FC2ブログ

西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伊豆・網代~小田原②

12時9分、来宮駅発。茶が小田原城へ行きたいと言うので、小田原へ。

まずは腹ごしらえ。町おこしの一環で始まった“小田原丼”を食べさせる店が
数件。チェック済みの「田(でん)」というお店へ。

立地が駅から1分ということもあり、僕らが行った12時半ころは満席。
5分ほど待ってると後ろに列が。目当ての10食限定小田原丼も僕らで
完売だったのでタイミングはギリギリでした。

これが田の小田原丼「朝獲れ地魚の小田原まぶし丼」。
5~6種類の魚のばらちらしにすでに味付けがしてあり、すごく旨い!ガツガツ。
DSCF3003.jpg
そして半分くらい食べたところで薬味を加え、アラ出し汁をかける!
お茶漬け感覚でサラサラ。うーん、いいもの食べたな♪
DSCF3013.jpg
参考にした食べログでは「店の対応が悪い」と書いてあったけどそんな事なかった。
前はそうだったのかな?でも味は良かったですよ~。満足なり☆


小田原城二の丸。
IMGP5993.jpg
城とジョウビタキ♀。
IMGP6004.jpg

小田原城天守閣。現存の建物ではないので城内の面白みには欠けるけど いい雰囲気。
DSCF3040.jpg


室町期から戦国にかけて、北条5代すなわち初代・伊勢宗瑞(俗に北条早雲)、
2代北条氏綱、3代氏康、4代氏政、5代氏直の拠点であった小田原城。

氏康は信玄公や謙信、今川義元とも五分の戦いをした知勇兼備の名将。
子の氏政は、天下人秀吉に頑強に抵抗したとしてドラマや小説では頭がいいとは
言えない役柄だけど、信玄公や謙信の小田原攻めにも耐え、領地も大きく拡大
(今の東京都、千葉県、群馬、栃木、茨城、伊豆半島から静岡の一部に至る
壮大な版図)したことから、そこまでアホではなかったかと思われます(笑)。

秀吉の小田原攻めについて、恭順の意を示さない北条氏を仕方なく攻め潰した
ように言われていますが、僕は秀吉が初めからそのつもりだったのでは、と
考えます。
理由は、家康を東国に追いやりたかったために、広大な領地を有する北条氏が
ジャマだったから。そして、10万以上の軍勢で攻めることで自分の力を天下に
誇示したかったからなのではないでしょうか。

そう考えると、小田原北条氏も秀吉に上手く利用されただけの憐れみを感じて
しまいます。氏直は家康の娘婿だったため助命されるが、後見として実権を
握っていた氏政、弟の氏照は処刑。関東八州の王・北条氏は滅ぼされました。
あっ、また歴史の話で長くなっちゃった。


天守より、秀吉が一夜で城を完成させた(ように見せかけた)石垣山城方面を望む。
城が完成したら周りの木を倒し、あたかも一晩で城が出現したように見せかけた
己の力を誇示する秀吉得意のデモンストレーション。
籠城してる北条方はさぞビックリしたでしょう。ビビるよ、そりゃ。勝てねぇー!って。
IMGP6010.jpg

メジロ。城の周りにも梅がちらほら♪
IMGP6049.jpg
ジョウビタキ♂。
惜しいなぁ!咲いてればいい画になったんだけど。
IMGP6031.jpg
寄り添って、ぬくぬく☆
IMGP6022.jpg

夕方になると、まだ冷えるね。早めに帰ろう。
DSCF3074.jpg


ポチッとお願いします☆

関連記事

| 伊豆・箱根 | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/536-f89d6882

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT