西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

JEEP島へ!!

僕たちがJEEP島の存在を知ったのはもう3年も前のこと。

ビデオを観て、「すごい!!こんなところへ行ってみたいなぁ~」という
以前からの思いを、ついに!実現させました☆


このJEEP島公式ホームページを見て、期待を胸に膨らませます。
(僕のブログではここまで詳しく書かないので興味のある方は熟読ください)

そしてとても参考になるのがmixiの「JEEP島からの贈り物」というコミュ。
JEEP体験者の方の話や、JEEP常駐の日本人スタッフ、柴崎さんのタイムリーな
現地話など、旅行に際して大変助かりました☆


では公式ホームページを参考に、とりあえずザッとJEEP島のプロフィールを!


国名はミクロネシア連邦チューク州(公用語は英語)
時差は日本の+1時間
ミクロネシア連邦の、世界最大とも言われているトラック環礁には
大小数多くの島があり、JEEP島はその中のひとつになります。

気候: 気温・水温ともに一年を通じて平均28~30℃。
湿度は低く過ごしやすい。
雨季・乾季の区別なし。
ベストシーズンと言える期間は特になく、一年中安定。
低気圧が発生して天気が崩れる時はあるが、 台風の心配はなし。



そして行き方は、
成田からコンチネンタルミクロネシア航空でグアムまで3時間半。
(僕らは日曜夜の出発便だったので、グアム空港で7時間のトランジット)

そして飛行機を乗り換えてチューク(トラック本島のモエン島)まで約1時間半。
チュークの空港から車で約20分で、ホテルBLRに到着。
このBLRからボートで30分~40分で、目的地JEEP島に到着です!



ホテルBLRに泊まってJEEP島へ船で出かける、という選び方も出来る
わけですが、そんなことをしたらJEEP島の本当の魅力は味わえません。
僕らは迷わず「JEEP3泊」に!!
(乗り継ぎの都合上、最終日はグアムに一泊しました)


10月17日(日)、午後8時50分成田発、グアム行き。
RIMG0007.jpg
キャリーバッグは既に預け済み。
手荷物はお互いの背にマスク、スノーケル、フィン、ブーツ一式。
僕のバッグはほとんどがカメラやハウジング。
いざ出発~!!


3時間ほどでグアムに到着。時差+1時間、もう深夜です。
ここからチューク行きの飛行機に乗り換えだけど、その出発まで
7時間近く待たなきゃなりません。
(日曜の早い便だと、すんなり行けますが^^;)

軽食屋とか免税店は一晩中開いてるけど、7時間も時間を潰すには
寝るしかありません。てゆーか、寝る時間だ。
こんな具合に、待合席の手置きの無い所を使って寝床を確保。
(床に寝る人もいるようだけど、ちょっとそれは出来なかった)
RIMG0012.jpg
じゃあ、おやすみなさーい・・・


一晩中、空港内には音楽が響き渡り。
「荷物のそばにいてください」ってアナウンスをしつこく流したり。
眠れねぇ~っ!!(◎v◎)ホー
RIMG0016.jpg

う~、まったく眠れなかった・・・


後で聞いた話、空港では乗り遅れる人を出さぬよう寝かさないように
してるんだって!

一睡もせずに朝が来た!待ちわびたチュークへの出発便☆
RIMG0019.jpg

グアム空港で軽く腹ごしらえ。たぬきうどんをススル。
RIMG0021.jpg
ごく普通のたぬきうどんだが、海外の空港でごく普通に食べられるとは。
7$とお高いですが、普通に美味しいです。


以降、写真整理と時間があり次第、JEEP島旅行記を付けていきたいと思います☆
また長くなるので中断もしながらゆっくりと・・・


ポチッとお願いします☆

関連記事

| JEEP島 | 01:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/456-bfd92681

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT