西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボルネオ島コタキナバルから帰国へ

ラハダトゥからコタキナバルに着いたのは午後6時過ぎ。

往路と同じくサバ・オリエンタルホテルに送迎してもらいます。
H.I.S.の現地日本語ガイド・ティムさんとはここでお別れ。
夕飯をどうするのか聞かれたので行き先を告げると、ティムさんは
マイカーでお店の近くまで送ってくれました。

こういう旅行の場合、旅の良し悪しはガイドさんで決まるといっても
過言ではありませんが、僕らは担当がティムさんで本当に良かったと思います。
ティムさんお疲れ様でした!楽しい思い出をありがとう☆

Terima Kasih!


コタキナバルの夜の街は想像していたよりも賑わいを見せていました。
まずは巨大ショッピングセンター、『センターポイント・サバ』へ。
道路はすごい交通量。歩行者用の信号機が壊れていてなかなか青にならない。
でも地元の人は隙を見てササッと渡っていく。
僕らは結構コワい思いをしましたね^^;
P1020705.jpg
広いセンターポイント・サバ。
土産物屋がどこにあるか分からなかったので、地下のスーパーへ行って
マレー料理の素など、お世話になっている方々へのお土産に☆
P1020700.jpg


そして楽しみにしていた夕食!
大のマレーシア好きである夢人島のお客様に借りたガイドブックに
載っていたレストラン『SRI MELAKA』へ突撃~!!^^
P1020710.jpg
「レストランならここが一番」とティムさんからもお墨付き。
明るい店内は観光客や地元の人で賑わっています☆
ここの店の良いのは、料理を大・中・小で選べること。
3品を小でシェアしました。

豆苗のガーリック炒め『Sweet Peas Sprout Garlic』!
バカ旨!味付け、歯応え、言うことなし!!
P1020707.jpg
イカのチリソース『Chilli Sotong』!
新鮮なイカをピリ辛でいただきます!
P1020708.jpg
米麺の炒め物『Mee Siam』!
涙の出る美味しさ!味は、最高に旨いチャーハンの麺バージョンといった感じ。
小の皿でもボリュームあるんだけど、大が食えちゃいそう~!
P1020709.jpg
これ全部で700円もしないんだから。
早い、旨い、安いの三拍子の店、マレーで味わいました♪


お腹にあえて余力を残しておいたのは、もう一軒行きたい所があったから。
『SRI MELAKA』のほぼ正面にあるフードコート『スリ・セレラ』へ。

広い場内に足を踏み入れる前に、待ち構えていた店員が空いているテーブルに
僕らを座らせます。
フードコートの店員だと思いきやシーフードレストラン『オールド・ヴィレッジ』の
店員さんで、僕にでっかいロブスターを持たせ日本語で「記念撮影!」って。↓
P1020721.jpg
で、この巨大ロブスターをもうオーダーに入れようとしてる。
いやっ、ちょ、ちょっと待ってよ!デカすぎだって。
スモールサイズでお願い(笑)

この店は入ろうと思っていたレストランだったからよかったけど、
この強引さ、気弱な観光客なら気圧されて言われるがまま、でしょうね~^^;


マングローブガニを食べたかったからこれもオーダー。
調理法はオススメのチリソース炒めにしました。
覚えたマレー語“焼くバカー”とか使う機会ゼロ(笑)。
P1020723.jpg

それにしてもまぁ、海鮮食材のすごいこと!
種類も多いが、ハマグリやシャコなんかもデカイ!
P1020733.jpg
中でもビックリ仰天したのがカブトガニ!
おいおい誰が食べるんだよ??無駄死にさせるだけじゃないのかー?
P1020741.jpg

ビールを飲みながら料理を待ちます。
ぬるくて気が抜けたビールだったけど、まぁいいでしょう。
マレーシアでは文句を言う気になりません(笑)。
P1020739.jpg

マングローブガニのチリソース炒め!
僕は2~3匹のつもりだったんだが、ずいぶんあるな!
しかし味はさすが!旨い旨いでアッというまに胃袋に☆
P1020744.jpg

黄色い鶏卵をまとったロブスター料理の登場!
プリップリの身が歯応えよく、旨みも十分☆
P1020747.jpg
マングローブガニが予想外に量が多くて会計のときドキドキしたんだけど
RM135(リンギット)で3千円ちょっと。ホントに安いわ~♪
ボられてるかもしれないけど、安いから気にならん(笑)

食い物屋ハシゴしちゃった☆
ちょっとだけマレーシアの街の夜も体験できて楽しかった!!
P1020752.jpg


次の日は超早起き。
飛行機は午前6時にコタキナバル発。

クアラルンプールの空港にて乗り継ぎ。動く歩道でテングザルをバックに☆
P1020806.jpg
トランジット中、どうしても麺を食べておきたくなってススル^^
アジアのメシはウマイ!
P1020786.jpg

マレーシア航空は結構居心地が良かった。
僕も茶も見とれた、美しすぎるCAさんのおかげ?で
7時間のフライトもあっという間。
ハーゲンダッツも出ちゃって、Wニンマリ(笑)。
P1020853.jpg

成田着。
うーん、なんか日本の夏の方がジメッとしてるぞ!
P1020856.jpg


僕らの心に強く残っているのは、やはりタビン動物保護区で出会った
たくさんの生き物たち。
それは日本でのものとは全く違った印象を与えてくれました。

“地球って、すごい!”


