FC2ブログ

西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピアノとディナー。

先週の定休日。
お昼は夢人島の商店街を女子大方向へ行った左角にある「シャローズカフェ」で
ビーフカレーを食べてきました。店内は昔の洋楽(すみません、詳しくなくて)が
程よい音量で流れ、とても落ち着いた雰囲気です。レコードがいっぱい☆
PC010022.jpg
ここは11月11日の日記に書いた、サザンの原坊が入った喫茶店。
同じ席に座ってみました。どんだけミーハーなんだか。


さてさて、本日の晩ご飯(いや、ディナー)を楽しみにしていたのです☆
「ピアノコンサート&ディナー」という催し物のDMが届き、音楽好きの母も誘って
行ってみることにしました。
場所は去年の4月、僕たちが披露宴を行った池袋・立教大学前にある「リビエラ東京」
P1120376.jpg
パーティー会場を多く保有するリビエラは元・料亭からスタートしたこともあり
お料理は素晴らしいものがあるんです(自分たちの披露宴の時はほとんど
食べられませんでした(泣)でも試食の時は美味しくて大感動)。


ピアノコンサートは18:00開始。演奏はナチュラルピアニスト・外川真里亜さん。
山梨県出身で海外を拠点に多方面で活躍されているそうです。
PC010052.jpg
「飾らない音色」という評価同様、飾らない性格で好感の持てるマリアさん。
クラシックには珍しくトークを挟みながらの進行で、曲の解説などもしてくれました☆
曲はショパン「ノクターン第二章」、リスト「愛の夢」、シューベルト「アヴェマリア」等
「愛」をテーマにして構成したという全14曲に、現在勉強中のオペラも披露。
日本の童謡やオリジナル曲も独自のアレンジで素晴らしかったです☆
ラヴェル「水の戯れ」を聴いていると本当に水の流れが思い描かれます。
激しく、ときに緩やかに。
詳しい方によれば、これらの複雑な曲を全て楽譜を見ずに弾くのはすごいことだそう。
ピアノコンサートは初めてでしたが、とてもいいものを聴かせてもらいました。


ディナー会場は、僕たちが披露宴を行った会場「マンダリン・ヴィラ」☆
ここの落ち着いた雰囲気、当時からとても気に入っていました。

この日の料理担当も、披露宴当日と同じ山梨出身の料理長さん。
前菜は貝ずくし(カキ・帆立・ホッキ・赤貝)。パプリカ添え 梅風味ゼリー掛け。
そして北海道水タコ・青唐辛子スパイシー醤油。
PC010060.jpg

ホンマグロ 土佐イクラ アンチョビ酒盗合わせソース
PC010067.jpg

黒毛和牛サーロイン照り焼きステーキ 冬大根柔らか煮込み
PC010071.jpg
(肉が小さい!肉が!)

かぼちゃモンブランとチョコブラウニーパフェ
PC010083.jpg
他にブリの湯葉包みとか五穀米の野菜スープ添えなど。
本当に、ここのお料理は素材がいい!食べて納得☆見た目もキレイ☆
ごちそうさまでした!

マンダリンヴィラに併設の屋外テラスはすっかり12月の飾りつけ。
P1120350.jpg

これは昨年の披露宴当日の同じ場所。ずいぶん造りが変わっています。
こうした変化も楽しいところ(あ、旗は持ち込みですので^^;)
02-009.jpg
当日の事を覚えていてくれたスタッフさんもいました。話に花が咲きます☆
お色直し、僕の一張羅持ち込みを余興の一環としてOKしてくれました(笑)。
(余興!?本人大マジメなんだけどなぁ~)
DSC01201.jpg

リビエラにいて気持ちいいのは、スタッフの方々の対応・気配りが素晴らしいこと!
それぞれのおもてなしの意識が非常に高いと感じます。
僕らの披露宴も何の滞りなく、不安なく終えることが出来ました。
出席していただいた方々からも「対応がよかった」との言葉を頂戴しています。
教育がしっかりなされているんでしょうねぇ~☆

リビエラは普通のランチも「季節の御膳」「手打ち蕎麦」「天丼」など充実していて、
フラッと行って食べられることを初めて知りました。楽しみが増えた気がしています☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

関連記事

| 休日・おでかけ | 17:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

シャローズカフェ

どんな感じでした?
ラーメン屋さんのころは何度か入ったことがありますが…
あんなおしゃれに改装されてからはまだ足が向きません。

リビエラは外からしか見たことがないのですが、ステキなところですね。
しかし、お館様の大事な装束を「余興」扱いですか。まあ、「持ち込み衣装一覧」に「鎧兜一式」ってのはないでしょうね。
奥方の「お茶の方」さまも時代衣装だったらよかったのに。

| こうちゃん | 2009/12/07 13:51 | URL | ≫ EDIT

お茶の方(笑)

>こうちゃんさん
お茶の方の衣装も、普通に羽織って十二単に見える時代っぽいのもありました。
僕はそれがいいなと思ったんですが、そこまでは押し切れず(笑)
本当は衣装の持込はNGだったのですが、
OKしてくれて本当によかったです。

シャローズは、「カフェ」としては落ち着いた店内でいいのではないでしょうか。
ただ肝心のお茶を飲んでいないので味は分からないですが。
ランチは。今度ご来店の時にお話します。(レンジの音が・・・)

| たけちゃん | 2009/12/07 14:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/261-1ac05f32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。