FC2ブログ

西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

5月・日帰り鳥見旅2014③

休憩すればよいものを、時間がもったいないという考えから
おにぎりをパクつきながら歩き続けてしまうのでした。

清流には、やっぱりキセキレイ♪
P5071454.jpg

地味だけど見返り美人!?
オオルリのメス^^
P5071218.jpg

餌を探すコルリ。
P5071219.jpg



さっき水浴びしていたのと同じ個体と思われるオオルリが
すぐそこに^^
P5071492.jpg

どうやらここがお気に入りの場所のようで、
ここから移動しようとはしませんでした。
P5070791.jpg

陽の当たる好条件。
こんなにじっくりオオルリを観察できるのは初めてなので
手に汗かいてシャッターを押しました。
P5070778.jpg

のど元が黒くなる個体が多いオオルリですが、
このオスは濃紺、ダークブルーでとっても美しい☆
P5070682.jpg

額も鮮やか!
P5070795.jpg


お気に入りの木から飛び下りてはまた木に戻って何か食べています。
上から探しているのは小さな昆虫などでしょう。
連写で、その飛び込みシーンを捉えることができました☆
P5071445.jpg


個人的に撮れて嬉しかったこのカット。
僕が野鳥の姿勢で一番好きな見返りシーンです。
日光のおかげで青がよく表現できました。
欲を言えばもう少し低い位置から撮れたら最高だったけど。
“見返り美男”のオオルリくん♪^^
P5070706.jpg

尾をピコーン☆
P5070939.jpg


帰ろうとすると、オオルリ(別個体)がすぐそばに来てくれました^^☆
P5071470.jpg

帰り道に見かけたコルリ^^
夕方6時前、日も沈んだ中では写真は厳しいし
帰りを急ぐので森を後にしました。みんなバイバーイ!
P5071476.jpg


約10時間、ずっと歩き回って
それに寝不足と上を見る姿勢の負担が加わり
家で夕飯を食べるのも億劫な程ドロドロに疲れた(笑)。

入浴と睡眠で次の日には疲労は回復。
前脛骨筋の痛みだけ残りましたが^^

少ない機会をフルに遊ぼうとした結果です。
ガハハ


しかしこんな森歩きの楽しさがある以上は
なかなか死ねたもんじゃありませんね(笑)☆

今回もすばらしい生き物たちに出会えました^^

自然に感謝。


☆本日の出会い☆
オオルリ、コルリ、キビタキ、コサメビタキ、クロツグミ、
ノジコ、アオジ、ヤブサメ、メボソムシクイ、カワラヒワ、
イカル、カワガラス、ミソサザイ、ヤマガラ、シジュウカラ、
コガラ、ヒガラ、コゲラ、アカゲラ、ホオジロ、ハクセキレイ、
セグロセキレイ、キセキレイ、オシドリ、カルガモ、ツバメ、
メジロ、ゴジュウカラ、アオサギ、トビ、ハシブトガラス、
ハシボソガラス、カケス、ヒヨドリ、キジバト

声のみ
センダイムシクイ、ウグイス、エナガ
以上38種

| バードウォッチング | 01:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月・日帰り鳥見旅2014②

ちょいと離れた場所に行ってみると、
アオジに混じってノジコが☆
写真はキビシかったが嬉しい出会い。
餌を探す様子を観察できました。
P5071114.jpg

桜が残っていました♪
P5070310.jpg


セグロセキレイの幼鳥^^
給餌シーンは見られず、親と共に飛んでゆきました。
森では早くも子育てが始まっています☆
P5071150.jpg


オシドリ^^
P5070601.jpg


葉?をくわえていたメボソムシクイ(初見・初撮影)。
P5071122.jpg


堂々としたオオルリ(メス)。
P5071121.jpg


早朝は気温が低かったけど、日中は汗ばむ陽気に♪
せせらぎが心地よいなぁ。
P1180139.jpg

暖かくなってくると、活発になりさえずりや水浴びが増えます。
水浴び後、羽繕いをするキビタキ君。
P5071217.jpg


僕の目に鮮やかな青が飛び込んだ!
水浴び後のオオルリ。
P5071129.jpg

羽繕いをします。
目線に下がってきてくれたおかげで、素晴らしい青が観察できました。
オオルリの青がこんなにも美しかったとは。
P5071130.jpg

樹上で歌う♪
P5071144.jpg


おっ!
キレイなキビタキ^^
P5071205.jpg

後頭部や羽にグレーが残っています。
昨年生まれの若鳥だろうか。
P5071155.jpg

東南アジアなどから春に日本に渡ってきて繁殖し、
秋には越冬のため戻ってゆくキビタキ。
この日メスは見かけず。後からやってくるんでしょう。

素早く虫を捕まえた!
P5071210.jpg

お腹の黄色が見える位置に来てくれないかな?と思っていたら
お腹も背中も見えるように止まってくれました♪
OKバッチリ!ありがとう☆^^
P5070596.jpg

とっても印象的なキビタキくんでした。


つづく

| バードウォッチング | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月・日帰り鳥見旅2014①

5月10日から16日は愛鳥週間です。
それはさておき。


ゴールデンウィークに仕事を頑張ったし、
茶に特別休暇?をもらって
ひとり新緑の森を歩いてきました☆

去年も連休明け、偶然同じ5月7日にここへ来ている。
その時はさえずるオオルリや
びゅんびゅん飛び交うキビタキ、コサメビタキ、
コルリの歩く沢にヒガラやメジロやキビタキが
水浴びにやってきて、サンショウクイまで見送ってくれた。

さて今年は。



前日、10時半に早寝するも
興奮したのか深夜0時に目が覚め、そこからなかなか眠れない(笑)。
いつものパターンかぁ^^;

4時にかけた目覚まし前に晴好くんのオムツを換えるため起床、
6時24分の新幹線に飛び乗ります☆


森へ着くと、ヒガラとキビタキの声が出迎えてくれました♪

カップルで居た可愛いヒガラ。
P5070002.jpg

飛び回るコサメビタキ。
P5071086.jpg

キビタキ君おはよう!
石神井公園でもお会いしましたね^^
P5071087.jpg


沢でいきなりコルリ発見!
この後ヤブに引っ込んでしまい。なかなかいい写真は撮れないなぁ。
しかしテンション上がりますね^^
P5070030.jpg


きれいな声・・・
しかし地味な羽色。さえずっていたのでオオルリの若オスかと
思ったけど、どうやらメスのようです。
オオルリはメスもさえずることがあります。
P5071091.jpg

先へ進むと、水を飲むオスを発見!
上の方へ飛んでしまったが、そっちでさえずっている♪
居る事は分かりました。
まだ時間は早い。別のシャッターチャンスに期待しよう☆


ひょっとしたら・・・と思い巣箱をのぞいて見ると・・・
いたいた!かわいいムササビが☆
P5070079.jpg
夜行性だけど、運が良ければ朝夕はこうして見られる機会があります。
ラッキー☆^^


元気にさえずるミソサザイ。
複数のカップルは巣作りの真っ最中の様子。
P5070136.jpg


朝食中の夏鳥クロツグミ。
ごちそうはあったかな?
P5071478.jpg

明るい陽の下で見ると、頭以外は完全な黒ではない
ことが観察できます。
まださえずっておらず、美声は聞かれません。
P5070186.jpg

茶色の羽の残る若いキビタキ。
P5070216.jpg


カルガモ夫婦。
雌雄同色なので分からないけど、たぶん夫婦。
うん、そういうことにしとこう^^
P5070293.jpg


ビッビッと飛ぶカワガラスを見ながら歩いていると、
上でさえずっていたオオルリが水を飲みに下りてきました!
残念、頭しか見えず。
P5071107.jpg

その後、枝へ飛び移るもすぐに木の高いところへ。
でもこの青さにはやはり興奮!
P5071110.jpg


花をちぎっては投げるコガラ。
なんの意味が!?^^
この後、ヤマガラに追いかけまわされます。
それぞれ子育て前で気が立っている個体もいるのでしょう。
P5071112.jpg


つづく

| バードウォッチング | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月22日。石神井公園

定休日。

例によって明け方のオムツ換え後、そのまま5時に朝駆け(笑)!

