西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冬の山陰・3日目④~玉造温泉・白石家

3日目の宿は、玉造温泉に取りました。


縄文・弥生時代に勾玉の産地だったことから“玉造”と称されます。
温泉の歴史は最古級で、平安貴族の間でも評判だと言う話が
「枕草子」にも書かれているそうな。

また出雲風土記には

「ひとたび濯げば形容端正しく、再び浴すれば万の病ことごとに除こる」

とあり、その確かな効能から“神の湯”と呼ばれてきたんだとか。

いやーん!容姿端麗になっちゃうー!(笑)


ということでお世話になるのは『白石家』さん。
“女性にやさしい 神々が集う出雲のお宿”というキャッチコピーに引かれた。
館内は花で設えられ、想像していた通りキレイです☆
P1120235.jpg

ただここも禁煙部屋が少なかった。
事前に空気清浄機の設置を頼んでおいてよかったです。
P1120224.jpg

お茶請けは“ドジョウすくい饅頭”^^
P1120226.jpg

ここのお宿に決めた理由はもうひとつ。
旅行出発前にした電話での対応が感動的でした。

僕は「のどぐろの料理を追加できるか」と、一度電話。
検討して、次の日にもう一度電話をかけたときに
担当女性が「のどぐろでございますね?」と、きちんと情報を取ってあった。

更に、じゃらんから申し込んだときに、連れが妊娠中と書き込んでおいたが
それもきちんと把握していて「おめでとうございます!」ときたもんだ。

いや、なかなか出来ることではありませんよ。



玉造温泉は、大社・しんじ湖の各温泉と同じく無色透明で無臭。
む~、確かにお肌によさそうだ・・・。
露天もあって、とっても気持ちよかったです♪
僕も茶も小茶ロウも、じんわり温まることができました☆


そして圧巻の晩ごはん!
「カニお手軽コース・冬のかに会席」プランの晩御飯は・・・

おおおおおおお~!!
席に着くとビックリ!
ひとり一杯、大きなカニがどーん!
こ、小鉢がかすんでしまうが、前菜は
カニ身の冷製、真イカのウニ和え、ヒラタケの和え物。
P1120239.jpg

新鮮な日本海のズワイ☆
いてて!この活きの良さ!(ウソ)
ずっしり重いよ^^
P1120255.jpg

甘く濃いカニの身に夢中になりました☆
カニ味噌最高!
味噌はたっぷり詰まっているので、贅沢に身に塗っていただきます♪
P1120275.jpg

別注しておいた、のどぐろ塩焼き。
本当にエラの中が黒いです。
食べると、漁師さんが最も旨い魚だと言う理由がわかります。
初日の出雲で出たので2回目だけど、何度でも食べたい!
P1120237.jpg


絶品料理のせいで、今日も、やっぱり飲みたくなった!
島根の地酒三種の「利き酒セット」を注文。
P1120247.jpg
「豊の秋~松江づくし~」は、松江の水と松江の米で作られた辛口。

「國暉(こっき)純米酒」あっ!昨晩、土蔵の前を歩いたな。
出雲杜氏が培ってきた数百年の伝統を守り続ける、歴史ある蔵元。辛口。

「李白 特別純米酒」は島根県産酒造好適米“五百万石”を精米した
まろやかでコクのあるやや辛口のお酒。

僕は酒に関しては詳しくないので多くは語りません。
でも感じたことは、どれも香りが素晴らしく、辛口でもすごく飲みやすい。
後口もすっきり爽やか、という感じで、すぐに次の料理を食べたくなる。
李白は他のよりズッシリしていたかな?
僕の好みは國暉と豊の秋。旨い。

料理と酒がお互い高め合う、というのをこの歳で初めて実感したかも。
島根のおかげだな☆

まぁそれでも僕にとっては酒より食事がメインなので、
飲みすぎることはありません^^


刺身三種盛りは、かんぱち、よこわ、かに。
P1120261_20140110181836347.jpg
ここで僕たちは、人生で一番おいしいカンパチを口にしました。
日本海の新鮮なカンパチとはこんなにも風味豊かで、
気持ちの良い歯応えがあるものなのか・・・

やはりその土地のものはその土地で食べないとだめだな。
東京で食べてるものとは次元が違いますね。
食べ物に感謝しながら、一噛み。一噛み・・・

カニのお刺身ー!
P1120267.jpg

お凌ぎは、出雲蕎麦。
いい蕎麦を使っています。抜かりはありませんね☆
美味しかったので、最後におかわりしました^^
P1120278.jpg

かに茶碗蒸し。
とっても風味豊か。
P1120288.jpg

かに寄せ鍋が食べ頃に☆
お出汁も飲み干したくなるくらい、いい味が出てる!
P1120277.jpg

かにと海老の天ぷら盛り合わせ。
薄い衣でサクサク、料理後半でももたれることなく
美味しくいただけます☆
P1120293.jpg

カブとめかぶの柚子風味のお吸い物。
根菜と磯の香りの調和。ホッとする美味しさ。
これがカニ椀だったらしつこいと感じたが、さすがのバランス感覚☆
香の物も、本物の味がします。
P1120298.jpg

かに釜飯が炊き上がりました!
炊きは二十分、蒸らしは五分。
カニの風味とおこげの香ばしさ。
ガツガツ食べられちゃう!お腹いっぱいのはずなのに^^
P1120300.jpg


季節の果物とケーキ。
この手のプチケーキって、ろくなのがないんだけど
さすが白石家さん!こちらも抜かりはありませんでした。
チョコと抹茶のケーキ、美味しかったぁ♪
P1120301.jpg

美味しい料理の数々に、食後もしばらく夢ごこち・・・☆
コースのお品書きと利き酒の説明書は持ち帰りました。
料理長さんやスタッフさん、そして食材に敬意を表して。


ロビーでは毎晩、縁結びライブショーが行われ、土地の民謡など
ライブで楽しむことができます。
お客を楽しませようという心意気にあふれた宿だよね^^
P1120307.jpg

宿泊客を巻き込んでの安来節!
みなさん、どじょうすくいキマッてますね^^
つーか俺に声がかからないのはどういうワケ!?(笑)
やらせろっつーの!(ほろ酔い)
P1120314.jpg

選べる花柄浴衣を着て
どじょうすくいを踊る茶(笑)。
IMGP9921.jpg

楽しい玉造温泉の夜は更ける・・・
zzz~


つづく
関連記事

| 旅行 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/1107-6fb894ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT