西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高峰温泉~2日目①

きれいな星空を期待して4時半に起床したら、外はもう明るくなっていた(笑)。

もう一眠りしようか。
もう起きてしまおうか。

体調としては寝不足気味だったけど、外から聞こえるウグイスのさえずりに
起きることを決意^^;。

そして部屋の窓を開けると・・・
雨は止み、名物の“雲海”が不完全ながら少しだけ出来ていました^^
P1000372.jpg

先ずは温泉で体を目覚めさせよう♪
DSCF3006.jpg


宿の周りを朝散歩。
アカハラ君おはよう!
IMGP2299.jpg
手前の黒いのは実は雪。
想像はしていたけど朝の冷え込みがキツイので、朝散歩は30分で切り上げ。
P1000381.jpg


ランプの宿に戻ると、スタッフさんが『一番風呂、開いてるよ~!』☆
昨日は雨天のため閉鎖していた、宿自慢“雲上の野天風呂”へ突撃~!
うおー☆スゴイ絶景!!
P1000387.jpg
いや~、これはたまりませんな♪じんわり温まる!
コメントに困るくらい気持ちよし。早起きしてよかった~。
アカハラやエナガたちに裸を見られちゃいます(笑)。
P1000391.jpg


すっかり体が温まって、休憩室でバードウォッチングしているうちに
8時、朝食の時間です。
野菜料理のみで一見あっさりだけど美味しいです。
おひつの胚芽米を空にして、早いけどチェックアウトの準備をします。
DSCF3064.jpg
宿のチェックアウト時間は10時だけど、僕らは支度をして8時50分に
ロビーに集合。ランプの宿主催の『自然観察会』に出発!
(前日に申し込んで、自然保護共益費300円以内を払えば誰でも参加可。
もちろん僕らはそれ以上払ってきました)


車で10分ほどのところにある『池の平湿原』。
この日の参加者は僕らだけ^^
ガイドさんと3人でトレッキングの開始です!

所々に残る雪。
しかし天候が回復してよかった!本当にいい天気♪
DSCF3121.jpg

歩き始めて15分したところで、いきなり会いたかった鳥に遭遇!
亜高山帯から高山にのみ生息するホシガラス(初見・初撮影)☆
IMGP2306.jpg
高山の針葉樹林に生きるホシガラスはカラスの仲間だけど黒くはなく
チョコレート色。白点模様が星を散りばめた様に見えることが名の由来。
高所ならではの生き物に出会えることを楽しみにしていたので、
この後も感動は続くことになります☆
「フィ、フィ」と鳴くウソ。
ブルーとイエローの美しさで目の前を横切るルリビタキ。
いや~最高☆


標高2110m、雲上の丘!
お客の中には高山病っぽくなる人もいるそうですが
僕たちは大丈夫でした。
P1000438.jpg

LUMIXでパノラマ撮影。霞んでいなければ、富士山や信州の名山が
一挙に広がる大絶景です。佐久市や上田市までも一望できました☆
P1000444.jpg

仲良しエナガのカップル☆
IMGP2379.jpg
茶撮影のお気に入り、カメラ目線エナガちゃん☆
P1000491.jpg

おー!ランプの宿が見える!
こんなトコまで来たんだ~☆
IMGP2093.jpg

つづく


ポチッとお願いします☆

スポンサーサイト

| 山梨長野 | 01:11 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

高峰温泉~初日②ランプの宿

夕食は2F食堂にて、6時から。

先付はウド味噌田楽、わらび胡桃和え、フキ佃煮。
ハス豆腐に刺身こんにゃく、煮物はフキ信田煮。
P1000088.jpg

佐久鯉は名物で、夕食には必ず付きます。
鯉の唐揚げ、野菜あんかけ。美味しく仕上げてある!
別注で鯉の洗いや鯉こくも食べられるようです。
P1000102.jpg

土鍋で蒸した地元野菜を、フキみそドレッシングにつけていただきます。
このつけダレががあまりに美味しく、お土産で売ってないか聞いたところ
その都度作っているから無いとのこと。さもありなん・・・。
P1000110.jpg
ご飯は胚芽米、野菜の味噌汁、漬物は信州特産の野沢菜。
フキ味噌も野沢菜もご飯がススム!僕の3杯目のおかわりがあまりに早かったので
スタッフの方が目を丸くしていました(笑)。

山に来たらやっぱり食べたい岩魚の塩焼き~☆
P1000103.jpg
ガブッと!
P1000105.jpg
日没過ぎたけど、外は妙に明るかったです。

これも山では楽しみな、山菜の天ぷら♪
ウド、コシアブラ、モミジガサ、タラの芽。
僕ら山菜って大好き。美味しいし、活力がみなぎってくる感じがします。
P1000112.jpg
「草ばっかりでごめんね!」と冗談を言うスタッフさん(笑)。
いやいや~、結構なものを頂戴していますよ!!
デザートはりんごのシャーベット。
信州の地元のもの、山のものをふんだんに使った、体に優しい夕食。
とても美味しかった♪


