西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の山陰・2日目①~宍道湖

夜半から明け方にかけて鳴り響くカミナリ。
ピカッ!ピカッ!っとスゴイ。
そして降り出した雨。


朝6時に目覚ましで起きたはいいけど、これでは外出できないな。
バードウォッチングスポットとしても知られる出雲大社境内の散策は
止めにして、7時まで安眠をむさぼりました☆


朝食は食堂にて。いただきまーす!
P1110665.jpg

席に着いてから温かいうちに運んできてくれたのは
アジの干物、野菜の炊き合わせ、そして宍道湖特産しじみ汁♪!
鍋の湯豆腐はしっかり大豆の味がする上等のもの。
おいしい朝食に活力がみなぎります☆
P1110667.jpg

神域出雲の歴史ある宿『ますや旅館』さん。
お世話になりました!


チェックアウトの時は激しく降っていた雨も・・・
次の目的地『宍道湖グリーンパーク』に到着したら上がってきました!
(その後も帰宅まで何度か雨に見舞われたけど行動には支障なし)
さすが晴れ男&晴れ女☆

こちらでは野鳥を中心に宍道湖の豊かな自然環境を紹介しています。
観察舎から望遠鏡で杭の上で休むミサゴやカワウを観察☆
ラムサール条約湿地の宍道湖は国内7番目の広さ。
中海を通して日本海と繋がる汽水湖で、多くの生き物を育んでいます。
IMGP9297.jpg

グリーンパークでは地域の子供たちや保護者にも自然観察会などを通して
宍道湖の豊かな自然をレクチャーしています。すばらしい事です。

スタッフの男性が宍道湖の色々な話を聞かせてくれました。
僕が手にするのは宍道湖に飛来する渡り鳥の中で最も数の多い
キンクロハジロとスズガモのぬいぐるみ。原寸大で重さも同じ。
おもしろい~♪
P1110682.jpg

周辺は休耕田、色付く山々。
PC042095.jpg


グリーンパークで明日の探鳥の情報収集を行い、そこへ下見に。
西日本最大の探鳥地といわれる川の河口です。
P1110700.jpg

コハクチョウたちが羽を休めていました!
グレーの個体は幼鳥ですね~^^
宍道湖はコハクチョウ渡来地の南限にあたります。
PC042210.jpg

家族群毎に居るコハクチョウ。
これから採餌に向かう家族が飛び立ちました☆
雲に煙る山、曇り空を背景に、束の間差し込む陽によって
浮かび上がる美しいコハクチョウたち。
おー、テンション上がるなぁー!
PC042268.jpg

後ろの休耕田に、ひらひら舞い飛ぶ鳥が下り立ちます。
“ニュー!”っと甲高く鳴く声が、広大な大地に響き渡る。
タゲリとの出会いでした♪(初見・初撮影)
PC042316.jpg

ふふ。ずっとここに居たくなったなぁ。


だけど探鳥は明日に回し、予定通り車で向かったのは
『松江フォーゲルパーク』

当ブログに幾度も登場、訪問17回を数える『富士花鳥園』、
2005年に訪問した『掛川花鳥園』の姉妹施設です。
もちろんこちらへは初訪問。

松江の敷地は最も広大で、温室の大きさもすごい!
IMGP9304_20131215124508638.jpg

各施設へは、動く歩道や渡り廊下を伝って向かいます。
IMGP9308.jpg

早速、餌あげ。
ショウジョウトキたちがすぐに近づいてきました☆
中には後ろからGパンを引っぱって餌を要求する子も^^
IMGP9353.jpg

遠慮がちな外国種のヘラサギ君。
どうぞどうぞ(笑)☆
IMGP9337.jpg

フォーゲルパークの鳥なのか、本当の野鳥なのか分からんね^^;
IMGP9529.jpg


つづく
関連記事

| 旅行 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/1096-54cf14d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。