西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いも~れ奄美2013・4日目③~夜の生きもの観察隊

奄美最後の宿泊は『ヴィラ ゆりむん』さん。
建物全体、かわいらしい造りになっています。
IMGP4684.jpg

夕食時間は決まっており、午後7時からとのこと。
だいぶ時間があるので、近くの浜へ出てみました。
ここ赤尾木湾は大昔に隕石が落ちて出来た海だと言われており
『奄美クレーター』と呼ばれています。
IMGP4691.jpg

風呂に入ったりしてゆっくり過ごし、午後7時にテーブルに着きました。
楽しみにしていた夕食!・・・お料理がなかなか出てこない。
やっと1品目が来たけど、次の皿がまた出てこない・・・。

ここは宿泊客以外の人も利用できるようで、どうやらワイワイ飲みながら
食べている5人組のペースに合わせて調理をしている様子。
これじゃあ食べ終わるのに2時間以上かかると見て、早く料理を出して
くれるよう頼みました。
こちら3品目の魚介のパエリヤ。
IMGP4702.jpg

申し訳ないが、俺の奄美ラストナイト、
ゆっくり食事をしている暇はないッ!

奄美で一番楽しみにしている、夜の動物観察に出発できたのは午後9時前。
だいぶ遅くなりましたが、まずは近くの自然観察の森付近へ。
リュウキュウコノハズクの群れを楽しみましたが、
他には出そうもなかったので場所を移動。


こちらでもリュウキュウコノハズクがヒット!!
茶が最初に見つけたとき、このヒナ3羽は並んでいました^^
かわいい~
P7045451.jpg

しばらく見ていると、親鳥(上)がヒナに獲物を運んできました。
ヒナは木の枝のようなものを足でつかみ、頑張って飲み込みます。
獲物はなんとナナフシ!
枝に擬態しても、コノハズクにはバレちゃうのね~^^;
P7045455.jpg

今までの旅で多くのコノハズクのヒナが見られたのは2006年。
この時は8月の旅行で、丁度コノハズクの繁殖期に当たっていたからでした。

なので7月一週目にこんなに早く子育てしていることがちょっと意外でしたね。
今年の奄美は梅雨にあまり雨が降らなかったらしいので、
そうした影響もあるのかな~、と勝手に推測しています。
P7045467.jpg

ここへ観察車が近づいてきて「何がいるんですか?」と聞かれたんで
「リュウキュウコノハズクです。」と答えると、5、6人の観光客が
どやどや車から下りてきて全員コンデジでフラッシュの嵐。
こうなってはここでの観察もおしまいです。
コノハズクには申し訳ないことをした気がしました。

生物は物体ではなく、敬意を表し静かに観察するもの。

もし、奄美が自然遺産登録などされたら、こういう連中がもっと増えて
生きものたちへのダメージとなるのではないか。

かねてから持っていた僕の不安が増大してしまいました。


気を取り直して先へ進みます。
斜面に、アマミノクロウサギ~☆
草を食べていますね^^
P7045503.jpg


こっちにも!
P7045554.jpg

おとなしい個体です。うひょ~♪
P7045555.jpg

土に巣穴を掘り、子供を外敵から守るために巣穴の口を土で埋めて
また掘り返したりするアマミノクロウサギ。
そのため爪は鋭く尖っているのが分かります。
P7045562.jpg

余裕があったので赤目軽減など試したけど、どうしても赤目になります。
しかしカワイイなぁ~^^
古代より奄美で独自の進化を遂げてきたまさに“生きた化石”です。
見させてくれてありがとな~☆
P7045572.jpg

この日に見たクロウサギは4羽ですが、
たっぷり観察できました☆
DSCF6413.jpg


出た!ヒメハブ!
ライトに反応し、頭を持ち上げています。
P7045778.jpg

レロレロレロ☆
毒蛇です。
素晴らしい生きものですよねぇ~!
でも僕ら5回も奄美に来てるのにハブにはまだ会ったことがない・・・。
P7045627.jpg


今夜のアマミヤマシギはとってもキュート

どっちに行こうかな~、やっぱあっちに行こうかな~、ウロウロ。
顔がカユイな~、ポリポリ(写真)。
ウンコしたいな~、プリッ。
好き放題やって、何かついばみながらトコトコ歩いてゆきました☆ガハハ
P7055640.jpg


帰り道、こんな所にコノハズク?
コノハズクに始まりコノハズクで終わった今夜^^
P7055653.jpg


出陣が遅かったせいか小鳥類は全く見られませんでしたが、
時間が違えばそれなりに楽しい出会いがあるもの。

奄美最後の夜にふさわしい内容でした☆
楽しかった~♪


最終日へつづく

ポチッとお願いします☆

関連記事

| 奄美大島 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/1044-5f036daf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT