西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

西表島・2日目~ナーラの滝から船浮へ

西表島2日目、6時過ぎに起床。

エコヴィレッジの朝食♪わおーウマそう!!!
朝からテンションHIGH!
なにィーッ!ご飯が、チャーハン!!?
P1070404.jpg
ここの料理人さんは中華の達人だそうで、その片鱗を見せてくれます。
ゴーヤと島豆腐のチャンプルー、グルクン唐揚げ、もずく酢。
最後はパッションフルーツでさっぱりと。
島料理の数々に朝から感激してしまいました♪

なんでこんな変顔になったかわからんが(笑)
非常に美味しくいただいてます。
もちろんチャーハンおかわり!!
P1070410.jpg
食事処は天井が高く開放感があって居心地良い。
またテラスでは事前予約すればバーベキューがいただけるそうです。
この日は曇天で風強く。茶の髪型が素浪人のよう(笑)。
台風の影響では仕方ないね。
でも今日も元気に出発だー!
P1070411.jpg


午前8時30分。
迎えの車は『南風見(はいみ)ぱぴよん』さん。
『西表島アドベンチャーボートナーラ&水落の滝+イダの浜満喫ツアー』を
申し込んでありました。


白浜港からエンジン付きゴムボートで出航!
なんか船浮集落の学校の運動会用にお菓子を届けるとかで荷物があり、
そんなところものんびりした離島の様子らしくてほのぼの^^
P1070435.jpg

波立って揺れに揺れる海から仲良川に入ってくると、こんなに穏やか。
南国のジャングルっぽくなってきましたよ~!
P1070457.jpg

上陸して片道20分程をトレッキング。
参加者は他に石垣から日帰りで来ているカップルさん。
P1070476.jpg

おおーっと!流されないで!
みんな既に濡れても大丈夫な格好をしています。
P1070479.jpg

絶景『ナーラの滝』!
森の奥にあるので別名“幻の滝”。約18mからの飛瀑です。
P1070480.jpg

ガイドさんと女性陣が、滝の裏に回って出てきました!
ガハハ!これ、かなりの水圧。
でも運動した後だから、とっても気持ちいいー!
P1070494.jpg

続いて僕ら男性陣。
なんか、ね、安田大サーカスでしょ、絵的に(笑)。
P1070503.jpg

お約束の飛び込み!ひゃっほー!
P1080808.jpg

流されてみました☆自然の中で遊んでるって感じが好き!
P1080819.jpg
ここであんまりのんびりしていると潮が引きボートが使えなくなる
(帰れなくなる)という場所でもあります。舟へ戻れ~!(笑)


再びボートで着いたのは、船でしか行くことの出来ない『船浮』の集落。
この素朴で静かな集落には、現在40人ほどの方が暮らしているそうです。
P1070538.jpg

本来ならばこの近くの『イダの浜』でシュノーケリングの予定だけど
波が高いので中止に。
適当な浜を選んで、お弁当の時間です☆
ガイドさんがコンロで温かい味噌汁を作ってくれました。
これは嬉しいねぇ~☆
P1070550.jpg
ゴーヤチャンプルーや島魚のフライなど。
さっき一瞬だけ雨が降ったけど、持ちこたえています。
このまま頼むぜェェェェ~ッ!
P1070551.jpg

つづく

ポチッとお願いします☆

| 西表島 | 00:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西表島・初日②~エコヴィレッジ西表

主要な道は215線一本なので、道に迷うことはありません。

『古見のサキシマスオウノキ群落』に立ち寄ります。
大きな板根のサキシマスオウノキが群生しているのは珍しいそうで、
ここは国の天然記念物に指定されています。
P1070343.jpg

ヤエヤマヒルギやオヒルギのマングローブ☆
IMGP6898.jpg

後良川(しいらがわ)河口。西表島らしい風景に出会いました♪
IMGP6910.jpg

野原崎から小浜島を望む。
草がすべて右になびいています。それだけ強風。ビュォォォー
P1070359.jpg


西表旅行の1~2日目にお世話になる『エコヴィレッジ西表』に到着~!
今日から2泊、よろしくお願いしまーす☆
P1070362.jpg

開放的な空間!
バリ直輸入の家具類がとってもステキ。
余計なものは一切なく、すっきりしていて居心地が良い!^^
P1070621.jpg

こうした自然いっぱいの場所では、高くそびえるホテルというのは
すごく違和感を感じるけど、エコヴィレッジは自然に溶け込むような
造りでいいですね☆
P1070371.jpg

目の前が海!
滞在中は風が強くてここで泳げなかったけど、
いつかはシュノーケリングしてみたい。
P1070370.jpg


夕食は6時からお願いしました。
旅の楽しみ、ご飯の時間~♪
P1070375.jpg

前菜は豚の腸詰。
ネギとキュウリと一緒に口へ入れると最高に美味しい!
ピリ辛のタレを付けても良し。
胃袋が動き出したぞッ!
P1070372.jpg

貝の椀物、すっごくいい味が出てます!
P1070373.jpg

何気なく海を見ると、おじさんが竿で仕掛けを投げている。
「釣りしてんな~」と思いながら食事をしてると数分後・・・

おじさんが魚を持ってやってきた!早っ!もう釣れたの!?
立派なクロダイじゃないですか~!
エコヴィレッジの料理人のおじさん、
すっとんで見せに来たのが子供のようで笑えました^^
P1070376.jpg
「獲ったどー!」のヤラセ写真(笑)。
活きのいい、元気なクロダイ君です。
そりゃそうだ。さっきまで泳いでいたんだから!
P1070378.jpg

大きな膳に乗って、料理がやってきました~!(パチパチパチ)
中央、“牛肉と芋のトロトロ煮”は本当に柔らかくて味わい深くて、ご飯に合う!
“タコとマグロとイカの酢味噌和え”も新鮮で美味しいです。
菜の炒め物、海草の煮物も全部ウマイ!
(全てのお料理の説明をしてくれたんだけど覚えてなくてスミマセン)
P1070380.jpg

島豆腐に稚魚を乗せた沖縄料理“スクガラス豆腐”。
一般的には小魚の塩漬けがキツかったりするそうだけど、
これはとても食べやすく調理されていました。美味しい!
P1070381.jpg

デザートは紅芋のアイス。
締めに最高。てかオカワリしたい(笑)☆
P1070388.jpg

船酔いでほとんど昼御飯を食べていなかった+絶品料理で
一気に食べてしまった!

初日は早起きで寝不足だったし、ダイビング疲れもあって
グッスリと眠りました☆
まだまだ先があるしね!ZZZ~
P1070724.jpg

つづく

ポチッとお願いします☆

| 西表島 | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西表島・初日~石垣島ダイビングから西表島へ

お盆の振替休日を10月の3週目にいただき、念願の西表島へ!


出発1週間前から、僕らを不安が襲いました。
台風21号が発生し、沖縄の南を行ったり来たり。
東に逸れて一安心したところに、また西へ!?
出発と帰りの心配が当日まで続きました。

いっそ飛行機が欠航になって、北海道にでも行きたいとか思っていたんだけど
往路は飛ぶようなので、帰れないなら帰れないで何とかなると腹をくくり(笑)、
午前3時に起床、吉祥寺から5時発の高速バス、そして
台風に向かって羽田を離陸!
石垣島直行便、早朝6時25分にテイクオフ^^;早~っ!


天気の結果だけ先に言っとくと、台風の中でも“晴れ男、晴れ女”の本領発揮
出来たかと思います。ほとんど雨には会わず、何より直撃は避けられたし!


午前9時35分、石垣空港着。
迎えの車は、『ダイブハウスマンタ』さん。
石垣で2本潜っていこうと計画し、台風で中止かと思いきや
前日に電話が入って「予定通り催行します!」と。マジか!?(笑)

空港から近い石垣港から、出航!
P1070302.jpg

本当ならマンタ(オニイトマキエイ)のポイントで潜るはずだったけど、
強風でうねりがあるため潜れるポイントは限られます。
期待とは別の場所でしたが、久しぶりの海中風景を楽しみました☆
DSCF4012.jpg

カップルや親子がたくさん目に付きました^^
DSCF3991.jpg

クロユリハゼ
DSCF4002.jpg

1年ぶりのダイビング。気持ちイーッ!
DSCF4014.jpg

鋭い歯を見せるハタの仲間。
美味しいヤツです(笑)
DSCF4049.jpg

トンネルをくぐったり。
DSCF4026.jpg

ハマクマノミの親子^^
DSCF4041.jpg

セジロクマノミの夫婦。
DSCF4059.jpg

クマノミの一家。
クマノミハウスがいっぱい♪
DSCF4032.jpg
このあと弁当が出たんだけど、僕も茶も船酔い気味でほとんど食えず^^;

ポイント名:桜口
最大水深:15m
透明度:20m
マンタはまたのお楽しみ!


このままダイブハウスマンタさんに離島ターミナルに送ってもらい、
午後3時30分の高速船で西表島へ!
P1070313.jpg
この船も風と波で揺れる!
約40分、西表島・大原港に着いたーっ!(ホッ)
P1070315.jpg

ここからは『やまねこレンタカー』でドライブ。

西表島といえば、イリオモテヤマネコです。
ヤマネコ交通事故注意を促す看板。
ここ西表島も、希少動物の暮らす自然の宝庫。
それを常に念頭に置いて行動しなければなりません。
P1070317.jpg

石垣牛や八重山牛の放牧場をよく目にします。
車を止めて、ごあいさつ☆
P1070328.jpg

亜種イシガキシジュウカラ!
本土のと比べると体色が濃いですね。
P1070353.jpg

牛のとり巻きはコサギたち。
牛に寄ってきたり、牛の歩行によって飛び出す虫を狙っているようです。
決して牛が人気者なワケではありません(笑)。
IMGP6925.jpg

前から来たかった西表島。
これから4泊5日。どんな冒険が待ってるかな?

