西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

琵琶湖長浜へ~初日

僕が琵琶湖へよく釣りに行っていたのは25年も昔の話。
亡父が単身赴任していた名古屋からちょっと足を伸ばして。

僕の狙いはコイ科魚類の「タナゴ」。小さくキレイな魚です。
日本産淡水魚の宝庫・琵琶湖ではかつてはイヤというほど釣れ、
中学生の僕の大好きなフィールドでした。
透明度もあり、のぞき込めば美しく色づいたタナゴがヒラを打つ・・・。

当時の釣り場は大津・瀬田辺り。しかし社会人になってから訪れた僕の
見たのは、ガチガチに固められたコンクリートの護岸とバスフィッシャー達。

貝に産卵するタナゴ。コンクリート化した場所では当然生きられない貝が
いなくなればタナゴの姿も消えます。加えて深刻な水質汚染。

そして本来そこにいてはいけない外来の害魚ブラックバスやブルーギルの増加。
古来からの生態系をブチ壊すと知っていて、害魚を密放流する輩がいる。
(害魚を駆除する方々の地道な努力を応援しています)

“自然に触れると見えてくる”人間の愚行がここにもあるのです。


まぁこんな感じで今までの釣り場は崩壊したので、先週の火曜と第三水曜、
久しぶりの琵琶湖釣行は“湖北”長浜を目指しました☆

こだま号で米原に着いたのは13時15分。ここからJR北陸本線に
乗り換えるんだけど、これまた本数が少ない!速攻で乗り換え(笑)。

長浜は、北近江の戦国大名浅井氏が領有した歴史ロマン溢れるところ。
町は、もう来年の大河ドラマの観光誘致に必死のようす。
妙な歴史ファンが増えたせいで、こんなアニメ風イケメンキャラが蔓延る昨今。
P5180285.jpg

そんな雰囲気をよそに、駅前で自転車借りて釣りに出発!
現在の長浜城は、それっぽく造った博物館で建物自体は特に価値なし。
浅井氏滅亡後、秀吉が信長から北近江を授かりここに長浜城を築きました。
IMGP8572.jpg

さすがに琵琶湖は広ーい!後ろは今回泊まる長浜ロイヤルホテル。
IMGP8577.jpg

コンディションは、最悪でした。風は強く、水は濁り。
何箇所か「いかにも」なポイントへ竿を出すが、タナゴはおろか何のアタリもナシ。
IMGP8584.jpg

姉川へ。トビ、アオサギ、ダイサギ大集合!
IMGP8596.jpg
この姉川で、織田徳川連合軍と浅井朝倉連合軍とが激戦を繰り広げました。
緒戦は浅井朝倉軍が優勢なるも、徳川軍の奇襲作戦で敗北。
信長の勢力を増大させるだけのいくさでした。

釣りはというと、水路等を探るも魚影ひとつ見つけることはできず。
居るのはでっかいコイばかり。無念のうち納竿しました。
IMGP8605.jpg
げげ、ボウズかよ!


あとはもう、食べるしか残されていない!夜の長浜に繰り出しました。
P1130475.jpg
さすがは城下町、長浜。古い町並みが美しい☆
こんな風情のある旅館、泊まってみたい。
P1130485.jpg
しかし19時半くらいで、ほとんどの商店は終了!早い早い(笑)。
静けさは、西荻窪の真夜中よりも静かです。

下調べ済みの郷土料理店「住茂登(すみもと)」さんへ。

僕の「琵琶湖の御造り定食」。その日に獲れた湖魚のお刺身!
左は固有種のビワマス、右はこれも珍しいヤマトゴイ。双方美味でした☆
シジミの小鉢、子鮎の味噌漬け。そして長浜名物の「のっぺいうどん」も!
P5180312.jpg
のっぺいうどん、とても美味しかったですねぇ~。
麺はツルンとしていて、つゆは吉野葛でトロミを出し、しょうがをアクセントに。
専門店でしっかり食べたいと思わせるうどんでした☆

茶の「三成の忘れ物御膳」は、天然うなぎ中心の上品な品々。
小どんぶりに、湯葉巻き、これにものっぺいうどん。
どれが石田三成の忘れ物なのかは分かりませんが。
P5180307.jpg

もうひとつ、琵琶湖名物を食べてみたくて、初チャレンジ!
伝統的な郷土料理、「鮒寿司」は、琵琶湖産の天然ニゴロブナを飯と塩だけで
発酵させた古くからの保存食。オレンジ色なのは、フナの卵です。
以前から存在だけ知っていた鮒寿司、お味は!?
P5180301.jpg
茶漬けなら食べやすいかな?と思ってたけど
さすがは熟れ鮨の一種、強烈な風味が鼻をつきます。
どうやら僕にはもっともっと修行が必要なようで・・・!
(リベンジ?多分しません^^;)
しかしこの伝統料理も汚染やブラックバスの影響でニゴロブナが数を減らし、
今や高価な食品となっているのです。


湖国の味を存分に堪能して、ぶらぶら遠回りしながらホテルへ戻ります。

増田長盛屋敷跡。後に秀吉政権下で石田三成と共に五奉行となる文官武将。
こんな史跡が登場するのも城下町散策の醍醐味です。
P5180295.jpg
大通寺山門。伏見城や長浜城の遺構を使い江戸初期に建てられた壮大な寺院です。
P1130479.jpg

静かな町をゆっくり歩く。

僕は夜の新宿とか行かなくなって久しいけど(笑)、
今はこうした喧騒のない町の方が好きだね、断然。

さて、明日の天気は・・・。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

関連記事

| 旅行 | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/375-6326c374

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。