FC2ブログ

西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

環境のこと


自然に触れることが好き。僕らいろいろな所へ行きますが、
必ず目にするのは開発と称する自然環境破壊の数々。
「何のためにこんな美しい場所にショベルカーが入っているの?」
「何で誰も使わないような場所に道路を造ってるの?」

「お金」「利権」優先の人間たちによって川や海はカチカチのコンクリートで
固められ、山は崩され元の形を失い、生命の連鎖が壊された環境では
野生生物たちが食べ物や棲家を奪われ絶滅に追い込まれています。

恐れを知らない目先の利益にとらわれた役人は、口先だけ「環境」を謳いながら
貴重な野生生物の宝庫である東京の名山に大穴を開けてもへっちゃら。


今年の4月から、沖縄・慶良間諸島ではダイバー規制が行われます。
年々増加するダイビング客によって貴重なサンゴ礁が傷つけられて
いる現状があります。

奄美大島では金銭目的の人間たちによって昆虫や動物の密猟が行われ、
またその人間たちの運転する暴走車によってアマミノクロウサギを
始めとする貴重な野生生物が轢死させられています。
そのため「入山禁止」を訴える地元民の方が多くなっているそうです。
(コレに関してはようやく非常事態宣言が出されました)

北海道・知床では、2011年から名所・知床八景のひとつ知床五湖に
特定のガイド同伴でないと入ることが出来なくなるそうです。
人数制限を設ける措置ですね。


こうした動きは仕方のないことだと思うし、どんどん施行すべきとも
考えます。自分が自然の中を旅するのが好きなので、余計にそう思います。

旅をすると、人間によって自然がいかに傷つけられ、環境破壊が進んでいるかが
分かります。旅好きとして、行かれない地域が増えることは残念ではありますが、
こうしないと環境が守れなくなっていることも事実。


カナダでは自然との「共存」の意識が高く、道路を造ったりトンネルを掘ったり
するにも「野生生物も利用できるように」工夫されているのだそうです。
また、車で野生生物を傷つけるなどして逃走すると「指名手配」となります。
日本とは「意識」からして違います。
日本もこうした改正をしていってもいいのではないでしょうか。



ところで・・・

様々な生物の生活に必要なゆりかごであり、人々の憩いの場でもある
葛西臨海公園に、カヌー競技場を建設する計画があることをご存知でしょうか。
これは、盛んに唱えられている東京オリンピック計画のひとつ。

東京オリンピックを既存の施設を利用したコンパクトなものだとか、
エコ(は!?)だとか仰っているようですが現実は巨費を投じた環境破壊。
(このカヌーでは4日間の競技のために28億円の税金が投入されます)

ああ、やっぱりか、という思いです。

きっと他にも犠牲となる貴重な環境はたくさんあるものと思われます。

“動物?鳥?そんなの他で暮らせるだろう”
上の方の考えなどその程度でしょう。
いや、人間以外の生き物の事などはなから念頭にないかもしれません。
そうした考えが今までどれ程の生物を絶滅に追いやってきたか。

経済効果だとかで貴重な自然をどんどん壊していってますが、
一体いつまでこんなことを続けるのでしょう。

造る場所がなくなるまで?
人間以外が絶滅するまで?

「将来のために」とか「環境」とか、口先だけの言葉は止めてほしい。
環境保全こそが本当に大事なんです。
未来に残すものはもっと他にあるでしょう。

僕は特定の支持政党もないし
なんの保護団体にも属していませんが
この現状には本当に考えさせられます。


誰もが「自然と共に生きている」という自覚を持ち、
自然に優しい生き方ができればどんなにいいだろうと思いますけどね。
P7290032.jpg
(奄美大島「あやまる岬」にて)


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

関連記事

| 地球や自然のこと | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/223-95eefdca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。