雰囲気のあるランプが灯る。
P1000349.jpg

休憩所の窓の外を眺めて自然観察。
一部ライトが点灯しており、宿の方が調理済みの鯉を置くと
間もなくタヌキがやってきて美味しそうに食べ始めました^^
P1000145.jpg

そしてキツネも登場!タヌキと遭遇です。狐狸の化かし合い?(笑)
P1000195.jpg
暗所での撮影に活躍してくれたのは、この旅がデビューとなるコンデジ
パナソニックLUMIX DMC-TZ30。暗い部屋での撮影でも写真・動画ともに
ノイズは抑えられ、ストレス無く撮影できました。20倍ズームの調子も良し☆


2頭のキツネが現れましたが、鯉はタヌキが食べ尽くしてしまい
ニオイを嗅ぐだけに終わりました。一歩遅かったね~^^;
P1000298.jpg


天気が良ければ宿では毎夜「星の観察会」を催していますが
この雨なので、休憩所にて星のスライドショーが行われました。
この時期、土星の輪までくっきり見えるそうですがそれはお預け。
いつか星を見に訪れたいです。

ロビーに、サービスの五平餅が置いてあり、夜食として自由にいただけます。
天然ガスの炎であぶって味噌をぬり、更にあぶる・・・
香ばしい五平餅を蕎麦茶と共に。
P1000289.jpg


オヤスミ前にもうひとっ風呂。
(結局初日は4回入浴^^)
P1000356.jpg

夜23時近く。
他のお客も寝静まった頃、また休憩所を見に行くと
テンが灯りに集まる虫を食べに来ていました!
P1000360.jpg
以前、湯西川温泉で見かけたテンは冬毛で顔が真っ白だったけど
季節柄、夏毛になりかけで顔が少し黒くなっています^^
すばしっこい動きで、次々に虫を捕まえていました。
P1000329.jpg

そしてまたタヌキ現る・・・^^
P1000605.jpg

こんなに野生動物観察が出来るとは思わなかったな~!
初日は“ランプの宿”をたっぷり楽しみました♪

つづく

ポチッとお願いします☆

| 山梨長野 | 00:47 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

高峰温泉~初日①ランプの宿

夢人島のお客様MSさんは、僕が新宿の整体店で働いていたときからのお付き合い。
その後三軒茶屋の店、そして西荻窪で開業してもずっと通い続けてくださいました。

そのMSさんが大好きで、何度も足を運ばれていたのが
『ランプの宿 高峰温泉』

非常に残念ながらMSさんは昨年、実家の九州へ帰ってしまわれましたが
いつも高峰温泉の楽しいお話を聞かせていただいて、「いつか行きたい!」と
思っていた高峰温泉。今月の第3水曜定休を利用して初めて訪れました。
人も温泉も食事も環境も、大変に良い所!
今回も素晴らしい生き物たちとの出会いたっぷりでお届けします☆


小諸からバスが出てるけど通常は1日2本なのでこれは止め。
新宿7:50発のJR高速バスで11:00佐久平駅で下車。
ここからオトクなニコニコレンタカーで高峰温泉へ向かいました☆
(今回も交通費はかなり節約できました♪)


小諸で予定していた、開いているはずの蕎麦屋が閉店していたので
小諸駅前の店『信州手打ちそば処 ひしや』さんに適当に入ってみます。

僕は蕎麦とうどんの合い盛りに。
小諸そばは有名で、この辺りのお店なら手打ち蕎麦は当たり前なんだけど
手打ちのうどんもやっている所はそう無いんじゃないかな。
どちらもシコシコのど越し良く、とても美味しかった!
70のおじいちゃんが打っているそうです。ごちそう様でした☆
DSCF2901.jpg


全国的に雨模様の日。
長野もずっと雨が続き、山道もガスっていて視界不良です。
DSCF2914.jpg
5月半ばでも、スキー場には雪がこんなに残っていました!
DSCF2921.jpg


初日は雨が止みそうもないので散策はせずに宿に直行。
ドライブ約1時間。
午後1時。標高2000m、雲上の宿『高峰温泉』に着いた~!
DSCF2922.jpg

宿の方に館内説明を聞いて、部屋に通されました。
1Fの「竜胆(りんどう)」。
宿は2階建てで、景色によってお値段が違うそうです。
この部屋は落ち着くな。
部屋自体は決して広くないけど、館内全部が寛ぎ空間なんですよ!
DSCF2938.jpg

さっそく温泉に入ります。
自慢の野天風呂は雨で閉鎖ですが、2種類ある24時間OKの館内風呂は
温泉と木の香り、そして“ランプ”がとってもいい感じ♪
DSCF2929.jpg
泉質は『カルシウム・ナトリウム・炭酸水素塩・硫酸塩温泉』。
少し白濁した湯をゴクリと飲むと、温泉玉子の味(笑)。
いかにも体に良さそうです。
DSCF2950.jpg


そば茶、熊笹茶がいつも沸かしてあり、自由にいただけます♪
DSCF2953.jpg

休憩室の前には野鳥のエサ台が設置されていて、室内から鳥見ができます♪
DSCF2971.jpg
こんな雨でもコガラ、ヒガラ、エナガ、カケス、アカゲラなどやってきて
楽しませてくれます☆ビショビショのコガラちゃん。
P1000082.jpg
全館禁煙でタバコ臭ゼロ。静かでゆったりした快適な空間。
いや~。MSさんがこの宿を大好きな理由が早くもわかりました。

部屋でゴロゴロしたり、暖炉の前で寛いだり。

いつも旅では歩き回ってばかりなので、こういう過ごし方も
たまにはいいもんだな^^

つづく

ポチッとお願いします☆

| 山梨長野 | 00:20 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

シジュウカラ家族の

第一陣が24日に庭へ姿を現しました!^^

一陣っても僕が知らない時に既に来ていたかも知れないんだけど。
シジュウカラの子供は3羽。
庭へやってくる三家族のうち、“太ネクタイ”君の子供たちです☆

青虫など食べさせてもらってます。
(今年もビワがたくさん実りそうだ^^)
IMGP2633.jpg

羽を震わせながら子供がご飯をねだる、あの甘えた声を聞くと
僕は改めて5月を実感します。
IMGP2584.jpg

頭でっかち君(笑)。個性が早くも出ているな~^^
IMGP2592.jpg

しばらくの間、出勤前の朝の時間が楽しみです♪


ポチッとお願いします☆

| 生き物 | 00:13 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

日帰り中軽井沢

今週火曜。
僕らのお気に入り、中軽井沢・野鳥の森へ日帰り行です☆

高速バス・キラキラ号は新宿から平日片道1名2000円の手軽さ。
今年2月に来た時と違って、いい感じの新緑です♪
P1000753.jpg
いつもお世話になるネイチャーツアーガイド『ピッキオ』に寄って、情報収集。
もう、この風景を見ただけで“来てよかった”と思わされます。
IMGP2394.jpg

トンボの池にはオシドリが^^
IMGP2488.jpg

森の中で、サービスエリアで購入したお弁当をいただきました♪
P1000758.jpg

再び散策を開始したとき、雨がパラついてきて
たくさん聞こえていたさえずりが少なくなった。
しかし森の良いにおいがする。思わず深呼吸~♪
P1000771.jpg

僕の後ろから来ていた茶が、前方に青い鳥を発見!オオルリだ!
さえずりが少ないから目で探すしかないんだけど、よく見つけるよホント。野生児かっ!
IMGP2435.jpg

美しいキビタキもたくさん姿を見せてくれました♪
IMGP2437.jpg

「ミソサザイの沢」には、このキセキレイやオオルリのカップル♪
IMGP2455.jpg

滞在たったの3時間、おまけに小雨でコンディションはあまり良くなかったけど
22種以上の野鳥と、美しい野草に癒されました☆
IMGP2426.jpg

本日の出会い
オオルリ、キビタキ、コサメビタキ、ミソサザイ、カワガラス、
アオゲラ、アカゲラ、コゲラ、ヤマガラ、シジュウカラ、コガラ、
ゴジュウカラ、キセキレイ、ハクセキレイ、イカル、キジバト、
ウグイス、ホオジロ、ヒヨドリ、カルガモ、オシドリ、ノスリ
鳴き声のみ
ヤブサメ他


ポチッとお願いします☆

| 中軽井沢 | 00:55 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

職場体験inアンセン

僕の姪っ子が学校の授業の一環で、西荻の老舗パン屋さん『アンセン』にて
職場体験を行っています。
夢人島オープン前に、見に行ってきました(笑)!

レジの後ろでアルミのカップをばらしていました。
21日の月曜から金曜日まで、最終日は実際にパンを作らせてもらえるそう!
P1000749a.jpg

買ったパンは同級生の男子が恥ずかしそうに袋に詰めてくれました(笑)。
なんとも微笑ましい光景であります^^


僕が神明在学中はもちろんこんな授業は無かった。

いろんな経験を積んでほしいですね。


ポチッとお願いします☆

| 日記 | 01:22 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

金環日食

千年に一度の天体ショー。
みんなで見ました。
P1000735.jpg
見る間に月がかぶさってきます。意外と早い!
P1000738.jpg

完全な金環になる瞬間に雲がかかったりして
どうなることかと思ったけど、なんとか見ることができましたね☆
P1000691.jpg

辺りは薄暗く、うすら寒くなりました。
不思議な体験だったな。

本当、宇宙って不思議☆


ポチッとお願いします☆

| 日記 | 09:08 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ハワイアン・ミュージック

最近までお店ではインストゥルメンタルのハワイアンミュージックを
使っていましたが、歌入りをかけてみたら意外と好評^^

TSUTAYAで2枚、借りてきました。
1枚は何故か日本人ボーカルが日本語で歌っており全く使えず^^;
もう1枚が良かった!

