西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

釧路慕情~三日目②

神の子池から下って間もなく、摩周湖にやってきました☆
摩周湖は摩周湖でもここは「裏摩周」。
いわゆる通常のツアーで見る摩周湖の完全な「裏側」ということになります。
http://www.masyuko.or.jp/pc/masyu.html
(摩周湖などのある弟子屈(てしかが)町のとても参考になる観光サイト)
PA220312.jpg
静かな青い湖面。何年も前に見たときの摩周湖とは全く違う表情でした。
IMGP1910.jpg


道道1115から391号へ。
色づいた木々に思わず車を停めたりして。。。
IMGP1923.jpg

「屈斜路湖」は日本で6番目の面積を誇るカルデラ湖。ここは「砂湯」という所。
オオハクチョウは、来てるかな?ハクチョウボートではなくてですねぇ~・・・
IMGP1927.jpg

いたいた・・・!
まだ数は少ないものの、はるかシベリアから3000キロの旅をして
日本へ越冬しにやってきたオオハクチョウ。ゆっくり羽を休めて・・・
ん?左下、なんかモメてる?
IMGP1937.jpg
きらめく湖とオオハクチョウ、絵になります☆
IMGP1956.jpg
そういえば屈斜路湖は「クッシー」伝説で有名。90年代までは、大型の
未確認生物の目撃情報が数多くあったそうです。想像すると楽しくなってきます^^
IMGP1955.jpg

屈斜路湖沿いに少し南下すると、「コタン温泉」があります。
ここでひとっ風呂浴びたかったんですよ☆右が男湯、左が女湯。
真ん中の岩で仕切られているけど、奥はつながっているから実質、混浴☆
ご覧のように水着も可です。
では失礼して・・・
PA220319.jpg
寒い中での温かい温泉はまるで天国☆はぁ~、気分いい・・・☆茶も入ればいいのに。
PA220324.jpg
オオハクチョウも寄ってきました。最高のロケーション!
こんなにいい無料の温泉があるなんて。自然に感謝、感謝です☆
PA220335.jpg
真冬、屈斜路湖は全体が凍りますが、温泉が湧いている所だけは凍りつきません。
オオハクチョウがそこを狙って集まってくるというのをテレビで観たことがあります。
IMGP1992.jpg
温泉から上がっても、しばらく体は温かいままでした。。。ホッ☆
IMGP1986.jpg
一本の木で三種の色。どこかで見たな。
緑、黄、赤・・・。
あっ、夢人島カラーじゃん(笑)
IMGP2001.jpg


ランチは14:00、上のサイトで見つけた鹿料理ランチレストラン「屈斜路原野」さんへ。
http://www.gogogenya.com/lunch/pcmenu.htm
屈斜路湖からすぐだけど、畑の中にあるような場所なのでナビ必須です^^;
14時過ぎ、お店に入っても人の気配が無く・・・電話すると出てきてくれました。
後で確認したらラストオーダー過ぎてたのに開けてくれたんです!
すみません^^;そしてありがとうございました☆

落ち着いたログハウス風の建物の中で、ゆっくりといただきます☆
PA220343.jpg
オーダーを心に決めていた、これが創作鹿料理「エシカロップ」!^^
チャーハンの上に乗るのはシカのメンチカツ、そこへお店自慢の鹿ソースを
たっぷりかけて、いただきます!エゾシカ肉が美味しいのは知ってましたが、
こんな食べ方は初めて。意外にサッパリしていて、かなりイケます!
お店の説明によればエゾシカ肉は牛・豚に比べてカロリーは約3分の1、
脂肪分は15分の1。そして何とDHAやEPAといった青魚に含まれているものや、
鉄分、ミネラルも多いというから驚き!旨くて栄養満点だったのね、シカちゃん。
サラダには鮭のルイベが乗っかって、北海道らしさUP。
うん、美味シカった!ごちそうさまでした☆
PA220347.jpg

一路釧路へ入りま~す!


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

関連記事

| 北海道 | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/243-d9286a20

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。