西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大河ドラマ『平清盛』

たけちゃん恒例となりました大河ドラマ考察。

『平清盛』。
僕は見続けていますよ。興味のある時代だし。
視聴率はだいぶ苦戦しているようですが、
僕は他人が見る見ないなんか気にしませんから(笑)。


思うに、一般的には話が難しく感じるんじゃないかな?
法皇ってなに?
上皇ってなに?
この人だれだっけ?
そんな感じでしょう。
確かに人物相関図や用語を頭の中で整理するのは大変かも。
今年の大河は予習を必要とする内容だったかもしれませんね。

ナレーションや番組冒頭に解説を入れてもよかったのでは。
(ナレーションは源頼朝の昔語り風にしてしまったのでムリか)


松山ケンイチさん、これから壮年期の清盛をどう演じてくれるか
楽しみであります。
平忠盛役の中井貴一さん、やっぱ最高です。
もうすぐ出なくなると思いますが、そこからが松ケンさんの本当の
正念場になるんじゃないかな。
僕は玉木宏さん好きなので、源義朝が出てくると嬉しくなっちゃう。

そして陰謀、欲望の交差する保元・平治の乱。
これからどんどん面白くなっていきますよ。早く見たい!

衣装や館のセット、調度品にも大注目。
平安期の束帯姿、大鎧姿など大変見物です☆
合戦シーンが楽しみで仕方ない!


ちょっと言わせてもらうなら。
第何回目か忘れましたが、海賊退治の回がありました。
あれはつまらなかった(あくまで個人的に、です)~。
ワンピースかなんだかのセリフを真似たり、
パイレーツオブカリビアンよろしく船上でチャンバラ、クサイ和解。
ああいう演出は要らないです。
最近の大河の作り手が若いのか?どうもしっくりこない演出は多い。


こういう演出がある限り、僕にとっての四大大河すなわち
武田信玄(中井貴一)
独眼竜政宗(渡辺謙)
炎立つ(渡辺謙)
風林火山(内野聖陽)
を凌駕することは難しいですね(何をエラそうに^^;)。

2007年『風林火山』に関しては、あっさりしている井上靖氏の原作を
はるかに凌いだ内容で、良い意味で原作とは全く違った世界観を出しており、
所々に現代に伝わる文献を基にした史実を織り交ぜ、詳しい解説と
“クスッ”と笑えるユーモアを加えながら最高に上手く肉付けされています。
上杉謙信役にGACKT(ガクト)氏を起用するなど大胆な配役も当てはまっていて
(最近は“人気者を出せばいい”という安易な配役多し)、
僕の中では史上最高の大河ドラマとなっています
(僕が武田ファンというのを抜きにしても)。
いま、全部録画してあるのを再び観ています^^


まぁどっかの知事の独り言など気にせずに。
誰かに媚びることもなく。
『平清盛』製作サイドには頑張っていただきたい!


どうしても個人の主観的な内容の投稿になっちゃいますが。
主観ついでに・・・
檀れいさんの女官姿、非常~に良いですな☆


ポチッとお願いします☆
関連記事

| 趣味・嗜好 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/774-7a881593

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT