西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

信州戸隠へ~二日目②

山本館は朝食も体に優しいものばかり。
焼き鮭、茄子の油炒め、そして絶品だったのがシイタケの焼きびたし?みたいなの。
僕は御飯4膳、またまたおひつ完食^^
DSCF3791.jpg

この宿坊・山本館は清潔で食事も美味しくてのんびりできて、すごくよかったですよ。
僕ら2人分だけのために蕎麦を打ってくれて申し訳ないくらいだったけど、
本当に寛げました。お世話になりました!
IMGP1417.jpg


さて、戸隠二日目。
日本有数の野鳥の名所である戸隠を楽しみたいということで、ガイドさんを
お願いしてありました。
10時に戸隠森林植物園の駐車場で待ち合わせたのは、野鳥の会の吉井さん。
ここ戸隠でガイドをしておられるペンション「鳥見亭」のオーナーさんです。

僕ら鳥好きとはいってもまだ知識も浅く、声による判別などまだ限られた鳥しか
知りません。こういう所ではガイドを頼んだほうが断然楽しいんだよね☆
広大な森林植物園を、鳥を探しながら歩きます♪
IMGP1516.jpg
巣穴を掘るコゲラ。
「今ごろ巣を作ってるようじゃねぇ~」と、吉井さん。
そうだよねぇ、相手、残ってればいいけど?(笑)
IMGP1481.jpg

ミズバショウ咲く林の向こうに、戸隠山☆
DSCF3824.jpg

ガイドさんがいると面白いのは、例えば早朝に通ったであろうこのクマの足跡や、
DSCF3862.jpg
写真中央の、枯葉のかたまったところがクマの食事跡だったりと、
IMGP1520.jpg
自分たちだけでは気が付かないようなポイントを教えてくれるところですね☆

そして野鳥の声を聞き分け、見つけるのも速効!
ガイドさんの持ってきた強力な望遠スコープで、遠くの鳥だってよく観察できます♪

クロジ(初見・初撮影)はいつもはやぶの中でさえずるため、こうして姿を
じっくり見られるのは稀。スコープ越しにコンデジで撮影しました☆
DSCF3847.jpg

キクザキイチゲ。
IMGP1524.jpg

静かな池のほとり。昨年秋に仕掛けられたというフクロウの巣箱が見えます。
どんどん繁殖してくれるといいね☆
IMGP1580.jpg
つづく

ポチッとお願いします☆

スポンサーサイト

| 山梨長野 | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信州戸隠へ~二日目①

5時半、起床。いい天気!
茶は「まだ寝てる」というので、ひとりで早朝散歩に出かけました。

宿の屋根でさえずるキセキレイ。ツバメも鳴いてるし、幸先いいね☆
IMGP1293.jpg
朝の山本館・門前。
IMGP1298.jpg
山里の雰囲気。
IMGP1329.jpg

山本館は戸隠神社・宝光社のすぐ近くにあります。

戸隠神社はこの宝光社・中社・奥社の三社からなり、平安時代より修験者の
修行の場として、人々の信仰の対象として隆盛を極めました。
しかし案内板によると、武田と上杉との争いに巻き込まれ一時衰退云々と
書かれており、領土を巡る争いというのは関係ない人々にとっては本当に
いい迷惑だなぁなどと思ったりしました。昔も今もね。

朝露で全体がしっとりと濡れたような空気の中、
二百数段あるという石段を上っていきます。
IMGP1339.jpg
荘厳な、ずっしりとした感じ・・・
DSCF3747.jpg


宝光社の右手に、「戸隠古道」と書かれた看板を見つけ、それによると
中社まで1.4kmだとか。車だと道がクネクネしてるからもっと距離が
あるんですよね。じゃあここを歩いてみようかな。
IMGP1355.jpg
道の脇には「クマ注意」の看板が。早朝だし、遭遇の可能性はあるよな~。
ま、出たら出たで・・・(今度は鈴を持ってこようかな^^;)。

静寂の中を歩むうち、たくさんの鳥の声が聞こえてくるように。

わき道へ逸れてみると、深い森の中に小川が流れ、たくさんの鳥が歌う
夢のような場所に出ました。うわぁ~・・・・・。言葉にならん。
DSCF3768.jpg
視線を感じて見上げると、コガラ♪
IMGP1361.jpg
警戒心の強いウグイスの大きな声がすぐそこから聞こえたりしてびっくり。
コンデジの動画で、鳥の歌声と小川のせせらぎの音を収めてきました。
これをCDにしたりしてずっと聴いていたら、どんなに癒されるだろうな。

足元には、様々な高山植物。踏まないように・・・
IMGP1373.jpg


「野鳥の小道」というエリアがありました。迷わず歩を進めます。
その名の通り、野鳥がたくさん!
戸隠忍者みたいなキバシリ(初見・初撮影)☆
IMGP1392_20110521140643.jpg
ニュウナイスズメ、カップルで(初見・初撮影)☆普通のスズメより鮮やかな色。
この写真だとなんだか人間の目みたい・・・。
IMGP1466.jpg

突然森が開け、黄色いお花畑が出現しました☆
IMGP1410.jpg
結局この野鳥エリアで時を過ごしてしまい、中社まで歩く時間はなくなった^^;


朝食の8時までに山本館へ戻ってくると・・・
聞き覚えのある、なんとも美しい歌声が響いていました。
どこだ?ん?あの木の上に白いものが・・・オオルリだ!(初見・初撮影)
白いものはオオルリのお腹でした^^宿坊の庭で、これは嬉しい出会いだな~☆
お腹以外は美しいブルーの、キレイな小鳥です。
IMGP1422.jpg

野鳥を楽しむなら、やはり早朝に限るな。気持ちいいし。
もし戸隠でなくとも山や高原に行くことがあったら、早起きして歩いてみる
ことをぜひお勧めしたいですね。
世界が変わる、と言ってもいいほどに“何か”を感じることが出来ますよ☆

さぁて、メシ飯~♪


ポチッとお願いします☆

| 山梨長野 | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マユちゃん④

今週火曜の定休日。

午前9時半。あ~雨が止んできたな~と思いつつトイレに入ってたら、
シジュウカラのヒナの鳴き声が聞こえてきたので急いでトイレを出た^^;


庭を見て、おお~・・・来てる来てる・・・
IMGP1790.jpg

よく見りゃ、マユちゃん一家じゃんかー!
しばらく子育てのためウチの庭には来ていなかったマユちゃん&若、
子供たちを連れて遊びに来てくれました(勝手な思い込み)。
IMGP1848.jpg
マユちゃんの左にいるのはフワフワの子供。ちゃんと白いマユがある。
本当に遺伝子って面白い^^


横一列になって、若(左から二番目)の調理をジッと見つめる子供たち。
このうち3羽に、白いマユが^^
IMGP1730.jpg
ホントに食欲旺盛。
IMGP1785.jpg
ずっと食べてる感じ^^;
ああ、僕もマユちゃんにこんな風に食べさせてもらいたい・・・
IMGP1986_20110525125850.jpg

欲しいほしい攻撃^^
IMGP2372.jpg
クチバシごと食われる若(笑)。
IMGP2373.jpg

子供たちはこうして自分でもエサを取ろうとしてるんだけど・・・
IMGP2119.jpg

やっぱり食べさせてもらいたいみたい^^マユちゃんもがんばってる。
IMGP2221.jpg
「んっ!?」
ドキ。ふたりの視線がこっちに!^^;
IMGP2210.jpg

口を開けてる色の薄いのが子供。右は若。
そしてぶらさがって給餌してるのがマユちゃん。アクロバット給餌(笑)。
IMGP2059.jpg

がんばって成長してほしい!もうそれだけ!
IMGP2166.jpg

マユちゃんたち、僕らに子供を見せにきてくれたんですね~(勝手な思い込み)☆


ポチッとお願いします☆

| ペット | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MIHOさん100回!

お客様MIHOさんが22日の日曜日で
夢人島へのご来店が100回目となりました☆
(これを告げたとき、ご本人はキョトンでした^^)
僕はクラッカーでもぶっ放したい気分でしたが(笑)

夢人島開島から2年半、本当にありがとうございます☆
ご新規様もリピーター様も分け隔てなく接している夢人島ですが、
100回というのは大きな区切り。
ささやかながら感謝の気持ちを贈らせていただきました☆
P5220940.jpg

MIHOさんは茶が中野の整体店で働いているときからのお客様。
なので茶との付き合いは4年近くになります。
西荻窪まで足をのばしていただいて、本当に感謝、感謝です☆


毎回Body Special60分と電位療法でカラダケアを怠らないMIHOさん。
ケガも病気もなく、元気に毎日を過ごしています。
夢人島で受けるだけでなく、スポーツジムでもしっかりと健康・体力作りに
励んでおられます。素晴らしい!

旅行会社にお勤めなので旅情報を教えていただいたり、ご本人も旅好きで
お土産をいただいたり、夢人島ホームページ内「施術の流れ」でモデルを
務めていただいたりと大変お世話になってます。

これからもよろしくお願いしまーす☆


ポチッとお願いします☆

| 施術の話 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信州戸隠へ②

引き続き、戸隠森林植物園。
ミズバショウといえば尾瀬が連想されるけど、僕らは戸隠を思い出すことになりそう。
IMGP1234.jpg

コサメビタキ(初見・初撮影)。地味だけどカワイイです。
IMGP1242.jpg

アカハラ。近くに巣がありました。
IMGP1248.jpg

では僕らも、今宵の巣へ向かいましょうか(笑)。


戸隠の宿は、神主さんが営む宿坊やペンションが中心。
じゃらんで見つけた今回の宿は、戸隠神社宝光社近くの「戸隠講社 山本館」
立派な門構えが、宿坊らしさを漂わせています。左右には垂れ桜と八重桜。
DSCF3679.jpg

新館は全てバリアフリー。室内も廊下も畳なので、
スリッパの履き替えなど無くそのまま歩け、
快適に過ごせます♪そして、広い!
部屋もお風呂も掃除が行き届いており、素晴らしい印象でした☆
DSCF3687.jpg

付いたら先ず、お風呂でサッパリ。
他に客がいなかったので、僕ら貸切にしてくれました^^

「女湯 武田様貸切り」。
OH!なんと心に響く言葉だろう。ガハハ
温泉ではないけどいい湯加減で、じっくり温まることができました♪
DSCF3690.jpg


夕食は6時過ぎから。
僕も茶も、「おいしい・・・」連発、絶品和食の数々です。
敬意を表して、全品紹介。

高杯には赤鶏のタタキ。そして蕎麦寿司、胡麻豆腐など。
山菜や蕎麦を中心に、地物がふんだんに使われています。
DSCF3704.jpg

蕎麦がき。目を閉じてウットリ♪
DSCF3706.jpg

蕎麦粉のコロッケ。
DSCF3708.jpg

山菜おこわを桜の葉で包み、あんかけ仕立てに。
この花は宿の門前写真左にある八重桜の花が開く前に摘んだもの。
桜をこんなに素晴らしい料理にしたものは僕は初めて食べました。
DSCF3709.jpg

待ってました~の、山菜天ぷら。
ふきのとう、こごみぜんまい、アザミの葉、うどの芽、コシアブラなど。

お塩は、蕎麦の実を粉にしたものが混ぜてあり、風味が爽やかに。
本当に美味しくて、僕らはただ感動するばかりでした。
滋味溢れる山菜の味、大地の味。
力が沸いてくる感じがします☆
DSCF3711.jpg

蕎麦の実のスープ
DSCF3717.jpg

そして締めは、ぼっち盛りの戸隠蕎麦。無論、宿の手打ちです☆
ご主人は、天ぷらで使った塩を蕎麦にかけて食べてみてください、と。

ん~面白い食べ方だなと思いながら従ってやってみたら・・・ビックリ!
蕎麦の甘みがすごく感じられるようになりました!
この時は僕、半分以上はこの塩を使った食べ方でいただいちゃいました☆
3食蕎麦でもいいくらいの僕、〆がこんな美味しい蕎麦なんてシアワセだ♪
DSCF3718.jpg
どれも手の込んだお料理で、素材の味を最大限に引き出しています。
でも素材がいい、水がいいだけじゃこんなに美味しくは作れないと思う。
本当に堪能させていただきました♪


最高の自然に触れ、最高の夕食をいただいて、気分はもう夢の中。
テレビなんか見る気にならない。
早起きしたいから、早寝しよっと(それにしても8時就寝は早かったな^^;)

ZZZ~・・・(つづく)


ポチッとお願いします☆

| 山梨長野 | 00:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信州戸隠へ①

僕らにとっては年中、行楽シーズンなんだけど
すっかり行楽シーズンになりました(何を言ってるんでしょう^^)。

草木も鳥獣も生気に満ち溢れてくる5月。
信州・戸隠へ行って参りました!


例によって新幹線等は使わず、新宿発の高速バスで長野駅へ。
ひとり片道2500円、安くて快適です。
到着予定12:20が大幅に早まり、11:30に着いてしまうという
嬉しい誤算。

お得なレンタカーも探しました。
長野駅からちょっと歩くんだけど、ニコニコレンタカーは二日間(30時間)が
ナビ(1泊1050円×2)を足しても軽自動車7650円。
しかもピカピカの禁煙車^^
行き先をある蕎麦屋にセットして、出発~!


善光寺の裏手から伸びる戸隠バードラインは途中、七曲りと称する急カーブが
連続、ヒエ~!でもそこを除けば快適な山道です。
目指す戸隠までは車で30~40分ほど(バスだと1時間)。


戸隠神社・中社の鳥居脇にある「うずら家」で、僕が楽しみにしていたお昼です♪
信州長野といえば蕎麦が名物だけど、中でも戸隠は有名な蕎麦処。
蕎麦屋がたくさん軒を連ね、たいていの店が手打ちでそんなにハズレは無い
らしいけど、せっかくなので間違いなさそうなお店を選びました。
うずら屋の隣には樹齢数百年の杉が立っています。すごい!
DSCF3604.jpg

まずは季節野菜の天ぷら。
コゴミ、タラの芽、コシアブラ、白ウド、ミヤマエラクサ、ふきのとう、
アザミの葉など、そしてサツマイモ、カボチャ。
DSCF3612.jpg

待ってましたのもりそばは戸隠蕎麦の特徴である「ぼっち盛り」!
蕎麦の甘み、香りがたまらない!
DSCF3609.jpg
僕好みの辛めのツユが、蕎麦の甘みを更に引き立たせます。
これまた甘さを感じるほど旨いワサビを自分ですりおろして入れてもよい
けど、薬味無しでも十分おいしい。ていうか、要らないくらい。
これは旨いわ☆蕎麦好きなら食べるためだけに戸隠を訪れてもよいのでは。


食後、戸隠神社・奥社の駐車場に車を停め、「戸隠流忍法資料館」へ
行ってみました。戸隠流といえば、武田信玄公の下でも活躍した忍術の流派。
DSCF3630.jpg
資料館自体は見所はないけど、からくり忍者屋敷は隠し扉などを見つけながら
ゴールを目指す施設で結構手こずり、なかなか面白かった。


戸隠神社・奥社へ通じる参道。
ミズバショウが咲いていました☆
IMGP1145.jpg
可愛らしいニリンソウ。
IMGP1148.jpg

参道途中にある随神門をくぐると、壮大な杉並木が圧倒してきます。
IMGP1204.jpg
ここから奥社へは20分ほどだけど、チェックインの時間もあるので
ゆっくり戻ることにしました。


僕が戸隠を旅先に選んだ大きな理由のひとつが、この奥社参道北側に広がる
「戸隠森林植物園」の存在。
この自然いっぱいの園地は名の通り植物が豊富であると同時に、日本有数の
野鳥の聖地でもあるのです。

声も色もきれいな、キビタキ。
IMGP1155.jpg

木の芽を食べるサンショウクイ(初見・初撮影)。
IMGP1179.jpg

コツコツコツ、アカゲラ。
IMGP1263.jpg
初日から、戸隠の魅力にどっぷりハマっちゃったな~☆
IMGP1251.jpg
つづく


ポチッとお願いします☆

| 山梨長野 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マッサージの贈り物

ある日、問い合わせのメールが届きました。

「贈り物用のチケットは扱っていますか?」

夢人島にはご好評いただいている回数券があるのでご案内すると
「私は今アメリカにいるので西荻窪の母に送ってください」との事。

ご希望で『お母さん リラックスしてね』というメッセージカードを添えて・・・

このMさんのお母様を想う気持ちに、僕たちは胸が熱くなりました。


そして、このMさんのお母様がご来店に。
Mさまの気持ちにお応えすべく、
お母様に心身共に楽になっていただくべく尽くしました。

帰り際のお母様の笑顔、忘れられません☆


ポチッとお願いします☆

| 施術の話 | 01:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スズメのお宿

毎度トリの話だけど、時期なもので(笑)。


実は、今年の2月に入ってから我が庭に巣箱を仕掛けていました。
シジュウカラがここに巣を作り始めたら、ブログにのっけようと
思っていたんだけど。
DSCF3580.jpg
結局、マユちゃん&若夫妻も、もう一組のカップルも、
この巣箱を使ってはくれませんでした。今年はダメか~?

ん~、位置や環境が適さなかったのかなぁ~と、
巣箱の設置場所を再考しようと思っていました。


そんなある日の朝。
一羽のスズメが、巣箱の中に入っていくのを目撃!

えーっ、ちょっと待ってよ。
巣箱の出入り口の穴は直径2.7mmのシジュウカラサイズで、
スズメは入れないはずじゃ??

でも、入ってる。
ちょっとキツそうだけど、出入りしてる。
ありゃーずいぶんスマートなスズメちゃんもいるもんだ。
出入りしてるというよりは、ズッポリはまってるようにも見える。ガハハ
IMGP1034.jpg

チラリ☆
IMGP1092.jpg
「んーっしょ!」
IMGP1093.jpg
「フウーッ・・・」(笑)
IMGP1096.jpg


そんな2羽のスズメに気付いて数日後。
庭の小枝を巣箱に運びこんでる!
巣作り始めちゃったよ~^^;
IMGP1084.jpg

シジュウカラはメスが巣作りするそうだが、スズメもそうなのかな。
2羽のうちの1羽だけがせっせと枝を運び込んでいるようです。

スズメの留守を狙って、家の中をのぞいてみましたよ^^
5月13日、枝がちょこっと。
DSCF3423.jpg
5月15日。だいぶ巣らしくなってきてる!けど未完成。
中央に卵やヒナがくるので、羽毛や獣毛などでフカフカベッドを造るはずです☆
スズメではない鳥の羽や、ビニール紐なども確認できます。
DSCF3578.jpg



スズメは雌雄の区別も固体の区別も付けにくいんだけど、
3月辺りから庭へ来ていたスズメのカップルかもしれません。
穴にはいるため、ダイエットしたのかな?まさか、ね。

シジュウカラ用に仕掛けた巣箱だったんだけどなー。
まぁ気に入ってくれたんなら、それでもいいか。

この先、巣を完成させてここで子育てするか、放棄するか分からないけど
しばらくこのスズメカップルの動きを追っていきたいと思います♪


ポチッとお願いします☆

| ペット | 00:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マユちゃん③

今朝、出勤前にマユちゃんの家を見に行ったら・・・

あらー!見なれぬ顔が、のぞいてる!!
DSCF3510.jpg

マユちゃんと若の子供たちが、僕の予想より早く顔を出していました!
かわいい。可愛すぎる!!
DSCF3539.jpg
写真を見てから気付いたんだけど、この子には左右の目の上にしっかりと白い眉が!
さすが、マユちゃんの子だ!!^^

若とマユちゃんにご飯のおねだり、おクチあんぐり^^素晴らしい食欲。
DSCF3526.jpg

この子は白い眉はありません。
元気すぎて、首が挟まっちゃった。
救出しようとしたら、スポッと抜けて巣の内側に落ちました^^
やれやれ、気をつけろよ~。
DSCF3584.jpg

何羽の子供がいるのか、まだ分かりません。
全部が大人になる確率は、かなり低いです。

実際この時、近くのシジュウカラの巣立ち雛がカラスに襲われていました。

この子たちを待ち受ける“生きるための試練”は超過酷。
この子たちの運を祈ります☆


ポチッとお願いします☆

| ペット | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阿波踊りって

踊ると、けっこう大変だったんだ!

お客様Uさんが夢人島へお越しになるのは、
いつも“阿波踊り”でお疲れのとき。
腕も、脚も、腰から背中も(要は全身)張っています。


ご来店の際、振り付けをちょっと見せていただきました。
腕は上げっぱなしだし、手首を回旋させてしかも手の平を
完全に前に見せない位置でピタッと止めたり。
思っていたよりもずっと細かい動きを、長時間続けなければなりません。

脚の動きも複雑で、教えていただいて僕もやってみましたが
見事にもつれました!(笑)
当たり前だけど、付け焼刃で出来るものじゃないですわ。
全身の筋肉を使ってるってことがよくわかりました。


夏の、高円寺の祭りには必ず参加されているUさんですが
それ以外の季節も意外と忙しいのだとか。

今年の夏は開催されるといいですね☆
これから阿波踊りを見るときは、畏敬の念を持って
見させていただきまする~!


ポチッとお願いします☆

| 施術の話 | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マユちゃん②

先月初めに紹介しました、シジュウカラの「マユちゃん&若」夫妻。

最近は、ウチの庭には1羽ずつ交互にやってきますが、めっきり来訪数は
減りました。今は繁殖のシーズンだから、どこぞで子育てを始めたんでしょう。


ウチの庭ではもっぱら地面に下りてヒナ用の虫など探しています^^
若が虫をゲット!ここで自分で食べることはせずに、運んで行きました。
IMGP0623.jpg



この2人の“愛の巣”。いったいどこにあるのだろう・・・。

ある日、ちょっと尾行してみたら(完全にストーカー!笑)
意外にあっさり見つけることが出来ました♪
ウチのすぐ近所のお庭にある木の洞を使っていたんだぁ~☆
白い眉のメス。
まぎれもなく“マユちゃん”だ!
DSCF3309a.jpg
さかんに出入りを繰り返しています☆
DSCF3311a.jpg

この場所。
道路に面していて人も車も通るのに、よほど内装が気に入ったんでしょうか。
朝は数分だけ観察していますが、その間にも頻繁に出入りする若。
この穴まさにシジュウカラサイズ。スズメすら入れないでしょう。
DSCF3303a.jpg

ヒナのフンをくわえて出てきたマユちゃん。
巣を不潔にしないため、マメに掃除をしています。
真下に捨てると外敵にばれるから、遠くへ捨てに行きます。
そしてまた、虫をくわえて戻ってくる。マユちゃん&若、子育て奮闘中!
IMGP0893a.jpg

今では洞の中からピイピイと可愛い声がいくつも聞こえてきています☆
来週末くらいには巣立ちが行われるものと思います^^


ポチッとお願いします☆

| ペット | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神代植物公園・5月

6日金曜の振替休日。
「ビストロ さて」のランチでちょっと元気を回復した僕は、食後そのまま
自転車で吉祥寺へ。バスで神代植物公園に向かいました。

バスの車窓から井の頭の文化園を見ると、結構な人が来てる。
そうか~まだGWの最中の人もいるもんね。


到着後、少し外れた所にある水生植物園へ。
いつも思うけど、ここは穴場だね。ゆっくり出来ます^^
IMGP0796_20110508111913.jpg

水辺の緑。絶滅危惧種の何とか・・・(名前、失念^^;)かわいい花を咲かせています。
IMGP0789.jpg

カメがいるなぁと、何気なく池をのぞき込んでいたら・・・
あら~、スッポンぽん^^のぞき返されました。
IMGP0815.jpg

暖かくなると活発になるのは人間だけではありません。
IMGP0824.jpg
フキ
IMGP0848.jpg
深大寺城跡にて。野の草花って、本当に気分を清々しくさせてくれます☆
IMGP0804_20110508114012.jpg

神代植物園内へ。
なんとかトチノキ^^;大きな木に、たくさんの花を付けていました。
IMGP0852_20110508113805.jpg

ハナショウブや、
IMGP0853.jpg
ツツジ、
IMGP0858.jpg
藤が見頃でした♪
IMGP0866.jpg


3時のおやつ!?ここへ来たら、やはり食べたくなる深大寺そば。
今回は植物園深大寺口にある「玉乃屋」でススル。うん、旨い!
P5061099.jpg


ポチッとお願いします☆

| 休日・おでかけ | 00:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西荻食道~西洋料理「ビストロ さて」

「ビストロ さて」。
家族ぐるみで夢人島へお越しのSMさんがあまりに大絶賛されるので、
今日(金曜日)うちの振替休日の日に早速ランチに足を運んでみました。
南口、ピンク象のアーケードを抜けて直進、3分ほど歩いた右手にあります。

オーダーして待っている間、メニューを見せていただきましたが、
お料理の写真がすごくキレイなんですよ!しかも種類が豊富。
(冬には僕の大好きなカキの料理も目白押しのようで♪)

ご夫婦で経営され、バイトさんも働いていました。
お話好きな奥さんのメニューの話など聞くうち、お料理が出来上がりました~!


別注の「温野菜」。写真を見てあまりに美味しそうだったのでお願いしてみると、
茹で時間の問題があったにもかかわらず作ってくださいました。
レンコン、人参、カリフラワー、ブロッコリー、ズッキーニ、パプリカ、カブ、
インゲン、オクラ、ナスとモリモリ、盛りだくさん!そして、キレイ!
(コンデジでの撮影なのでこの色合い。実際の料理はもっとキレイです)
P5061085.jpg
信州の有機野菜。
野菜はそれぞれに適した茹で時間で調理されており、食べやすい小口切りに。
先ずはぜひ別々に食べてみてください。ひとつ一つを噛み締めるように。
野菜ってこんなに美味しいものかとビックリしました!

僕はこの日、9連勤とGWの忙しさで正直体調がよくなかったんだけど、
この野菜を食べて食欲が出てきて、元気になってくる感じがしましたよ。


僕は「ハンバーグステーキ」にしました。
ジューシーでフワフワのハンバーグ、すごいおいしー!!^^
P5061086.jpg
また、この付け合せの野菜が絶品。
トマトやレタスの甘さに感動しました。

茶の「チキンチーズカツ」。
これもジューシー、カリカリの“噛み味”も美味しいチキンカツ。
茶の「おいしい顔」が全てを物語っていました。
P5061089.jpg

ちなみにランチには日替わりがあって、この日は「チキンカツのカレーソース」でした。
これも実に美味しそう。

食後のコーヒー(または紅茶)で、ホッ♪
雰囲気も音楽も落ち着いていて、とっても寛げる空間です。
P5061098.jpg

僕らは定休日は早くから出かけちゃうことが多いんだけど、
こんな美味しいランチが地元で食べられるなら出かける時間を
遅らせてもいいと思うくらい、心に沁みるお料理でした。

「お客さんを大切にしているお店」だと感じました。
完全禁煙だし、居心地もとてもよかったですよ☆

開業されて、28年。
西荻窪出身の僕も知らない名店が、まだありました。
「西荻窪って、奥が深い」とは、お客様SMさんの談。

ディナー、確実に行くでしょう。
今から楽しみです☆


西洋料理「ビストロ さて」
電話:03-3331-1142
住所:東京都杉並区松庵3-31-16-107
営業時間:12:00~14:00(ランチ)
       18:00~22:00(ディナー)       
定休日:水曜日

http://www.sate.jp/


ポチッとお願いします☆

| 西荻食道 | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

超簡単ピザ

茶の記憶力はすごい。

ってコトを言いたいのではない(笑)。
ある休日の朝、何をこさえているのかと思ったら、
ずっと前に見た「ぷっすま」で紹介されていた簡単レシピで
ピザを作っていました。
ほお~。どれどれ。

フライパンに餃子の皮を敷き、ピザソースを塗り、チーズを乗せ、
蓋をして弱~中火で2分。

カリッとした歯ざわりが美味しい、簡単ピザの出来上がり!
P3080968.jpg
お好みでバジルやタバスコをふってください。
朝食にも、おつまみにもイケますよ~^^

まぁ餃子の皮なんて冷蔵庫にいつも入ってるわけじゃないけど、
こんな簡単にピザが出来ちゃうんなら常備していてもいいかも!


ポチッとお願いします☆

| 食べ物 | 00:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩「目黒~恵比寿」

晩ご飯は「なすび亭」~♪

その前に、食事まで別行動の茶は先に家を出て、僕は昼過ぎまで家で庭仕事など。
でも天気がいいから歩こうと思い、電車で目黒へ向かいました。

久しぶりに荻窪駅まで歩いたら、ツツジがとってもキレイなお宅が。
DSCF3190.jpg


目黒駅東口を大通り沿いに。
首都高のすぐ下、ここだけ写真で切り取ると、目黒とは思えませんね~。
IMGP0632.jpg

目黒駅から徒歩5分ほどで、自然教育園に到着です。入園料は300円。
こんな街中にありながら、深い緑が楽しめます。
IMGP0643.jpg
若葉が芽吹き始めるこの季節。新緑が目に眩しい!
IMGP0652_20110428220049.jpg

水辺のベンチに腰掛けて。
カワセミやサギ類も来るそうです。この日は見かけませんでした。
IMGP0648_20110428220259.jpg

上野の国立科学博物館附属の自然教育園。
古くは室町時代の豪族の館跡であり、当時の土塁も残っています。
今は様々な植物や鳥類、昆虫が楽しませてくれます。

何箇所か“ビューポイント”が示されています。
ここはモミジの群生ポイント。秋には・・・すごいことになりそうですね。
IMGP0675.jpg


1時間ほど園内を散策し、教育園の外塀に沿うように北へ。
なんとなく地図は頭に入れてあったんだけど、恵比寿はこっちでいいのかな?

あれがガーデンプレイスかな?と思いよく見ると六本木ヒルズだったり。
まぁ時間はたっぷりあるのでのんびり歩きます。

この辺り、坂が多いのも特徴ですね。そういう意味ではここで暮らすには
車があった方がいいのかも。
坂の名前や、その由縁を見るのが好き。ここは日東坂。
タモリ倶楽部やブラタモリってな気分です☆
DSCF3214.jpg


何とか恵比寿東口交差点に出ました!
まだ時間あるので、広尾方面を目指して歩きます。

この交差点近くで、ハワイア~ンなお店を見つけたので小休止♪
アボガドアイス・メープルシロップがけ&トロピカルココナッツティー。
僕は男一人でもこういうものを食べられる人間デス^^おいしい☆
DSCF3217.jpg

古い建物と新しい建物が混在する街。お店も多く、見ていて楽しい。
あ、前を歩くこの男性はジローラモさんでした^^
DSCF3219.jpg

お寺の多い一角に来ました。昔からの建物じゃないけど、
お寺や神社の独特の雰囲気は大好き。
DSCF3225.jpg

総門の向こうは、広尾のストリート。
ああ~、ここに出てくるんだ!昔、広尾散歩をしたときはあっちから歩いてきたんだ。
頭の中で、地図がつながりました。
DSCF3233.jpg

思ってたより歩いたな。もう、お腹ペコペコ。
「なすび亭」でのエビスビールのひとくち目の旨かったこと!^^


ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なすび亭

恵比寿でご飯なんて、僕は初めてなんじゃないかな。


3月、僕らの結婚記念に栃木の湯西川温泉を予約していたんだけど
震災直後で、余震も多かったのでキャンセルしまして。
じゃあ、いい物を食べますか、とお店を探そうとしても
僕らはちょっといいお店で、間違いなく美味しいお店はそんなに知らない。

ならば行ってみたいお店はどこか?
テレビ番組「お願いランキング」の審査員をやっている吉岡さんの和食を
食べてみたい!ということになり、一ヶ月前に予約して楽しみにしてました☆

今週火曜日。恵比寿駅東口から徒歩7分。
左に小さな茄子の絵が飾られているのが看板の「なすび亭」
DSCF3221.jpg

ちょっとドキドキしながら店内へ。ちょうど夢人島くらいの広さでしょうか。
僕らは茶と我が母と3人だったので、入り口に近いテーブル席でした。

奥を見ると、吉岡さんがカウンター越しの調理場に立っているのが見えます。

飲み物を注文。ワクワクのコース料理の始まりです☆
コースは5000円、7000円、9000円(税別)の3つが設定されており、
今回は真ん中を採りました。

よもぎのゴマ豆腐と季節野菜の炊き合わせ。胃袋が刺激されてきましたよ~^^
あ、ビールはもちろん“エビス”!
DSCF3239.jpg

のどぐろと九条ネギの椀。
熱々で、すすると舌だけでなくノドや胃でも旨さを感じるほど。
DSCF3240.jpg
“のどぐろ”とは幻の高級魚といわれる赤ムツのこと(帰宅してから調べました・笑)。
以降、吉岡さんの提供する魚料理の“焼き加減”に目を見張ることになります。

刺身三種。左よりカンパチ、アイナメ、鳥貝。
お醤油と、アンキモでのばした醤油の2種類でいただきます。
DSCF3242.jpg
ワサビはすりたてで甘く、変な辛さは全くなく魚の美味しさを引き立たせます。
アンキモ醤油は臭みも無く。旨くないわけありません☆

金目鯛、水茄子、ズワイ蟹の煮物。
DSCF3247.jpg
水茄子は噛むと、中央に少し生状態が残っていて歯応えが気持ちよく、
茄子の旨みがしっかり感じられます。
金目鯛は炙ってあるんだけど、汁気に触れてもパリッとした香ばしさがあります。


店内はイス席のみで、とても寛げる空間が演出されています。
奥のカウンターに座れば、目の前で調理する吉岡さんを見ることができます。
壁側に座った母は、奥に居る吉岡さんと何度も目が合ったそう。
しっかりと全体に気配りをしているんですね^^
ちゃんと自分で料理を手がけているのも好感が持てます。
DSCF3249.jpg
「若い方に気軽に和食のコースを味わっていただきたい。」
女性スタッフの言葉です。店名も空間も、それを意識して造られたそうです。
DSCF3250.jpg

さわらの焼き物。
大根おろしと、人参(を多分、揚げた)ものが付け合せに。
DSCF3251.jpg
のどぐろ、金目、そしてサワラ、皮も旨い!
サワラはちょうど火が通りきってすぐのギリギリの焼き加減。
身は柔らかいのに、きちんと熱く湯気が立ち上っている。すごいな~。

オコゼの唐揚げ。
骨もヒレも全部、バリバリ^^
DSCF3254.jpg
付け合せのミニトマトですが、口に入れてビックリ。
皮むきしてあって、出汁と酸味が利いていてちゃんと味付けしてある。
こういうところに感動を覚えます☆

茶も僕も絶賛の、大目鱒と九条ネギの炊き込みご飯。
女性スタッフが土鍋の蓋を開けたとき、思わずため息が出ちゃいました。
九条ネギの濃い緑、そしてサーモンピンクのマス。立ちのぼるネギの香り・・・
DSCF3256.jpg
土鍋でそのまま炊いたであろうこれは得もいわれぬ美味しさで、何とも書けません。
量もたっぷり、嬉しい限り(大抵のこうしたお店のご飯は、少ないですよね)。
もちろん、味噌汁も香の物も美味しいです。
味噌汁には魚のアラが。一見、定食屋の味噌汁のようだけど(実はもっと深い味だが)
美味しければ型に囚われない提供の仕方は個人的にすごく好感が持てました。

ご飯が少し余りそうだったので、女性スタッフが「お持ち帰りできますよ?」と。
次の日のお弁当にしちゃいました(笑)。
和食のコースで量も味も満足したのは初めてかも。

デザートは、ブランマンジェ。
ミルクベースで、小豆が乗っている。和食コースの締めにピッタリ☆
DSCF3264.jpg

かわいい箸置き^^もちろん、茄子です。
DSCF3259.jpg

まぁ僕の稚拙な表現でいろいろ書きましたが、実際に食べてみると
すべて分かるかなと思います☆
数えてみると、9種もの魚介が登場しました。大満足じゃあ~♪

お客が帰る毎に、店の外まで出て見送ってくれる吉岡さん。
実際の吉岡さんはテレビで見るより若くて、驕ったところのかけらもない
立派な本物の“料理人”でありました☆

「季節が変わる頃、またいらしてください」。

ぜひそうさせていただきます。


西荻に着いて。
おいっ、クレープなんて食べてんじゃないっ!!
DSCF3271.jpg

すいません、僕が食べたいと言いました(笑)。


ポチッとお願いします☆

| 休日・おでかけ | 00:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。