西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伊豆の夏休み・3日目②~沼津港にて

伊豆・三津シーパラダイスの水族館。
再びカマイルカたちのショーが始まったので、館内はほぼ貸切状態(笑)。
晴好くん、ベビーカーを降りて走り回っちゃいました^^;
もう目が離せない(魚が見れない・・・)!
しかしまぁ、実に楽しそうです☆
P7164852.jpg

うつぼ!
P7164827.jpg

くらげ!
P7164817.jpg

駿河湾名物・タカアシガニ!
P7164856.jpg

降ったり止んだりの雨ですが、ショー会場や入江を利用したアシカプールは
屋根が付いているので大丈夫♪

あわしまマリンパークがある淡島、
晴れていればその向こうにドーンと富士山が見えます。
では予定通り、この駿河湾の恵みをいただきに参りますか!
P7164868.jpg


三津シーパラから車で約15分。
沼津港へやってきました!
おいしい魚が食べられるという期待感で
テンション上がっちゃゥ~^^
P7164882.jpg

お店を探しつつ、ぶらぶら。
あっ、キンメだ♪
P7164885.jpg

たくさんお店があって、見ているだけでも楽しい。
だが見ているだけで済むはずが無い!
(晴好くんは僕の背中でzzz~)
P7164889.jpg

どの店で食べようか、とても迷いました。
本やサイトで見ておいた店もいくつか回ってみたものの、イマイチ決め手が無い。
じゃあ、あえて旅行誌に載っていない店にしてみようと僕の一存で決定したのは
『さすよ亭』。ここがビビッときました(表現、古ッ!)。

表の店構えの印象と違って、店内はとても落ち着いていて綺麗。
注文してから、晴好くんは既製品でお食事。
P7164892.jpg


まずは茶がオーダーした「赤魚の干物定食」。
赤魚、旨ッ!!そしてデカッ!!
そして僕が驚いたのは、単独で刺身定食として出せそうな程の盛りの
三種の地魚刺身盛りが付いている。
茄子の小鉢、海草の味噌汁、ご飯のセットで、ななな、なんと980円!
東京で食えぁ1500円~2000円はするでしょう。
P7164898.jpg

僕はオーダー迷いました。
絶対に生桜海老と生シラスは食べたい。
けど、地魚も食べたい。
生桜海老と生シラスの丼に、地魚の握りでも追加しちゃおうかな。
いやそれでは高くついちゃうし食べきれなそうだし・・・
アジの叩き、アジフライ、アジの干物全部がセットになった
卑怯すぎる定食(笑)があったりなんかして、大いに心が揺れる。
ああ、悩む、悩む・・・


行き着いたのは「駿河地魚の握り」、1600円。
ネタは本日、沼津漁港に水揚げされたイサキ、カンパチ、ヒラメ、
アジ、目鯛、マグロ、ハタ、ヤリイカ。そして桜えび、しらすの10貫に
カニ汁が付きます。
もちろん全て天然物。やはり漁港で食べると鮮度が違う。
これはもう普段東京で食べていると、はっきり分かる。
P7164900.jpg
さすよ亭の握りは、シャリの酢具合、温度、量、すべて僕好み。
そこへ新鮮ネタが乗っちゃうわけですから、こりゃ美味しいですよ☆

初めて生で食べた桜海老は、甘みがあって上品な旨みがあって
得も言われぬ旨さ。感動しました。
生シラスは過去に鎌倉で食べたのより美味しかった。
まさに駿河湾の至宝よ。
P7164905.jpg

おいしかった~!みんな大満足☆
駿河湾の豊かさを教えてくれた『さすよ亭』さん、ごちそうさまでした☆
P7164917.jpg


展望水門びゅうお。その向こうは駿河湾。
茶は「沼津なら日帰りできそう!?」と、帰る途中で
もう次の訪問の話をするほど沼津が気に入ったよう。
P7164920.jpg

沼津インターから東名に乗りました。

旅グルメはまだ続く。
海老名サービスエリアにて夕飯の買い物。
僕は珍しくパンに。
箱根ベーカリーセレクトの、海老名カレーパン(海老名SAだけに^^)、
家のトースターで温めるとカリッとした生地にプリッとしたエビの食感が
スパイシーなカレーと一緒になって美味しかった。あ、メロンパンも♪
P7164927.jpg


今回の伊豆旅は初めて訪れる所ばかりでしたが
海も山も川も楽しめ、伊豆の山海の食を堪能。
陸と海の動物園やホテルで子供も大人も大いに楽しめ、
東伊豆から中伊豆を通り駿河湾へ抜けて東名で帰ってくるという
我ながらなかなか良いコースだったのではないかな、と思います。

僕と茶の伊豆の定宿『IZU WAVE』は、受け入れが中学生からなので
あと15年行かれない(笑)。
しかしそれでも伊豆には魅力的な場所が多いと再認識できました。
関連記事

| 伊豆・箱根 | 01:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/1353-7694f816

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。