西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タツヤ カワゴエ

今週火曜日。
僕、東京生まれながら初めて「代官山」へ行きました。

二ヶ月以上前から予約していた「タツヤ カワゴエ」
一応クリスマスも僕の誕生日も近いので、ちょっとリッチな
ランチです☆
DSCF2418.jpg
奥の2人用のテーブル席へ。
久しぶりだな~こういう高級感のあるお店は。

ランチ、ディナー共に2コースあり、値段の違いは食材などで
量は同じように調整してあるとのこと。
僕らは4,500円のランチコースに☆(他に2,500円コース)


前菜盛り合わせだけでも大満足しちゃいましたよ!
右上からタイのカルパッチョ、モッツァレラチーズとトマト、ホタテのソテー、
パンは別添のオリーブオイルにつけて、スモーク三種はサーモン・カツオ・
カモ、そしてエビのグリル、鶏つくね風、サワラのフリット。
後のお料理をすごく期待してしまう美味しさです☆
DSCF2425.jpg

前菜を終えたところで、川越達也さんが挨拶に来てくれました☆
テレビで見たままの、本当に気さくな方です^^
DSCF2427.jpg
『早くからご予約いただいてありがとうございます。
男性の方には少し量を多めにしてありますので、楽しんでいってください』。

「お願いランキング」等の番組では、料理に対して<男子としての意見>を
よく語る川越さん、ご自分のお店でも実践されていました。ウレシイ~!

努力してここまでになった方でしょうが、いい意味でそれを全く感じさせない
王子様のような雰囲気の川越さん。
僕(70年生まれ)の2歳下ですが、とてもそうは見えませんね。
(僕もけっこう若くみられるんですけどね)
売れても、ちゃんとお店に居るところが好感持てます☆


京都の生麩のムニエル、ゴマのソースで。
生麩は食感も最高。
DSCF2432.jpg

きのこのリゾット。
思わず目を閉じて噛み締めました。美味しい~♪
(もっと食べたいと思うんだけど、最終的に丁度よい量配分に計算されていました)
DSCF2433.jpg

カニと九条ネギのスパゲッティー。
香りを嗅いだだけで食欲が更に増す!
アルデンテで、全体が熱々のままいただけます☆
DSCF2435.jpg

メインディッシュは大山鶏のグリル。
パリッパリの鶏皮、噛むと肉汁がじゅわ~。
臭みのまったく無い、めちゃめちゃ美味しい鶏肉です。
好みで食用の竹炭に付けていただきます☆
DSCF2439.jpg

デザートはチーズケーキやチョコレートケーキ、わらび餅など7種からお好みで。
僕はマチェドニアを(刻んだフルーツに白ワインゼリーをかけたもの)。
オリジナルブレンドのハーブティー付です。
食用花の香りが鼻に抜け、幸せな気分になりました♪
DSCF2443.jpg
茶のエスプレッソババロア。
ほんのり苦味を甘さで包み、コーヒーの香りがたまりません。
DSCF2445.jpg

キッチン、ホールは全員男性スタッフで、接客はとても気持ちのよいものでした。
お料理も含め、これだけ高度な内容だったらリーズナブルに感じてしまいます。
いや、実際そうです。
敷居が高いわけでもなく、「食べること」を純粋に楽しむことができました。

季節の旬の食材を使ったコース内容は全ておまかせ。
四季を通じて最高に楽しめそうな「TATSUYA KAWAGOE」でした。



代官山駅近くの「イータリー」に立ち寄りました。
かつてイタリアで料理修行もしたことのある僕の従弟が働いているんですよ。
パンコーナーを一手に引き受ける彼。ん~貫禄出てきたなぁ☆
DSCF2453.jpg
今日の晩ご飯用に、パンを購入。
イタリアの小麦、すごく美味しかった!(吉祥寺アトレにもあるんだ!)
将来自分の店を持つことを目標としている彼。
俺ら同年代、がんばろうぞ!


イタリアンづくしの休日♪
さぁ~クリスマスも頑張って仕事仕事!


ポチッとお願いします☆

関連記事

| 休日・おでかけ | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/499-988153ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。