西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自然回帰へ~ダム撤去

新聞で『ダム撤去 息吹き返す川』という記事を読みました。

熊本県八代市阪本町、球磨川河口から20km地点にある
「荒瀬ダム」の撤去が始まっています。


1955年に建設された荒瀬ダム。
初めはよくある話で、「電気代が下がる」、「ダム湖は観光資源になる」、
「仕事が増える」、というウマイ話に乗せられ住民は建設に賛成。
しかし出来てみると藻が異常発生、水は汚れ泳げなくなり、魚は遡上せず、
ホタルは消えた。さらに洪水時の床上浸水・・・。

そして起こった、地元の心ある方々の運動により撤去が決まっただけでなく、
川辺川ダム建設予定も中止になったのだそうです。


荒瀬ダムの水門は開放され、川の透明度は少しずつ元に戻りつつあり
球磨川河口ではハマグリやハゼ類の他、112種の絶滅危惧種が見つかりました。
漁師さんも仕事ができるようになり、ホタルも一部で戻ってきました。


運動者の方の言葉。
『昔の球磨川を取り戻したい、子供たちに残したいという思いだけだった』

環境カウンセラーさんの言葉。
『川の再生で、生き物だけでなく、人の暮らしや経済基盤が守れることを示したい』


いやまったく、素晴らしいことです。


僕は自然が好きでよく出かけます。
ブログにあまり書いてないけど、いいのもばかり見ているわけじゃない。
無意味にコンクリートで固められ死んだ川。

不法投棄のゴミで汚された森。

削り取られ崩されている山・・・。

たくさんの悲しくなるものを見てきました。


“豊かな自然を未来に引き継ぐ”

これこそが今、生きているニンゲンがやらねばならない
ことなんじゃないかと思います。


この『自然回復』の動きが日本全国、いや世界中に広まってくれると
地球の未来は少し明るくなるのかな、と思いました。


『荒瀬ダム撤去ホームページ』

『荒瀬ダム撤去の経緯』


ポチッとお願いします☆

関連記事

| 地球や自然のこと | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/768-6e08db2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。