『ALOHA HEAVEN』というハワイアンベスト。
中でもケアリイ・レイシェルの歌声にヤラれました☆
このアルバムの中で一番いい声・・・それがケアリイです(笑)


という話をお客様でフラの名手HCさんにしたところ、
所蔵のケアリイアルバムを貸してくださいました~!

ただいま編集中、そのうち店内で流します。
僕らも楽しみです^^


夢人島でHawaiiの風を感じてください☆
IMGP8896.jpg
(2011年10月 ワイキキにて)


ポチッとお願いします☆

| 夢人島ばなし | 00:16 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

カラダいたわる

僕は施術後、お客様に

『あまり間隔を開けないうちにまた受けて“あげて”ください』

と言います。

「受けてください」じゃなく
『受けてあげてください』と言うのは

大切な自分のカラダを労わってあげてくださいね、
気にしてあげてくださいね、という
意味を込めています。

カラダが資本ですよ。
本当に、そう思います。


ポチッとお願いします☆

| 施術の話 | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩『羽村取水堰~草花丘陵』

よくお客様に『出かける場所をどうやって見つけてるの?』と聞かれます。
僕たちは散歩の本やたまたまネットで見つけた所なのですが、
最近はもっぱら『日本の探鳥地・首都圏版』(文一総合出版)を参考にしています。

で、今回もそれを見て来たわけですが、僕の表題で福朗散歩としているけど
思いっきり“ハイキング”でした!


一騎にて西荻窪から青梅線で一本、『羽村』駅下車。
(最近、西荻窪から上り線に乗らなくなったな~^^;)
羽村堰は西口なんだけど、降りてみるとコンビニも何もない。
なので一旦東口へ出てファミマでオニギリやお茶を買い、再び
西口から歩くこと約10分。羽村取水堰が見えてきました!
DSCF2785.jpg
今から360年前に完成した羽村取水堰。
言わずと知れた玉川上水の起点であり、一部は現在も活用されています。

この流れが僕らの住んでいる近くの井の頭、高井戸を通り、四谷に至ります。
初めは豪快な流れも、下流に行くにつれだんだんと静かになりますよね。
DSCF2863.jpg

江戸市民、そして東京都民を潤した“英雄”とも呼ぶべき玉川兄弟の像。
高井戸まで掘ったときに幕府からの費用が底を尽き、自宅を売り払って
費用に充てたそう。工事は想像を絶する苦難の日々でした。
昔の人の責任感たるや凄い。失敗すると切腹とかって人もいるし。
DSCF2790.jpg


堰下橋のたもとに“何か居そう”なヨシ原を見つけたので行ってみると・・・
聞こえてきたゾ!

ソングポストで赤い口をいっぱいに開け、高らかに歌うオオヨシキリ。
夏鳥、やって来ました☆
IMGP1931.jpg
『ギョギョシ ギョギョギョ』と、かなり大きな声で鳴いています☆
その鳴き声から“行々子”とも呼ばれ、夏の季語として俳句にも多々登場。
季節感のあるヤツです。
雄が雌をなのか、雄が雄をなのか(縄張り争いで)分からなかったけど
大体10羽ほどが追いかけあっていました。
この顔、本当に歌ってるみたい~♪^^
IMGP1935.jpg

オオヨシキリの古巣を発見。よくカッコウ類に托卵されるんだよね^^;
DSCF2798.jpg
声でかいし(笑)、周りより高い位置に出てきて鳴きまくるので
見つけるのは容易です^^
じっとしているうち四方八方この賑やかな声に囲まれ、前方のヨシに居るかと思えば
横の草むら、後ろの木に現れたりとまるでモグラたたき(笑)。
たくさんのオオヨシキリに囲まれてシアワセ~♪しかし賑やかだな!


堰下橋を渡って右折すると多摩川分流の小さな流れがあったのでそこでお昼に♪
ここではキレイなさえずりが聞こえ、しばらくすると青い小鳥が対岸へ
飛んでいきました。渡り途中のオオルリに感動♪
DSCF2805.jpg


この先にある羽村郷土博物館に寄りました。
ここでは玉川上水や付近の武蔵野台地から出た遺跡など詳しく紹介。

博物館の裏手から『草花丘陵』ハイキングコースがあります。
いってみよ~!
川の音も聞こえなくなり、一気に静かな環境に。
深山に入ってきたみたい^^楽しー♪
DSCF2823.jpg

意外と急な上り坂の途中、小さな社の羽村神社があります。
そこからの風景は見事!疲れが吹き飛ぶ~。
遠くに狭山丘陵。
多摩川は蛇行していて、ここに取水堰が造られたのが納得☆
DSCF2829.jpg

浅間岳山頂でセルフタイマー自分撮り(笑)。
ここから健脚なればハイキングで『小作駅』にも『福生駅』にも出られます。
僕は途中から玉川大橋に出て羽村取水堰へ戻りました。
DSCF2831.jpg

まだ鳴いてるよ^^;オオヨシキリとヒヨドリ、にぎやかコンビ(笑)。
IMGP1943.jpg

さえずりもカラーも美しいキセキレイは、飛んでいる虫を食べる
フライングキャッチを何度も行っていました。
IMGP1947.jpg

陽が傾く頃、堰下で獲物待ちのアオサギ。
今週も楽しい散歩、いやハイキングでした♪
IMGP1886_20120510164758.jpg

今回の出会い
オオヨシキリ、オオルリ、カワセミ、ハチクマ、トビ、
ホオジロ、シジュウカラ、メジロ、ムクドリ、ヒヨドリ、
ダイサギ、アオサギ、カルガモ、カイツブリ、アオゲラ、
コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、
キジ、キジバト、ウグイス、スズメ、ハシボソガラス、
ツバメ、カワウ、ガビチョウなど


吉祥寺で、別行動だった茶と合流。
寿司『美登利』にてハイキングによる猛烈な空腹とノドの渇きを満たす。
久しぶりに生キューッ!!
DSCF2867.jpg


ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まずい食べ物

いっつも美味しいものばかり載せているので
たまには美味しくないものを(笑)。


それは、ハワイにありました。
2008年、新婚旅行で行ったカウアイ島。

島の楽しい思い出と共に、さぁ日本へ帰ろうというまさに直前。
リフエ空港の軽食店で見た、電飾で光るRAMENの文字。

ああ~、ラーメンか・・・食べたいなぁ~と思ったのが間違いだった!
まったく風味も歯応えも無い麺に、醤油を湯で薄めただけのスープ、
うすっぺらいハム、いんちきナルト・・・
食べていて、もう、可笑しさがこみあげてきましたよ☆
P1050533.jpg
あまりのマズさに笑いながら食べました。
それほどの味だったんで。
(ハワイの大らかさもあったしね^^)

これで$9もするんだから。
日本のラーメン屋だったら客が暴れますよ(笑)。


そして日本へ向かう機内で出た食事で連続パンチを喰らう!

このときはクロワッサンサンドかソバを選べたんだけど
僕はRAMENの口直しにと『ソバ』をチョイス。
これでまた間違った(笑)。

出てきたモリソバは上記同様、風味も歯応えも全く無い
ボソボソの麺。風味ゼロ。
このときも何故か可笑しくなってきて、
飛行機の座席で笑いながらソバをすする変な人になっちゃった。
(茶の選んだサンドはまーまーだったかな・・・まだマシだったな)
P7071067.jpg

外国人に“これが日本の味”とか思われたらちょっと悔しい~^^;
まぁこれらの問題は素材がどうのこうのよりは、作り方なんだろな。

2011年10月のハワイレポートでも紹介したように、もちろんハワイには
ちゃんと選べばすごく美味しいお店がたくさんありますよ☆


でも、食べ物に対しては“うまい”“まずい”とか言ったら
バチが当たるかな。

ありがたくいただかなくっちゃね☆一応。


ポチッとお願いします☆

| 食べ物 | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

聖蹟桜ヶ丘~耳をすませば

聖蹟桜ヶ丘駅の西口を出てちょい左へ行くと、今年の4月に登場し
除幕式に千人も集まったというモニュメントがあります。
DSCF2359.jpg

ジブリ映画『耳をすませば』の舞台として有名になった聖蹟桜ヶ丘。

この映画は茶が大好きで、ちょうど主人公の雫ちゃんと同じ時期の
中学生時代、受験勉強で辛かった時に観てからはまったんだそうな。

どんなのかと思って先日、僕も借りてきて見たらなかなか面白い。
(僕はこんな素晴らしい青春の思い出は無いけどね~)

地図で確認したら多摩川が近いし、GW中の火曜日にサクッと来てみました☆
ブログではいちいち物語の内容には触れませんが、舞台のポイントとなる
写真を掲載。行った範囲でね。
聖蹟桜ヶ丘西口☆この場面も登場します。駅名はもちろん違いますが。
DSCF2360.jpg


このあと、前投稿のように多摩川を下流へ向かいながら探鳥をして、
大栗川との合流地点から今度は大栗川に沿って上流へ向けて歩くと
『霞ヶ関橋』☆
DSCF2502.jpg

橋を渡ってすぐに、映画で見たカーブの道☆
DSCF2510.jpg

曲がりくねったいろは坂を上っていくと、小さな『金比羅神社』☆
映画と同じポジションで写真を撮るのはお決まりです。
ここで俺はフラれるのか。ガハハ
DSCF2524.jpg


映画ではよく階段が出てくるけど、ここがいい雰囲気。
茶に小走りしてもらいました(笑)。
頭の中では『カントリーロード』が流れていたことでしょう。
(この曲、僕らの披露宴でもさりげなく使いました)
DSCF2525.jpg
ここには『天守台(関戸城跡)』と書かれた説明書きが。
かつて武蔵野台地を一望できたこの場所に、鎌倉時代から物見台的な役割の
城砦があったのだそうです。歴史ロマンにも触れられます。


『地球屋』のあるロータリー☆なるほどそっくり!
もちろん地球屋はないけど、周辺の住宅は映画の中の雰囲気が出てます。
DSCF2543.jpg


ロータリーの脇にある洋菓子屋さん『ノア』。
耳すまフリークの中では有名なお店だそうです。
7~8年ぶりに訪れた茶は店のおばさんとしばし昔話。
DSCF2553.jpg
「遠くから来たの?」とおばさん。
それだけ日本中からファンがやってくるってことなんでしょうね~。

ファン感涙の(たぶん・・・)バロンとルイーゼ。
DSCF2550.jpg

雫ちゃんと聖司くん。
世界に誇る日本のアニメーション☆
DSCF2555.jpg
店先のテーブルで、美味しいりんごゼリーとカプチーノプリンを♪
DSCF2554.jpg


最後は、ラストのクライマックスシーンの高台へ☆
(物語では田んぼの多いもっと素敵な風景ですが)
そのシーンに似ている場所は実は立ち入り禁止になってるけど、
茶が昔来たという別のポイントを覚えていました。
雰囲気バッチリじゃん~♪
DSCF2569.jpg


駅前のビルにあった「しまむら」で買い物した頃には外は真っ暗。
多摩川の自然と映画の雰囲気をたっぷり味わいました♪


ポチッとお願いします☆

| 休日・おでかけ | 01:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

聖蹟桜ヶ丘~多摩川にて

1日の火曜日はGW期間中の平日だったこともあり、混んでいそうな場所は避け
前から計画していた『聖蹟桜ヶ丘』散策に☆

駅の西口を出てすぐに土手。
それを越えると、駅前の雑踏がウソのような多摩川の光景が!
IMGP1314.jpg

この日は曇天だけど暖かく、川風の心地よい川原でお弁当を広げました♪
DSCF2382.jpg
駅ビルで買いあさったお弁当は「高菜と梅の太巻き」、神戸屋のサンドウィッチ、
子供の日にちなんだ兜はるまき、安曇野から売りに来ていたというパン屋さんの
ネコ顔クリームパン、その名も「みーちゃん」^^
DSCF2368.jpg

川原の草むらから飛び出しては空中でホバリングしながらさえずり飛翔するヒバリ。
ヒバリの声に川のせせらぎ、菜の花。この上ないお弁当の調味料♪
IMGP1616.jpg


しばらく川原で遊んでから、下流に向けて歩き始めました。
と・・・!?
IMGP1303_20120502190044.jpg
重かった空から、突然の雨粒!ひゃーっ!
急いで前方の関戸橋の下に避難!

すごいどしゃ降り。
なぜかこの雨の中、ムクドリたちが多摩川で水浴びを始めました。
どうしてこのタイミングで?イミあるのか!?(笑)
IMGP1318.jpg
一応、折りたたみの傘は持ってきていたけど、この強い雨では役立たず。
でも僕たち、楽観的。

だって、向こうの空は明るかったから!
思った通り、20分後に黒雲が去ってからは最初よりも明るい空が顔を出してくれました♪
DSCF2437.jpg


雨上がりのいい匂い。散策の再開です。
DSCF2455.jpg
背丈ほどもある菜の花。
IMGP1469.jpg
可愛らしい野花。踏まないように。
DSCF2481.jpg

ウグイスの仲間、セッカ(初見・初撮影)。
“野鳥と花”写真バッチリ♪
大股開いて、図鑑で見た通りの留まり方^^
IMGP1623.jpg
図鑑に書いてあった『繁殖期になると、オスは“ヒッヒッヒッ”と鳴きながら上昇し
“チャチャチャ”と鳴きながら下降するさえずり飛翔を行う』というセッカの生態が見られて
すごく面白かった~!
IMGP1633.jpg


交通公園と野鳥観察舎があり、そこが多摩川と大栗川の合流地点です。
僕は大栗川に釣り竿を出しますがさっきの大雨で川は濁り、全く当り無し。
すぐに納竿し、ここで鳥見をしました。

大栗川をカワセミの鳴き声が行ったり来たり。
複数羽いるようです。双眼鏡で観察♪
そのうちカップルが対岸の茂みに入っていきました。
対岸は垂直の土壁が露出しており、カワセミの巣に適した場所が
いくつも確認できました。数週間後、子育てが見られるでしょうね☆
DSCF2496.jpg

大栗川沿いの梢に留まるモズを見たとき、羽の赤茶色から“アカモズか!?”と
興奮したけど普通のモズでした。
IMGP1649.jpg
モズの子育てを初めて観察!
他の鳥より少し時期が早いようで、夫婦で2羽の子供にエサを運んでいました☆
巣立ちしたばかりのモズのヒナ。おねだり顔がとってもカワイイです^^
IMGP1662.jpg

オオヨシキリを期待していたけどちょっと時期が早かったようです。

本日の出会い
ヒバリ、セッカ、モズ、カワセミ、スズメ、シジュウカラ、
ハシブトガラス、ムクドリ、カルガモ、アオサギ、ダイサギ、
カワウ、キジバト、ヒヨドリ、ガビチョウ(特定外来種)
ツバメ数種(飛翔するツバメの識別は僕ら分かりましぇん^^;)
鳴き声のみ
アオゲラ、キジなど


今度は大栗川に沿って上流へ向かいます☆
つづく


ポチッとお願いします☆

| 休日・おでかけ | 00:50 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

気仙沼のワカメ☆

家で、おいしいワカメを食べました☆

我が母がよく行く宮前のケーキ屋さん『シュガーバイン』さんに、
先日ワカメをお裾分けしていただきました☆

シュガーバインの旦那様のご実家は、気仙沼のワカメ養殖業者。
周知の通り、昨年の震災で大きな被害を受けた気仙沼。
ワカメの養殖をしている海も甚大な被害を被りましたが
やっと!養殖できる状態にまでこぎつけたのだそう!

このワカメは震災後の養殖で出来た、
いわば“初物”のワカメなのです☆
P1170444.jpg
ネギとゴマ油でパクッ。うまい!

被災地はまだまだ大変な状況が続いていますが
復興の足音は確実にこちらにも聞こえてきました。

しゃきしゃき、新鮮ワカメ♪

ごちそうさまでした!!


ポチッとお願いします☆

| 日記 | 01:36 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

御岳山②

七代の滝から上ってくると、「天狗岩」が待ち構えます。
あの岩の出っ張りを天狗の鼻に見立てて・・・ってことなのかな?
DSCF2236.jpg

(嬉しいことに)ここからは比較的平坦な道が続きます。
のんびり自然散策~♪
DSCF2243.jpg
可愛らしい花たち。
DSCF2265.jpg
これだけ可憐な花があると、名前が知りたくなってくるな。
植物図鑑、買おかな・・・。
IMGP1096_20120425195306.jpg

たぶん飲めるであろう清らかな水。
自然の恵んでくれた宝物。
IMGP1066.jpg
ヤマメも暮らしています。
IMGP1080.jpg

コケのひとつひとつをよく見る・・・。
ん~、名前なんてニンゲンが勝手に決めてるだけで
いきものにとっては全くどうでもいいことなんだよな~。
名前なんか知らなくていいっか~。
という気にもさせられるけど。
いきものをよく知る上でも、名前を知るということは必要。
単純に名前が分かると楽しいし。
IMGP1078.jpg

ここでもミソサザイ君が巣作りがんばってます☆
名前はともかく、こうしたいきものたちが健気に暮らしている事実は
ニンゲンとして知っておくべきでしょうね~。
IMGP1249.jpg

しかし本当に僕らはこういう場所が好きだな。
カラダがゲンキになっていくのが分かる。
ま、脚の疲れは別として(笑)。
DSCF2269_20120425200845.jpg

コケむした倒木で一休み。
DSCF2273.jpg
4月最終週。
新緑にはまだ早い御岳山だけど、コケの緑が鮮やかでした☆
IMGP1090.jpg

「綾広の滝」到着~!
ここで右折、ケーブルカー駅方面へ戻ります。
DSCF2279_20120425201526.jpg

「天狗の腰掛け杉」という巨木の脇から、「神苑の森」という尾根を歩く。
一方通行の狭い道。一歩間違えれば転落だ~!うひゃー☆
DSCF2293.jpg
ヒガラのさえずりが耳に心地よく♪
IMGP1217.jpg
今日も自然に癒された。
どうもありがとう☆
IMGP1119_20120425201820.jpg


本日の出会い
ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、アオゲラ、コゲラ、カケス、
ミソサザイ、エナガ、ウグイス、ホオジロ、ハシボソガラス、
メジロ、キジバトなど
そしてツツドリ他、判別できない鳴き声多数^^


ポチッとお願いします☆

| 休日・おでかけ | 00:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

御岳山

先週の火曜は御岳山へ。

9:48西荻窪発の青梅線~青梅駅で奥多摩線に乗り換え。
御嶽駅からバスでケーブルカー乗り場へ。

ケーブルカー「青空号」でやってきました御岳山。
その名の通り爽快な青空!
DSCF2119.jpg

「御岳ビジターセンター」で情報収集。
夏鳥はオオルリ、キビタキの目撃例が1回あるだけでしたが、
ポイントを聞いて散策開始!
山道もいいけど、宿坊や旅館の連なるこの辺りの道も好き。
DSCF2123.jpg

御嶽神社方面へ歩く途中で必ず目に止まるであろう古い日本家屋。
説明書によると、御嶽神社の御師(おし・神職)を勤めている
馬場家の建物で、幕末に建てられたものだそう。
(一帯を御師集落といい、参拝者などの世話をする人々が暮らす)
DSCF2125.jpg
僕が興味を引かれたのが、この馬場という家が“甲斐武田氏重臣の
馬場美濃守の家柄”という部分。
おおーっ!こんな所に武田関連があったとは!
馬場美濃守といえば信春公。信虎・信玄公・勝頼三代に仕えた、
武田関係の時代劇などに必ず登場する有名武将。

後世、武田四名臣(山県昌景、内藤昌秀、春日虎綱)筆頭として
あげられる馬場信春は、長篠設楽ヶ原の戦いで当主勝頼を撤退させる
べく殿軍を勤め、泰然として討たれた様子が敵である信長方の資料でも
“その働き比類なし”と賞賛されている名将です。
子孫が御師として御岳山にいらしたとはね~。


感慨にひたっているとお腹が空いてきました(笑)。
前回も訪れた『駒鳥茶屋』さんへ!
必食の、刺身こんにゃく。僕が今までこんにゃくが美味しいと思ったのは
ここだけです。うっ、ワサビきたーー!^^;
DSCF2138.jpg

エサ台を設置している駒鳥茶屋さん、ヤマガラちゃんがひっきりなし^^
茶は食事の合間にカメラを向けます。
DSCF2141.jpg
いや~野鳥を眺めながらの食事なんて最高だねー♪
IMGP0827.jpg
何を食べたかと言えば僕が親子丼、茶はカツ丼。
濃厚だけどとっても美味しい!ガツガツ。
DSCF2142.jpg
駒鳥茶屋名物のヨウム君にごあいさつ。ひさしぶりー☆
カメラのレンズ舐められました(笑)。
帰り際には『バイバイー!』と言ってくれました^^
DSCF2156.jpg


七代の滝方面へ長く続く下り坂は僕らにはきつかった!
僕は切り株に腰掛け一休み×2。
DSCF2174.jpg
道端には可愛い花たち。
まだ眺めている余裕はあるな・・・(ふとももカクカク^^;)
DSCF2169.jpg

「七代の滝」に着きました!
この日、気温が高かったので滝はとても涼しい!
DSCF2191.jpg

滝で写真を撮っていると、あの国内最小の鳥が・・・!
IMGP0911.jpg
清流に住むミソサザイが、巣作りの真っ最中でした☆
観察していると、コケなどの巣材を拾い集めて巣穴に運び込んで
中や外側を丁寧に作り上げていきます。
フカフカのベッドが出来上がるんでしょうね~^^
垂直の岩穴、ここなら天敵も手が出せないよね。
IMGP1238.jpg
沢に響きわたるミソサザイのさえずりはとっても美しい♪
巣作り中の彼は相手探しはまだらしく(笑)、
一生懸命にさえずって彼女を呼んでいました^^
IMGP1234_20120425192226.jpg
ミソサザイの観察が楽しくて滝ですっかり時間食っちゃったな~!

七代の滝から先は、急階段を上ります。
えっほ、えっほ(汗)
DSCF2229.jpg

つづく


ポチッとお願いします☆

| 休日・おでかけ | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヨツバのクローバー

庭には生の息吹。
色々な新芽がにょきにょき顔を出しています。

今日、たくさんあるクローバの中に“四つ葉”を見つけた!!
DSCF2343.jpg

庭では初めての発見。
いや~。気分のいいものですね♪
DSCF234311.jpg

気分良く過ごせる。笑顔でいられる。

そうしていれば、何か良い事が向こうから転がりこんでくる。

故に、四つ葉のクローバーを見つけるとラッキー☆という事なのかな。

いや、“気分良く過ごせる”事がすでにラッキーなのか。

そのラッキーを、笑顔でみなさんにおすそ分け^^


さぁ、ゴールデンウィーク後半。
仕事がんばるぞっと☆


ポチッとお願いします☆

| 日記 | 01:55 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。