つづく

ポチッとお願いします☆

| 西表島 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茶の誕生日会in『ゴリゾー』②

閉店されました。



茶の誕生日の火曜日☆

イタリアン『ゴリゾー』で食事会!
前に予約したときに入れなかったので久しぶりになっちゃったけど、
訪問前の期待感は相変わらずです。

予約した午後7時。
サングリアでカンパイ!


『太刀魚のカルパッチョ』
なかなか生で食べる機会の無いタチウオ。
いつものように野菜もウマイ!
P1080851.jpg

『サバのスモークとポテトサラダ』
燻製は好物なんだけど、ゴリゾーのは本当に絶品。皮が旨い。
ポテトサラダは玉ネギの食感がシャキッとしてます♪
P1080849.jpg

『ズッキーニの炭火焼き』
熱々で、ジューシーなズッキーニ。
たとえ満腹でもこれならガツガツ食べられるだろうな。
P1080852.jpg

『鴨のミートソーススパゲティ』
柔らかいカモのモモ肉を使っています。美味しい!
パスタはどれを注文するかいつも迷う。全部おいしいから☆
P1080853.jpg

『エゾ鹿ランプ肉の炭火焼き』
これ、メニューに載る時期にはいつも楽しみにしていて
今回は品切れにならぬようリクエストしておきました☆
脂身の少ない鹿肉を最高の状態で食べさせてくれます^^
口の中に肉の旨みがいっぱいに広がります♪はう~!
P1080854.jpg

デザートを注文しようとしていた矢先、お店からサプライズデザートが!
みんなカンゲキ☆
P1080857.jpg
『栗のアイスクリーム』と『クリームブリュレゆず風味』
チョコのデコレーションには、大好きな“鳥”を描いてくれました!
デザートもゴリゾーでの楽しみのひとつ。
ゆずの香りいっぱい感動のトロ~リブリュレ♪
P1080856.jpg

茶はいい誕生日になったと喜んでいます^^
天才ゴリラもといゴリさん&サキさんの絶品料理、ごちそうさまでした~!
P1080859.jpg


イタリアンレストラン「GORIZO ゴリゾー」
電話:03-3390-2121
住所:東京都杉並区西荻北3-25-1七宝ビル1F
営業時間:ランチ 12:00~14:00
       ディナー18:00~23:00(ラストオーダー22:00)
定休日:水曜日
店内禁煙


ポチッとお願いします☆

| 西荻食道 | 01:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の庭

コスモスを植えました。
今年は見られる期間が短かったけど、来年咲いてくれるかな~。
IMGP6780.jpg

ある日の夜。
近所を歩いていると、あるお宅の玄関先に『ご自由にお持ちください』と
ホテイアオイが。
2株、いただいて帰ったら、数日のうちに紫色のカワイイ花を付けました☆
P1060985.jpg

現在、部屋の中まで香ってくる良いにおいのキンモクセイ。
旅から帰ってきたら満開になっていて、季節を感じました。
IMGP7423_20121023102516.jpg

鳥たちには、この何ともいえない香りが分かるかな?^^
IMGP7420.jpg


巣箱をのぞきこむシジュウカラちゃんがいました。
この時期、繁殖なわけは無いので、ねぐら探しでもしていたのでしょうか。
IMGP7406.jpg

冬眠に備えて大食いしていたカメたちも、動きが鈍くなってきました。

冷え込みを感じるようになってきた秋の庭です。


ポチッとお願いします☆

| 生き物 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上野動物園でボルネオを感じる

上野動物園で、ボルネオ島で見た生き物探しをしました^^

・・・の、前に!
まずはいつもの御徒町『かっぱ寿司』で(こっちが本当の目的だったりして?)。
穴子は塩で注文。炙りたての香ばしさが穴子の甘みを引き立て、泣ける美味しさ♪
P1030061.jpg
ボタンエビと、こぼれそうなウニ。
P1030062.jpg
アジ、ホタテ、数の子、マグロ、ハマチ、生タコetc
お腹いっぱいになってお会計は2人で3500円!ごちそうさま~☆


上野動物園は久しぶり。
ナイトサファリで見た2種のフクロウ、マレーウオミミズクとオオフクロウ。
縁側で寝てるおじいちゃんですか!?(笑)
P1030088.jpg

ギボン、テナガザル!
この個体はボルネオのミューラーテナガザルの亜種だけど、
見た目は同じ。
現地では親子で楽しい姿を見せてくれました。
P1030111.jpg

夜行性の動物館に彼らは居ました!
ベンガルヤマネコ。
現地では写真は撮れなかったけど、こんなカワイイ顔をしていたんだね~^^
IMGP4995.jpg

希少種・夜行性サルのスローロリス。
天井にぶらさがって丸まってる・・・これじゃ何だか分からん^^;
しばらく観察したけどずっと動かないので諦めました。
P1030144.jpg

マメジカ。
ネコ大のこの生き物は最小の有蹄類。
豆鹿、と鹿が付くし見た目も鹿なんだけど、違う仲間なんだそうです。
こうして近くで見るととってもカワイイ顔。
タビンでは森の中と、ワイルドライフリゾートの玄関で会いました☆
P1030153.jpg


閉園時間となり、発見できたのは以上。

以下、ボルネオとは関係ないですが愛すべき生き物たちの顔。

パンダのリーリー。
P1030203.jpg

サイチョウの一種、正面顔^^
これはボルネオにはいない種類のサイチョウです。
まつげがとってもチャーミング☆
IMGP5007.jpg

キョロロロ~の、アカショウビン☆
奄美を思い出す・・・
IMGP4987.jpg

奄美の天然記念物ルリカケス☆
P1030075.jpg

ゴリラの優しいまなざし^^
IMGP4968.jpg
今日も生き物たちに癒されました。

ポチッとお願いします☆

| 生き物 | 00:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大つけ麺博

ジョジョ展を堪能し、六本木から地下鉄で大門へ。
お昼は開催中の『大つけ麺博』で!

午後2時を回っていたけど、いや~スゴイ人!
(週末はこんなもんじゃないんだろうけど)

以前、テレビでつけ麺博を紹介していたときに
“行列の長さは人気に比例しない”と言っていたんだけど
見ていると明らかに人気が関係している様子。


僕は各店のメニューを見て、飛騨高山の『豆天狗』という
お店の列に並んでみました!
P1070255.jpg

20分以上の待ち時間。お味は~!?
P1070259.jpg

煮干のよく出たダシに青海苔の香り、
炭火焼のチャーシューも香ばしくっていい!
麺は中太の平打ち。おいしい!!
スープ全部飲んじゃった^^
P1070260.jpg

全日程は10月17日までで、僕が行ったときは
第2陣(4日~10日)の8店でした。

最初に共通の800円の食券を買って好きな店に並ぶんだけど、
各店舗ともトッピングは別料金。
トッピング無しだと、ほとんど具が無し。
僕は煮玉子とチャーシューをトッピングして合計1200円。

やはり、割高感はありますね。
美味しいけど、つけ麺で1200円は高いかな~。(全部乗せだと更に・・・)
小麦粉上がったから?^^;

せっかくなのでもう一杯、とも思ったけど高いし、
並ぶのが面倒で止めてしまいました。

でもまぁ、こういう場で“高い”と言うのは野暮なことかもしれませんね。

なかなか行けない遠隔地の名店のつけ麺を味わえたので
よかったし、楽しいイベントでした☆


これから皆さんの投票により1位が決まるらしいですね。

食べ残した客は、大きなバケツにスープを捨ててましたが
トンコツやアサリなどもブレンドされた8店舗が渾然一体となった
そのバケツスープが一番美味しかったりして!?ガハハ


ポチッとお願いします☆

| 食べ物 | 01:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョジョ展in東京

六本木ヒルズ、森アーツセンターギャラリーにて開催されている
『荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展』
(10月6日~11月4日)

僕の最も好きなマンガとして当ブログでも何度か触れている
『ジョジョの奇妙な冒険』。
その連載25周年を記念して、先に開催された仙台(第4部の舞台のモデル)に
続いて、規模も大きくなって東京へ!
P1070245.jpg


混雑を避けるため、各日各時間毎の事前予約チケット制。
平日は当日券が出ることがあるそうだけど、
土日祝日分はすでにッ!完売ィィィィィィィイイ!!

僕が行った火曜日の10時入場の当日券も前売りの段階で完売でした。

入場ゲートの奥の壁に見える、ジョジョ特有の擬音『ゴゴゴゴゴ』!
気分が盛り上がってきたー!
P1070218.jpg

とはいえ・・・

美術館のような雰囲気の中、たとえ僕が一人参加でも
歓喜の叫びをあげるわけにはいきません^^


場内にはジョジョ以前の作品も含め200点を超す色鮮やかな原画の数々が。
部屋毎に歴代のジョジョたちがよみがえってきます!


第1部『ファントム・ブラッド』
(初代ジョジョ、ジョナサン・ジョースター。舞台はイギリス)
時を超え続く、ジョースター家とディオ・ブランドーとの因縁の始まり。
グッド!!カラーがすごくキレイ!!
体の内部から『コォォォォォ』と波紋が沸いてくるようです。


第2部『戦闘潮流』
(2代目・ジョセフ・ジョースター。舞台はイタリア、スイスなど)
画力が強い、というのか、絵にすごく引きつけられます。
絵に重力を感じたぞッ!
ゴゴゴゴゴゴゴって聞こえてくる!(笑)


第3部『スターダスト・クルセイダース』
(3代目・空条承太郎。日本からエジプトへ)
少年ジャンプの表紙や単行本を飾った絵たちですが、原画と印刷物の差が
こうも違うとは!原画の美しさは圧倒的!印刷物はしょせん印刷物だと
エンジン音を聞いただけでブルドーザーだと認識できるように分かったッ!
原画の前では“時を止められた”かのように時間が停止。
ドォォーン!


第4部『ダイヤモンドは砕けない』
(4代目・東方仗助。舞台は日本・S市杜王町)
斬新・独特なデザインも見所のひとつ。
作者の天才ぶりが窺えます。
ブラボー!おお!ブラボー!


第5部『黄金の風』
(5代目・ジョルノ・ジョバァーナ。舞台はイタリア。)
色使いが更に増幅されてくるのがこの辺りからで、
何周もして見入ってしまいました。
ブチャラティの等身大スタチューもカッコいい!


第6部『ストーン・オーシャン』
(6代目・空条徐倫“ジョリーン”舞台はアメリカ・フロリダ)
初の女性JOJO。可愛くって強い徐倫が、繊細なタッチで目の前に!
刑務所が舞台なので、展示法も監獄のようで盛り上がる。
しかし荒木さんってスゴイ。マジに何者だ!?

(第7部から、現在連載中の第8部は、実は読んでいません。
第6部で承太郎が死んだショックから、手を出さずにいます。)


会場にはワムウよろしく“ニヤリ”としそうな装飾品や体験コーナーが☆
スタンド(超能力を具現化した、守護霊のような存在)と一緒に写真が
撮れるコーナーへ!

承太郎の、時を止めるスタンド能力「スタープラチナ ザ・ワールド!」の
声と共にハイ、ポーズッ!
17種のスタンドがランダムで登場。
岸辺露伴のスタンド『ヘブンズ・ドアァァアーーッ!
(人間を本にし、体験を読んだり書き込んで操る能力)
2_20121009_123630.jpg
・・・なんかタイミングが分からず棒立ちに(笑)。
一応記念写真が撮れたしまぁいっかー。

とはいえ・・・

せっかく来たジョジョ展。
もう一回、納得の一枚を!と再チャレンジ。
『覚悟はいいか?俺はできてる』と自答。

ジョルノ・ジョバァーナのスタンド『ゴールド・エクスペリエンス!
(物体に生命を与える能力)
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄アァッ!

ムッ!いいだろう!^^
コレ、人が撮ってるの見てるとかなりウケます☆
2_20121009_122956.jpg


場内は撮影禁止のため、出口のポップを撮影。
『ゴゴゴ』の文字に承太郎、ジョルノ、仗助、ジョナサン☆
P1070225.jpg
少年漫画なのに女性の来場者が多いことに驚きました。
あれもこれも欲しいグッズは、我慢にガマンをして12000円分。
ジョジョ展限定の画集は、宝物です☆


3部以降の“超能力(スタンド)バトル”は、海外ドラマ「HEROES」や
ハリウッド映画「X-MEN」、「ファンタスティック・フォー」などに
影響を与えたと言われています。

2009年にはルーブル美術館の依頼で原画展を開いた鬼才・荒木飛呂彦氏。


そして10月からはジョジョのテレビアニメも放映開始ッ!
イギリス・ロンドンに始まるジョジョの壮大なストーリーが楽しめます。
ジョジョが国民的アニメとなる日も近い?


ジョジョ人気に拍車がかかるのは確実。
そう コーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実だッ!

今回は書いてて疲れたッ!

ポチッとお願いします☆

| 趣味・嗜好 | 01:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大滝秀治さんを悼む

大滝秀治さんの訃報は少なからずショックでした。
(地井さんのときもだけど)

僕にとっては役者の最高峰にいる人。

僕は現代劇ではなく時代劇を見る方で、特に
大河ドラマ『独眼竜政宗』での虎哉宗乙、
黒澤作品『影武者』での山県昌景は
僕の心の中にいつまでも強く残っています。


時に激しく。
時に静かに。

色々な役を演じきった大滝さん。

最期まで台本を手元に置き、
最期までもう一度役者をやる事を望んだ大滝さん。


その仕事に対する姿勢、考え方は学ぶところが多く、
舞台で、テレビで、人前に出るに足る数少ない方でした。


高倉健さん主演映画『あなたへ』が遺作となってしまった。
これは観なければ。


とにかく残念ですが、ゆっくり休んでほしいです。
心よりご冥福をお祈りいたします。

| 未分類 | 01:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西荻食道~『たべごと屋 のらぼう』

我が母の誕生日祝い食事会、今年はのらぼうさんで。

ここに細々と書く必要のないほど我々西荻人には有名で
人気店の『たべごと屋 のらぼう』
訪問は火曜日、一週間前に予約。
数度、予約電話でも直接訪問でも撃沈しており、茶がずっと
「食べたい!」と言っていたお店に行く機会ができました。

予約の電話の際の対応が非常に良く、コース料理の3500円のと
高いコースのどっちか迷っていると告げると、前者でもお腹は満たされるので
初めはそれでよろしいのでは、とのお答え。


お通しの「おからサラダ」からして旨い!
僕のドリンクは、名前で選んじゃいました。
大好きな奄美大島の、ラム酒るりかけす(40度 徳之島)。
その「るりかけすの美生柑割り」、飲みやすくて酔いそう^^
奄美固有種の鳥、天然記念物ルリカケスの名を冠したラム酒、美味です☆
P1070129.jpg

「白鯛のお刺身」。
弾力あって甘みのある身が最高!
茹で落花生、きちんと皮むきされたミニトマト、きゅうりなど、
脇を固める陣形も万全!
P1070130.jpg

「冬瓜の鶏そぼろあんかけ」。
美味しいから餡も全部飲みます。当然(笑)。
P1070131.jpg

「おじゃがと若布のかき揚げ」。
塩でいただきます。これは僕が最高に感動した逸品!
ほっくほく熱々のじゃがいもは、風味豊かなワカメと
青海苔の香りで何とも旨い!
外はカリカリで食感も楽しめます☆
P1070132.jpg

19時はまだ2組くらいの客でしたが、間もなく満員御礼。
スタッフさんはてんてこ舞いの忙しさなのに、笑顔で話にも付き合ってくれ、
電話がかかってくればサッと出る。気配りもしっかりで気分良く食事できる。

“完全禁煙”であることから、本当に『美味しいものを食べてもらいたい』
というお店の意思が窺い知れます(禁煙については僕の自論ですけど)。


「出汁巻き卵 トマト、青しそ」。
これも感動(結局どれも感動してるんだけど)。
ふわふわの卵に箸を入れるとダシがジュワッと。
お好みでおろし醤油を、とスタッフさん。
これに醤油をかけるのはダシに申し訳ないというものですよ^^
P1070138.jpg

のらぼうのサラダ!!うわー^^
P1070140.jpg
「地野菜とお豆腐のサラダ」。
“地野菜”とあるように、のらぼうさんが使うのは三鷹の契約農家さんの
作った美味しいお野菜たち。前述のジャガイモもトマトも青しそも全部。
P1070141.jpg
ジャコのかかった濃厚な豆腐を中心に、カボチャ、紫芋、ごぼうなどはカリカリに。
梨や柿、りんご、プルーン、いちじくなど旬の果物が上手く組み合わされています。
鶏肉、ワカメも出てきて、約30種類使われているというのらぼうの絶品サラダ、
たくさんの食材を楽しむことができました♪


合間に別注で好物の「煎り銀杏」を。三鷹の大粒銀杏、美味しい^^
フルーティーな「サングリア」で。
P1070142.jpg

土鍋ごはんは最初の注文時、3種類から選びます。
「新秋刀魚のごはん」。
炊き上がりを見せに来てくれました。
においが!たまらん!
P1070146.jpg
茶碗に3人分を取り分けてくれ、おかわりは自由に土鍋から。
なんて書いていいかわからないくらい美味しいです。
心が落ち着くような、秋の味。サンマ万歳!
少し残ったごはんはお土産に包んでくれました☆
ちなみに他の2種は「栗ごはん」、「茄子と鶏そぼろのごはん」です。
P1070149.jpg

デザート。
茶のセレクトは2種類のスイートポテト。
盛り付けで笑顔、食べても笑顔^^
P1070152.jpg

母と僕のセレクト、アイスクリン。
食後の口の中をさっぱりとしてくれます。
母にはこのようなクッキーのサービス☆
※正しくは“みきこ”ではなく“みちこ”です(笑)
P1070150.jpg

美味しかった!
日本人の作る料理は繊細ですごいという話まで飛躍(笑)。
西荻窪の食べ物屋というのは本当にレベルが高いなぁ。


帰るとき、女性スタッフさんは忙しいのに外まで見送りに。
夢人島を知っていてくださったそうです。
季節が変わる頃、また予約してみたいと思います☆


和食「たべごと屋 のらぼう」
電話:03-3395-7251
住所:東京都杉並区西荻北4-3-5
営業時間:17:00~24:00(LO.23:00)
定休日:月曜日
完全禁煙

http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13001122/


プレゼントは吉祥寺で見つけた多機能マフラー。
ボタンが付いており、とめればご覧のように。
ボタンを横にずらせばまた違った着こなしが楽しめます。
茶もおそろいをチャッカリ買ってました(笑)。
P1070155.jpg

ポチッとお願いします☆

| 西荻食道 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

緑化フェアin井の頭

『第29回全国都市緑化フェアTOKYO』が始まりました。

上野や日比谷公園、昭和記念公園などで開催されていますが(10月28日まで)、
一番近い井の頭公園会場へ足を運んだのには理由がありました。

僕らが大好きで、訪問15回を数える『富士花鳥園』を始めとする花鳥園グループの
出展ブースに顔を出すためです^^
公園奥の運動場近くに造られた会場には、本場花鳥園さながらの展示法でキレイな
花たちが迎えてくれます(本場の方がキレイです、実際)☆
P1070030.jpg
「富士花鳥園」ブースには、いつもフクロウショーなどに登場している
知っている顔のお兄さんが!
あいさつをすると、「いつもこんな遠くから来てくださってたんですかー!」と
お兄さんも嬉しそう^^

話にも花が咲きました☆
当初フクロウは連れてくる予定はなかったそうですが、僕らの訪問日の
次の日(10月3日)から、掛川花鳥園よりワシミミズクが登場するそう。

富士での再会を約して、ブースを後にしました。


このアロマティカスはイギリスの王立植物園から来ており、これをちぎって
フランスの天然炭酸水に入れて飲むドリンクがありました。
ガムシロップも加えるとハーブの香りと甘さでホッとできます☆
P1070045.jpg


庭のないお宅やマンション住まいの方向けの“貸し庭”の提案や
P1070023.jpg

農業高校や農大など、学生さんの提案する庭の展示などがあります。
P1070026.jpg

こんな風に庭にパラソル立てて、お茶でもしてみたいよ。
ウチは蚊が多くってダメ(笑)。
P1070024.jpg

これ、いいな。ハーブにお花、奥は菜園。理想的だな。
P1070027.jpg

シャボン玉を吹くクマさん。
P1070040.jpg

会場周辺や池にかかる橋も、花でいっぱい♪
P1070058.jpg

運動場手前の雑木林には、面白い音を出すこうしたオブジェが
あちらこちらに。
P1070011.jpg
竹を利用してこだまする“面白い音”は、
まるで不思議の森に迷いこんでしまったかのような空間を演出していました☆
P1070095.jpg

大都市では人工的な緑化も仕方のないことでしょう。

緑化フェアの提唱者・国土交通省、主催の東京都には
高尾山に穴を開けたりするようなことは止めて、ぜひ
今ある自然環境を大切にしてもらいたいものです。

「よろしくね」
(同日、自然文化園のフクロウちゃん)
P1070099.jpg


ポチッとお願いします☆

| 休日・おでかけ | 00:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秩父路・2日目②~鈴加園でイノシシホルモン!

その目的地は、荒川沿いにある郷土料理屋『きのこの里 鈴加園』

ここはバンガロー付きのキャンプ場を持っていて、入場料630円を払えば
川原で遊ぶことも出来ます。
荒川の上流、清らかな流れです。
P1060554.jpg
持ってきたスノーケルとゴーグル、タモ網と釣竿で川遊び!
P1060557.jpg

・・・を楽しみにしていたら、ここで痛恨の雨降り。
しばらく待っても止まないため、川遊びは諦めてお昼ご飯に。


僕はネットで鈴加園を見つけたときにオーダーを決めていたんだけど、
メニュー本を見て変更。

お店がテレビで紹介されたときに好評だったというスペシャル石器焼料理に!
秩父谷で獲れたイノシシに、鹿、地鶏、きのこと野菜の盛り合わせ、
きのこ汁、きのこ飯、香の物に前菜が付いて3150円という内容。

あまり空腹ではなかった茶は、野菜天ぷら盛り合わせに、鮎の塩焼き、
きのこ汁、きのこ飯という単品攻撃。


三連休後の水曜日の午後1時、お客は僕たちだけだったので、
見晴らしの良いグループ用の個室へ通してくれました♪
P1060559.jpg

前菜。
栗の渋皮煮やきゃらぶき、ミョウガの漬物などサッパリした内容。
お料理への期待が膨らみます。
P1060560.jpg
きたー!
イノシシ、鹿、地鶏肉に、きのこ類やタケノコ、地元野菜の盛り合わせ☆
P1060561.jpg

熱した石の上でジュウジュウと焼きます。
これがまた野性味あふれていて楽しい!
焼タケノコ、、焼みょうが、焼シメジ、感涙モノ。
P1060567.jpg

焼いたイノシシ肉は鍋とはまた違って、噛むほどに味わい深く。
鹿肉も脂っぽさがなくサッパリと。地鶏もウマイ!!
タレが付いていたけど、店員さんオススメの塩でいただきました。
肉の味がとてもよく分かります☆
野生の肉って、本当に元気が出てくる~っ!
P1060573.jpg

鈴加園名物・きのこ飯。そしてきのこ汁に香の物。
優しい味ですごく美味しい!
P1060570.jpg

これらのメニューは川原でバーベキューでいただくことも可能。
友達みんなでワイワイやったら楽しいだろな~。
大学生の時、飯能でバーベキューやったのを思い出しました。


茶のオーダーした野菜天ぷら盛り合わせ。
しいたけ、舞茸、シメジなどキノコ類を中心にミョウガ、など。
すごく美味しいんだけど、明らかに数が多い。
「サービスしておきました」。う、うれしい~!^^
P1060566.jpg
特筆すべきは、右の芋を揚げたもの。
これは“みそポテト”といい、じゃがいもに小麦粉を絡めて
揚げたのを甘辛い味噌ダレでいただきます。

みそポテトは『小昼飯(こじゅうはん)』のひとつ。
農作業の合間に食べた軽食を秩父ではこう呼ぶそうです。


そして、オーダーしていない“何かの肉”を店員さんが運んできました。
これは!?

「ちょうど昨日、イノシシが獲れましたのでどうぞ!」
なんと、イノシシのハツ(心臓)とレバー(肝臓)のサービスが!!
P1060575.jpg
そういえばさっき板場で、昨日獲れたイノシシの皮を剥いで
冷凍していたのを解体してたけど、これはウレシイ~!
ハツはコリコリ弾力ある歯応え、レバーも新鮮でウマイ!最高!
レバー好きの僕は大感動です。
もちろん、メニューには無いイノシシのホルモン。
いや~、まさかイノシシの臓物を食べられるなんて。
初めてのことだったし、いい時に訪れてよかった!


茶のオーダーした鮎の塩焼きには、これも嬉しいシイタケ焼き付き。
囲炉裏の炭でじっくりと時間をかけて焼いた鮎には、
さも旨そうな焼き色が付いています☆
P1060577.jpg

串に刺してあるのを豪快にかぶりつく!!
この2日間、どんだけキノコやイノシシを食べただろう。
たくさんの自然のチカラをいただきました。
P1060587.jpg


食事中に雨は止み・・・

電車の時間に合わせて、鈴加園のスタッフさんに車で送っていただきました。
『武州日野』駅では線路を横断するニホンザルにビックリ!
この後、まだ青い栗の実を食べていました。
P1060607.jpg

ここから秩父鉄道で30分ほどで、『長瀞』駅。
秩父名物『長瀞ライン下り』、とりあえず乗っておかないと!
P1060633.jpg

ライン下りBコースの出発点、岩畳にて。
P1060671.jpg

幼少の頃に訪れて以来だった秩父。
今回は色々な体験ができたし、美味しいもの、自然、歴史、
そして人の優しさにも触れられました。

もっと早く秩父の良さに気づいていればよかった!


ポチッとお願いします☆

| 旅行 | 00:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秩父路・2日目~宿のムササビ

温泉に来たら、朝風呂は楽しみのひとつ☆
内湯の温泉と、露天のたまご水の湯でさっぱりと目覚めます。
男性客は他にいなかったのか、男湯はいつも貸切状態でした♪
P1060451.jpg

左が僕らの部屋のある建物、右が大浴場。
緑に囲まれています。
P1060430.jpg

夜半から降り出した雨がまだ残っていたんだけど、
朝8時頃にあがってきました!
P1060434.jpg

朝食はご飯のすすむニッポンの朝ごはん☆おいしい~♪
P1060438.jpg


大好きな甲冑~!
説明書きには「武蔵七党のひとつ猪俣党に伝わる(戦国時代)」とあります。
なるほど、戦国期の重厚な当世具足ですな。
黒漆は所々に剥げ、威糸が切れて右の草摺が欠損してるけど保存状態は
まずまず。うーむ見入ってしまう・・・。
P1060458.jpg
名前は聞いたことがあったので後で調べると、面白い事が分かりました。
猪俣党の庶流に岡部忠澄という武将がいて、源義朝や源頼朝・義経に
仕え軍功があったそうですが、その子孫の江戸幕府旗本である岡部家が
田端村・成宗村という所の領主だったときに杉並木を植えたのが、なんと
杉並区の名の由来だということです。


宿の玄関にいたのが、2匹のムササビ!!
ぎゃおー!なんという可愛らしさよ。
P1060488.jpg

ヒマワリのタネをあげさせてもらっちゃいました!
そっと口に含む姿がなんとも言えず愛らしい。
そのとき、なぜか目を閉じるんですよ。
P1060693.jpg

「ちょうだい~!」
P1060700.jpg

ぱく
P1060695.jpg

そこへご主人がリンゴを持ってきてくださいました。
大好物のようで、美味しそうに食べています。
大きな瞳には、僕たちが映っているんですよ☆^^
P1060514.jpg

夜行性のため丸まって寝ていたもう一匹のムササビちゃんも
リンゴに釣られて起きてきました(笑)。
P1060732.jpg
なんでもこのムササビたちは、それぞれ客室と表玄関から
宿に入ってきちゃったんだそうですよ。

以前、中軽井沢でムササビを見たことがあったけど、
こんなに近くで見て、しかもエサあげしたのなんて初めて!
P1060736.jpg

『谷津川館』、清潔で料理は美味しく、風呂も気持ちよし。
スタッフさんも皆親切で気さくな、とってもいい宿でした!
またいつかお世話になりますね☆
P1060522.jpg


車で送りますよと言ってくれたんだけど、歩くことにしました。


谷津川館の近くにあるのが、秩父三十四ヶ所札所巡りの
第三十番『法雲寺』。静かで、雨露に濡れた草木がいいにおい。
P1060528.jpg

歩かないと、こうした里山の雰囲気は味わえません。
P1060534.jpg

秩父鉄道の線路を越え、橋の上から荒川を望みます。
これは上流側。
河原に降りて遊びたい~!ウズウズ。
P1060543.jpg

蕎麦の花咲く畑など眺めながら目的地まで30分くらい歩きました。

つづく

ポチッとお願いします☆

| 旅行 | 01:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |