FC2ブログ

西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

知床旅情~二日目②

クルージングを終え11:30、船酔いもせずしっかりお腹が空いてくれたところで
港内にある「知床 かに乃屋」さんへ。
http://www.kaninoya.jp/index.html
PA210220.jpg
ガイドブックで有名な他店をあえて選ばず、こちらにしてみました。

じゃじゃじゃじゃーん!これが知床生寿司、3150円ナリです!
PA210207a.jpg
上段左からタラバガニの内子(甲羅裏の卵)、ウニ、イクラ
ボタンエビ、寒ブリ、ズワイガニ
マグロ中トロ、活ツブ貝、サーモン、活ホッキ
タラバガニ、メンメ、マグロ 以上13カン

ネタ、シャリ共に言わずもがなの美味しさ!
旅をしていない、地産ネタの新鮮さは東京では味わえないし、
このお値段では食べられないでしょう。
カニの内子は少ししょっぱい大人の風味(酒好きにはたまらないのでは)、
オホーツクの赤い深海魚メンメ(キンキと呼ぶほうが有名か)は
洗いに調理されていて、脂の乗った上品な味☆

この「かに乃屋」さんは美味しいのはもちろん、料理の品数が豊富。
鍋物、焼き物からツマミ系、シカ料理、ジンギスカンと何でもござれ!
ネットで見つけた優良店でした☆


食後はウトロと反対側の太平洋に面した町、羅臼(ラウス)へドライブ。
途中、景色の良い所を見つけては停車して寄っていきます。
IMGP1621.jpg

ガイドブックに頼らない観光も面白いですよ!
手付かずの川、最近ではなかなかお目にかかれません。
IMGP1629.jpg

星空が美しかった、知床八景⑥知床峠から見た羅臼岳☆
PA210224.jpg
知床峠のある知床横断道路は、11月から5月まで全面通行止めとなります。

知床峠から見る国後島。この近い距離、どう見ても日本の領土だよなぁとしみじみ。
IMGP1726.jpg
島の6割はロシアの自然保護区に指定され、原生林が保たれているそうです。
もし日本に返還されたら、大資本によってすぐ観光開発されちゃうんだろうな~。
でも世界遺産だから大丈夫かな?

横断道路途中の雄大な「熊越の滝」。
IMGP1642.jpg
近辺は上高地を思い出させる水辺の風景・・・。
IMGP1637.jpg

ウトロから車で40分、羅臼へ到着。
「羅臼国後展望塔」から、羅臼が一望できます。小さな町だけど、漁業は盛ん。
羅臼昆布、ウニ、スケソウダラ、サケは有名。
PA210245.jpg
これといって見所は無い羅臼ですが、ホエールウォッチング船が出ているので
いつかは乗ってみたいですね☆

帰り道、愛くるしいシカの家族に出会いました☆
IMGP1664.jpg
雄々しい雄鹿の登場!今回の旅行で見かけた中で一番リッパな鹿男子☆
エゾジカ全体で雄は25%と少なく、その中で縄張りを持ちメスを囲えるのは
ほんの一握りだそうです。おまけに寿命も短い。こりゃ強くならないとね!
IMGP1683.jpg
家族を守れる程に☆(あのツノ、兜に付けたらカッコイイだろうな~・・・)
IMGP1694.jpg


今夜の夕飯バイキングではイクラ丼を作ってみました☆(野菜、少ないね^^;)
PA210257.jpg
もう人もまばらなのに、いつまで食べてんの、俺!(笑)
(つーか、なに撮ってんの・・・)
P1110753.jpg


夕食後は、自分たちで「動物観察ツアー」を敢行しました。
昨日と同じポイントで再びシマフクロウ観察☆
エゾシカ、キタキツネなど見ながら昨日のヒグマのポイントへ行ってみましたが
今夜は現れませんでした。

ホテルの露天風呂は空気が冷たく温泉は温っか♪
今日もよく眠れそう・・・


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

関連記事

| 北海道 | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/241-768b9226

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。