西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

THE中軽井沢②

「軽井沢野鳥の森」奥には“ミソサザイの沢”と名付けられたエリアがあります。
DSCF4207.jpg
その名の通り、ミソサザイの家族連れが可愛い姿を見せてくれました☆
IMGP4131.jpg
この辺りだとセミの声もなく(笑)、ミソサザイやオオルリなどの美しいさえずりが
耳に心地よく響きます。

一本橋を渡って向こう岸へ・・・は行かないよ~^^
DSCF4217.jpg
緑も花も新鮮に目に映ります♪
IMGP4191_20110617124727.jpg


午後4時、いったん今夜の宿へチェックイン。
お世話になるのはじゃらんで探した「ペンション軽井沢フォーレスト」
明るく気さくな奥様とワンちゃんが迎えてくれました☆
DSCF4227.jpg
ここは星野エリアまで徒歩5分とかからない好立地。
僕らは全食事ハルニレテラスを利用するので、素泊まりです。
木々の望めるウッド調の清潔なお部屋☆
(じゃらんポイント10%引きで1人4450円でした♪)
DSCF4231.jpg
荷物を置いて一休みしてから、再びハルニレテラスへ!


「丸山珈琲」でティータイム。
ボリビア・オーランドでホッ♪(オレンジ、アプリコット、キャラメルのほのかな甘み)
DSCF4238.jpg
ブック&カフェで、本を読みながらいただけます。
こんな時間を過ごすのは久しぶりだな~♪
DSCF4244.jpg
おっ、6時前だ。これから夜のお楽しみ☆


星野エリア内のネイチャーガイドセンター「ピッキオ」
夜の「ムササビ観察会」を予約しておきました。
おおっ、ムササビ!?(笑)
DSCF4301.jpg
ムササビの生態についてのお話の後、いよいよムササビの観察へ。
各所に置かれた巣箱の中の一つに向かいます。

日没後、だいたい決まった時間に行動を開始するんだとか。
その前に巣箱の前へ。中に仕掛けられたカメラには、睡眠から目覚めて
毛づくろいをするムササビの姿が☆
ガイドさんが赤いフィルムを貼ったライトを当てます(赤は認識できないそう)。

午後7時25分。
ムササビが巣箱の穴から顔をのぞかせました~!いや~可愛いですね☆
DSCF4295.jpg
5分間ほど外の様子を窺ってから出てきて、木の上のほうまで一気に登り、
皮膜を広げて飛びました!ん~、いいもの見たなぁ。


「皆さんもどこかでムササビを見つけたら、関係機関に知らせてください」と
ガイドさん。
全国各地で、ムササビの住んでいる事を知らずに貴重なムササビの住む木が
どんどん切られています。
知らせることでその森が守られるかもしれない。

こうしたネイチャーガイドのツアーにどんどん参加することをオススメします。
人間以外の生き物の生態や自然についての理解を深め、興味を持てると同時に、
彼ら動植物たちの生活が人間によっていかに危機に追い込まれているのかなど
実態がよく分かると思います。


軽井沢に限ったことではないけど、開発・自然環境破壊はいい加減この辺で
止めておかないと将来大変なことになりますからね。
ぜんぶ自分ら人間に返ってきます(もう既に・・・)。
メチャクチャにされた自然を見て、いったい誰が癒されるというのでしょう。
こういう場所にも来たくなくなっちゃいますよ。そうなる前に。


晩ご飯は「村民食堂」で。
僕の、天然ハーブ鶏の唐揚げ定食。茶は銀だら西京漬け定食。
両方美味しかったです☆観光地料金ではありますが。
汁は豚汁で具だくさん。御飯も汁もオカワリしました☆
DSCF4303.jpg

星野温泉「トンボの湯」で、一日の〆。満月の下、ぬるめのお湯でじっくり温まりました☆
昼間は20度の中軽井沢も夜は冷えますからね。
DSCF4311.jpg
ピッキオのガイドさんによると、女湯の露天風呂の上をムササビが飛ぶことがあるそう。
茶は見られなかったみたいですが。
うーん、オンナになって上空を眺めてみたかった!
いや、ムササビになって上空から眺めるのもイイかも・・・?ガハハ


パックして、寝る(笑)☆
夜中に初夏を告げるホトトギスがよく鳴いていました。
DSCF4313.jpg
つづく


ポチッとお願いします☆

関連記事

| 中軽井沢 | 00:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/604-5b92e71c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT