西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

椿山荘

夢人島開業1周年のお祝いとの名目で(笑)、
椿山荘へ食事に行ってきました☆我が母のオゴリです。

僕はかなり前に友人か誰かの披露宴で来たことがあったような・・・。
さらに遡って幼少の頃、ホタル鑑賞で来ているそうですが
あまり覚えていない^^;

やはり有名な所だけあって豪華な造りですね。「へぇ~・・・」と見回しているうちに
フォーシーズンズ側の「みゆき」という和食処に。

今日は「マツタケづくし」ですよ!画像の他には土瓶蒸しなど。
マツタケ御飯は焼いた鯛のほぐし身が入っていて美味☆
PB240074.jpg
美味しいんだけど、各料理のマツタケのパーツが小さくて。
勝手に期待していたリッパなマツタケそのまま網で焼いたり・・・ってのは無く、
勝手にガッカリしてました(笑)。
「椿山荘のマツタケ」って聞いたら、期待しちゃうじゃないですか^^;

でも、マツタケ御飯がオカワリ自由なのは意外でした!もちろんイキます。
オカワリしてもお上品にお椀にチョットしか入れてくれないんですよね。
大盛りで来い!大盛りで。
とも言えず、2杯目は茶にオカワリさせてそれを食べました(笑)。
もっと食べたかったな。
僕の母と茶の母、4人で。
PB240082.jpg


食後は庭園散歩。
IMGP3528.jpg
サザンカが見頃でした☆ツバキの仲間です。さすが「椿」山荘。
IMGP3529.jpg
サザンカとツバキの区別。黄色いオシベがまとまっているのがツバキ、
バラバラなのがサザンカ、らしいです。

平日なのに結婚式が何組も。
PB240054.jpg

新郎新婦が記念撮影していた場所で我々も。
PB240126.jpg

滝の流れで水を飲むキセキレイ☆野鳥の宝庫でもあります。
IMGP3511.jpg

庭には色々な場所から運んできた石造物が点在、見ていて面白いです。
これは伊藤若冲作の羅漢像。カワイイ顔してるものも。
若冲って絵だけだと思っていました。
PB240109.jpg

ビートたけし似の庚申塚発見!ガハハ
PB240112.jpg

ケーキでお茶をしようということになり、建物内のカフェ?へ。
豪華なイス、豪華なテーブル。座りなれない感触を味わいながら
メニューを見ると・・・。目玉びよーん!なんじゃコリャ。
紅茶が1500円。ケーキは980円。さすが椿山荘、取りますね~。
ほとんどがサービス料と、場所代。
もう、ケーキとお冷にしました(笑)。
PB240159.jpg
結構人は入っていて、サンドウィッチとケーキ・紅茶セット4000円とか
食べながら読書する女性の一人客とか何人も。どこぞのお嬢なのでしょう。
余には馴染めぬわ・・・。

帰りは目白駅まで20分ほど散歩。茶の母校、日本女子大☆
PB240163.jpg

夕飯は実家近所のお蕎麦屋さん「昌久」でカレー南蛮をススル。
ああ、うまい・・・。

こっちが性に合ってるわい☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 休日・おでかけ | 14:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢人島は一周年です☆

早いもので、僕たちが地元西荻窪に「Total Body Care 夢人島」を立ち上げて
今日で一年が経ちました。

バタバタやっているうちに「もう一年!?」
って感じが正直なところ。
ですがお客様の多くは「まだ一年!?」
もっと前からあった気がする、と仰っていただいています。
それだけ馴染んできたのかな、と嬉しい気がしています☆

ブログで昨年11月の日記を見ると、えっちらおっちら準備している様子が
思い出されますね。

オープンしてからずっと一緒に過ごしたモンステラも、こんなに大きくなりました。
どんどん横に這おうとするのでヒモで縛ってあります^^;
PB270037.jpg


イタリアン「ゴリゾー」のサキさんがこんなステキな手作りスタンプを
プレゼントしてくれました!
PB250015.jpg
忙しいのにどうもありがとう☆


本当に、皆様の支えあって1年やってこられました。
これからも夢人島は2年目、3年目、先へ先へ向かって進み続けます!

来年春には新たなメニューも追加して、更にお客様のご要望に
お応えすべく頑張ってまいります。

皆様の“夢”のある場所。
夢人島をどうぞよろしくお願いします!ガハハ
PB290922a.jpg

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 夢人島ばなし | 01:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信州紀行09秋~松代

山田温泉より下山し、振り返って見ると全く違った景色が!
雪が降っているのは山の上だけだったんですね☆
今、あそこから来たんだと思うと不思議な気分。
IMGP3368.jpg
露で覆われ、みずみずしい食べごろのリンゴたち☆
IMGP3373.jpg

街へ降りてくると、すっかり晴れていました。
向かう先は真田の城下町・松代!

「真田宝物館」には、武具や什器、古文書など展示されていました。
名高い「六文銭」の旗印。三途の川の渡し賃“六文”を掲げ、
不退転の覚悟でいくさに臨んだ真田家の家風がそのまま表されています。
考案したのは真田幸綱(幸隆)。武田信玄公の重臣です。
P1120261.jpg
では真田家について簡単に・・・。

真田の発祥は上田になります。真田庄にあった海野(うんの)幸綱は地名を採り
「真田幸綱(幸隆)」と改称。信濃(長野)の小豪族のひとつとして存在していました。

隣国甲斐(山梨)にて武田氏が勢力を誇り始め、領土拡大を狙って信濃へ進出。
真田家も危機に晒されます。他の小豪族が次々と併呑または滅亡させられる中、
真田幸綱も上州へと追いやられますが、「小豪族が生き延びるには強い大名に
付くしかない」。
これを巧みにやっていくのが真田家が明治以降まで存続する“すごさ”なんですね☆

真田幸綱は甲斐国主・武田晴信(後、信玄)の家臣となり、信濃先方衆として活躍、
重臣に列せられるようになりました。

幸綱隠居後、真田家当主として信玄公を支えたのは嫡男・真田信綱。
そして次男・昌輝という剛勇のふたりが真田の支柱となります。
三男・昌幸は「武藤喜兵衛昌幸」として名族武藤家を継ぎ、信玄公の
側近としてその政治・武略を学び、信玄公をして「我が眼の如し」と言わしめる程の
智将に成長していくのでありました☆

信玄公死去。幸綱も後を追うように他界。甲斐国主は武田勝頼となります。
長年の敵・上杉謙信と同盟するも謙信死去により上杉の相続争いに巻き込まれ、
前に織田・徳川、後ろに北条という敵に挟まれ徐々に武田家を取り巻く環境は悪化。
大敗を喫した「長篠の戦い」で真田信綱・昌輝兄弟は討死を遂げてしまいます。

兄ふたりの戦死により三男・昌幸は「真田昌幸」として真田姓に復し、勝頼を補佐。
しかし外様であるため勝頼側近から疎まれ、武田家中では立場を無くしていきます。

織田・徳川の甲斐侵攻により武田家直系が滅ぼされると、真田昌幸は戦国の
小大名として独立。織田に付き、時には上杉、北条に付き、実に巧みに世を
渡っていきます。豊臣秀吉の政権下では次男・信繁(俗名・幸村)を人質として
差出し真田家は安泰。しかし秀吉の死で世は再び乱世へ。

全国の諸大名が大阪豊臣の西軍、関東徳川の東軍に分かれて争うことになり、
真田家は家名存続のため昌幸・信繁は西軍に、嫡男信之(信幸)は東軍に
付くという方法を選択。
信濃・上田城を根城に真田昌幸・信繁親子は信玄公譲りの知略をもって
数倍の徳川の大軍を二度に渡って撃破。大いに真田の名を世に知らしめます。

関ヶ原の戦いで西軍が負けると、信之の助命嘆願により昌幸・信繁は死罪を免れ
紀州九度山へ蟄居。昌幸はその地で没します。
真田信繁は大阪の陣に豊臣方として参戦。武田軍の赤備えを模して真田隊を
赤一色で統一、少数精鋭をもって家康本陣に肉迫するも力尽き、首を取られます。
しかしこれが「真田日本一の兵」と呼ばれる由縁となるのでした。

徳川から憎まれた真田家ですが、嫡男・信之は家康からは大層な信頼を
寄せられ、家康重臣・本多忠勝の娘を娶ったりしています。
そして真田信之が配置されたのが、ここ松代なのです。

家康死後、安泰を図る徳川幕府は外様大名や豊臣家と関係の深かった大名などの
粛清にかかります。松代藩初代藩主・真田信之にもその魔手(?)が伸びますが
信之の卓越した政治術で国替え・取り潰しの危機をことごとく回避。
以後明治の世に至るまで、ずっと同じ藩で政権を執るという日本唯一の家として
存続していくのです☆

なんだかんだ歴史の話になると長くなっちゃいます。


真田宝物館を出ると、昨日小布施でお昼を食べた「竹風堂」の松代支店が。
また栗が食べたくなって入ってみました。
こ、この「栗あんしるこ」、絶品!最強!です☆
P1120272.jpg
あんこを使わない栗だけの甘さでめちゃくちゃ美味しいです。
家で作れるしるこ売っていたので迷わず買いました。
久しぶりだな、美味しいもの食べてビックリしたのは☆

竹風堂からもすぐ見える、松代城です。
僕は十数年前に松代を訪れたことがありますが、その時は石垣しかありませんでした。
現在は門が復元されています。
P1120281.jpg
松代城は松代藩の城として、初代藩主真田信之が入城。
IMGP3417.jpg
しかしここには元々城がありました。
武田信玄公が宿敵上杉への備えとして築城した前線基地・海津城がその前身。
信玄公の命を受け縄張り(設計)したのは、山本勘助晴幸。
勘助の甲州流築城法は徳川の属城(彦根城など)建築へと受け継がれていきます。
IMGP3435.jpg
海津城の城将は、信玄公の信頼厚い高坂虎綱(昌信)。
最大1万人は収容可能な大きな平城でした。現に川中島合戦の前、武田の大軍は
この城へ入っています。城から上る多量の炊事の煙を見た上杉謙信が、武田軍の
動きを読んだという創作話はここが舞台になっています。
こうして日々、善光寺平、八幡原へ目を光らせていたのでしょうね☆
PB180258.jpg
高坂虎綱は武田家一の出世頭。能力あるものは身分が低くても登用する
信玄公の人材活用術です。
それとは別に、信玄公から虎綱へ宛てたラブレターが現存していることから、
二人はそういう関係だったことが知られています。
昔はごく普通の習慣だったんですが。おっと話があらぬ方へ・・・。

いざ決戦の場へ!


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 山梨長野 | 02:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信州紀行09秋~山田温泉

小布施から車で約40分、山道を上がっていったところに
信州高山温泉郷・山田温泉があります。
今夜の宿は「風景館」。お世話になりま~す☆

久しぶりのコタツですよ!冬の旅館はやっぱタタミにコタツ!
P1120139.jpg

ネットで申し込むと無料になる貸し切り露天風呂へ参りましょう。
去年完成したばかりという「天空の小鳥風呂」。
辺りは真っ暗だけど木々にライトが照らされ雰囲気は上々♪
かけ流しの温泉は無色透明で湯の花が舞っています。

ここのはちょっと熱かった。外が冷えるから余計にそう感じるのかも。
この後、大浴場で体を洗って、お楽しみの晩ご飯♪

午後7時の夕食は地元食材も取り入れた新鮮素材で。
キノコ汁、大イワナの刺身、山菜などなど。
食堂のスタッフさんはとても親切で好感持てました。パクパク。
PB170076.jpg
すき焼き風の地鶏鍋。お肉がキュッキュキュ、歯応えも旨みも抜群☆
面白いのは、名産品であるリンゴの天ぷら。甘じょっぱい味が結構合います。
そのまま食べても美味しいリンゴですよこれは☆
PB170079.jpg

食後は3回目の入浴へ。風景館一番の名物・仙人露天岩風呂がここ!
真っ暗ですな(笑)真下は松川渓谷の急流が轟音を立てて豪快に流れています。
P1120194.jpg
松川渓谷の巨大な一枚岩に造られた源泉かけ流しの仙人露天風呂、
お湯加減も丁度良く、長く浸かっていられました。
体もポカポカ、よく眠れそうです☆

あまりの気持ちよさに、額に温泉マークが浮き出てきました。
山田温泉マン参上!
P1120200.jpg
ゴウゴウと流れる渓谷の音が、眠気を誘います。
おやすみなさ~い☆



翌朝、カーテンを開けるとそこは雪景色!
IMGP3329.jpg
なんとも幻想的な木々、山々・・・。
と思ったのも束の間。さ・・・寒い・・・。(運転、大丈夫かな・・・^^;)

ま、いっか!朝ごはん前の露天風呂を楽しみまっしょ!
この長い階段の先に、仙人露天岩風呂があります。
PB180129.jpg
昨晩真っ暗だった岩風呂。松川渓谷は水を含んでさらに豪快に。
正面の見事な一枚岩も大迫力で目の前に迫ってきます。
ひえ~寒い寒い!早くお湯に入りたい・・・!
PB180165.jpg
はらはらと小雪が舞い、小鳥が唄う露天風呂。う~ん最高♪
PB180177.jpg
紅葉は少しだけ残っていました。最盛期はさぞかし見事な眺めでしょう!
IMGP3351.jpg
凍てつく寒さも温泉後の体にはなんのその。露だって美しく見えます。
IMGP3357.jpg

「牛の牢」と呼ばれる、松川渓谷随一の急流を見ていると吸い込まれそう!
この里に残る民話によれば、世話をしてくれる人間の娘に恋した牛が、
その娘の祝言の前日に娘を殺してしまい、牛は村人によってこの急流へ
投げ込まれ殺されました。その死骸は絶対に上がってこなかったそうな。
まるで柳田国男の遠野物語ですね。
確か馬が人間の娘に恋する話(逆かな?)がありました。
IMGP3347.jpg

チェックアウトは11時までなので、朝も旅館でゆっくりできました☆
お世話になりました~!

積もるタイプの雪ではなかったようで、運転は大丈夫。よかったよかった^^
さればこれより下山いたす。
全軍(2騎)出陣でござーる!(なぜか戦国モード)


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 山梨長野 | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信州紀行09秋~小布施

今月の火曜・第三水曜は、寒いときゃ温泉!ってことで
じゃらんで調べ、長野県にある山田温泉というちょいマイナーな
所へ行って参りました☆

週間予報で長野は17日「雨」、18日「雪」という不安な天気。
それがズバリ的中しながらも、僕らの行動にはさしたる影響も与えず
晩秋の長野を満喫できました☆


出来るところは節約する僕らの旅行、長野までの往復は高速バスを
利用し、二人で9800円。新宿から4時間かかるけど、寝てたらアッという間☆
JR長野駅からレンタカーで向かったのは栗の町・小布施です。

約30分、僕の好きな古い町並みが現れてきました。ん~、いい感じです!
PB170034.jpg

時間はちょうど午後1時。まずはお昼、当然、クリを目指して!
小布施では有名な、竹風堂へ入りました。
老舗の店構え、1階は様々な栗菓子の販売所、2階が食事処です。
これが「栗おこわ 山里定食」。
PB170016.jpg
あったか~な栗おこわ、山菜の煮物、むかご(山芋の子)の和え物、
香の物、味噌汁。栗の、もう何とも言えない上品な甘さ、僕が今まで
食べた中で最高に美味しい栗おこわです☆茶も大満足♪
あぁ、「クリといつまでも」(by 桑っちょ)


食後、デザートを求めて向かったのは桜井甘精堂直営の「栗の木テラス」
PB170023.jpg
絶品と言われるモンブランがこれ。マロンロールもおまけに☆
上のクリ部分はさすがな美味しさ。でも生クリームが
途中で甘ったるくなってきちゃって・・・^^;うーん辛いもの食べたい!(笑)
P1120103.jpg
季節限定「栗の紅茶」は、栗の香りが爽やかに鼻を通り抜けてとても美味!
栗を主張しすぎてないのがイイです。は~オカワリ君。
店内は洋館の一室みたいでシックでおしゃれ、落ち着いた雰囲気。長居したくなるぅ☆

時折パラつく雨も傘をささずにすむ程度で、散歩も楽しめました。
色々なお店をのぞいたり・・・。あっ、柿が干してある。
PB170044.jpg

モミジがキレイに。
PB170055.jpg
PB170052.jpg


晩年を小布施で過ごした葛飾北斎。その絵や資料を展示している「北斎館」。
茶の感想「絵がうまいなぁ」。そりゃそうだろ!(笑)
茶も刺激を受け、久しぶりに絵を描きたくなったようでした。
P1120119.jpg
それでは、今夜の宿「山田温泉 風景館」へ☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 山梨長野 | 21:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西荻食道~無国籍料理「マハナターネス」

南口・松屋正面の地下に南国風のお店があります。
「無国籍料理」と謳っているダイニング「MAHANA TANES」。タヒチ語で
「太陽の男達」という意味だそうです。さてどんな創作料理が待っているのか!?

まず目に付くのは、ボードに書かれている「ALL500円」の品々。
前菜ものから、パスタ、リゾットなど、日替わりで出されています。
この中の一部は、三品盛り1000円にも出来ます。この日は
「サーモンのカナッペ」、「ハチノスのトマト煮込み」、「ホタルイカのアンチョビガーリックマリネ」を
選んでみました。どれも味が深くて美味しいです!
P5071369.jpg

牛スジのトロトロワイン煮。名前の通り、すごくトロトロ!
めちゃくちゃ柔らかくて美味しい☆これは絶対オーダーしたい一品。
P5071370.jpg

ライスコロッケはオシャレに盛り付け。熱々旨い!
P5071373.jpg

きのことゴルゴンゾーラのリゾット。濃厚だけどクセになる味。
チーズ好きでなくとも気に入るはずです☆
P5071380.jpg

ホタテとバジルのパスタ。好きな組み合わせ、美味しいはずです☆
P5071381.jpg
このお店が面白いのは、パスタとかの素材、ベースなどの
希望を言うとお好みで作ってくれるところ!
僕たちも今度何かお願いしてみようかな☆

お店外の看板。今月の休みとか。
マハナイトって、何でしょう?今月の言葉、何だったんだろう?(笑)
P5071386.jpg

長くゆったりしたカウンター席と、テーブル席。
一人で来店している男性客、女性客がいました。
一人でも居やすい雰囲気ですからね☆

ランチはロールキャベツとかカレーがあります。
母親が食べに行ったところ、美味しかったそうですよ。
一風変わったコンセプトで美味しいお料理。
ある意味“西荻っぽい”雰囲気のお店です☆


無国籍ダイニング「マハナ ターネス」
電話:03-3333-8121
住所:東京都杉並区西荻南3-10-6 B1
営業時間:月~土 18:00~翌2:00
       日・祝 18:00~24:00
      ランチタイムあり
定休日:第3水曜日

http://www.mahana-tanes.com/menu.html


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆


| 西荻食道 | 00:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

狐の顔と梅もどき

これ、珍しくないですか?僕は初めて目にしました。
「フォックス・フェイス」というんだそうです。
ご覧のような色と突起が、まさにキツネの顔に見えますね☆
PB130047.jpg
原産は熱帯アメリカ。別名を「角茄子」とか「狐茄子」といい
ナス科の植物に分類されます。鮮やかなオレンジ色がとてもキレイ!
でも食べることはないそうで、匂いもしません。
用途としてはもっぱら観賞用。活け花なんかに使われます。

群馬の花屋さんで「とも吉」カジさんが買ってきたものを頂戴しました。
僕は最初見たとき「いびつな柿だな」と思っちゃいました!

この実は現在、夢人島受付に飾ってあります。
結構長持ちするみたいなので
皆さんどうぞ鑑賞していってくださいね☆


これは「とも吉」店内に飾られているその名も「ツルウメモドキ」。
PB130045.jpg
日本全土、中国大陸にも分布し、秋になるとこんなオレンジ色の実ができます。
照明の当たり具合も良く、こちらもキレイ。

こんなのを眺めながら一杯、なんていいかもしれませんね☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 生き物 | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

釧路慕情~最終日②

釧路市動物園から近い鶴居村の「鶴見台」へやってきました。
その名が示す通り、冬場にたくさんのタンチョウが集まってくる場所なのです☆

冬場がメインなのでタンチョウはまだいないかな、と思っていたら!
草陰から純白の2羽が姿を見せてくれました!やった☆
IMGP2438.jpg
夫婦でしょう。左の雄が羽を広げ、求愛ダンスを披露してくれました。
上空に接近したトビに対して激しく鳴き追い返す場面も。優雅、気品溢れるといった
言葉が似合う鳥です。
言わずと知れた特別天然記念物タンチョウは、戦後人間の開発により10数羽まで
数を減らし、一時は絶滅したとさえ言われていました。
一方でそれを食い止めようとする方々の餌付けの努力で、現在は千羽近くまで
回復しているそうです。その餌付け場所がこの「鶴見台」。11月の餌付け開始を
前に、タンチョウたちが集まって着始めました。

予定通り、鶴見台駐車場にある「丹頂の見える店 ど・れ・み・ふぁ・空」でランチです。
ご覧のようにカウンター席に座ると広い原野を見渡しながら食事やお茶が
いただけるんです。食事中、1羽のタンチョウがやってきました。
空には様々な猛禽類が飛び交い、素晴らしいシチュエーションです☆
P1120011.jpg
僕の「丹頂カレー」。北海道はスープカレーが有名ですが、これはグリーンカレーで
お米は十穀米。特筆すべきはこの見た目。タンチョウカラーでの盛り付けが楽しい!
味もすごく美味しかったです。また釧路に来ることがあれば食べに来たいお店です☆
PA230481.jpg
茶の「じゃがバターソーセージ盛り合わせ」。じゃがいもメチャクチャ旨い!
ホットミルクが嬉しいですね。温まる☆
PA230485.jpg
両方に濃厚ソフトクリームのデザートが付いて大満足☆


お店の前で野菜を売っているオバちゃんに、タンチョウのポイントを教えて
もらいました!近くの広大な休耕田に、いるいる!約30羽、といったところかな。
IMGP2510.jpg
Tancyo Dance YEAH!
IMGP2468.jpg
親子。左の色の薄い子供は生態観測のためか足環が付いてます。
IMGP2489.jpg
このタンチョウに会えた事で、今回の北海道旅行で僕たちが見たかった
野生動物コンプリート!北海道知床・釧路、すごいところでした!
(シマフクロウ・ヒグマ・サケ・エゾシカ・キタキツネ・オオハクチョウ・
タンチョウ・予想外のオジロワシ)


釧路市湿原展望台へやってきました。誰もいない散策路を歩きます。
IMGP2520.jpg
冬の釧路湿原はまるでサバンナのよう。荒涼とした雰囲気もまた良し。
PA230511.jpg
アッという間に陽が沈み、気付けば辺りは暗闇に包まれ始めていました。
散策路脇の看板に「クマが出ます」
やっべ~!!油断してました!知床じゃなくてもここは北海道。
ヒグマ遭遇の危険は常にあったのです!
PA230515.jpg
クマ除けの鈴も身に付けていなかったので、急いで駐車場へ引き返します。
これがまた来た時より遠く感じるんだな!
鈴が無いから何か音を出さなきゃならないと、
「森のクマさん」の爆笑替え歌や劇団四季版「ライオンキング」を
大声で歌いながら歩く僕たち。(恐怖心の裏返し!)
「心配ないさ~!!♪」

こうも暗い森だと、
黒い岩の塊や切り株とかが全部クマに見える!
クマ笹が「ガサッ」と揺れた時はマジビビリでしたよ^^;(リスかな?)
ヒヤヒヤの最終日でした☆


帰りは「たんちょう釧路空港」から。シマフクロウの巨大オブジェ☆
PA230521.jpg
夜8時台出発の最終便、まだ時間はあります。
空港内3Fの和食「北斗」さんでゆっくり晩ご飯☆
ここに、旅行前から食べてみたかった「北海しまえび」がありました!
諦めていたので、とても嬉しかったです^^
味が濃く、磯の風味が口いっぱいに広がって美味しい!こんなエビの味は初めて☆
PA230541.jpg
僕のオーダーその名も「くうちゃん丼」!
少し前にニュースでも話題となった、釧路川に現れたアザラシのくうちゃん。
顔を可愛らしく表現したドンブリ、この遊び心にくすぐられてしまいました(笑)。
PA230544.jpg
お店の方が運んできたとき、当然のように茶の前に。
いやいや、それ僕の!笑われちゃいました^^ガハハ
見た目も笑っちゃうけど味は本物!顔はご主人創作のツブ貝の煮付け「磯の実」、
輪郭は野付産ホタテ、目は山芋と海苔、鼻はワサビ、髭はウド、そしてなんと
お口はタラバガニちゃん。
しばらく見入ってニヤニヤ。崩すのが惜しい丼、どこから食べようかな☆
一日限定5食のくうちゃん丼、こんな遅い時間にもまだありました。
って事は頼む人がいないのか(笑)!?美味しいのに。


タンチョウ鶴の美しさに鶴拳で対抗。
北海道の素晴らしさを体で表現しました(笑)!
次はどの時期に来ようかな☆
P1120038.jpg


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 北海道 | 13:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

釧路慕情~最終日①

長々と、そして何度も途絶えながら綴ってきた北海道旅行記も最終日。
この日もすごくいい天気!

10月23日
最終日行程:ホテルチェックアウト→釧路市動物園→鶴見台(昼食)→釧路市湿原展望台
→たんちょう釧路空港


釧路プリンスホテルは2年前の旅行の時も泊まりました。
朝食バイキングは地産ものを使っていて美味しいんです☆
サンマ、サケ、カリカリベーコン。松前漬け、塩辛、海苔の佃煮・・・。
右のお皿は鮭フレークと、ネギみじん切り(笑)何杯食べる気?
PA230427.jpg
牛乳飲んでGO!
PA230430.jpg


9:00 チェックアウト。僕たちが釧路で一番行きたかった、釧路市動物園へ!

2年前に初めて訪れて以来、大好きになってしまったこの動物園。
北海道ゾーンが充実しており、ヒグマやシマフクロウと身近に出会えるんです♪

園内の湿原に設けられた木道。湿原にしかいない植物や、鳥・昆虫も観察できます。
IMGP2197.jpg
2年前、有名な旭山動物園にも行きましたが、僕らが好きなのは断然、こっち。
このように自然に手軽に触れ合え、人も少ないので本当にのんびり☆

元気よく走り回るエゾリス!クルミをくわえた口元がカワイイ☆
IMGP2152.jpg

これが天然記念物シマフクロウの姿。旅行初日に野生のシマフクロウを見ましたが、
こうして身近にはっきり見ても威厳を感じます。本当にカッコイイ鳥☆
高さ80cm、翼を広げると180cmにもなる世界最大のフクロウです。
IMGP2331.jpg
日本でシマフクロウが見られるのは釧路市動物園だけ。
そしてここでは世界初のシマフクロウの繁殖に成功した所でもあるんです。
「見世物として」動物を置いていた動物園とは違い、最近はこうした活動を
行う所が多くなっています。素晴らしいことです。

こちら、人間みたいなお顔。茶曰く「女優の伊藤麻○子さんみたい」プッ^^
ちなみに女の子。
IMGP2344.jpg
繁殖ゲージのシマフクロウ。ジッと見られています♪
2年前はここに幼鳥がいました。無事に大きくなったみたいですね☆
IMGP2396.jpg
一部の方には有名な(笑)、珍しい人面シマフクロウもいるんです!すごいなぁ☆
・・・可愛くないね^^;
P1110934.jpg

天然記念物オジロワシの勇姿。昨日早朝、フレペの滝上空で見た
野生のオジロワシが忘れられません。
IMGP2404.jpg

エゾフクロウを見ていると時の経つのを忘れます。
飼うことはできませんが、僕が今一番飼いたいと思っているフクロウです☆
IMGP2328.jpg

去年の5月にここで生まれたアムールトラの兄弟タイガとココア。一年半で巨大ネコに!
「動物奇想天外」等に多数出演していたらしいです☆
写真はアクビをするココアちゃん^^一眼レフで連写させていただいた内の一枚(笑)。
IMGP2108.jpg

釧路市動物園のお楽しみコーナー!ヒグマにおやつをあげられるんですよ!
自販機で売っている箱入りのおやつを持っていくと、この姿!「くれ!」
ヒグマの威厳も何もあったもんじゃありません^^;
IMGP2284.jpg
口元へ投げてやるとナイスキャッチ!器用だね~。
口の中あんまり見たくないけどね。
IMGP2385.jpg
まぁ小さいおやつなのでお腹が満たされる訳じゃなく、
「くれ!」が延々繰り返されるのです。右手を上げて、「くれ!」
このポーズをとるのは5頭中こいつだけ。2年前と変わってないね~君^^
IMGP2377.jpg
接近するとやはり巨大。こっちのヒグマは茶にべったり。クマも性格それぞれですね☆
IMGP2238.jpg
午後1:00までこの動物園でのんびりしました。
じゃあお昼を食べに行こっか!


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 北海道 | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神代植物公園・秋

何度目かの神代植物公園ですが、初めて自転車で行ってみました☆

井の頭から人見街道、東八道路へ向けて適当な路地を抜け、野崎八幡宮交差点を南下。
植物公園に着いたのは西荻窪出発後50分。
結構ゆっくりと走ってきたのに、想像していたより早く着きました☆
深大寺山門。ちらほら七五三詣での方たちの姿。コスモスが華を添えます。
PB100070.jpg

午前11:00、先ずは腹ごしらえ。深大寺と言えば、蕎麦ですね!
植物公園の深大寺門(裏門)にある「玉乃屋」に入りました。
「二八そば」大盛り。新そばが出ていて、しっかりした歯応えで甘みのある
蕎麦に辛めのツユがたまらない!蕎麦って好きだなぁ~♪ズズッとね。
PB100063.jpg
この店が良いのは味もさることながら何とも言えないロケーション。
外でも食べられるので、林の中で寺の鐘の音や鳥の声を聞きながら
すする蕎麦は余計に美味しさを感じちゃいます☆

深大寺蕎麦の店ではいつも「湧水」、またはこの「玉乃屋」、隣の「松葉茶屋」に
入ります。この三店はとても美味しいと思います☆
その他のお店も美味しいところはあるんでしょうが、食べてないので何とも。
でも聞いた話、ハズレのお店も結構あるんだそうですよ。

神代植物公園はこの時期、秋のバラが最盛期。
バラ園では各国・各種多様なバラが目を楽しませてくれました☆
IMGP3230.jpg
これ、気に入りです。
IMGP3225.jpg
ピンク、ピンク、ピンク。
IMGP3233.jpg
美しいものには、棘がある。
IMGP3254.jpg
一枚として同じ写真は撮れない噴水。
IMGP3242.jpg

僕がバラよりも魅入られた場所。絵画のようです。秋の風情☆
IMGP3264.jpg

広場の外国種ススキ。コスモスと一緒に。
IMGP3283.jpg

園内の池の周りにはカワセミ狙いのカメラマンがたくさん。
僕は外れの小川で、カワセミちゃんを独占☆
IMGP3277.jpg

園外にある水生植物園のコサギ。
IMGP3293.jpg

深大寺城跡。これは空堀と土塁の跡です。築城時期は不明。
中世、扇谷(おうぎがやつ)上杉氏と関東北条氏の領土争いの際、
ここで多少の攻防戦が行われたこともあったそうです。
北条氏が関東を制圧してからは、そのまま廃城となりました。
PB100073.jpg
主郭と二の郭という中心部を残し、柱の跡なども残っている(一部復元)深大寺城、
ブラブラしながら、色んな事に思いを馳せた時間でした☆

杉並の端っこにある西荻窪からは、こうして自転車でもすぐに
武蔵野の緑に触れ合うことができます。
僕が西荻窪を愛する理由のひとつでもあります☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 休日・おでかけ | 02:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

原坊のサインが!

手に入りました!!!

先日の出来事について寿司和食「とも吉」のカジさんに話したところ、
入手して持ってきてくれたんです!感激~♪


へ?コレかい?
Image134.jpg
ゆがんだハートが。。。

んでウラにはしっかり「とも吉」・・・
Image135.jpg

誰が箸袋にサインなんかするかいっ!!




| 日記 | 00:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

原坊狂想曲

昨日の定休日。
茶と僕は別行動。僕は自転車で神代植物公園へ行きました。
その帰り道・・・。

茶からメール
「西荻北口のセブンイレブン前で原ボー見た!!」
なにーッ!!そんなことってあるのか!?

原坊とは言わずと知れたサザンオールスターズのメンバー、原由子さん。
ピアノ、ボーカル、ギター何でもこなす、桑田佳祐御大の奥様であります。
我々はいつもその歌声に癒され続けてきました。


メールを受けたとき三鷹で大成高校野球部の練習を見ていた僕は
チャリンコで速攻西荻へ!
「どうにか一目だけでも・・・」

東京女子大交差点から商店街の店舗という店舗をシラミつぶしに
探していると、ある雑貨屋さんに原坊と数名のスタッフが!「やった!」

ちょっと距離を置いて見ていると今度は別の雑貨屋へ。
どうやら西荻の雑貨屋・古道具屋巡りをされているご様子。
写真撮影もしていたので、多分ですがサザンファンクラブ会報誌
「代官山通信」の中の原散歩コーナーの取材かと思われました。
(もちろん僕は会員デス^^)

僕は別にミーハーではなく普段は有名人の方を見ても「ふーん」て
感じなのですが、大好きなサザンオールスターズとなれば話は別。
気持ちが舞い上がってきてしまいました(こういうのミーハーっていうのか?)

一目だけでも・・・
その欲求は更に増し
「サインがほしい」

夢人島のシャッターを開け色紙とサインペンをバッグに入れ、
あわよくば店のチラシも渡そうと用意して再び追跡開始(笑)。
(夢人島のコース名を見せればどれだけ好きか分かっていただける!)

そのうち一団は某喫茶店に入り打ち合わせしているご様子。
僕はそこへ一人で入り「あっ、原さんだ!」とわざとらしく驚き
用意した色紙をサッと差し出し「サインください!」

などと言える勇気も無く。ここまで用意しといてウロウロするばかり。
用事を終えて戻ってくる茶にやらせようと(完全に人任せ!)
喫茶店の近くで茶の帰りを待っておりました。

これってストー・・・。

あまり同じ場所で喫茶店を覗き込んでいるとアヤシイと思われてしまうので
(もう十分アヤシイが)自転車でグルッと一回りしたりしていました。

何回目かで戻ってくると「あれっ、誰も居ない!?」喫茶店はもぬけの殻。
おそらく一瞬の内に車で移動してしまわれたのでしょう。

ガーン!
しまった。後の祭り。祭りのあと(桑っちょの曲名)。
二度と起こり得ぬチャンスを逃し、
1時間半の追跡はこうしてあっけなく終わりました!

しかし間近で見た原坊は、その性格通り優しい雰囲気が滲み出ており
小柄で可愛らしい感じの素敵な女性でした☆
原坊たくさん見れて本当によかった!一度、目が合った(気がした)し!
でもサインほしかったな・・・。

僕にもう少しあってもよいもの。
勇気と、図々しさ?


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 日記 | 01:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

釧路慕情~三日目③

釧路へ入りました!
「コッタロ湿原展望台」へ着いたのはもう夕日が傾きかけた頃。
それでも午後4時前なんですよ!一日が短く感じますね。

2年前の夏に見た釧路湿原は一面の濃い緑でしたが、季節が異なれば
こんなにも違って見えます。
IMGP2054.jpg
シラルトロ湖を望む。
IMGP2039.jpg
午後4:20頃 湿原に沈む夕陽。やつらの時間がやってくる!(意味不明)
IMGP2057.jpg
やつらとは、すなわちフクロウ(◎v◎)~☆


午後6時過ぎ、釧路プリンスホテルに入りました。
知床から釧路は長かったけど、見所満載で楽しいドライブでしたね☆

さて今夜の夕飯は気合入れて下調べしておきました!
茶の誕生日前夜祭でもあるのです^^

まず向かったのは釧路名物炉辺焼き発祥の店、「炉ばた」。
http://www.robata.cc/
午後7時前に僕らが入店して丁度満席でした。後からどんどん人が来ます。
いいタイミングでした。囲炉裏を囲むように造られた席。好きな雰囲気☆

当然のようにホッケを注文。でっかいのが出てきました!
身の食感も味も申し分ありません。旨すぎ!
PA220381.jpg
イカ正油焼き。これは夢人島のお客様おススメの一品。
ゴマと山椒がふってあります。美味しい~病み付きになりそう!
PA220384.jpg
アスパラバター焼き。お箸が止まらなくなりますよ。
ちなみにメニューに金額は書いてありません。この三品以外にホタテ焼きと
中ジョッキ、ウーロン茶で五千円ちょっとでした。
PA220387.jpg
中央で焼いているお婆ちゃん。職人ですな。
PA220390.jpg
ここで炉辺焼きをいただいて分かったこと。
「焼くのが上手な方に焼いてもらったほうが断然美味しい!」です。
2年前、ここ釧路で入った炉辺焼きのお店は自分たちで焼くスタイルでした。
それだと楽しいし旨いと思うんだけど、プロが焼いたの食べちゃうと味に差が
あることが分かっちゃいます!絶妙の焼き加減ってやつですな☆

お店の外観も老舗を感じさせる造り。とても美味しかったです!
PA220392.jpg


二軒目は、「居酒屋ちゃりんこ」。なぜ名前がちゃりんこかは知りません。
http://rp.gnavi.co.jp/sb/3019875/
ここへ来た理由はただひとつ、「カキ」です!
PA220408.jpg
店内の造りは普通の居酒屋風。魚市場にいそうな素敵な店主と、
元気よくテキパキと仕事をするバイトのお兄さん達で好感の持てるお店。

「生ガキ」「焼きガキ」両方いっちゃえーい!
厚岸産カキは鼻に抜ける磯の風味もバツグン。焼きガキはもっともっともっと
食べたくなる美味しさ☆あ~、シアワセなり。
PA220397.jpg
限定・旬のサンマの刺身は新鮮そのもの!敷いてあるワカメも全部食べちゃう☆
PA220393.jpg
ちゃりんこの新鮮魚介、大満足でした☆
PA220407.jpg


さぁ!本日三軒目に突進です!ガハハ。いつまで食べる気かね。
名物釧路ラーメンのお店「河むら」でシメ!
http://ramen-kawamura946.ftw.jp/index.html

正油ラーメンをオーダー。オヤジさんは麺をギュッとこねてから茹で始めました。
細いちぢれ麺は食感が素晴らしく、それに魚がベースの和風味のスープが
よく絡みます。これが正統な釧路ラーメン。シンプル一番!
もし近所にこの味があったら、間違いなく通うと思います!来てよかった☆
PA220412.jpg

屈斜路湖を源流とする釧路川に架かる幣舞橋。
こうして食べまくりの釧路の夜は更けてゆきましたとさ・・・☆
PA220424.jpg


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 北海道 | 00:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

衣料品

冷えてきましたね!

夢人島の朝も寒くなってきたので
ユニクロのヒートテック上下着用で臨んでいます。
(動いているとすぐ温かくなってくるんですが)
昨年品薄で買えなかったので早めに購入しましたが、
各メーカーで同じような温かインナー出してますね。


ところで吉祥寺の伊勢丹は来年3月で撤退ですが、
その跡地に何が来るか気になっていました。
ようやく決まったようですね!

テナントはこれから募集するそうですが、
ショッピングモールの1、2階には、あの「H&M」が入るそうです。
スウェーデンの衣料品を扱うお店ですね。
最初表参道かどこかに出店して、2週間で品物を入れ替える
安い衣料品店ということで話題になっていました。

茶がとても喜んでます!(行ったことないけど)
こないだもお客様とその話題で盛り上がっていました。
女性は嬉しいでしょうねぇ☆

しかし衣料品、安くなってますね~。
カジュアルウェア中心に、Gパンとかも。なんだ880円って?
今までの値段は一体なんだったんでしょうか(笑)。
まあ、安く作れるシステム構築されたんでしょうが。


僕は服、めったに買わないんですよね。
買うときは「買う!」と心に決めた日に、一気に買って
それを何年もかけて長く着ているスタイルなんです。
服にお金をかけるより、旅をしたり美味しいもの食べたい。
服ではないけど甲冑にはお金かけてもいい。
かけるお金がないけど、あったらかけたい(ボソ)。

今履いているジーンズ、何年前に買ったか覚えていません。昔すぎて^^
この時期いつも着ている黒いジャケット、15~17年にはなると思います。
物持ちイイ、ってことで。

服とはいつも長い付き合いになりますね☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 日記 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モーターショー!

今週の定休日、インフルエンザの予防接種してきました。
この辺りの病院ではワクチンが無くなっている所もあるので
受けられる方はお早めに。。。


その足で、友人に誘われて幕張メッセで行われている「東京モーターショー」へ
行ってきました☆この日が最終日。
41回目を数えるモーターショー。僕は何度も行っていますが、
新聞等で報じられている通り景気悪化のあおりで参加メーカーが少なく、
例年よりは少しさみしい感じはしました。

時代を反映して、「環境」をテーマに掲げるブースが目立ちます。
これはあるブースで見た充電式自動車。
とても分かりやすい内部構造です☆
こうした技術はどんどん進歩していってほしいものです。
IMGP2591.jpg

一方ではディズニーキャラクターでいっぱいのバス。
こんな車が街を走っていたら楽しいですよね☆
IMGP2547.jpg

ハイブリッド車。外見のフォルムはカッコイイ!
内装は近代的な、何と言うか角ばってる感じ・・・
IMGP3093.jpg


環境重視、そして景気後退の流れでモータースポーツも影響を受けています。
確かに環境問題には逆行するものではありますよね・・・。

僕は高校生の時に初めて本田宗一郎さんの本(「得手に帆あげて」だったか)
を読んで以来、ホンダファンなのです。

昔はF1好きで、セナ全盛期はテレビに噛り付いて観ていました☆
ホンダが撤退してからはあまり観なくなりましたが、
乗るクルマは「ホンダ」でした。

そう、僕も自家用車を持っている時代があったのです!

という訳で、僕の「モーターショー」開催!(笑)

インテグラZXi☆88年~98年の約10年間乗りました。
横長のヘッドライトが特徴の、大好きなデザイン☆
マイケル・J・フォックスのCM「カッコインテグラ」ってフレーズが懐かしい!
大学生の頃は本当に“相棒”という感じでしたね。
一番遠い所では京都へ。三重県鈴鹿(鈴鹿サーキットはぜひ見たかった!)から
滋賀県大津、比叡山延暦寺を経て。
金閣寺の前で車中泊、朝起きたら駐禁とられていたという伝説があります(笑)!
EPSON015.jpg
秀逸のホンダDOHCエンジン。本当に思い出深いクルマです☆
ここで書けないあんなコトやこんなコト(笑)。
EPSON014.jpg

2台目、CR-V!99年~04年くらいまで乗ってたかな?
乗り心地、操作性バツグン☆
内装もゆったり、ウォークスルーにも出来、後部座席にも簡単に移動可能。
EPSON017.jpg
上にボードを積んで、万座温泉の雪山へも行きました!
今はサンルーフって少ないですが、開けるとかなり快適でしたね♪
青春だなぁ~(笑)☆
EPSON021.jpg
そのうち車に乗る機会も減り、駐車場代が高いこともあって
CR-Vは泣く泣く売ってしまいました。多分まだ日本のどこかで
現役で走っていると思います!

今の生活では自家用車は必要ないので、僕が車を買うことは
もうないでしょう。
でも現代の人間生活においてクルマは色々な意味で
なくてはならないものとなっています。

「人に優しい」「地球に優しい」という各社のフレーズが、
「言ってるだけ」にならないように願っています☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 趣味・嗜好 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

釧路慕情~三日目②

神の子池から下って間もなく、摩周湖にやってきました☆
摩周湖は摩周湖でもここは「裏摩周」。
いわゆる通常のツアーで見る摩周湖の完全な「裏側」ということになります。
http://www.masyuko.or.jp/pc/masyu.html
(摩周湖などのある弟子屈(てしかが)町のとても参考になる観光サイト)
PA220312.jpg
静かな青い湖面。何年も前に見たときの摩周湖とは全く違う表情でした。
IMGP1910.jpg


道道1115から391号へ。
色づいた木々に思わず車を停めたりして。。。
IMGP1923.jpg

「屈斜路湖」は日本で6番目の面積を誇るカルデラ湖。ここは「砂湯」という所。
オオハクチョウは、来てるかな?ハクチョウボートではなくてですねぇ~・・・
IMGP1927.jpg

いたいた・・・!
まだ数は少ないものの、はるかシベリアから3000キロの旅をして
日本へ越冬しにやってきたオオハクチョウ。ゆっくり羽を休めて・・・
ん?左下、なんかモメてる?
IMGP1937.jpg
きらめく湖とオオハクチョウ、絵になります☆
IMGP1956.jpg
そういえば屈斜路湖は「クッシー」伝説で有名。90年代までは、大型の
未確認生物の目撃情報が数多くあったそうです。想像すると楽しくなってきます^^
IMGP1955.jpg

屈斜路湖沿いに少し南下すると、「コタン温泉」があります。
ここでひとっ風呂浴びたかったんですよ☆右が男湯、左が女湯。
真ん中の岩で仕切られているけど、奥はつながっているから実質、混浴☆
ご覧のように水着も可です。
では失礼して・・・
PA220319.jpg
寒い中での温かい温泉はまるで天国☆はぁ~、気分いい・・・☆茶も入ればいいのに。
PA220324.jpg
オオハクチョウも寄ってきました。最高のロケーション!
こんなにいい無料の温泉があるなんて。自然に感謝、感謝です☆
PA220335.jpg
真冬、屈斜路湖は全体が凍りますが、温泉が湧いている所だけは凍りつきません。
オオハクチョウがそこを狙って集まってくるというのをテレビで観たことがあります。
IMGP1992.jpg
温泉から上がっても、しばらく体は温かいままでした。。。ホッ☆
IMGP1986.jpg
一本の木で三種の色。どこかで見たな。
緑、黄、赤・・・。
あっ、夢人島カラーじゃん(笑)
IMGP2001.jpg


ランチは14:00、上のサイトで見つけた鹿料理ランチレストラン「屈斜路原野」さんへ。
http://www.gogogenya.com/lunch/pcmenu.htm
屈斜路湖からすぐだけど、畑の中にあるような場所なのでナビ必須です^^;
14時過ぎ、お店に入っても人の気配が無く・・・電話すると出てきてくれました。
後で確認したらラストオーダー過ぎてたのに開けてくれたんです!
すみません^^;そしてありがとうございました☆

落ち着いたログハウス風の建物の中で、ゆっくりといただきます☆
PA220343.jpg
オーダーを心に決めていた、これが創作鹿料理「エシカロップ」!^^
チャーハンの上に乗るのはシカのメンチカツ、そこへお店自慢の鹿ソースを
たっぷりかけて、いただきます!エゾシカ肉が美味しいのは知ってましたが、
こんな食べ方は初めて。意外にサッパリしていて、かなりイケます!
お店の説明によればエゾシカ肉は牛・豚に比べてカロリーは約3分の1、
脂肪分は15分の1。そして何とDHAやEPAといった青魚に含まれているものや、
鉄分、ミネラルも多いというから驚き!旨くて栄養満点だったのね、シカちゃん。
サラダには鮭のルイベが乗っかって、北海道らしさUP。
うん、美味シカった!ごちそうさまでした☆
PA220347.jpg

一路釧路へ入りま~す!


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 北海道 | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

釧路慕情~三日目①

早朝5:00に起床して、行動開始っす!

三日目行程:フレペの滝散策→朝食→8:30チェックアウト・斜里、清里経由で
神の子池、裏摩周展望台→屈斜路湖・コタン温泉→昼食→釧路・コッタロ湿原展望台
→釧路プリンスホテル→市内で夕食(三件ハシゴのつもり)



6:00 ホテルを出るときはまだ薄明るい感じ。
ホテルから近い「知床自然センター」を目指します。

知床八景⑦「プユニ岬」から見たウトロ。波が高い!観光船は欠航でしょう。
丁度真ん中に見える尖がった岩は、ゴジラ岩(近くで見ると結構似てる)
右の長方形の岩はオロンコ岩です。
(ちなみに知床八景⑧夕陽台はウトロの夕日名所。ここだけ行っていません)
IMGP1787.jpg


知床自然センターの裏手から、「フレペの滝」への散策路があるのです。
僕たち以外、シカしかいない原生林の散策路。クマ除けの鈴を鳴らしながら歩きます。
IMGP1797.jpg
おはよう!
IMGP1816.jpg
逃げないねぇ^^
IMGP1821.jpg

徒歩約20分。昨日はクルーザーから仰ぎ見た、知床八景「フレペの滝」。
今日は上から目線で☆
P1110776.jpg

ふと上を見上げると、大型の猛禽類・・・。
なんと、なんと!この時期いるはずもないと思っていた、オジロワシ!!
フレペの滝の上空高く舞っているのを見つけました!(感動~☆)
IMGP1836.jpg
右の尾の白いのが成鳥、左が幼鳥です。初日にお世話になった
知床オプショナルツアーさんに画像を送って確認したところ、
知床半島にわずかな数が留まっているのを見られるだけでもラッキーなのに、
親子が絡み合いながら飛翔しているのは大変珍しいとの事。
多くが真冬に流氷と共にやってくる天然記念物オジロワシ、今見られて最高でした☆

知床連山まで歩く・・・無理っす。
IMGP1845.jpg
雲がどき、朝の晴れ間が広がっていきます。


ホテルへ戻り朝食後、8:30にホテル知床チェックアウト。
三日目は知床から釧路への大移動の日。
道道334~1115線へ、斜里町・清里町を抜け南下します。

清里の風景は畑が広がります。ジャガイモ畑の後ろに、斜里岳。
P1110795.jpg

車は斜里川に沿って。
IMGP1859.jpg
知床から南下するにしたがい、紅葉も色鮮やかに。
IMGP1864.jpg
菜の花と紅葉のコラボレーション☆初めて見ました^^
IMGP1856.jpg

清里の隠れた名所「神の子池」に到着しました☆
P1110806.jpg
摩周湖の伏流水で出来ているのだとか。神秘の色に魅せられます☆
IMGP1875.jpg
水温が低いため、倒木が腐らずに残っています。茶~、落ちんなよ!
PA220302.jpg

北海道にのみ生息する絶滅危惧種、オショロコマ。
その産卵シーンに遭遇しました!白い砂利の所は産卵床、そこへ上の雄が
雌を誘導して産卵します。いや~、まさかカメラに収められるなんて!
IMGP1898.jpg
やはり人間のせいで数を減らしているオショロコマ。頑張って増えてね!

さぁ、摩周湖へ向かいます☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 北海道 | 00:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1周年キャンペーンGO!

11月になりました!皆様の体調はいかがですか?


おかげさまで今月28日に夢人島は開業1周年を迎えます☆
そこで、皆様へ感謝の気持ちを込めまして「ガハハキャンペーン」じゃなくって、
「ありがとうキャンペーン」を実施することになりました!

11月いっぱい、週末でも、何時でも、何度でも!
★30分以上のコース全て15%OFF★




そしてハガキ・メール会員様「だけ」に贈るワンランク上のサービス☆

★60分以上のコースが20%OFF★で受けられるチャンスです!

期間は更に延ばして12月13日まで。
この機会にぜひどうぞ!
(こちらのサービスは期間内に1回利用可。)

受付の際「ハガキ持参」または「メール見た」とお知らせください。
28日前後はいつもと違ったお茶もご用意して
皆様のお越しをお待ちしております☆

※ハガキ及びメール配信ご希望の会員様にはそちらと同じ内容になります。
配信は当店カルテ記入時に「お得な情報を必要とする」とされたお客様にのみ
送らせていただいております。
※他のサービスとの併用はできません。



12月19日~25日に夢人島クリスマスイベントを行います!
詳細は当ホームページ及びブログにて発表します。
お楽しみに!

PB300931.jpg
Total Body Care 夢人島
TEL.FAX: 03-3301-2960
東京都杉並区西荻北3-13-12
URL: http://www.mujintoh.com


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 夢人島ばなし | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |