FC2ブログ

西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

兜コレクション

コレクションと呼ぶには少ないかもしれない。
それでも持っていることを己が喜びとし、大事にしている物がある。

“兜”

戦乱の時代、男達が自分の身を守るため、戦場で目立つため、
そして死しても恥ずかしくないよう身を飾るため・・・。

単なる防具としての存在ではない兜は、美術品としても
価値の高いものです。

手元にたくさん置きたいけど、そうもいかん。
価値も高けりゃ値段も高い(笑)。

だったらミニチュアで・・・と集めた以下に紹介する兜は、手の平サイズ
ながら本物の江戸甲冑師「加藤一冑」氏による魂のこもった手作り。
僕が欲しいのは主に武田関連の兜だけど、それ以外のお気に入りも。


武田信玄公が霊峰富士の麓・富士浅間神社に奉納した兜を模したもの。
日輪の前立て、吹き返しや庇の紋様などから、初代・加藤一冑氏の
細やかな手作り感が伺えます。
P6030932.jpg

甲斐武田氏の祖・源義光(新羅三郎。八幡太郎・源義家の弟)所用の兜。
吹き返しには武田の花菱紋。
今日まで、夢人島のフクロウ人形が被っております(笑)。
P6030957.jpg

武田信玄公所用、丸鉢兜。鉄砲が主体になってくると、
曲線を描いたデザインの兜が多く製作されるようになりました。
P6030942.jpg

これはもう、時代劇等で有名な信玄公所用・諏訪法性総髪兜。
実際はヤク(中国の牛の仲間)の毛で飾られていました。
P6030975.jpg

作者不明の大鎧は同じ五分の一サイズなのでビッタシ合います!
自宅ではこの状態で飾り付けてあります☆
本日まで、お店のカウンターで皆様をお迎えしています。
P6030983.jpg

徳川四天王・井伊直政所用の朱塗り兜。これももう有名ですね。
このブログでも何度も触れていますが、武田家滅亡後その家臣を
そっくり抱え込んだ家康は、配下の直政にそれを託し、
戦国最強といわれた武田の赤備えを継承した軍団を作りました。
P6030991.jpg

そしてこれも、別作者による赤い甲冑を合わせます。
うむ!カッコイイ!!
P6031002.jpg

これは二代目か三代目加藤氏による井伊兜。前立ては二つ下の画像のもの
だったのですが、ユザワヤで買ってきた何かの部品?を前立てにして
武田の武将・飯富虎昌(おぶとらまさ)所用の兜としました。勝手に(笑)。
この虎昌こそが赤備えの考案者。
赤い軍団は、戦場で敵をビビらすのに効果的な役割を果たしました。
P6030922.jpg

美術工芸品に、なんともバチ当たりな改造を施してしまったのがこの兜↓。
本来金色だったこの烏帽子兜(浅利義遠という鎌倉武将のもの)を赤で塗りなおし、
上の兜のものだった前立てを添えたのがコレ!
信玄公の右腕とも言うべき存在だった、山県三郎兵衛昌景の兜としました。
我ながら満足の改造ぶり☆
ちなみにオレンジ色の緒は、海苔佃煮か何かのビンを封してたやつ^^
P6030971.jpg
飯富虎昌実弟の昌景は、兄の刑死後はその赤備え隊をそっくり引継ぎ、
馬場信春と共に信玄公の両職(政治外交等の相談役)を勤めた程の切れ者。
いくさにも強く、三方ヶ原の戦いで家康を追いまくり、恐怖のあまり脱糞
させたのは有名な話。

武田勝頼の代になって長篠・設楽ヶ原で討死しますが、昌景の家臣の
多くは家康に召抱えられ、井伊の赤備え部隊となり関ヶ原、大阪の陣で
活躍することになります。

歴史が絡むと話が終わらなくなりますな。
一回では載せきれぬ・・・!


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

関連記事

| 趣味・嗜好 | 08:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

飾る場所

ね、ね、こういった物を飾るためにも‥‥
「一人部屋」の片付けをせねばなりませんね。
(母親目線‥‥)

| こうちゃん | 2010/05/05 11:03 | URL | ≫ EDIT

>飾る場所

>こうちゃんさん
もみじ屋とリンクしましたね(笑)!

言い方がおじょうずで・・・
やはり母親ですね(笑)

「捨てる勇気」がもっとあれば。
キレイさっぱり掃除ができたら、きっと
「やってよかった☆」と思うんでしょうね!
そろそろ重い腰をあげないと・・・

| たけちゃん | 2010/05/05 12:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/357-7aa67aaf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。