西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏八木勲さんを悼む

また、僕の好きな俳優が逝ってしまいました。


僕はあまり幅広くドラマや映画を観る方ではないけど、
見ている中で初めて『夏八木勲』という役者を強く意識したのは
1986年、日本テレビ年末時代劇『白虎隊』の作中で
新選組局長・近藤勇役で出演されたときのことです。
(土方役の近藤正臣さんとのコンビは
僕の新選組イメージ像として今でも鮮明に残っています)


以来数多くの映画やドラマに出演され、夏八木さんが出ているから
思わず見てしまった、という番組もたくさんありました。

代表作『戦国自衛隊』の長尾景虎、
大河ドラマ『葵 徳川三代』の島左近は
特別カッコよかったですね。

最近では昨年10月に放送された『ゴーイング マイホーム』で、
入院して寝たきりとなり、亡くなる役を演じておられました。
実際の状況とオーバーラップして、今思い出すと・・・
ちなみにこの時、映像には映らないのに棺に入ったという夏八木さん。
役者魂に感嘆します。


がんであることを隠して役者業を全うされた夏八木さん。

余計なことを言わない無口な男だった、と千葉真一さんが
振り返っているように、僕にとっては目指したい“男像”を
夏八木さんは持っていたと思います。


残念至極ですが・・・
夏八木さんはとても多くのものを
一視聴者としての僕に残してくれました。


心よりご冥福をお祈りいたします。
関連記事

| 未分類 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fuhrinkazan.blog87.fc2.com/tb.php/1005-efbd63d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT