FC2ブログ

西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風のガーデン

昨日初回放送のドラマ「風のガーデン」。
久しぶりに連続ドラマを観る気になりました。

あの倉本聰さんのオリジナル脚本で、医療現場や死生観込められた
内容、そしてフラワーガーデンを中心とした富良野の美しい映像に
とても惹きつけられました。

このドラマが遺作となってしまった緒形拳さん。
訪問医を演じる中で、「生と死」に関するセリフが多く語られました。
「人には否応無く死が訪れる」
どうしても「遺作」として観てしまうと、
このセリフがものすごく重く胸に響いてくるのです。

僕は時代劇が好きなので、ブラウン管の中ではたくさん
緒形拳さんと出会ってきました。
大石内蔵助や秀吉などは、緒形拳さんのイメージが
こびりついてしまっています。
昨年の大河「風林火山」後半から登場したときは、
ドラマが一気に引き締まった感さえ抱きました。
最近痩せてこられたな、と思っていたけど、
本当に急でした。
心からご冥福をお祈りするとともに、
心からありがとうございましたと言いたいです。

しかし中井貴一さんといい緒形拳さんといい。。。
「本物の俳優」で固められたドラマは、やはりいいですね。
遺作は、最後まで観ます。
関連記事

| 日記 | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/28-ca0c097c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。