西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の山陰・初日③~出雲御師の宿ますや旅館

午後5時過ぎ。
初日の宿は出雲大社すぐそばの『ますや旅館』

今回の旅では3箇所のお宿を予約。
決め手はお料理と、禁煙かどうか、という点。

ますや旅館さんは江戸後期からの営業と歴史は古いけど
2012年に改装したばかりの禁煙の和洋室が2部屋ありました。

和洋室『八雲』。
わぁー広い!
10畳が二間、寝心地の良いツインベッド。
空気清浄機、枕元のタブレットは自由に使えます。
ゆっくり出来る部屋がいい、と言っていた茶も大満足☆
IMGP9238.jpg


出雲大社のすぐそばで温泉に入れるとは!
こちらのお風呂はその珍しい『大社温泉』☆
P1110633.jpg

無色透明、匂いはほとんどありません。
僕ら好みのぬるめに設定してあり丁度良い湯加減。
いやぁ~、いいなぁ~・・・♪
P1110640.jpg


夕食は広いお部屋で。
部屋出しはやはり落ち着いて食べられるので良いですね~^^

日本海の採れたて新鮮な食材を使ったお料理、
見た目にも楽しませてくれます☆
IMGP9248.jpg

ところでこの宿で唯一ダメだったのが運んでくる仲居さん。
何も知らないのか、料理内容の説明が全くナシ。
しょうがないから僕が尋ねるんだけど
ヘラヘラ笑ってごまかし、そのまま退室しようとする。
僕が重ねて問うので、やっと調理場へ伺いを立てる始末。
せっかく素晴らしい料理なのに、もったいない!
こんな仲居さんは裏で掃除でもしてなさい。


この旅で、冬の山陰の魚の旨さには圧倒されまくった!
もうボコボコのメロメロ(笑)。
皮付き天然マダイ、寒ブリ、よこわのたたきに、ヒラメ。
天然採れたての旨みと甘み☆
IMGP9247_201312091751178a0.jpg

じゃじゃーん!でたー!のどぐろ!
これ食べたかったんだぁー☆
のどぐろ(赤ムツ)の塩焼き、さすが高級魚と言われるだけあって
上品ながらもしっかりとした旨みをお持ちです♪
IMGP9253.jpg

甘鯛のすり身のしんじょう。
うっとりする美味しさ。
IMGP9279.jpg

煮つけは、フグ!
フグを大口でかぶりついたのは初めてかな(笑)
ワカメもいいですね~。
IMGP9278.jpg

旅日記では普段飲まない日本酒の写真を何度か披露しておりますが、
ここでもやはり飲みたくなった。
出雲の老舗、古川酒造(天保11年(1840)創業)の『八千矛』を熱燗で。
旅情と旨い料理のせいで、飲みたくなるんだよ~♪
IMGP9263.jpg
ちなみに八千矛とは、大国主大神様の別名“八千矛神”からとったそうな。


出雲そばは、薬味を乗せてツユをさっとかけて食す割子式。
こちらは市販のなのか?味は普通でした。
IMGP9249.jpg

お鍋の火が消えた時が食べごろ・・・おおっ!
島根和牛!
少し熱が通った半生状態で、その味と初めての食感にビックリ。
肉もサシもとろけるようで、口内膜に吸い付くような快感。
巻いてある野菜(何だろ?)との相性が素晴らしい。
島根黒毛和牛と料理人さんに拍手です☆
IMGP9268.jpg

米所島根は当然おコメも日本酒も美味しい!
IMGP9286_20131209183847bc1.jpg

初日からシマネ食にノックアウトされちゃったね!(笑)
お腹の小茶ロウも喜んでいるかな?
IMGP9283_20131209183948594.jpg

食べた食べた~^^

食後の運動、温泉卓球(笑)
P1110649.jpg

すごく寛げるお部屋。

茶は早めに寝なきゃならないし、
僕は早朝の大社探鳥予定。
IMGP9288.jpg

11時前にはベッドに潜りこみました。
ZZZ~・・・


つづく

ポチッとお願いします☆

関連記事

| 旅行 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/1093-67f38df9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。