FC2ブログ

西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

信州紀行09秋~山田温泉

小布施から車で約40分、山道を上がっていったところに
信州高山温泉郷・山田温泉があります。
今夜の宿は「風景館」。お世話になりま~す☆

久しぶりのコタツですよ!冬の旅館はやっぱタタミにコタツ!
P1120139.jpg

ネットで申し込むと無料になる貸し切り露天風呂へ参りましょう。
去年完成したばかりという「天空の小鳥風呂」。
辺りは真っ暗だけど木々にライトが照らされ雰囲気は上々♪
かけ流しの温泉は無色透明で湯の花が舞っています。

ここのはちょっと熱かった。外が冷えるから余計にそう感じるのかも。
この後、大浴場で体を洗って、お楽しみの晩ご飯♪

午後7時の夕食は地元食材も取り入れた新鮮素材で。
キノコ汁、大イワナの刺身、山菜などなど。
食堂のスタッフさんはとても親切で好感持てました。パクパク。
PB170076.jpg
すき焼き風の地鶏鍋。お肉がキュッキュキュ、歯応えも旨みも抜群☆
面白いのは、名産品であるリンゴの天ぷら。甘じょっぱい味が結構合います。
そのまま食べても美味しいリンゴですよこれは☆
PB170079.jpg

食後は3回目の入浴へ。風景館一番の名物・仙人露天岩風呂がここ!
真っ暗ですな(笑)真下は松川渓谷の急流が轟音を立てて豪快に流れています。
P1120194.jpg
松川渓谷の巨大な一枚岩に造られた源泉かけ流しの仙人露天風呂、
お湯加減も丁度良く、長く浸かっていられました。
体もポカポカ、よく眠れそうです☆

あまりの気持ちよさに、額に温泉マークが浮き出てきました。
山田温泉マン参上!
P1120200.jpg
ゴウゴウと流れる渓谷の音が、眠気を誘います。
おやすみなさ~い☆



翌朝、カーテンを開けるとそこは雪景色!
IMGP3329.jpg
なんとも幻想的な木々、山々・・・。
と思ったのも束の間。さ・・・寒い・・・。(運転、大丈夫かな・・・^^;)

ま、いっか!朝ごはん前の露天風呂を楽しみまっしょ!
この長い階段の先に、仙人露天岩風呂があります。
PB180129.jpg
昨晩真っ暗だった岩風呂。松川渓谷は水を含んでさらに豪快に。
正面の見事な一枚岩も大迫力で目の前に迫ってきます。
ひえ~寒い寒い!早くお湯に入りたい・・・!
PB180165.jpg
はらはらと小雪が舞い、小鳥が唄う露天風呂。う~ん最高♪
PB180177.jpg
紅葉は少しだけ残っていました。最盛期はさぞかし見事な眺めでしょう!
IMGP3351.jpg
凍てつく寒さも温泉後の体にはなんのその。露だって美しく見えます。
IMGP3357.jpg

「牛の牢」と呼ばれる、松川渓谷随一の急流を見ていると吸い込まれそう!
この里に残る民話によれば、世話をしてくれる人間の娘に恋した牛が、
その娘の祝言の前日に娘を殺してしまい、牛は村人によってこの急流へ
投げ込まれ殺されました。その死骸は絶対に上がってこなかったそうな。
まるで柳田国男の遠野物語ですね。
確か馬が人間の娘に恋する話(逆かな?)がありました。
IMGP3347.jpg

チェックアウトは11時までなので、朝も旅館でゆっくりできました☆
お世話になりました~!

積もるタイプの雪ではなかったようで、運転は大丈夫。よかったよかった^^
さればこれより下山いたす。
全軍(2騎)出陣でござーる!(なぜか戦国モード)


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

関連記事

| 山梨長野 | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/254-4956cc37

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。