チャリンコ飛ばして20分、本日は石神井公園です☆


目星を付けていた場所に来ると、感動のお出迎え!
夏鳥キビタキの美声が聞こえてきましたよ♪

タイミングの良いことに夏鳥移動の一波が入って来ていました。
キビタキはその場だけでも3~4羽はさえずっています。


声を頼りに、歩き回らず、僕には珍しく一箇所で待つことに。
きっ、来たぁ~^^
P4220647.jpg

キビタキ君に、こんな所で会えるのは嬉しいなぁ~。
新緑の似合う野鳥です☆
P4220504.jpg

この時期、東南アジアなどから繁殖のために日本へ渡ってきた夏鳥は
山地など繁殖地へ行く途中、羽を休めるため都市公園にも立ち寄ります。

こうした都会の緑を守ることは重要な意味を持っています。
P4220543.jpg

春と秋の渡りの時期には“意外な”近場で美しい鳥に出会えます。
まぁ運次第、ですが、今日は良かったみたい^^
P4220665.jpg

どんどん近づいてきたキビタキ君。
頭上2m、いや、近すぎて顔写らないし^^;
P4220518.jpg


この個体はこの場所にしばらく居て、
後からやってきたもう一羽を追い払っている。
さすが縄張り意識の強いキビタキ君・・・

追い払われたのはオオルリ君でした!一瞬の出会い。
P4220617.jpg

オオルリはもう一箇所でも見つけたけど、はるか高い木の上。
それでもオオルリやキビタキとは何度出会っても嬉しいもの。

樹上でセンダイムシクイは鳴きながら飛び回り、
藪の奥からはエゾムシクイとヤブサメの声・・・

そしてこの鮮やかな新緑。
ここは信州!?と錯覚しそうなほど♪
P4220551.jpg

エナガは口いっぱいに虫をくわえていました。
もう子育てしてるのかな?
3羽とも同様だったので、1羽はヘルパーさんでしょうか。
P4230126.jpg


なにが隠れているでしょう^^
抱卵中のカルガモ☆
P4220527.jpg

カワセミ君、今日は脇役だね^^
P4220482.jpg

北へ渡るヒヨドリの10~20羽の群れがいくつも
同じ方向へ飛んでゆくのが観察されました。
P4220666.jpg


移動しつつ観察。
牡丹桜とカワラヒワ。
P4220614.jpg

かきつばた。
P4220578.jpg

モンキチョウ。
P4220583.jpg

浅場に群れ集うオタマジャクシ。
P4220611.jpg

冬鳥(ツグミ)と新緑を楽しめるのもこの時期ならでは。
P4220587.jpg


ん~楽しかった!か・な・り☆

帰宅は午前11時半。



本日の出会い☆
通過中の夏鳥:キビタキ♂、オオルリ♂、センダイムシクイ、
ヤブサメ、エゾムシクイ(声)

シロハラ、ツグミ、アオジ、エナガ、シジュウカラ、アオゲラ、
コゲラ、スズメ、キジバト、メジロ、オナガ、ハシブトガラス、
カワラヒワ、ムクドリ、ヒヨドリ、カワセミ、カルガモ、コガモ、
キンクロハジロ、コサギ、ゴイサギ、コチドリ、ハクセキレイ、
カワウ、バン、カイツブリ、ツバメ、ウグイス(声)
ドバト(外)、コジュケイ(声・外)、ワカケホンセイインコ(外)
36種


23日はキビタキ2個体。
25日はキビタキらは抜けていたようだったが
イカルのさえずりを初聴♪^^

| バードウォッチング | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月15日。葛西臨海公園

4月15日、火曜日。


夜中に2度目の起床でオムツを換えてから、
5時に家を出て(笑)葛西臨海公園へ行ってきました。


渦中の葛西臨海公園。
“エコな五輪”、“環境に配慮した五輪”とは名ばかりで、
この(人工ではあるが)都会に定着した美しい環境が
カヌースラローム場建設なんぞで壊される危機が迫っています。


※見直し要求書名
野鳥の会東京
http://tokyo-birders.way-nifty.com/

日経新聞 五輪の環境課題
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO69629870Z00C14A4X93000/



長距離を歩かなくなって数ヶ月。
衰えた脚力を取り戻さねば!

