょっとしたらそんな人生を歩んでいたかもしれなかった・・・^^)



2日目は早朝6時から『バードハウス』に野鳥ガイドを頼んでありました。
ガイドの車でフクロウウォッチングに出かけるも、
約2時間、フクロウはおろかなにも遭遇はなく・・・
野生だから仕方ないけど。

しっかりガイド料は取られました。
「めげずにまた来てくださいね」って言われたけど、
もう道順を覚えたから次回は自分で運転して行くよ^^;


ペンションに戻って朝食。
朝食も体に良さそうな土地のもの。ホッとする味♪
凍えた体が温まります。
DSCF8317.jpg

ペンション「バーク清里」。
明るいご主人、しとやかで可愛らしい、料理上手の奥様。
楽しかったです!お世話になりました☆
DSCF8324.jpg

ご主人手製の地図をもとに、清里駅方面へ散策。
熊笹の生い茂る森では、ヒガラやアトリ、カケスなどたくさんの野鳥たち。
IMGP1989.jpg

シカに見送られて^^
IMGP1982.jpg

やまねミュージアムなど見学し、高速バスにて帰路に着きました☆



・・・思い出すな^^
あのおやじさんと奥様、お元気そうでなによりだ。
関連記事

| 山梨長野 | 09:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/775-2fec8d0c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。