FC2ブログ

西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

琵琶湖長浜へ~二日目

朝から雨。どうしようもないねこりゃ。釣りはムリ。


様子見で一旦北陸本線に乗り、長浜から三つ先の「高月」駅へ。
ここから徒歩5分ほどの場所に、「渡岸寺」(どうがんじ)はあります。

「十一面観音(国宝)」、僕が幼少の頃にガイドブックで見て以来惚れており、
いつかは実際に見たい、と想い続けていた仏像なのです。
ま、雨じゃなきゃここへは来なかったから、良しと考えるか。
P5190329.jpg
当時の寺は信長の近江攻めで焼失したが、土地の人々がこの観音様を
土中に埋めてかくまったそう。

なぜ、そうしたか。
当然、当時の考えは「国宝だから」じゃなくって、「信仰の対象」だから。
人々の思いを一身に受けていたのですね・・・。

しかし仏像の前の係りのおじさん、語るのはこの寺がどれだけ貴重な仏像を
持っているか、てなコトばっかり。確かに文化財としてはすごく貴重。
でも大事なのはそんなコトじゃないんだよ。

実際の観音様は見とれんばかりの美しさ!優美さに加え、すべてを包み込む
ような優しさも感じました☆うーん、会えてよかった♪


雨は止まないので、この日の釣りは諦めました。
長浜へ戻ります。

「羽柴秀吉と石田三成の出会いの像」
P5190340.jpg
秀吉が鷹狩り途中に寄った寺で茶を所望したとき、小坊主だった三成が
一杯目をぬるく多めに、二杯目をやや熱く、三杯目を熱く少なめに
出したという有名な故事に基づいています。

思うと、秀吉の忠臣ってこの三成と加藤清正、福島正則くらいのもの。
彼らが仲良くやってりゃ、豊臣もああは簡単に滅ばなかったのにね。


その昔、この辺りは中山道、東海道、北国街道、若狭街道(鯖街道)などが
交錯するまさに交通の要衝地帯であり、琵琶湖東岸から湖北にかけて
その名所旧跡の多さは数知れず。

浅井長政の小谷城、羽柴秀吉の長浜城、信長の安土城、
石田三成の佐和山城、井伊直政の彦根城他、諸城、寺社仏閣に加え、
秀吉VS柴田勝家の賤ヶ岳古戦場、前述の姉川古戦場、少し離れて
天下分け目の関ヶ原古戦場などなどなど・・・。

数々の歴史の舞台となってきた所なのです。


買い食い(笑)。秀吉の掲げた千成ひょうたんに因んだ「ひょうたん焼き」
1個50円。中身はカスタードと塩キャラメル☆
P5190341.jpg

北国街道。古い建物がそのまま商店になってたりします。
黒壁スクエア付近にはガラス細工や飲食店がたくさん(閉店早いよ!)
P5190343.jpg
水の都・長浜は町中にも水路が走ります。家と溶け込んだ風景があちこちに。
P5190351.jpg


お昼は長浜名物・焼鯖そうめん!お店は街道沿いの「翼果楼」(よかろう)
僕たちは「鯖街道 焼き鯖寿司付き」にしました。
お吸い物のふたを開けるとカワイイ小鮎の麩が。思わずニンマリ^^
P5190360.jpg
日本海のサバは若狭街道(別名・鯖街道)経由で、京都だけでなく近江にも
運ばれ、それで湖北に伝わるこの伝統料理ができたんですね☆

「焼きサバ」と「そうめん」の炊き合わせ、相性はバッチリ!
味は濃い目なので、白いご飯も合いそうです。うん、美味しい!

また焼き鯖寿司が絶品!大葉と生姜を利かせて、焼き味も香ばしく。
中庭の見える古い民家を使ったお店、とても寛げます☆
P5190365.jpg
食べ終わる頃、関西弁の賑やかなオバちゃんの集団が。逃げ出しました(笑)


さて、復路の新幹線は18時台。契約で時間を早めることは出来ません。
夕方まで長浜で時間潰しはキビシイので(雨だし)、彦根へ向かいました。

彦根は米原から一駅戻るかたち。僕らは2007年の京都旅行で訪れて以来
2度目。井伊の赤備えの甲冑でも見ながら過ごしますか・・・。

彦根駅前の井伊直政像。
甲斐武田から引き継いだ全身赤の甲冑に身を固めた勇姿は
敵を畏怖させるに充分だったでしょう(銅像なんで青銅色だけど)。
P5190376.jpg

では早速、博物館で赤備えの名品を・・・。
なになに、展示品の入れ替え中によりご覧いただけません??
ふざけんなーー!
おいっ、彦根城博物館!展示品の入れ替えは
客がいない時間帯に済ませておけよっ!!!

来た甲斐、無くなりました。やれやれだ。


歴代藩主お寛ぎの間。ゴロ寝したらさぞかし気持ちいいだろうな☆
P5190400.jpg
P5190401.jpg
近くから見ても遠くから見ても美しい彦根城天守閣。
P5190407.jpg


この二日間、まともに釣りが出来なかったのがかなり心残り。

しかし琵琶湖、人為的な環境悪化がこんなにまで進んでいるとはね。
古き良き琵琶湖を知っているだけに、ショックは大きいです。

いつか僕に子供が出来ても、
“本来の琵琶湖の姿”“本当の自然”を見せてやれないのが
何とも口惜しい気が、今からしています。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

関連記事

| 旅行 | 00:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

琵琶湖

懐かしいです。
大学一年で最初の合宿が大津のユースホステルでした。(なんで、名古屋から大津まで??)
練習場からは琵琶湖が一望できて、キラキラした湖面の輝きを見ながら「ア~~~ア~~♪」とやっておりました。

>展示品の入れ替え
休館日にやってほしいですね。

| こうちゃん | 2010/05/28 10:27 | URL | ≫ EDIT

>琵琶湖

>こうちゃんさん
合宿なので、名古屋からちょっと離れた場所でって
ことなんでしょうか?

対岸に届けとばかりに「ア~~~アア~~♪」(これじゃ
ターザンですね)と、やっておられたのですね!

なぜか、きしめんが食べたくなりました。今すぐに。

| たけちゃん | 2010/05/28 13:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/377-76a9e892

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。