鳥類園のブログの中で、最近確認されているうち未見の3種
クロツラヘラサギ、ミヤコドリ、アリスイのどれか1種でも
見られたらなぁと思いながら歩き始める。

最初の出会いはアオジでした。
こいつらの移動は一番遅いんじゃないかと思うくらい
最後まで居残っていますな^^;
P4150279.jpg

上の池で食事中のダイサギ。
これからの時期のサギ類は見ものです。
夏羽に換羽して、美しい飾り羽を披露してくれます☆
P4150284.jpg

すでにカモ類の多くは旅立ち、数羽が残るのみ。
下の池にも特に何も居ません。
P4150292.jpg

海側へ。
ちょこちょこ、可愛いイソシギ。
P4150294.jpg

おっと、なぎさへ渡る橋が開くのは午前9時だったか!
あとまだ1時間半もある。もうちょいぶらつくか・・・

夏羽に換わったシロハラ。
P4150300.jpg


ゲートが開門、西なぎさへ。
いたいた~^^ミヤコドリ(初見・初撮影)☆
P4150329.jpg

5羽。
赤い目、赤いくちばしで砂中の貝など漁っています。
P4150443.jpg

図鑑によれば。
冬の季語としての「都鳥」はユリカモメのことを指す、のだそうな。
伊勢物語に登場するミヤコドリもユリカモメのことだそうです。
P4150525.jpg

こちらのダイサギも、信玄公の兜を思わせる美しい飾り羽。
ユリカモメたちも夏羽に変化、顔が真っ黒に。
P4150527.jpg

ヒバリがたくさん!
さえずり飛翔を行っていました☆
P4150523.jpg

巣があるかもしれないので、なぎさを歩くときは注意が必要です。
そしてこれから西なぎさには、コアジサシの営巣のために
デコイが置かれる予定です。
http://choruien2.exblog.jp/21892108/


駅へ向かいながらもう一度下の池へ。
アオアシシギが1羽。
P4150434.jpg

コサギのオスの頭に夏羽の飾り羽☆
夫婦で魚を追いかける、お互い譲る気は無いようです(笑)。
P4150428.jpg


クロツラも渡りの小鳥類も空振りでしたが
朝の海辺の散歩は、かなーり気持ちよかった!


午前中で引き返し、富士ガーデンで茶に頼まれた買い物を
済ませて帰宅したのは昼12時半ころ。



本日の出会い☆
ミヤコドリ、カイツブリ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、
バン、オオバン、ヒドリガモ、コガモ、キンクロハジロ、
スズガモ、カルガモ、ハシビロガモ、カワウ、イソシギ、
アオアシシギ、コチドリ、ユリカモメ、ハシブトガラス、
オナガ、シジュウカラ、コゲラ、メジロ、エナガ、スズメ、
ツグミ、シロハラ、アオジ、ヒバリ、ヒヨドリ、ムクドリ、
シメ、キジバト、ハクセキレイ、ドバト(外) 35種

| バードウォッチング | 09:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪の庭

東京では45年ぶりとなる大雪でした。


朝起きて庭を見ると、真っ白に。
これは積もりそうだな~。
P2083904.jpg


予報通りだったので覚悟はしていたけど、
東京でこれだけ降るとビックリです。

それでも活発な鳥たち。
P2083907.jpg

野鳥はたとえ雪だって、
生きてゆくために食べ物を自力で探さないとなりません。
P2083914.jpg

正面顔^^
この時期、椿の蜜はメジロのごちそうです☆
P2083943.jpg


時折風が強くなり、
細かい雪が勢いよく降ってきます。
P2083954.jpg

頭に雪が乗ったシジュウカラ。
P2084000.jpg

吹雪くと、なす術なし。
枝につかまって、じっと耐えています。
P2084034.jpg


梅は、近所で咲いているところもありますが
うちはまだ固いつぼみ。
P2083997.jpg


雪を食べるスズメ。
P2083957.jpg

吹雪くと、耐える。
P2084059.jpg


キジバトとヒヨドリも
枝で休みながら雪の様子をうかがいます。
P2083979.jpg

頭や肩に降り積もる。
うちの庭ではみんなリラックスした表情を見せてくれます。
P2083964.jpg

居心地がいいのかな~☆^^
P2084010.jpg


以下2枚は、僕が出勤後に茶が撮影。
このキジバトはしばらく羽を広げていたそうです。
濡れて気になった??
P2084073.jpg

ヒヨは舌を出しています。雪を舐めてる??
細かな動きを観察する楽しさ☆
P2084068.jpg


ゲレンデのようになった新設のバルコニー。
さて、明日の朝はどれだけ積もってるか・・・
P1150277.jpg



僕は家と店の雪かきがあるので、いつもより早く起床。

庭は吹き溜まりでかなり雪が入ってきて、屋根からの落雪もあって
多いところでは45~50cmくらい積もっていました!
P1150304.jpg


週末だったから、通勤に大きな影響は無かった。
しかし停電や交通などで大変な地域もありました。
P1150291.jpg


都心は大雪に慣れていないので大変です。
トリも、ヒトも。

| バードウォッチング | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩~浅川・多摩川

今週のお散歩は、“河原”。

茶も運動の必要性を感じているので
天気の良い休日は歩きたがります。


多摩モノレール『万願寺』駅で下車。
すぐそこに「夢庵」がありました。
茶曰く「ここのうどんは美味しい」そう。
立川でバケット食べちゃったけど、
こっちにしとけばよかったな。


と、ランチの後悔をしたのは一瞬で、
浅川の広い河原に出てすぐに見つけたモズに興奮(笑)

左岸を下流に向けて歩きます。
モズの次はツグミ。
ズームを引き、対岸の人物をあえて同じフレームに収めてみました。
P1073992.jpg


河原へ下りるとすぐに童心に返りました☆
P1140276.jpg

タヒバリやイソシギに誘われ、僕は進行方向逆へ^^;
茶は目前にカワセミ、モズがやってきたそうな。
P1074023.jpg

茶が撮影したモズ。
P1140284.jpg


僕はタヒバリにつられ、どんどん離れてしまった。
P1074036.jpg

カシラダカとホオジロの群れ。
P1074048.jpg


冬の河原ではおなじみの野鳥たちですが、
これだけたくさん居ると楽しいー!

茶が撮影したホオジロ。
バックは日野高校のグラウンドネット^^
P1140318.jpg


2~3時には、夕方のような陽射しになります。
でも風はなく穏やかな陽気で、この時期の散歩には最適。
P1140328.jpg

道でスズメたちと何やら食べていたカシラダカ。
P1074125.jpg

気持ちは若い僕、ぴょんぴょん八艘飛び。
この後、中州を進むが川を渡れず引き返しました(笑)。
P1140332.jpg

中洲にて。イカルチドリ。
P1074129.jpg

中州にて。イソシギ。
P1074143.jpg
期待していたタカ類は、とんびのみ。

浅川と多摩川の合流地点。
ここからは多摩川の右岸土手を上流へ。
P1140372.jpg

ここまでトイレが全く無いので、
「動物愛護相談センター」という施設で拝借。
バイパスを越えて左折すると万願寺駅。


立川駅で買い食いしたのが美味しかった~☆
『道頓堀くくる』のたこ焼きと、『鯛夢楽』の和栗クリームたい焼き♪
P1140378.jpg

結構足が疲れたけど
いい運動になりました☆


本日の出会い☆
ホオジロ、カシラダカ、カワセミ、モズ、イソシギ、タヒバリ、
ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、
アカハラ、メジロ、コゲラ、スズメ、トビ、ハシブトガラス、
ハシボソガラス、キジバト、アオジ、アオサギ、ダイサギ、
カルガモ、マガモ、カワウ、カワラヒワ、オオカワラヒワ、
イカルチドリ、シジュウカラ、ドバト(外)、ガビチョウ(外)

| バードウォッチング | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元旦の善福寺公園

早朝、6時過ぎ起床。

暁を過ぎた頃・・・
まだ太陽は住宅地に遮られ見えませんが。
朱に染まるオナガ。
穴の開いた柿が太陽のようです!?
PC313989.jpg

公園に着いてしばらくして、初日が昇ってきました☆
P1014013.jpg

明るくなってゆく下池。
P1130987.jpg

何を思うアオサギ。
PC313960.jpg

新年の挨拶を交わすオオバンとゴイサギ。
(実際はオオバンの接近をイヤがるゴイサギ^^)
PC313953.jpg

変わらぬ様子のコガモたち。
PC313962.jpg


こちら上池よりの初日。
P1130992.jpg

上池では初日に染められた美しい水鳥たちが。
マガモ。
P1014020.jpg

キンクロハジロ。
P1014023.jpg

オナガガモ。
P1014039.jpg

この個体の尾が格好良かったのでもう一枚☆
少しの時間差でこれだけ色合いが変わってきます。
P1014034.jpg

下池に戻ると、カワセミが食事中でした☆
P1014041.jpg

今シーズンはカモ類はじめ冬鳥の飛来が少ない気がする・・・

今年の課題は野鳥の“飛んでる”シーンが上手く撮れるといいな。


おっと、それどころじゃないか・・・^^;


本日の出会い☆
ヤマガラ、シジュウカラ、ツグミ、ハクセキレイ、メジロ、
スズメ、オナガ、キジバト、ヒヨドリ、コゲラ、カルガモ、
キンクロハジロ、コガモ、オナガガモ、マガモ、カワセミ、
バン、オオバン、ムクドリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、
ゴイサギ、ウグイス、アオジ、ハシブトガラス

| バードウォッチング | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初秋の善福寺公園

9月の善福寺公園。

また買物ついで?に寄りました。
最近ほどこの公園のありがたみを
身にしみて感じることはありません。

さて公園周辺はまだ幼鳥がたくさん見られる季節です。
川にはハクセキレイ。
白でも黒でもない、グレイゾーン^^
P8072131.jpg


オナガの大軍団!
よく見たら多くの巣立ち雛を伴っておりました☆
幼鳥はゴマ塩頭で尾も短く、めちゃめちゃカワイイ~♪
P9172513.jpg

40~50羽はいたかもしれない。
これだけ多いとさすがにうるさいね(笑)
親鳥にジロッと見られました。
P9172510.jpg

幼鳥らしい、おねだりポーズ☆
野鳥で一番好きなオナガ。
たっぷり楽しみました。
P9172509.jpg


シオカラトンボの交尾。
P8072142.jpg
仮面ライダー☆
P8072154.jpg


上池にて。
一直線のアオサギ。
P8072174.jpg

クサガメ。
なぜカメはカメの上に乗るのか??^^
P9172482.jpg

コサギはあえて木の間から撮影。
涼をさそう写真になりました。
P9172488.jpg


下池にて。
幼さを残しているハシブトガラス。
何の実を食べてるの?
P8072159.jpg


ゴイサギ幼鳥、いわゆるホシゴイというやつです。
ジーッと、カメとにらめっこ^^
P9172453.jpg

動かないイメージの強いゴイサギ、実際そういう場面が多いけど
この時は実によく動いて楽しませてくれました☆
なんか吐きそうな仕草!
すんごい首のびてるし(笑)
P9172439.jpg

ホームセンターで買物を済まし、戻ってくると
同じ場所に成鳥が居た!
この個体も枝をくわえたり落としたりしてひとりで遊んでる。
エサ獲り練習かな?まだ子供なのかもしれませんね^^
P9172508.jpg

野鳥を見に来たお婆ちゃんと話しました。
鳥が賑やかになるのはあと半月くらい、とのことでした☆


ポチッとお願いします☆

| バードウォッチング | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の葛西臨海公園

今はもう秋風吹いてますが。

先々月、7月中旬の葛西の記録。
世間が夏休みに入る前。
野鳥も比較的静かなものでした。


その中で一番目立っているのはムクドリたち。
時期的にこのような若鳥が多く目に付きました。
P7162093aaa.jpg

探していた夏鳥コムクドリ!(初見・初撮影)
蚊と格闘しながら木陰に潜んでいると、いい場所に
出てきた!すかさずシャッターを押します^^
P7162264.jpg

白い顔に黒目がなんとも可愛らしい☆
P7162282.jpg

セイタカシギ。
P7162107.jpg

コチドリ。
P7162248.jpg

東なぎさの真っ黒いのは・・・
全部ウ!
真夏の有名海水浴場のようです。
P7162244_20130806185503a15.jpg

暑さの中。
滞在は3時間ほどでした。


本日、2020年東京五輪開催が決定しました。
経済効果の名のもと、葛西臨海公園の
環境破壊は進められてゆくのでしょう。
ニュースにもされないんだろうな。


ムクドリ、コムクドリ、オオヨシキリ、ヒヨドリ、スズメ、
ヒメアマツバメ、コチドリ、セイタカシギ、カイツブリ、
コサギ、アオサギ、カルガモ、ハクセキレイなど


ポチッとお願いします☆

| バードウォッチング | 01:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT