西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大井川鐵道トーマスに乗ろう!2日目③~トーマスフェア!

11時51分。


トーマス号の終点『千頭駅』到着!
往復の場合、座席は変わらないので荷物を置いていけます。
ゴミは座席下に置いておくと、スタッフさんが処分しておいてくれます。


晴くんは寝たまま。もう少し寝かしておいた方がよさそう。
僕は骨折があるので茶が抱っこヒモで。すまんねぇ。


ホームを降りるとヒロとパーシーが見えるので、気分が盛り上がります☆
僕たちはすぐに『トーマスフェア』会場へ☆
乗車チケットは入場券付で、乗らない人も料金払えば入れます。

駅到着後、約30分(12時20分頃)で千頭駅名物、転車台に
トーマスがやってくるので、僕は一番前の見やすい場所を確保。
(今年からひな壇の観覧席が設けられました)
その間、晴くんを抱っこした茶はミストの涼しいベンチで休んでもらいます。


トーマスが転車台に乗りました。
転車台は、人力。
初動に力を使いそう!
ここでも人が頑張ります☆
P7194044.jpg


方向を変えるので180度回せばいいのですが、
サービスのため一回転半、回してくれます☆^^
僕はEM5で写真を、茶はTZ60で動画を記録。
晴くんは寝かせていて、この場面は見ていません。
P7194049.jpg


迫力あり!
この千頭駅転車台は明治30年イギリス製で、
製造所が判明している現存最古のものだそう。
P7194055.jpg




トーマスは転車台を出ると、ヒロの隣に並んでみんな集合!となります。
しかし直後は人が集中するので、ここはすぐに写真を撮りたい気持ちを
グッと抑えて、それは後回しにします。

僕らは先にラスティーに乗りに行きました。
寝起きの晴くん、ボーッとしてます^^;
今年から登場のラスティー遊覧は線路を数十メートル進んで
戻ってくるだけですが、いじわる貨車やいたずら貨車がいたりして
子供にとってはトーマスの世界を楽しめるものになっています。
P7193894.jpg


茶と晴くんが乗ったラスティーがやってきた!
赤い車両はアプト式電車。
片道トーマスで、千頭駅からアプト式に乗って奥大井へ行き
寸又峡温泉で一泊、なんてプランも検討しました。
晴くんがもう少し大きくなって、またトーマスに乗りたい!と
いうことになったら、行ってみたいと思っています。
P7193898.jpg



千頭駅舎二階の、冷房の効いた休憩室で一休み♪
暑いので氷イチゴが美味しかった☆生き返るぅ☆
P7193908.jpg


それではトーマスたちの所へ行ってみよう!

ヒロ、トーマスと一緒に記念写真!
時間をずらしたので待ち時間なく、2カット撮れました^^
P7190480.jpg


写真スタッフはヒロ、トーマスの前に一人、パーシーの前に一人。
P7190269.jpg


晴くんの好きなキャラのひとり(?)、パーシーは
頑張り屋の愛すべきキャラクター。
P7190489.jpg


中に入って、おしゃべりを聞くことができます。
“どこから声が聞こえるの?”といった表情の晴くん^^
P7190071.jpg


パーシーの覗き穴?から。
P7190072.jpg


パーシーも目が動いた!?
P7190499.jpg


こちらヒロの中。
落ち着いた渋めのお声・・・なんですね(笑)
P7190062.jpg


“日本の伝説の機関車”となっているヒロ。
大井川鐵道では、トーマスが友人のヒロに会いにやってきた、という
設定になっているみたいです。
P7190493.jpg


ジェームス運行日は、トーマスの横にジェームスが並び
さぞ壮観な眺めになることでしょうね!
P7190119.jpg


トーマスが黒煙を上げ始めました!
P7190505.jpg


タイミングが良いと、近くで動くところが見られます。
すごい迫力!
ヒロに別れを告げ、ホームへ向かうトーマス号☆
P7190521.jpg


好奇心いっぱいの子供には、何もかもが新鮮で
面白いものに見えたでしょうね☆
P7190173.jpg


僕らも動くSLを初めて見て、新鮮な気持ちになりました。
昔はこんな機関車が普通だったんだなぁ。
P7190525.jpg



つづく
関連記事

| 旅行 | 08:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/1482-feef0524

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT