西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

冬の山陰・3日目③~松江城

いざ松江城へ!


僕は筋金入りの城好き。
もうね、このね、石垣の角がたまらん!
この美しさ・・・
頬ずりしちゃう☆
P1120083.jpg

石段を上り、天守へ向かう・・・
いいですねぇ~この雰囲気。
IMGP9789.jpg


門をくぐり受付で入場料を払うと、
背後には松江城の立派な天守閣がそびえ立っていた!
IMGP9798.jpg

これこそニッポンの城と言いたくなる美しく完璧なシルエット。
その美は古来よりチドリが羽を広げた様子になぞらえ“千鳥城”と呼ばれます。

松江城は重要文化財だが、国宝指定されてもおかしくない
現存する見事な城郭!
僕の現存する城の訪問は犬山城、姫路城、松本城、彦根城の国宝四城と、
修学旅行先の松山城に加え松江城で六つ目☆(あと六城)
IMGP9821_20131229125047827.jpg

茶姫と若君、入城~!
ドンドンドン♪
IMGP9837_20131227183608447.jpg


城といえば急な階段(笑)。
この“桐の階段”は、防火防腐のために桐を使った
松江城独特のもの。
P1120121.jpg

よだれが出そうな甲冑武具!
変わり兜もあってすごく楽しい♪
一番奥のは!?なんだ、茶か(笑)。
P1120089.jpg

こちらの兜は、トンボ。
着たい。欲しい。着たい・・・
P1120104.jpg

松江城、築城主は堀尾吉晴。
秀吉政権下の三中老のひとりです。
特別優れた働きをした武将ではなかったと思うけど、
人望があり家臣には慕われていたらしいですね。

僕が幼少の頃に読んだ歴史漫画で覚えているのは、
信長の稲葉山城攻略に際し進入口を秀吉に教えたことで
家臣に召しだされた、ということだったはず。
その茂助少年も、こんなに立派な大名になったんですねぇ☆


堀尾氏は三代で途絶え、その後に入城した京極氏は一代限り。
その後は家康の次男・秀康の第三子である松平直政が入城し、
前述の七代不昧公を挟んで十代続き明治を迎えたそうです。

初代直政は勇猛な武将だったそうで、14歳で初陣した大阪夏の陣では
難攻不落の真田丸を攻撃し、これを見た真田信繁(幸村)は軍扇を投じ
その武勇を褒め称えたそうな。


天守最上階より宍道湖を望む。
陽の光が神々しく見えました。
IMGP9842_20131227183719e0e.jpg
雲がなければ反対側には鳥取大山が見えるはずでしたが、
これはまたのお楽しみ。

建築様式を見ているだけで楽しい☆
こんな風にリフォームできたらいいのに、と言うと
茶には大反対されます(笑)。
P1120124.jpg



松江城を出ると中途半端に時間があって、地図を見ていると
宍道湖のとなり中海に浮かぶ『大根島』というのが目に止まったので
ただの興味本位で行ってみました。
大根は無かったが(笑)、牡丹の産地として知られているそう。
近くに有名な『境港』があるが、そこで食べちゃうと夕飯に影響するので
そのまま引き返しました。
P1120173.jpg



再び宍道湖へ。
『鳥ヶ崎』で水鳥観察。遠いなぁ・・・。
IMGP9895_20140110160545c0a.jpg

夕飯を探すミサゴ。
PC054013a.jpg

湖岸へ下りてみました。マガモ、スズガモ、カルガモ、キンクロ・・・
PC053205.jpg

宍道湖の豊かさの象徴です。
IMGP9915.jpg

「しじみ研究所」なる施設から夕日を見ました。
P1120197.jpg

充実の三日目が終わろうとしています。
IMGP9919.jpg


それでは第三の宿へ!


つづく

| 旅行 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬の山陰・3日目②~松江堀川めぐり

今朝の探鳥があまりに楽しすぎて、ホテルへ戻る時間が遅れ気味に。
茶は腹を空かせて待ちぼうけでしたが、予想の範囲だったそうで(笑)☆

ホテル一畑の朝食バイキング。
9時過ぎ、団体客などすでにいなくなった広いレストラン、
ほぼ貸し切り状態でゆっくりいただきました☆

しじみ汁、十六島海苔の佃煮、しらすで食べる仁多米が美味しい♪
きざみネギでご飯を食べるのはオレ流^^☆
P1110959.jpg

そして上階の“しんじ湖温泉”も、誰もいなくなった露天風呂を
ひとりで堪能。
P1110972.jpg

嫁島と、しじみ漁の風景を眺めながら☆
PC053134.jpg


10時過ぎチェックアウト。
ホテル前で、宍道湖のしじみ漁を見学しました。
IMGP9701.jpg

宍道湖の風物詩ですね☆
漁ができるのは当然許可を受けた漁師さん。
長い棒の先にカゴが付いた専用の掻きカゴを使います。
月火木金の週4日、午前中の4時間以内と決まっていて
漁獲量の減少を防いでいるそうです。
IMGP9708.jpg


松江城はすぐ近く。
大手門前の駐車場に止め、『ぐるっと堀川めぐり』を楽しみます。
『武家屋敷』が見えてきました☆
IMGP9723.jpg

温かいこたつ船で、なかなか快適だね~♪^^
P1110996.jpg

松江城の堀はそれほど埋め立てられず当時に近い状態。
それゆえ“ぐるっと”巡ることができます。
堀端ではヤマガラが水浴びをし、すぐそこにカワセミやアオサギが^^
IMGP9734.jpg

船頭さんは70名以上いて、皆さん一線を退いた60歳以上の方。
応募が多く、採用されるのは大変なんだそうな。
面白くガイドをしてくれましたよ☆

全部で16の橋をくぐるのだが、いくつかは低いので
船の屋根が電動で下がる仕組みに。
「はい、伏せて~!」
P1120053.jpg

「ぎょえ~っ!!」
こんな風にはならんよ。(笑)
P1120054.jpg

船頭さんオススメの撮影スポット!一瞬でした☆
PC053153.jpg

石垣には、当時の石工によって刻まれた星型マークや扇形のマークが。
この刻印の意味するものとは!?正確には分かっていないようです。
IMGP9760.jpg

約50分。
あ~楽しかった!
船頭さんが「だんだん」と言ってくれました。
松江の言葉で、ありがとうの意です^^
IMGP9772.jpg



3日目のお昼ご飯の場所を決めていなかったんだけど、
堀川めぐり中に船頭さんが紹介してくれた堀端の蕎麦屋
『八雲庵』へ行ってみることにしました。
これが美味しくて禁煙で大当たり☆

お店のオススメは、僕の大好物「鴨南蛮」!
出てきて、まず見た目に驚く。「つゆが透明だ!」
食して、味に驚く。「おいしい!」
P1120143.jpg
見た感じでは薄味に見えてしまうが出汁の味はしっかり目。
鴨肉も新蕎麦もネギも旨い。
僕は出雲蕎麦の割子一段をセットに。この冷たい蕎麦もいい歯応えで
香り高く美味。五段くらい食べたくなる!
P1120140.jpg

武家屋敷を改装した店の造りはとても趣がありますね☆
また船頭さんの説明によれば、俳優・長谷川博己さんの親戚が
経営されているということでした。
そのせいかどうか分からないが店内はサイン色紙でいっぱい。
おいしいお店に出会えてよかった♪
P1120161.jpg


つづく

| 旅行 | 02:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬の山陰・3日目①~マガン・モーニングフライト

3日目。
僕だけ早朝5時30分起床☆


真っ暗な中、車を走らせること約30分。
昨日寄った、宍道湖に注ぐ川の河口にやってきました。


西日本最大の探鳥地であるこの川は神話にも登場。

天上より川に降り立ったスサノオノミコト。
この川で暴れまわるヤマタノオロチを見事に退治しました。
(オロチの尾を斬った時に出てきたのが皇室三種の神器のひとつ草薙剣)

須賀の地に定住したスサノオはオロチから守ったクシナダヒメを妻とし、
(その五世の孫が大国主大神)日本最古といわれる和歌を詠みました。

“八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を”

・・・明治の世。
松江に在住したギリシャの作家パトリック・ラフカディオ・ハーンは
日本国籍を取得、出雲にかかる枕詞を使い“小泉八雲”を名乗ったそうな。

そのため松江には小泉八雲の名所旧跡が数多くあります。
故事を調べていくと本当に面白いなぁ!^^



さて依然、真っ暗闇。
河口辺りからは“コォー”というコハクチョウの声だけが聞こえてくる。

今回の旅の大きな目的でもあったバードウォッチング、
夜明けまであとわずか・・・
IMGP9642.jpg

徐々に明るさが増す。
ISO感度、シャッタースピードなどいじくりながら試し撮りを繰り返す。
コハクチョウたちの姿を捉えることができるように。
PC052458.jpg

その中の一団が、採餌場へ向けてテイクオフ!
重量のある鳥ゆえ、水面を蹴って助走をつけています。
なんという美しさだろう!
PC052472.jpg



日の出、午前7時頃。
待ちに待った瞬間は突然訪れました。

宍道湖方面から、マガンの大軍団がやってきたー!
息を呑む壮観さ!大感動!!
シャッター切りながら、呼吸止まってたかも(笑)。
PC054000.jpg

数箇所に別れて川に降り立つマガンたち。
数千の群れ、辺りは急に賑やかになりました!
PC053993.jpg

振り返れば2013年12月5日の朝日・・・
年間を通して曇りや雨の多い出雲地方。
この日を晴れにしてくれた神様ありがとう☆
IMGP9671_2013122219390626a.jpg


天然記念物マガンを筆頭に、この瞬間だけで3種の“初見・初撮影”!

2羽のツルがディスプレイ!?
なんとマナヅル(絶滅危惧Ⅱ類)。
PC052574.jpg
図鑑によると。
鹿児島県出水の渡来地(特別天然記念物)には世界の総個体数の約半分、
3千羽が越冬し、他の地域では稀、と書いてある。
このカップルがこれから南下するのかは分からないけど、
なんてラッキーな出会いなんでしょう!華麗な羽ばたきを見せてくれました☆
PC052590.jpg

そして何気なく撮っておいたこのカモメは、
冬羽のズグロカモメ(絶滅危惧Ⅱ類)。
ユリカモメに酷似していたけど嘴が黒く太い事で帰宅後に判明。
図鑑によれば世界的な希少種で、総個体数は約8千羽。
もっとちゃんと撮っておくんだった~^^;
PC053992.jpg

ズグロカモメは諫早湾の干拓の影響で激減しているらしい。
越冬地が減っているんですね。
ニンゲンはこの先も生き物たちからの“警告”を無視するんだろうか。



三々五々集うマガンたち。
様々な陣形が見てとれます。方円陣☆
PC053234.jpg

矢じりのような鋒矢陣!
中央が信玄公か?(笑)
PC053235.jpg

まさに雁行陣!
PC052790.jpg


マガンたちは朝の挨拶でもしているのでしょうか。
おっ、ホオジロが出てきた^^
PC054024.jpg

中国山地に連なる山々。
朝霧に煙る里の美しい風景です。
PC052899.jpg


のんびりコハクチョウ。
その昔、川はよく氾濫していたので、ヤマタノオロチは
“暴れ川”だったこの川とだぶらせて解釈されてもいるのだそう。
今は穏やかなものです。
PC053074.jpg

徐々に数を増やしていったマガンたちは河口で毛繕いなどしてから、
また採餌場へそれぞれ飛び去って行きました。
夜中、宍道湖周辺の各所に居たマガンが、なぜ夜明けに集合して
再び散らばって行くのか、理由ははっきりしていないそうです。
PC053004.jpg

朝陽の中のマガン。
いやぁ、念願のモーニングフライトを見られてよかった!!^^
PC052950.jpg


ああっと!朝メシの時間がぁあ!(汗)


つづく

| 旅行 | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深大寺散歩

今週の休みは、朝の時間をのんびりできました☆
リフォームで大きくなったガラス窓から、次々やってくる野鳥を
見ていると時間の経つのを忘れてしまいます^^
P1140817.jpg

椿が開き始めたのでヒヨやメジロたちが嬉しそう☆
P1214155.jpg

そして午前中は、二階リビングに新しいテレビ、マット、テーブルをセット。
次の日、茶の大学時代のお友達が遊びに来るのです。
だいぶ部屋らしくなったぁ~!
P1140827.jpg
昨年内で終わってるはずのリフォームですが、リフォーム会社側の
発注ミスや施工不足などでダラダラ残っています。
早く終わってくれないと、部屋の整理ができないよ。



午後のお散歩は深大寺。
茶のお腹にいる小茶ロウは9ヶ月です。

お昼はいつもの『湧水』でいただきました。
茶は天ざる。
お店の方が「元気な子を産んでくださいね」と言ってくれました。
P1140829.jpg

眠くなる~!・・・
P1140840.jpg


僕はもりそば大盛りを食べたけどお腹は余裕。
デザートは『鬼太郎茶屋』で、僕らの好物「じゃころっけ」を(笑)☆

注文してから揚げるので、5分くらい待ちます。
熱々でサクサク、香ばしいじゃこがたっぷり!
これは旨いですよ~♪
P1140841.jpg

看板に目をやると、「蟹饅頭」の文字が!
作者水木しげる先生の出身地・鳥取の“境港で水揚げされた紅ズワイガニ使用”
と書いてある・・・。
食べずにはいられなくなりました(笑)。

熱々のアンはカニの風味たっぷり!
これも美味しいなぁ~♪
P1140849.jpg

食べる?ガハハ
P1140852.jpg
12月の島根旅では境港まで足を伸ばすことはなかったけど、
やはり日本海のカニは素晴らしいね。
(境港 小倉屋というお店です)



神代植物公園入り口にて、亜種オオカワラヒワ。
今冬はよく見かける。
P1214179.jpg
しかし善福寺といい井の頭といい石神井といい神宮といい・・・
冬鳥の少なさは尋常じゃないなぁ。

この時期は牡丹が見頃だったようだけど、
探鳥ばっかりしてました^^
P1214205.jpg

モズ♀。
P1214208.jpg


ご飯を探すカワセミ君。
P1214213.jpg

なかなかキャッチできない様子。
P1214236.jpg

ジョウビタキもルリビタキも見当たらない・・・。
カワセミウォッチングしてゆっくり帰りました。
P1214242.jpg

いつも思うけど、近場なのに遠くへ来た気にさせてくれる
深大寺一帯は、いいですね☆

| 休日・おでかけ | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬の山陰・2日目③~味処なにわ本店

2日目の夕食。
これぞ松江!という料理を大満喫☆


ネットで探すと、旨い魚料理を食べさせるという居酒屋は
松江の街にたくさんあります。
しかしそのほとんどが喫煙可。
宿もだが、残念ながら東京ほど禁煙化は進んでいません。

本当に客に美味しいものを食べさせたいと思う飲食店なら禁煙にすべき、
というのが僕の持論。

せっかくの旨い魚も酒も喫煙者に台無しにされたくはありません。
茶が妊娠中ということもあり、喫煙可の店は全部パス。

そしてこの旅で僕が“絶対に食べてみたい!”と思っていたのが
「スズキの奉書焼き」。
両方の条件に合う店が少ない中、やっと見つけたのが
午後7時から予約した『味処 なにわ本店』さん。
電話の対応からしてとても良かったので期待大です。


その老舗の料亭は宍道湖畔にたたずんでいました。
IMGP9613.jpg


先付け。
あご野焼き。あごはトビウオの山陰での呼び名で、かまぼこ状にしたもの。
旅行中あちこちで食べたけど、ここが一番!
島根特産の天然岩のり、十六島海苔(うっぷるいのり)は味が深くて美味。
そして七珍のひとつシラウオ。
P1110880.jpg

松江には『宍道湖七珍(しっちん)』という7つの名物があります。
“相撲足腰”と覚えるそうで、すなわち

す:スズキ
も:モロゲエビ
う:うなぎ
あ:アマサギ(ワカサギ)
し:シラウオ
こ:コイ
し:しじみ

こちらではその5つまでを味わうことができました~^^☆

松江四季の味・郷土料理の中から
嫁ヶ島5千円のコースをいただいております♪

さすが島根の刺身!
旅行中よく出る“よこわ”は本マグロの幼魚で、
成魚よりあっさり目ではあるが甘みがあって抜群の旨さ。
そしてハマチとマトウダイ、新鮮なのは言うまでもありません☆
IMGP9593_20131221193724893.jpg


しじみのお味噌汁も、なにわ本店の味が一番でした☆
どこのも美味しいかったが、やはり作り方が一味違うのかな^^
まぁどの店が一番とか言うのは野暮ってもんですね。
しじみに、感謝☆
P1110881a.jpg

宍道湖産大和しじみは大ぶりです☆
P1110883.jpg


そして!ついにッ!
感動の瞬間はやってきました。

スズキの奉書焼きは、松江を代表する郷土料理。
奉書紙に包んで蒸し焼きにされたそれは、開封前から良い香り♪
P1110886.jpg

昆布の上にスズキの身。
一口食べると、昆布の旨みを吸ったスズキの香りが鼻を抜けて
得も言われぬ美味しさ・・・
まさに“風味”の極致。
P1110892_20131221200048551.jpg

グルメな藩主松平不昧公も好んだ料理だそうな。
醤油も柚子胡椒も付けずにそのままいただきました。
この歳でこんなに美味しい物を知ることができて幸せです。
日本人に生まれてよかった☆
P1110893.jpg


窓の外に見える宍道湖では、たくさんの水鳥たちが
活発に餌取りをしています。
IMGP9607.jpg


モロゲエビの揚げ物。
汽水湖に生息するこのエビ、甘く香ばしく、とっても美味しいエビでした。
揚げ方も素晴らしいですね。
IMGP9596.jpg

カニの陶板焼き。味が濃い!^^
日本海の恵みを堪能。
IMGP9599.jpg

うなぎの柳川風。
ふわっと卵とじ。やさしい、ホッとする味になっています。
うなぎとゴボウって合うんだな~。
IMGP9602.jpg


なにわ本店独自の料理、御うなめし。
うなぎ、ごぼう、しいたけ等を細かく刻んだ具が
せいろ御飯の上と中にたっぷり入っています。
P1110905.jpg

しゃもじで立て割りして茶碗によそい、特製の出汁をかけて、
十六島海苔や大根おろし等の薬味を乗せて、さらさら・・・
うーん旨すぎ!
出汁の風味、海苔の風味・・・最高♪
P1110913.jpg

デザートのレモンシャーベットでサッパリと♪

郷土料理コースは金額が四段階、「嫁ヶ島」は下から二番目ですが
すごく楽しめました。奉書焼きが付くのは嫁ヶ島以上のコース。
2階には個室があるようです。

“風味”をきちんとお客に提供してくれる良店でした!
次回の松江旅でもきっとお世話になることでしょう^^



お店のすぐ前の橋。
昔は川の南北を結んでいたのはここだけでした。
IMGP9621.jpg

師走の松江はライトアップも頑張っておりました。
大国主大神様を神仏習合させた大黒様ですねぇ~☆
茶が犬と間違えたのは髪型じゃなくて福耳だったか!ガハハ
IMGP9623.jpg


一畑電車『松江しんじ湖温泉』駅前には
24時間開いている共同の足湯があります。
ほっこり☆いい気分~♪
IMGP9627.jpg

のんびり、楽しい松江の夜♪


つづく

| 旅行 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬の山陰・2日目②~松江フォーゲルパーク~ホテル一畑

お昼ごはんはパーク内の蕎麦処『不昧庵』でいただきます☆

店名は、出雲松江藩の第7代藩主である松平治郷公が茶道の達人で
号を“不昧(ふまい)”としたことから付けられました。
僕は最初「不味庵(まずいあん)」と読み違えてしまった!大変失礼しました。ガハハ
IMGP9401_20131215130136bf0.jpg
この不昧公のおかげで松江市は今も文化程度が高く、
和菓子も有名なのだという事です。

さて蕎麦ですがパークの説明によれば、無類の蕎麦好きだった不昧公が
奥出雲の櫻井家を訪れた際の蕎麦を参考にした、となっている。

パーク内の水車で昔ながらの製法で作られた蕎麦は
つなぎを入れない十割の出雲蕎麦。

蕎麦の実を皮ごと挽いてあるためツルッとした食感ではないが
新蕎麦の時期でもあって香りが高い!
力強い感じの美味しいお蕎麦でした☆もう一杯いけたな^^
IMGP9396_20131215130124697.jpg


渡り廊下の途中で、野鳥の混群と出会いました。
ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、コゲラ・・・
あっと!キクイタダキが混ざってる!!

至近距離で群れ飛ぶキクちゃんたち。
望遠レンズは使わないだろうと、EM-5は車に置きっぱなし。
痛恨の撮影不能。
広すぎるパーク内、取って戻ってきたときにはもう群れはおらず。
仕方なく、休憩中のカワラヒワをパチリ^^;
PC044013.jpg


ふれあいコーナーでエボシドリと☆
IMGP9459.jpg

オニオオハシ、かわいいなぁ^^
IMGP9468.jpg

ヨウムのおみくじ。手に乗せてくれます☆中吉でした。
IMGP9507.jpg

ペンギンのお散歩はクリスマスバージョン☆
P1110788.jpg

茶はフクロウショーに参加♪
輪っかを上手にくぐって飛ぶメンフクロウちゃん。
PC042361.jpg

アフリカオオコノハズクと記念撮影☆
IMGP9547_20131215161140e06.jpg

シロフクロウに癒されます。
レストランのパンプキンラテで温まり。お土産を買い。
フォーゲルパークをたっぷり楽しみました☆
P1110820.jpg


そのまま宍道湖北岸を東へ。

湖面には無数の渡りの水鳥たちが羽を休めており、
鳥病患者としては運転中ついつい脇を見てしまう・・・。
その度に茶に怒られていました。
PC042384.jpg


『松江しんじ湖温泉』到着は午後5時前くらいだったかな?
P1110847.jpg

『しじみ館』で、またお土産を☆
本当に松江は和菓子の老舗が多いですね。
P1110856.jpg


しじみ館の隣が、2日目の宿『ホテル一畑』
こちらは団体客が多い大型のホテルになります。
部屋へ案内してくれた係りのおねえさんが、
風呂や食堂の空いてそうな時間帯を教えてくれました。

朝食のみのプラン。
最上階、リニューアルした宍道湖を見渡せる禁煙室。
シモンズの大変寝心地良いベッドでした♪
P1110857.jpg

部屋の窓から。
宍道湖の向こうは松江の夜景。
IMGP9587.jpg

ホテル内の売店で、またまたお土産を!
ま、自分達用だけではありません。
互いの家や、リフォーム会社さんや、大工さんや、近々会う友人や、
夢人島の、いつも贈り物をし合う方々へ☆
旨いものが多い出雲松江、あれもこれも欲しくなっちゃうね^^
P1110861.jpg


2日目の夕飯は午後7時からお店を予約してありました。
ゆっくり徒歩20分ほどかけて向かいます。
お、酒蔵だ^^
P1110875.jpg


つづく

| 旅行 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬の山陰・2日目①~宍道湖

夜半から明け方にかけて鳴り響くカミナリ。
ピカッ!ピカッ!っとスゴイ。
そして降り出した雨。


朝6時に目覚ましで起きたはいいけど、これでは外出できないな。
バードウォッチングスポットとしても知られる出雲大社境内の散策は
止めにして、7時まで安眠をむさぼりました☆


朝食は食堂にて。いただきまーす!
P1110665.jpg

席に着いてから温かいうちに運んできてくれたのは
アジの干物、野菜の炊き合わせ、そして宍道湖特産しじみ汁♪!
鍋の湯豆腐はしっかり大豆の味がする上等のもの。
おいしい朝食に活力がみなぎります☆
P1110667.jpg

神域出雲の歴史ある宿『ますや旅館』さん。
お世話になりました!


チェックアウトの時は激しく降っていた雨も・・・
次の目的地『宍道湖グリーンパーク』に到着したら上がってきました!
(その後も帰宅まで何度か雨に見舞われたけど行動には支障なし)
さすが晴れ男&晴れ女☆

こちらでは野鳥を中心に宍道湖の豊かな自然環境を紹介しています。
観察舎から望遠鏡で杭の上で休むミサゴやカワウを観察☆
ラムサール条約湿地の宍道湖は国内7番目の広さ。
中海を通して日本海と繋がる汽水湖で、多くの生き物を育んでいます。
IMGP9297.jpg

グリーンパークでは地域の子供たちや保護者にも自然観察会などを通して
宍道湖の豊かな自然をレクチャーしています。すばらしい事です。

スタッフの男性が宍道湖の色々な話を聞かせてくれました。
僕が手にするのは宍道湖に飛来する渡り鳥の中で最も数の多い
キンクロハジロとスズガモのぬいぐるみ。原寸大で重さも同じ。
おもしろい~♪
P1110682.jpg

周辺は休耕田、色付く山々。
PC042095.jpg


グリーンパークで明日の探鳥の情報収集を行い、そこへ下見に。
西日本最大の探鳥地といわれる川の河口です。
P1110700.jpg

コハクチョウたちが羽を休めていました!
グレーの個体は幼鳥ですね~^^
宍道湖はコハクチョウ渡来地の南限にあたります。
PC042210.jpg

家族群毎に居るコハクチョウ。
これから採餌に向かう家族が飛び立ちました☆
雲に煙る山、曇り空を背景に、束の間差し込む陽によって
浮かび上がる美しいコハクチョウたち。
おー、テンション上がるなぁー!
PC042268.jpg

後ろの休耕田に、ひらひら舞い飛ぶ鳥が下り立ちます。
“ニュー!”っと甲高く鳴く声が、広大な大地に響き渡る。
タゲリとの出会いでした♪(初見・初撮影)
PC042316.jpg

ふふ。ずっとここに居たくなったなぁ。


だけど探鳥は明日に回し、予定通り車で向かったのは
『松江フォーゲルパーク』

当ブログに幾度も登場、訪問17回を数える『富士花鳥園』、
2005年に訪問した『掛川花鳥園』の姉妹施設です。
もちろんこちらへは初訪問。

松江の敷地は最も広大で、温室の大きさもすごい!
IMGP9304_20131215124508638.jpg

各施設へは、動く歩道や渡り廊下を伝って向かいます。
IMGP9308.jpg

早速、餌あげ。
ショウジョウトキたちがすぐに近づいてきました☆
中には後ろからGパンを引っぱって餌を要求する子も^^
IMGP9353.jpg

遠慮がちな外国種のヘラサギ君。
どうぞどうぞ(笑)☆
IMGP9337.jpg

フォーゲルパークの鳥なのか、本当の野鳥なのか分からんね^^;
IMGP9529.jpg


つづく

| 旅行 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

午年。

今年の干支。

年賀状にはこの写真を使用しました。
場所は北海道・鹿追町。
時は2007年7月。
このブログを始める前ですね~。

広大な草原や森の中を、のんびりと乗馬しました。
茶の、姿勢のいいこと!(笑)
PICT0203f.jpg


渡河の途次、水を飲む馬たち。
P7080489a.jpg

北海道の空気は旨いね~☆カッポカッポ^^
P7080472.jpg

たっぷり3時間、北海道の大地を歩きました。
P7080478.jpg

国内では数少ない、純血アラブ馬。
土地の競馬では圧倒的な強さを誇る2頭だそうです。
まだ元気かな~^^
道路に出たとき、横をバイクが追い抜いていった際に
僕の乗馬が走り出してビビッたのを思い出しました。
P7080496a.jpg

同じ牧場にいた可愛いカワイイ子馬ちゃん。
トコトコ近寄ってきました♪
模様から“ウシウマ”と呼び、今も僕らの思い出の馬です。
P7080459a.jpg



こちら、同じく2007年。
変顔を披露してくれた『市原ぞうの国』の馬たち!
PA011274a.jpg

ガハハ
P1000206.jpg

嫌なこと忘れさせてくれるような写真ですな^^
P1000207.jpg

シマウマと変顔対決!くわっ!
ラマは呆れ顔(笑)。
P1000203.jpg


ついでに象さんの写真も。
遠かったけど、楽しい動物園でした!
PA011232.jpg

バスケットボール!^^
サッカーや習字もやってたな~。
P1000140.jpg

象のショーは迫力満点!
P1000136a.jpg


子象の『ゆめ花』ちゃんは、僕らの訪問の一カ月前に誕生したばかり!
国内でのアジアゾウ出産例としては2例目、園では初。
今は大きくなっているんだろうなぁー^^
P1000233.jpg

動物の種類が多く、エサあげ体験も出来たり。
また行ってみたい動物園ですね☆

| 日記 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Newキッチン!

リフォーム後の初のキッチン使用は、大みそか☆

と言ってもキッチン自体はそのまま(そんなに古くないので)。
変わったのは吊り戸棚、レンジフード。
そしてキッチンカウンターを新たに置いたので、
狭かったキッチンがとても広く使えるようになりました♪
P1130963.jpg

年越し蕎麦を作ります。

僕が当日になって「鴨南蛮にしよう!」と思い立った。
しかし肝心の鴨が、どこも品切れ。
富士ガーデンで、やっとハンガリー産のカモを見つけました。
もう細かくカットしてある状態。

神明通りの八百屋さんの深谷ネギが熱を通すと甘くなり、とっても旨い。
カモもネギも本当なら炭火でやりたいところですが、フライパンで。
カモの油が出ないなぁ^^;
P1130968.jpg

蕎麦は昨年同様、乾麺の十割蕎麦。
何とか形は整えて、
冷たい蕎麦も添えて完成!

カモの香りは思っていたほど出せなかったけど(笑)
母にはとっても喜んでもらえました☆
今年は早めに国産鴨肉を買って、鴨南蛮、定番になりそうです。
P1130972_20140106000128d1a.jpg


チャンネル変えながらテレビを見ていたが
相変わらず面白くないねぇ!
紅白も、見たい歌手がゼロ。
唯一の見所が「あまちゃん」って・・・。
これホントに“歌”合戦?
P1140017.jpg

潮騒のメモリーズも
アメ横女学園GMT5も
天野春子も
鈴鹿ひろ美も出たのに・・・
これが本当の出場者だったら赤が勝ったかな?
しかしジャニーズ票は強いなぁ。

まぁ白を勝たせないと泉谷がキレるか。
どうでもいいけど(笑)。

| 日記 | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩~浅川・多摩川

今週のお散歩は、“河原”。

茶も運動の必要性を感じているので
天気の良い休日は歩きたがります。


多摩モノレール『万願寺』駅で下車。
すぐそこに「夢庵」がありました。
茶曰く「ここのうどんは美味しい」そう。
立川でバケット食べちゃったけど、
こっちにしとけばよかったな。


と、ランチの後悔をしたのは一瞬で、
浅川の広い河原に出てすぐに見つけたモズに興奮(笑)

左岸を下流に向けて歩きます。
モズの次はツグミ。
ズームを引き、対岸の人物をあえて同じフレームに収めてみました。
P1073992.jpg


河原へ下りるとすぐに童心に返りました☆
P1140276.jpg

タヒバリやイソシギに誘われ、僕は進行方向逆へ^^;
茶は目前にカワセミ、モズがやってきたそうな。
P1074023.jpg

茶が撮影したモズ。
P1140284.jpg


僕はタヒバリにつられ、どんどん離れてしまった。
P1074036.jpg

カシラダカとホオジロの群れ。
P1074048.jpg


冬の河原ではおなじみの野鳥たちですが、
これだけたくさん居ると楽しいー!

茶が撮影したホオジロ。
バックは日野高校のグラウンドネット^^
P1140318.jpg


2~3時には、夕方のような陽射しになります。
でも風はなく穏やかな陽気で、この時期の散歩には最適。
P1140328.jpg

道でスズメたちと何やら食べていたカシラダカ。
P1074125.jpg

気持ちは若い僕、ぴょんぴょん八艘飛び。
この後、中州を進むが川を渡れず引き返しました(笑)。
P1140332.jpg

中洲にて。イカルチドリ。
P1074129.jpg

中州にて。イソシギ。
P1074143.jpg
期待していたタカ類は、とんびのみ。

浅川と多摩川の合流地点。
ここからは多摩川の右岸土手を上流へ。
P1140372.jpg

ここまでトイレが全く無いので、
「動物愛護相談センター」という施設で拝借。
バイパスを越えて左折すると万願寺駅。


立川駅で買い食いしたのが美味しかった~☆
『道頓堀くくる』のたこ焼きと、『鯛夢楽』の和栗クリームたい焼き♪
P1140378.jpg

結構足が疲れたけど
いい運動になりました☆


本日の出会い☆
ホオジロ、カシラダカ、カワセミ、モズ、イソシギ、タヒバリ、
ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、
アカハラ、メジロ、コゲラ、スズメ、トビ、ハシブトガラス、
ハシボソガラス、キジバト、アオジ、アオサギ、ダイサギ、
カルガモ、マガモ、カワウ、カワラヒワ、オオカワラヒワ、
イカルチドリ、シジュウカラ、ドバト(外)、ガビチョウ(外)

| バードウォッチング | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014茶家新年会

しばらく朝ご飯は“もち”だな~。
びろーん♪
P1140068.jpg


正月2日。
昼頃の到着を目指して、茶の実家へ向かいます。
毎年旨いものにありつけるから楽しみで。ガハハ

例年、茶母の三姉妹の家族でカラオケなどで盛り上がっている
新年会ですが、今年は茶姉家族とお婆ちゃんと家で楽しみました!
P1140096.jpg

特製チャーシュー!!
これがないと始まりません。旨いー!^^
3日の僕の方の新年会でも毎年大好評なのです☆
P1140082.jpg

こちらも特製バンバンジー!
キュウリの細切り、クラゲの上に美味しい鶏肉がどっさり♪
タレが泣かせます^^
P1140091.jpg

今年は僕の大好物が更に追加に。
お友達からもらったという高知直送のカツオのたたき!
甘い新玉ネギと一緒に食べるとパラダイス銀河♪(古い・・・)
P1140083.jpg

僕がリクエストした、茶母特製きのこの炊き込みご飯☆
これだけあればいい、というくらい旨いんですよ。
P1140101.jpg

他に手作りのきんとんやなます、数の子、炒った銀杏、
お刺身などなど。
いつも美味しいものを用意していてくれて本当にありがたいです♪


新年会は甥っ子のカズキ(小3)とハルキ(年長)の考えてきた
“プログラム”によって進行(笑)。
ふたりの運動会や演劇のVTRを見たり^^。
P1140087.jpg

プログラム8番は「おとし玉をわたす」だと!?ガハハ
小判型のお年玉袋とお菓子をセットにしたら
喜んでくれたふたり☆
P1140114.jpg

日本酒が進んで撃沈した僕^^;
P1140118.jpg

いつの間にか夕暮れに。
僕はここから見える富士の夕景が好き。
P1140143.jpg


茶母にレクチャーしてもらった茶は、ものの10分ほどの練習で
『第九』の一部の音を出せるように!
茶父がマンドリンで合わせてくれます。
茶はずっと前からバイオリンを習いたいと言っているんだよね。
P1140158.jpg


ふたりは「どれにしようかなてんのかみさまのいうとおり・・・」で
当たった人の肩をもんでくれました^^
お兄ちゃんのカズキは結構力強くなってきましたね~☆イイキモチ♪
P1140191.jpg

ハルキはポイントの取り方が上手。こっちもイイキモチ~♪
P1140175.jpg
うしろでカズキは何やら細工・・・

プログラムに全部僕の名前が入っていました!ガハハ
ふたりともカワイイなぁ。
小茶ロウにどんな反応をするか楽しみですね☆^^


実に楽しい新年会でした☆

| 日記 | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元旦の善福寺公園

早朝、6時過ぎ起床。

暁を過ぎた頃・・・
まだ太陽は住宅地に遮られ見えませんが。
朱に染まるオナガ。
穴の開いた柿が太陽のようです!?
PC313989.jpg

公園に着いてしばらくして、初日が昇ってきました☆
P1014013.jpg

明るくなってゆく下池。
P1130987.jpg

何を思うアオサギ。
PC313960.jpg

新年の挨拶を交わすオオバンとゴイサギ。
(実際はオオバンの接近をイヤがるゴイサギ^^)
PC313953.jpg

変わらぬ様子のコガモたち。
PC313962.jpg


こちら上池よりの初日。
P1130992.jpg

上池では初日に染められた美しい水鳥たちが。
マガモ。
P1014020.jpg

キンクロハジロ。
P1014023.jpg

オナガガモ。
P1014039.jpg

この個体の尾が格好良かったのでもう一枚☆
少しの時間差でこれだけ色合いが変わってきます。
P1014034.jpg

下池に戻ると、カワセミが食事中でした☆
P1014041.jpg

今シーズンはカモ類はじめ冬鳥の飛来が少ない気がする・・・

今年の課題は野鳥の“飛んでる”シーンが上手く撮れるといいな。


おっと、それどころじゃないか・・・^^;


本日の出会い☆
ヤマガラ、シジュウカラ、ツグミ、ハクセキレイ、メジロ、
スズメ、オナガ、キジバト、ヒヨドリ、コゲラ、カルガモ、
キンクロハジロ、コガモ、オナガガモ、マガモ、カワセミ、
バン、オオバン、ムクドリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、
ゴイサギ、ウグイス、アオジ、ハシブトガラス

| バードウォッチング | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年・元旦

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします☆


今年は僕ら夫婦にとっての一大イベントが待っています。
3月の出産前後からドタバタになる予定(笑)ですが
福朗日記は僕自身の負担にならない程度に綴っていくつもりです。


さて2014年も僕は善福寺公園で初日を拝みました!
この時の内容についてはまた別稿にて。
P1130983.jpg


年内完成予定だったリフォーム工事は一部の仕上げなど持ち越しに。
1階は大きな2枚ガラス扉となり、かなり視界が開けて
庭が広く見えるくらい♪
P1140004.jpg


おせちは『浜新』さん。
2年浮気したけど(笑)、やっぱ浜新のがイイ!って結論に。

鶏と根菜の煮物、ホタテ、あわび、たらこ、穴子の焼き物、クワイ、
チャーシュー、鴨肉、なますなど。
IMGP9989.jpg

うに、スズキ?焼き物、かまぼこ、昆布巻き、タイの昆布締め、百合根、
野菜入り玉子焼き、栗きんとん、レンコン酢漬け、からすみ。
IMGP9990_201401022239127e1.jpg

黄身の醤油漬け、数の子、毛ガニ、菜の花の和え物、イクラ、黒豆、田作など。
ミートローフだけは温めて。
IMGP9991_201401022239289ab.jpg
ほとんどの料理は上手に薄味で仕上げており、素材の味が生きています。
冷たくても美味しい、食べ飽きない内容です☆


年始の来客はシジュウカラ^^
P1014050.jpg

スズメ夫婦は、なんと早くも子育てのための家を物色か!?
「この家どうだい?」
「まあまあかしらね~」
家賃タダなのにゼイタク言うな~(笑)
PC313974.jpg

いつもの面々に加えて、おやおやウグイスも!
枝に刺しておいた熟した柿を美味しそうに食べていました☆
PC223900.jpg

今年も母が黒豆を煮ました。

三つ葉がいっぱいの我が家のお雑煮はシンプル^^
鶏肉と餅、焼いたかまぼこ。
柚子と三つ葉の香りがおせちの後口をさっぱりとしてくれます。
P1140064.jpg


初詣への道すがら、様々な生き物とご挨拶。
P1140029.jpg

善福寺川ではハクセキレイやマガモ、カルガモ、
コガモ、ハシビロガモたち。
P1140036.jpg

後姿があまりにも可愛くて☆
P1140049.jpg

今年の氏神様への願掛けの内容は決まっていますね。
P1140052.jpg


夕食はご飯だけ炊いて、おせちの残りをいただきます。
カラスミ、イクラ、ウニ、あわび、数の子、タラコ、カニを
温かい飯に乗っけた“正月スペシャル丼”!
体に良くなさそうだけど、ま、正月だからいっか・・・!
P1140061.jpg

やはり、食べる正月になっちゃった^^;

| 日記 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |