西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西荻食道~スペイン料理「THUle」

食べること大好きなお客様SAさんに教えていただいた
スペイン料理のお店「THUle」(ツール)。
牛丼の松屋を曲がったサカエ通りの途中、二階にあるそのお店は
僕ら今までまったく気が付きませんでした(よく通るのに・・・)。
早速、茶、我が母と足を運んでみました☆

二階はテーブルとカウンター、想像していたより広いです。
ドリンクはこういうお店来たら独特なものを頼みたい。
僕はスペインビールにしました。飲みやす~い☆
P3020102.jpg
手前「2日間じっくり煮込んだモツ煮」。
奥は「本日のカルパッチョ」お魚はタイでした。
モツ煮の濃厚さと、カルパッチョに焦がしニンニク等で付けた
独特の味付けがとても美味しかったです。
P3020103.jpg
「たいへんだけど作ったソーセージ」。
これも独特の旨みがあります。
P3020104.jpg
ソーセージから出てくる美味しい汁は、全部パンに付けて
いただいちゃいました☆
P3020111.jpg
「これ注文しなきゃ始まらないっ!」ボードに書かれていた
「塩豚のコシード」。お好みでスープに付けて。
スープが味付け濃く、そのままで食べた方が塩梅良く美味しいと
思いました。塩豚もいいけどタマネギもグー◎
P3020105.jpg
(トマトベース)(オイルベース)(クリームベース)から
お好みに応じたパスタorリゾットを作ってくれるんです。
僕らはトマトベースの春らしいパスタを注文。
菜の花、紫キャベツをあしらった見た目も美しい
まいうーパスタが!ボリュームもあります。
P3020107.jpg
スペインとイタリアンの融合のようなお料理は
あまり他では味わえない美味しさがありました☆
P3020113.jpg
たまに奥様が手伝いに来るというこのお店のご主人は
とても気さくな方。
屋号「THUle」はツーレと読むのが本当だそうですが、
間違ってツールと言ってたらそれが広まっちゃったので
そのまんまにしているのだそう(笑)。
意味はギリシャかどこかの言葉で、むかし本当に存在すると
思われていた“楽園”なんですって☆
「食の楽園」いかがですか?


スペイン料理「THUle」(ツール)
電話:03-5370-3412
住所:東京都杉並区西荻南3丁目11-11-2F
営業時間:11:30~15:00 ランチLO14:30(ランチは火~金のみ)
     17:30~23:30 ディナーLO(フード)22:30(ドリンク)23:00
定休日:月曜日

http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0X00047601/index.html


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

スポンサーサイト

| 西荻食道 | 00:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

琵琶湖長浜へ~二日目

朝から雨。どうしようもないねこりゃ。釣りはムリ。


様子見で一旦北陸本線に乗り、長浜から三つ先の「高月」駅へ。
ここから徒歩5分ほどの場所に、「渡岸寺」(どうがんじ)はあります。

「十一面観音(国宝)」、僕が幼少の頃にガイドブックで見て以来惚れており、
いつかは実際に見たい、と想い続けていた仏像なのです。
ま、雨じゃなきゃここへは来なかったから、良しと考えるか。
P5190329.jpg
当時の寺は信長の近江攻めで焼失したが、土地の人々がこの観音様を
土中に埋めてかくまったそう。

なぜ、そうしたか。
当然、当時の考えは「国宝だから」じゃなくって、「信仰の対象」だから。
人々の思いを一身に受けていたのですね・・・。

しかし仏像の前の係りのおじさん、語るのはこの寺がどれだけ貴重な仏像を
持っているか、てなコトばっかり。確かに文化財としてはすごく貴重。
でも大事なのはそんなコトじゃないんだよ。

実際の観音様は見とれんばかりの美しさ!優美さに加え、すべてを包み込む
ような優しさも感じました☆うーん、会えてよかった♪


雨は止まないので、この日の釣りは諦めました。
長浜へ戻ります。

「羽柴秀吉と石田三成の出会いの像」
P5190340.jpg
秀吉が鷹狩り途中に寄った寺で茶を所望したとき、小坊主だった三成が
一杯目をぬるく多めに、二杯目をやや熱く、三杯目を熱く少なめに
出したという有名な故事に基づいています。

思うと、秀吉の忠臣ってこの三成と加藤清正、福島正則くらいのもの。
彼らが仲良くやってりゃ、豊臣もああは簡単に滅ばなかったのにね。


その昔、この辺りは中山道、東海道、北国街道、若狭街道(鯖街道)などが
交錯するまさに交通の要衝地帯であり、琵琶湖東岸から湖北にかけて
その名所旧跡の多さは数知れず。

浅井長政の小谷城、羽柴秀吉の長浜城、信長の安土城、
石田三成の佐和山城、井伊直政の彦根城他、諸城、寺社仏閣に加え、
秀吉VS柴田勝家の賤ヶ岳古戦場、前述の姉川古戦場、少し離れて
天下分け目の関ヶ原古戦場などなどなど・・・。

数々の歴史の舞台となってきた所なのです。


買い食い(笑)。秀吉の掲げた千成ひょうたんに因んだ「ひょうたん焼き」
1個50円。中身はカスタードと塩キャラメル☆
P5190341.jpg

北国街道。古い建物がそのまま商店になってたりします。
黒壁スクエア付近にはガラス細工や飲食店がたくさん(閉店早いよ!)
P5190343.jpg
水の都・長浜は町中にも水路が走ります。家と溶け込んだ風景があちこちに。
P5190351.jpg


お昼は長浜名物・焼鯖そうめん!お店は街道沿いの「翼果楼」(よかろう)
僕たちは「鯖街道 焼き鯖寿司付き」にしました。
お吸い物のふたを開けるとカワイイ小鮎の麩が。思わずニンマリ^^
P5190360.jpg
日本海のサバは若狭街道(別名・鯖街道)経由で、京都だけでなく近江にも
運ばれ、それで湖北に伝わるこの伝統料理ができたんですね☆

「焼きサバ」と「そうめん」の炊き合わせ、相性はバッチリ!
味は濃い目なので、白いご飯も合いそうです。うん、美味しい!

また焼き鯖寿司が絶品!大葉と生姜を利かせて、焼き味も香ばしく。
中庭の見える古い民家を使ったお店、とても寛げます☆
P5190365.jpg
食べ終わる頃、関西弁の賑やかなオバちゃんの集団が。逃げ出しました(笑)


さて、復路の新幹線は18時台。契約で時間を早めることは出来ません。
夕方まで長浜で時間潰しはキビシイので(雨だし)、彦根へ向かいました。

彦根は米原から一駅戻るかたち。僕らは2007年の京都旅行で訪れて以来
2度目。井伊の赤備えの甲冑でも見ながら過ごしますか・・・。

彦根駅前の井伊直政像。
甲斐武田から引き継いだ全身赤の甲冑に身を固めた勇姿は
敵を畏怖させるに充分だったでしょう(銅像なんで青銅色だけど)。
P5190376.jpg

では早速、博物館で赤備えの名品を・・・。
なになに、展示品の入れ替え中によりご覧いただけません??
ふざけんなーー!
おいっ、彦根城博物館!展示品の入れ替えは
客がいない時間帯に済ませておけよっ!!!

来た甲斐、無くなりました。やれやれだ。


歴代藩主お寛ぎの間。ゴロ寝したらさぞかし気持ちいいだろうな☆
P5190400.jpg
P5190401.jpg
近くから見ても遠くから見ても美しい彦根城天守閣。
P5190407.jpg


この二日間、まともに釣りが出来なかったのがかなり心残り。

しかし琵琶湖、人為的な環境悪化がこんなにまで進んでいるとはね。
古き良き琵琶湖を知っているだけに、ショックは大きいです。

いつか僕に子供が出来ても、
“本来の琵琶湖の姿”“本当の自然”を見せてやれないのが
何とも口惜しい気が、今からしています。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 旅行 | 00:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

琵琶湖長浜へ~初日

僕が琵琶湖へよく釣りに行っていたのは25年も昔の話。
亡父が単身赴任していた名古屋からちょっと足を伸ばして。

僕の狙いはコイ科魚類の「タナゴ」。小さくキレイな魚です。
日本産淡水魚の宝庫・琵琶湖ではかつてはイヤというほど釣れ、
中学生の僕の大好きなフィールドでした。
透明度もあり、のぞき込めば美しく色づいたタナゴがヒラを打つ・・・。

当時の釣り場は大津・瀬田辺り。しかし社会人になってから訪れた僕の
見たのは、ガチガチに固められたコンクリートの護岸とバスフィッシャー達。

貝に産卵するタナゴ。コンクリート化した場所では当然生きられない貝が
いなくなればタナゴの姿も消えます。加えて深刻な水質汚染。

そして本来そこにいてはいけない外来の害魚ブラックバスやブルーギルの増加。
古来からの生態系をブチ壊すと知っていて、害魚を密放流する輩がいる。
(害魚を駆除する方々の地道な努力を応援しています)

“自然に触れると見えてくる”人間の愚行がここにもあるのです。


まぁこんな感じで今までの釣り場は崩壊したので、先週の火曜と第三水曜、
久しぶりの琵琶湖釣行は“湖北”長浜を目指しました☆

こだま号で米原に着いたのは13時15分。ここからJR北陸本線に
乗り換えるんだけど、これまた本数が少ない!速攻で乗り換え(笑)。

長浜は、北近江の戦国大名浅井氏が領有した歴史ロマン溢れるところ。
町は、もう来年の大河ドラマの観光誘致に必死のようす。
妙な歴史ファンが増えたせいで、こんなアニメ風イケメンキャラが蔓延る昨今。
P5180285.jpg

そんな雰囲気をよそに、駅前で自転車借りて釣りに出発!
現在の長浜城は、それっぽく造った博物館で建物自体は特に価値なし。
浅井氏滅亡後、秀吉が信長から北近江を授かりここに長浜城を築きました。
IMGP8572.jpg

さすがに琵琶湖は広ーい!後ろは今回泊まる長浜ロイヤルホテル。
IMGP8577.jpg

コンディションは、最悪でした。風は強く、水は濁り。
何箇所か「いかにも」なポイントへ竿を出すが、タナゴはおろか何のアタリもナシ。
IMGP8584.jpg

姉川へ。トビ、アオサギ、ダイサギ大集合!
IMGP8596.jpg
この姉川で、織田徳川連合軍と浅井朝倉連合軍とが激戦を繰り広げました。
緒戦は浅井朝倉軍が優勢なるも、徳川軍の奇襲作戦で敗北。
信長の勢力を増大させるだけのいくさでした。

釣りはというと、水路等を探るも魚影ひとつ見つけることはできず。
居るのはでっかいコイばかり。無念のうち納竿しました。
IMGP8605.jpg
げげ、ボウズかよ!


あとはもう、食べるしか残されていない!夜の長浜に繰り出しました。
P1130475.jpg
さすがは城下町、長浜。古い町並みが美しい☆
こんな風情のある旅館、泊まってみたい。
P1130485.jpg
しかし19時半くらいで、ほとんどの商店は終了!早い早い(笑)。
静けさは、西荻窪の真夜中よりも静かです。

下調べ済みの郷土料理店「住茂登(すみもと)」さんへ。

僕の「琵琶湖の御造り定食」。その日に獲れた湖魚のお刺身!
左は固有種のビワマス、右はこれも珍しいヤマトゴイ。双方美味でした☆
シジミの小鉢、子鮎の味噌漬け。そして長浜名物の「のっぺいうどん」も!
P5180312.jpg
のっぺいうどん、とても美味しかったですねぇ~。
麺はツルンとしていて、つゆは吉野葛でトロミを出し、しょうがをアクセントに。
専門店でしっかり食べたいと思わせるうどんでした☆

茶の「三成の忘れ物御膳」は、天然うなぎ中心の上品な品々。
小どんぶりに、湯葉巻き、これにものっぺいうどん。
どれが石田三成の忘れ物なのかは分かりませんが。
P5180307.jpg

もうひとつ、琵琶湖名物を食べてみたくて、初チャレンジ!
伝統的な郷土料理、「鮒寿司」は、琵琶湖産の天然ニゴロブナを飯と塩だけで
発酵させた古くからの保存食。オレンジ色なのは、フナの卵です。
以前から存在だけ知っていた鮒寿司、お味は!?
P5180301.jpg
茶漬けなら食べやすいかな?と思ってたけど
さすがは熟れ鮨の一種、強烈な風味が鼻をつきます。
どうやら僕にはもっともっと修行が必要なようで・・・!
(リベンジ?多分しません^^;)
しかしこの伝統料理も汚染やブラックバスの影響でニゴロブナが数を減らし、
今や高価な食品となっているのです。


湖国の味を存分に堪能して、ぶらぶら遠回りしながらホテルへ戻ります。

増田長盛屋敷跡。後に秀吉政権下で石田三成と共に五奉行となる文官武将。
こんな史跡が登場するのも城下町散策の醍醐味です。
P5180295.jpg
大通寺山門。伏見城や長浜城の遺構を使い江戸初期に建てられた壮大な寺院です。
P1130479.jpg

静かな町をゆっくり歩く。

僕は夜の新宿とか行かなくなって久しいけど(笑)、
今はこうした喧騒のない町の方が好きだね、断然。

さて、明日の天気は・・・。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 旅行 | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

極上タマゴ!

昼は魚をさばき、夜はドラムを叩きまくるバンドリーダーのお客様・IKA様。
ご友人の実家が作っているという「高級タマゴ」をおすそ分けして
くださいました!うれしいなぁ☆

生産者が“生”で食べることを推奨している極上のタマゴ。
このように黄身の色はレモンの果肉のように薄く。
そして新鮮さの標準となるぷっくら盛り上がり加減もいい感じ☆
P5130277.jpg
昔の卵はこの色だったらしい。市販の濃いオレンジ色は
飼料に入れた着色料のせいだって。いやはや、なんとも。


箸でつまんでも割れぬ!すげっ!^^
P5130282.jpg

“生”だったら“TKG”!卵かけご飯で決まり!
いつもは果物だけの朝食に、炊きたてご飯が加わりました。
タマゴを溶くと更に白っぽく。そこへダシ醤油をタラリ。

う・・・うまい・・・。やはりその辺で売ってる卵とは全然違う。
ベタッとしてないからサラサラ食べられる!
P5130291a.jpg
朝からシャキーン!

前にテレビで、色々な食材を組み合わせた卵かけご飯をやってたけど、
あれは卵が美味しくないからそうするんじゃないかな?
本当にウマイ卵には、混ぜ物なんか不要!!そう思いました☆


鶏に与える餌や飼育環境などとても気を配って育てているというこのタマゴ。
納得の美味しさでした☆

作っているのは「日向野農園」という栃木の農園。
HPを拝見して、真面目に生産に取り組んでおられる様子を見て感心しました。
しっかり手間をかけて、こうした“本物”が出来上がるわけですね!
お取り寄せもやってます。お米も美味しそう♪


いつも施術中に話が盛り上がって笑ってしまい、お互いに
ホッペタが痛くなってしまうIKA様と僕ですが(笑)、
このタマゴによって文字通りホッペタが落とされました!

IKA様、日向野農園さん、ごちそうさまでした☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 食べ物 | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

善福寺のカルガモ一家

いたいた!カワイイのが!!

本日(21日)、ちょっと外出したついでに善福寺公園へ寄ってみました。

この時期、いるかな?と、ちょっと期待感を抱いて下の池へ・・・。
遠くの方から、僕へ向かって泳いでくるカルガモ一羽。
いつもの光景、と先へ行こうとすると「ん!??」
IMGP8626.jpg
カモのおしりに、何かまとわり付いてる!ひょっとして!


ぎゃおー!ラブリー
IMGP8636.jpg

ここで他のカモが乱入。ビックリ飛び立つお母ちゃん。
残された3兄妹、「かあちゃん、どこどこ??」
IMGP8643.jpg
「いたっ!かあちゃーん!」水面を走るように猛ダッーシュ!
IMGP8648.jpg
無事、合流~☆良かったねぇ。子供を守って仁王立ち?
IMGP8670.jpg

本当はもっと兄弟がいたんだろうけど、きっと減ってしまったんだね。
この辺りネコも多いし。
IMGP8683.jpg
撮影中、にょろっと、こんな奴もいたよ!水面を器用に泳いで、中の島へ身を隠す。
うっかりここに立ち入ったら、丸飲みにされちゃうよね。(僕は善福寺では初めて見た!)
IMGP8750.jpg

かあちゃんのそばにいれば安心だね☆
IMGP8695.jpg
3羽とも育つかな。育ってほしいな☆
IMGP8698.jpg
また様子を見に行ってみよう。
IMGP8705.jpg


時期柄、善福寺公園も野鳥たちの子育てシーズン真っ盛り。
シジュウカラのかあちゃんはイモムシを捕まえて細かく千切り。
IMGP8733.jpg
子供(下)に与えていました。木の上でも様々なドラマが☆
IMGP8737.jpg

散歩がてら色々な所に目を向けてみると、とても楽しいシーンが見られますよ♪

(ちなみにブログの表題画像は、昨年ニュースにもなった東村山駅前の
噴水水場で子育てしていたカルガモ。昨年6月の日記をどうぞ♪)


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 西荻窪 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西荻食道~肉屋「野村牛肉店」

残念ながら閉店されました。


週末は出来るだけ家で我が母と夕食を共にするようにしています。
我が母も仕事(英語教室)をしているので、
時間が合わなかったり全部作るのが難しかったりします。

でも、この“お肉屋さん”があるから
お惣菜に関しては本当に助かっています!
南口ピンク象アーケードを更に南下した輪島功一ジムの2軒先。

「野村牛肉店」
お料理が生きがいのような奥様の作るお惣菜は
とっても美味しいんです☆

ほうれん草のゴマよごし。
「このお店のじゃないと食べない!」というお子さんもいるんだとか。
P2060061.jpg
季節の焼き魚。
P3100123.jpg
のらぼう、とても美味しかった!
P3240064.jpg
お肉屋さんの絶品メンチ。野菜の煮物、炒め物☆
P3270093.jpg
大根とゲソの煮物。味がしみてる!
P3280065.jpg
ひじき、そしてフキやタケノコもすごく旨い!
P4170286.jpg


黄金色に輝くこれは種子島の「蜜芋」!
すんごい甘くて美味しいですよ。
こんな珍しいものも仕入れてくれたりするんです。
PC150050.jpg
我が母が蜜芋を使って拵えし「蜜芋クリームシチュー」。
ワンランク上のシチューに変身します☆
P3060102.jpg

ちょっと前にお店を閉めていた時期がありました。
ご自身の健康にも気をつけて、いつまでも続けてください!


夢人島のお客様から「この辺はいい総菜屋さんが無い」という話を
何度も聞きます。
そんな時は「野村牛肉店」がいいですよ~!
P5040315.jpg


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 西荻食道 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モロッコ

我が母が、モロッコ、チュニジア旅行から帰ってきました。
初めて持っていったデジカメを何とか使って、色んな写真を撮ってきました。
僕は写真を見ながら、自分が旅した気分になっています☆

モロッコ。場所は大西洋を隔てたスペインの下。(地理の勉強になりました☆)
サハラ砂漠の美しい風紋。
RIMG0208.jpg
ラクダに乗って・・・
馬よりはかなり高そうですな。
RIMG0205.jpg
糞ころがし!!
ころがすところが見たいからといって糞をしてはなりませぬぞ(誰に言ってんだ)。
RIMG0207.jpg
サハラ砂漠に建つホテル室内。結構オシャレ!
RIMG0186.jpg
トドラ渓谷。
RIMG0233.jpg
名物・クスクス。
RIMG0249.jpg
日本でも人気が出てきたタジン料理(何でも蒸し煮)の屋台。
RIMG0174.jpg


地中海沿岸のチュニジア。ここはシディ・ヌ・サイド。
町は条例で、建物の壁などは青と白に統一されています。
RIMG0373.jpg
いいねぇ。こんな町、歩いてみたい。
RIMG0374.jpg
晴れの似合う町ですね。
RIMG0403.jpg

ベルベル人の住居。
RIMG0415.jpg
麦を挽く女性。
RIMG0423.jpg

自分がなかなか行けそうもない所の写真を見たり話を聞くのは
とっても楽しいですね☆


我が母はお気に入りの写真を引き伸ばして、日頃お世話になっている方々に
配っています。

ゴリゾーさん、KIKUさん、とも吉さん、クローバーリーフさん、TOPOSさん
中川クリニックさん他、僕の知らない所etc・・・(笑)

もらってくださって、どうもありがとうございます☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 日記 | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中村さん大集合

玉緒さんでも、獅童さんでも、主水(もんど)の話でもありません(笑)。

夢人島のお客様で、すっかりお馴染みの「中村さん」は4人いらっしゃいますが、
先日、同じ日にそのうちの3名様がご来店。

「あと、中村Sさんがいらしたら中村さんコンプリートだね」なんて
話していたら電話が鳴った。

「中村と申しますが」と電話口。
えええ~!!!中村Sさんだ!!!

Sさんは次の日のご予約でしたが、偶然にも同日に4人の中村さん。

みなさんご来店のペースもそれぞれ違うのに、本当にビックリ!

BODY SPECIAL、美手、整顔セラピーとコースは様々なんですが。

この日は「中村さん」が引かれ合う何かがあったのでしょうか?^^


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 日記 | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨のディズニーシー☆②

これも毎度楽しみなミュージカル「オーバー・ザ・ウェイブ」。
この天気、大丈夫かな?と思っていたら、やってくれました!
パチパチパチ~♪
P5110320.jpg


ショーが終わり、温かい飲み物でも・・・と移動しようとすると
路上にミッキーたちが登場!!
茶に「かかれぃ!」と命じ(笑)、いい写真が撮れました♪
P5110323.jpg
P5110322.jpgドナルドも♪

そんなら僕はミニーと撮りたいな、と
タイミングを見計らってミニーの肩をトントン・・・。
くるっと振り向いたミニーちゃん、なぜかそのまま固まってしまいました。
(やべっ、オトナのオトコが声かけるのはタブーなのか!?)

いえいえ違いました!“オトナのオトコ”に声をかけられたミニーちゃんの
うれしいリアクションだったのです!^^

ミニーちゃんにじっと見つめられ、マジに恥ずかしくなってしまいました。
僕もいい歳して何を照れてるんでしょうか。

しばしイチャイチャする僕とミニー。
ミッキー、おぬしの出番はない!ガハハ
P5110324.jpg
腕を組んでくれたミニーちゃん。
この胸の高鳴りはなんなのか・・・。ホレました☆
P5110325.jpg


この喜びを表現するには「タワー・オブ・テラー」が一番!(何故!?)
P5110329.jpg
一本目!(ミニーちゃん・・・)
P5110303.jpg
二本目!!(ミニーちゃぁぁぁん!!)←バカの叫び
P5110330.jpg
しかしこのタワー・オブ・テラー、個人的にはランド、シーの中で最も
コワい乗り物だと思うけど、最も病みつきになるアトラクションでもあり。

さて・・・もう一回タートル・トーク行っとく?(笑)

温かいお茶とケーキで締めました。
うーん、今回のシーは初めての体験多く、とても面白かったぞ。
P1130425.jpg

雨のディズニーシー、万歳!


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| ディズニーランド☆シー | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨のディズニーシー☆

今週火曜はディズニーシーへ行く予定が、またも雨・・・。
朝起きて、行こうかどうしようか迷っていたところへ
茶の軍配が振り下ろされ、武田勢2騎は雨の中、舞浜へ向けて出立しました。

この時期にこだわるのには理由があって。
昨年GW明けに行ったところビックリするほど空いていたのですよ。

今年はどうかな?結果から言うと
GW明けの平日、そしてこの雨(しとしと降る程度でよかった^^)。
ファストパス不要、全アトラクションがほぼ待ち時間無しで利用できました☆
P5110276.jpg
いざ、夢の国へ攻め入らん!


まずは「タートル・トーク」!
SSコロンビア号の船尾の窓から、ニモに登場する海ガメのクラッシュと
楽しくおしゃべりするというNEWアトラクション。
P5110279.jpg
実際、クラッシュとタイムリーで会話するんだけど(一部の人だけ)、
これがもう「めちゃくちゃ楽しい」!!!本当に。抱腹絶倒確実です。
ヤなコトあったらタートルトークへ行け!っていうくらい(笑)。

ネタバレするから詳しくは書かないけど、ここはオススメ!
クラッシュへの質問を考えておいて、ぜひ行ってみてください☆
しかし声に合わせて動くアニメーション?はマジ不思議だ・・・。


「マーメイドラグーンシアター」でアリエルのミュージカルを。
ここも毎度楽しませてもらってます☆

「ヴォルケイニアレストラン」で中華を食べて、
「ロストリバークックハウス」でスパイシースモークチキン。食のハシゴ。
ランドとシーのスモークターキー&チキンは僕らの大好物。必食です♪
P5110288.jpg

「インディジョーンズ・アドベンチャー」連続2回乗り!
かめはめ波を撃つ僕、顔がヤバし。そして余裕の茶。
P1130407.jpg

「ストームライダー」を楽しんだ後はポップコーンをつまみながらブラブラ。
スプリングカーニバル中の園内はお花でいっぱい♪
P5110298.jpg
今回はストロベリー味にしてみました。これも美味しい!
(ランドのクリームソーダ味もかなりイケます。)
P5110327.jpg

茶の好きなダッフィーのグッズ専門店。
僕はグーフィーならしってるけどダッフィーって何だよ?って感じでした。
顔がミッキーのシルエットの、人気のクマだったのですね。
P5110296.jpg

傘ささなくていい程度の雨。
まだまだ楽しみまするぞ!
(つづく)


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| ディズニーランド☆シー | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

兜コレクションⅡ

兜コレ、まだ続きます☆

伊予(愛媛)の武将、河野道信所用の大鍬形が添えられた兜。
愛媛のある神社に、日本一の大きさを誇る長大な鍬形が残されているそう。
P6031012.jpg

初代・加藤一冑氏の手による鎌倉武将・斉藤別当実盛の兜。
金具部分の細かな細工など、僕は初代の作風が一番好きです☆
(三代目のとかを初代と比べちゃうと、塗りの甘さや大雑把さが・・・)
P6031024.jpg

誰もが一度は見たことのある長大な三日月を添えた奥羽の覇者・伊達政宗の筋兜。
前立てのバランスが最高にキマッてます!
P6031055.jpg

豪傑・加藤清正所用の長烏帽子兜。
実際の兜の烏帽子部分は、和紙を固めたもの。
全部鉄だったら、戦う前に重量で首がやられちゃうよね(笑)。
P6031033.jpg

これは僕の宝物というべき兜なのです。
加藤一冑作・小桜革威大鎧に添う兜。
四分の一サイズなので、今までのシリーズよりは大きいです。
P6031066.jpg
小桜革威大鎧は甲斐源氏武田氏の家宝で、堅固な造りから別名“楯無しの鎧”とも
呼ばれ、御旗(日本最古の日章旗)と共に武田の総領が代々受け継いできたもの。
武田ものの時代劇では「御旗、楯無し御照覧あれ!」と先祖に誓う場面が
必ず登場します☆鍬形台中央と吹き返しには、武田の花菱紋。
P6031075.jpg
サイズも大きいため、しっかりと作り込まれています。
シコロ(兜の後ろの裾部分)を繋ぐ糸は本皮を使用し、小桜模様が
ちゃんと染められています☆素晴らしい!!
P6031072.jpg


更に大き目の三分の一サイズ、若かりし頃の信玄公(晴信時代)所用の兜。
崇拝する不動明王の持つ三鈷剣をモチーフにした立派な前立て。
この兜を使用する武田晴信公の武将画は存在しています。
P6031092.jpg
これは斜めからの角度が最も美しいです。
吹き返しからシコロのラインが何とも言えません。ヨダレ出ます。
P6031103.jpg
威し糸の色も鮮やかなり!
P6031099.jpg
これらの作品はすべて、前立ては金属ですがそれ以外は和紙を固める等して
作製されており、驚くほど軽いのです。
まさに美術工芸品☆鑑賞に堪えうる出来栄えのものばかり。


まだあるんだけどね。来年以降にまわしときましょうか。
以上、僕が所有する江戸甲冑を受け継ぐ加藤一冑作品の数々でした。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 趣味・嗜好 | 00:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩「和田堀公園」②

さてこの和田堀公園中心の和田堀池近くに、
「武蔵野園」という釣堀と食道を兼ねた施設があります。
見た目は普通の古いお宅がやっているような素朴な感じ。いいねぇ☆
近所のガキんちょ・・・いえいえ、お子様たちも集います。
P5060351.jpg
武蔵野園は火曜日が休み。夢人島の定休日と被るためなかなか来られませんでした。
(この日この場所を選んだのは、これが理由なワケです^^)
釣堀は「ヘラブナ用」「コイ用」「雑魚用」とあり、1時間700円のお手頃価格。
僕は色んな魚が入っているという雑魚(ザコではない!)コーナーで。

最初に釣れたのはなかなかの引きのコイでした☆
P5060324.jpg
ヘラブナもゲット!結構キレイな魚体です。
P5060328.jpg
1時間の釣果はコイ4匹ヘラブナ4匹。
バラさなきゃもっと釣れてたんですけどね!

僕の後からお客さんが増え始め。
子供にイイトコ見せちゃろう!の雰囲気出しまくりの子連れお父さんや
釣る気あるの?と思わせる若いカップル
本当の池に行った方がいいのでは?てな感じの重装備の釣り師や
ここはビーチか?目のやり場に困る格好の若い外人さん三人組まで
多種多様な人々が釣り糸を垂れていました。

午後3時、遅めのお昼はここ武蔵野園で食べることに。
釣堀を一望するまさに“食堂”でいただきます☆

松平健、真田広之、柴田恭兵、ショーケン、小林亜星、市原悦子、とんねるずetc・・・
壁には超の付く一流芸能人の方々のサインがズラリ。おみそれしました!
P5060349.jpg
武蔵野園のラーメン550円は懐かしい中華そば屋さんの醤油ラーメン☆
ハラペコだったせいもあるけど本当に美味しかった!
P5060346.jpg


松ノ木遺跡。この辺り、6世紀頃の古墳時代の遺跡が多数出土。
復元住居は解説音声付きで興味深いものがありました。
P5060352.jpg

一般家庭の見事な藤棚。
IMGP8523.jpg
藤、つつじ、そして新緑の季節感あふれる小道。
IMGP8525.jpg
バーベキュー場や運動場、遺跡、神社や自然林もある和田堀公園一帯は
西荻窪からも近く、サイクリングには丁度良い場所にありました☆
また行こっと!


PS:このあと西荻に戻り、またマンガ喫茶ゲラゲラへ。やべ、ハマッた!?


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 00:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩「和田堀公園」①

散歩じゃなくって、サイクリングなんだけど。
天気予報に反して晴れた今週の木曜日。(GWのため定休日がスライドしました)
善福寺川を自転車で下って、和田堀公園へ行ってきました☆


いつも西荻窪近辺で見慣れている善福寺川も、環八を越えてしばらくすると
緑の植え込みやベンチがあって綺麗に整備されており、ジョギングや
犬の散歩をする人、ベンチで読書する人などをよく見かけます。
IMGP8402.jpg
川の両側は「善福寺川緑地」として木々の生い茂る歩道や公園があって
とても爽やかなサイクリングが楽しめます。美しい緑のトンネル☆
IMGP8403.jpg

とらえた!!見事ダイサギ。哀れザリガニ。
お腹の中でチョッキンチョッキンされなきゃいいのですが(笑)。
IMGP8532.jpg


より深い緑が川を覆う場所が和田堀公園です。約30分で到着!
IMGP8443.jpg
和田堀池はたくさんの若葉で彩られています。
黄菖蒲がたくさん咲いていました☆
IMGP8444.jpg
まぶしいほどの新緑。水面まで緑色に見えますね。
IMGP8446.jpg

おまえ、どうやって上ったの?
それより、どうやって降りたかが気になる!(やっぱダイブでしょうか^^)
IMGP8471.jpg

一瞬のシャッターチャンス!
カクテルグラスから七色の光がこぼれているかのよう。
IMGP8497.jpg

池の周りさまざまな角度から見ると違った面白さがある噴水。
IMGP8512.jpg
和田堀池の周囲ではカワセミやエナガの親子など野鳥も多く見かけました。

さてこれより、武蔵野園にてフィッシングターイム!
(つづく)


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

整顔小顔セラピー絶好調!

茶が担当の新メニュー「整顔小顔リフトアップセラピー」とっても好評です!

受けていただいた皆様に、前後の確かな違いを実感していただいています。
顔筋矯正とリンパドレナージュの融合。
「リンパへのアプローチは痛い」という常識を覆した夢人島の整顔小顔セラピーは、
内容、効果、施術時間、お値段すべてご満足いただけると思います!


このGW中、新規の整顔のお客様で区外からおいでの方が多数・・・。
(整顔お受けできなかった皆様申し訳ございませんでした)
単に連休で西荻窪へ遊びにいらしてるんだろうと思っていたけど、
違いました!!

先日放映された「新堂本兄弟」の中で、上戸彩さんが
整顔マッサージをやっている発言をしていたらしく(僕ら見てませんが)、
それをご覧になられてPCで検索した結果、夢人島にたどりついたそうなのです。
都内でも整顔をやっているとこって、あまりないですからね☆


茶の従姉妹ですが、今度自分の披露宴前に受けに来てくれるそうです。
これで本番もバッチリだね!


「整顔小顔リフトアップセラピー」は
今月14日まで初回2000円OFFでやってます☆

夢人島でぜひお試しあれ!!
整顔専用ページはコチラ☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 施術の話 | 00:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

兜コレクション

コレクションと呼ぶには少ないかもしれない。
それでも持っていることを己が喜びとし、大事にしている物がある。

“兜”

戦乱の時代、男達が自分の身を守るため、戦場で目立つため、
そして死しても恥ずかしくないよう身を飾るため・・・。

単なる防具としての存在ではない兜は、美術品としても
価値の高いものです。

手元にたくさん置きたいけど、そうもいかん。
価値も高けりゃ値段も高い(笑)。

だったらミニチュアで・・・と集めた以下に紹介する兜は、手の平サイズ
ながら本物の江戸甲冑師「加藤一冑」氏による魂のこもった手作り。
僕が欲しいのは主に武田関連の兜だけど、それ以外のお気に入りも。


武田信玄公が霊峰富士の麓・富士浅間神社に奉納した兜を模したもの。
日輪の前立て、吹き返しや庇の紋様などから、初代・加藤一冑氏の
細やかな手作り感が伺えます。
P6030932.jpg

甲斐武田氏の祖・源義光(新羅三郎。八幡太郎・源義家の弟)所用の兜。
吹き返しには武田の花菱紋。
今日まで、夢人島のフクロウ人形が被っております(笑)。
P6030957.jpg

武田信玄公所用、丸鉢兜。鉄砲が主体になってくると、
曲線を描いたデザインの兜が多く製作されるようになりました。
P6030942.jpg

これはもう、時代劇等で有名な信玄公所用・諏訪法性総髪兜。
実際はヤク(中国の牛の仲間)の毛で飾られていました。
P6030975.jpg

作者不明の大鎧は同じ五分の一サイズなのでビッタシ合います!
自宅ではこの状態で飾り付けてあります☆
本日まで、お店のカウンターで皆様をお迎えしています。
P6030983.jpg

徳川四天王・井伊直政所用の朱塗り兜。これももう有名ですね。
このブログでも何度も触れていますが、武田家滅亡後その家臣を
そっくり抱え込んだ家康は、配下の直政にそれを託し、
戦国最強といわれた武田の赤備えを継承した軍団を作りました。
P6030991.jpg

そしてこれも、別作者による赤い甲冑を合わせます。
うむ!カッコイイ!!
P6031002.jpg

これは二代目か三代目加藤氏による井伊兜。前立ては二つ下の画像のもの
だったのですが、ユザワヤで買ってきた何かの部品?を前立てにして
武田の武将・飯富虎昌(おぶとらまさ)所用の兜としました。勝手に(笑)。
この虎昌こそが赤備えの考案者。
赤い軍団は、戦場で敵をビビらすのに効果的な役割を果たしました。
P6030922.jpg

美術工芸品に、なんともバチ当たりな改造を施してしまったのがこの兜↓。
本来金色だったこの烏帽子兜(浅利義遠という鎌倉武将のもの)を赤で塗りなおし、
上の兜のものだった前立てを添えたのがコレ!
信玄公の右腕とも言うべき存在だった、山県三郎兵衛昌景の兜としました。
我ながら満足の改造ぶり☆
ちなみにオレンジ色の緒は、海苔佃煮か何かのビンを封してたやつ^^
P6030971.jpg
飯富虎昌実弟の昌景は、兄の刑死後はその赤備え隊をそっくり引継ぎ、
馬場信春と共に信玄公の両職(政治外交等の相談役)を勤めた程の切れ者。
いくさにも強く、三方ヶ原の戦いで家康を追いまくり、恐怖のあまり脱糞
させたのは有名な話。

武田勝頼の代になって長篠・設楽ヶ原で討死しますが、昌景の家臣の
多くは家康に召抱えられ、井伊の赤備え部隊となり関ヶ原、大阪の陣で
活躍することになります。

歴史が絡むと話が終わらなくなりますな。
一回では載せきれぬ・・・!


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 趣味・嗜好 | 08:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生初のマン喫

題名の通りです。僕はマンガ喫茶なる所に行ったことがありませんでした。
マンガは好きなのに、どうして行かなかったんだろうという感じですが。
(自分の持っているマンガだけで満足してたんです)

先日の雨の火曜日、吉祥寺帰りにふと寄ってみたくなりました。
西荻窪北口前の「まんが喫茶ゲラゲラ」

ビルの3階に上がりドアを開けると「うっ」
僕の苦手なタバコ臭・・・
ためらいましたが、禁煙の個室もあると書いてあったので思い切って
飛び込みました。
そんなに長く居るつもりじゃなかったからパックではない通常料金で。

禁煙の個室っても上はガラ明きの衝立で仕切られているだけで、
タバコのニオイは相変わらず漂っていましたが。
フリードリンクなのはいいですね。時間のある人は何時間でも居られそう。

結局僕は2時間滞在(今考えると料金余計に取られてたような)。
800円ちょいで「ガンツ」6巻まで読み終えました。
僕はマンガ読むときは絵もじっくり見るので進みが遅いのです。

やっぱ続きが読みたいのでまた時間あったら行くかな・・・。


バンドリーダー、バリバリのドラマーのお客様IKAさんはPCが壊れたので
マン喫でブログの更新をされているそう。
なるほど!そんな使い方もアリか。便利は便利ですよね。

夫婦でお越しのお客様Sさんは筋金入りのマンガ好きで、ご結婚前は
マン喫デートもされていたんだとか!共感できます(笑)。


マンガは(映画もそうだけど)楽しい空想世界。
今日も僕の頭の中ではケンシロウと悟空と承太郎(ジョジョ)が
闘っています^^

さて、勝つのは誰だ!?
(これに関しての考察は・・・機会があれば^^)


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 日記 | 00:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨の吉祥寺

GW始まりました!我が夢人島は休まず営業しとります。
連休取れた方はずっと晴天続きのようで、よかったですね☆

今週火曜の定休日はまたも雨。
だからといって家に一日中いるのはもったいないので
僕は雨が降りだす前の午前中に吉祥寺へ出陣しました。
(ちなみに茶は「のだめカンタービレ後編」を見に行きました)


井の頭公園では色鮮やかな若葉が出始めてます。
IMGP8101.jpg

いつもの井の頭自然文化園。年間パスポートの期限が切れたので
新たに購入。園内は子供で賑わっていました。
いつも人気者、花子ばぁちゃん。
IMGP8122.jpg
これは桜の一種?緑と相まってとてもキレイでした☆
IMGP8124.jpg

リス園で。松ぼっくりをカジりまくるリスちゃん。
この後、僕の体を這い回って遊んでました^^
IMGP8143.jpg

和鳥エリア。すごく通る、キレイな声のオオルリ。
野生下でこんな写真を撮ってみたいものです。
IMGP8301.jpg
みんなさえずってます。ホオジロも負けじと。
IMGP8211.jpg
「ホーホケキョ」のウグイス。
IMGP8336.jpg
すごく癒される和鳥エリア。結局、ここで2時間以上過ごしました。
雨は降ったり止んだり。その度に鳥たちも鳴いたり止んだり。
子供の声もしなくなり、ほとんど人のいなくなった動物園。

雨が降っても止んでも関係ないね、のフクロウ。
どっちにしろ、寝るだけだもんな。
IMGP8283.jpg
オオコノハズク、お前もか^^
IMGP8104.jpg

サル山では雨の日ならではの、ほんわかした様子を見ることができました。
IMGP8371.jpg
身を寄せ合って雨と寒さをしのぐ猿たち。
子供だけ、こっちに気付きました。あったかそうだねぇ♪隣の人、10円ハゲがあるねぇ♪
IMGP8369.jpg
人間と同じ。生き物だもん、当たり前だよね。
IMGP8383.jpg
こっちの心も温まってくるようです。
(茶はこの子ザルの頭が顔に見えてコワいと言ってましたが^^)
IMGP8386.jpg

13時半ころ動物園を出て、さて何を食べようか。
「サトウ」のステーキ定食、「ねぎし」の牛タン定食、そして
西友手前にできたハワイアンのロコモコ3つでさんざん迷い
(まぁ肉モードには違いなかったんですがね)、結局サトウへ。
サトウステーキ定食、1260円でこのお肉、本当に嬉しいです☆
もちろんご飯もオカワリ君。


駅ビルの吉祥寺アトレ(旧ロンロン)を初めて覗いてみました。お店が増えてますね~。
アロマ系の似た店が3店並んでるのはいかがかと思いましたが。
昔ながらの靴の修理屋さんが残っていたのは何かホッとしました
(利用したことは無いんですけどね)。しかし雨の平日なのにすごい人出だ・・・。


西荻窪へ帰ってくると、更にホッとしますね☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 休日・おでかけ | 00:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。