西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うなぎ食い思ふ

丑の日とずれましたが、うなぎをいただきました~♪


買ったのは当然、国産表示のもの。

パック入りのうなぎ。
塗ってあるタレには見栄えを良くする為に
添加物が多く含まれているのだと、最近になって知りました。

あるサイトに載っていた通りにまずウナギを水洗い、
タレを洗い流します。
P1080350.jpg

大さじ1の酒をかけ、コンロで3分焼きなおします。
改めてタレを、そして山椒をかけて、いっただっきまーす!
ふっくら美味しいウナ丼♪
P1080355.jpg


昔は庶民の食べ物であったウナギは激減し、いまや貴重な生きもの。
生息環境の悪化や乱獲といったニンゲン活動によるものです。

僕らの子供、孫の代には一体どうなってしまっているのか?
とても心配です。もちろんうなぎに限ったことではありませんが。

貴重な資源を絶やさず未来へ引き継がなければならないのに、
目先の利益を追求する人が多いというのは、先の参院選を見て明らか。


僕がブログやFacebookやってて思うことですが、
自然環境問題に関心のある人ってとても少ないですね。

反対に、食べ物の話題なんかは非常に反応が良かったりする。
これだけ美味しい食べ物が好きな人がたくさんいるのだから、

自然環境を悪化させれば美味しい食べ物も口に入らなくなる。

ということに多くの人が早く気付いてほしい。

減ったら養殖すればいい、というのではなく
生きものの住める環境を回復させることが大事。


それから、消費者が食品に“安さ”を求める風潮。
安くて、いいもの。これは最高ですね。

ただ、この安さ至上の風潮が加速した結果が
昨今の“食の安全”問題に関わっていると思うのです。

安いからといって、中国産うなぎは食べたくありません。
しっかりお金を払って、体に良いものを口に入れたい。
これは日本の農業や漁業などに従事している人を応援することにもつながります。

※ただ我が母が近所で、中国産うなぎを愛知県産として偽装している店
を見つけました。(昔からよく知る店だったのに)
作る人、売る人にもモラルを求めたいですねぇ。


『医食同源』。
“体に良いものを食べていれば健康を保て、薬など必要ない。”
これ皮肉にも古い中国の言葉。


うなぎは色々な事を教えてくれている気がします。


ポチッとお願いします☆

関連記事

| 地球や自然のこと | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/1043-ed75e754

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。