ポチッとお願いします☆

スポンサーサイト

| ボルネオ島 | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボルネオ島タビン野生動物保護区~最終日③

ランチ♪
鶏肉中心のホテルの食事でしたが、色々な野菜をふんだんに使っていて
どれも美味しくいただきました☆
ティムさんとマレーシアの話、日本の話、動物や鳥たちの話をしながらの
楽しい時間もこれで終わり。
タビンを離れる前の、最後の食事です。
P1020633.jpg


帰りたくはないがどうしてもやってくる帰りの時間。
荷造りをするため、僕らの宿泊棟へ向かいました。
そしてこの階段を上がりきったとき、なにやら気配が・・・?
DSCF3471.jpg
わああ~!僕らの好きなシロクロサイチョウ!『White-crowned Hornbill』!
目の前の宿泊棟テラスに居るではないですかーー!(テンションマックス↑)
IMGP4005.jpg
頭の先から尾の先まで1m以上あるサイチョウを間近で見ると、
さらに大きく見える!
信玄公の兜を彷彿とさせる白い冠羽が格好いい☆

近くの木に飛び移ります。これも夫婦でした。
上の首が白いのがオス。
下のメスが、小さな枝?をオスに渡しているのが確認できますでしょうか。
意味は分かりませんが、求愛のサインのひとつなのかもしれませんね。
IMGP4038.jpg

毛づくろい。とてもリラックスしているように見えます^^
シロクロサイチョウの大撮影会♪
IMGP4055.jpg

通常、鳥は木の上に居るので腹側からの写真が多くなってしまうんだけど、
上から見下ろすように背面からの撮影が出来たのはこの場所ならでは。
ティムさんに画像を見せたら、ポストカードに出来るくらいの写真だって!
サイチョウ夫婦、ナイスショットありがとう♪^^
IMGP4065.jpg

「最後に素晴らしい出会いがあったな~」と茶と話していたら、
タビン動物王国(正しくは野生動物保護区^^)のスゴさは
こんなものではなかった!!


ロビーへ向かう途中、前稿に書いた巨大ニシキヘビの死骸の方へふと目をやると、
これまた巨大なトカゲが死骸をむさぼり食っていた~!!!

僕らが見たときに丁度食べ終えたのか(ヘビは大きいので食べ残してたけど)、
すぐにジャングルへと消えていきましたが、茶に託したLUMIXがその姿を
捉えていた!ジャーン☆
P1020680.jpg
息を呑む瞬間!!すっげー!!
P1020681.jpg
『Monitor Rizard』、ミズオオトカゲ。
主に水辺に暮らすこのオオトカゲ、最大で3mになります。
僕らが見たのもそれ近くあったと思います。その印象は、そう、
ちょっと小型のコモドドラゴンといった風。

まさに恐竜。僕も茶も大興奮!
カタコト英語で、現地ガイドさんに報告しました。

最後の最後でこんな経験ができるなんて!


いよいよチェックアウト。
備え付けのノートに感想を書き込みます☆
DSCF3477.jpg
タビンワイルドライフリゾートのガイドのみなさん、
貴重な経験、とっても楽しい旅をどうもありがとうございました!
「See you again!」
P1020468.jpg

そしてラハダトゥ空港に向かうため送迎の車に乗ってホテルのゲートへ行くと・・・
ん??
IMGP4093.jpg
ああ~!あのイーグルの子供が地面に降りて通せんぼ!
「帰らないで~」なんて言ってくれてたりして?^^
僕らも帰りたくないよ~☆
IMGP4092.jpg

なんとドラマチックな最終日!!


かわいい見送りを受けてから、車は再びガタガタ道を通り空港へ。
沿道にはフルーツ売りの屋台が出ていたり。
DSCF3481.jpg
ラハダトゥ空港。滑走路脇にすぐ民家が。
DSCF3488.jpg
プロペラ機が降り立ちました。
DSCF3499.jpg

2日間と半日のタビン滞在は、あまりにも内容の濃い充実した毎日で
もっと長い時間を過ごしたように感じられました☆

さらばタビン動物王国!!
DSCF3503.jpg

機は1時間のフライト後、再びコタキナバルへ。

まだつづく

ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 01:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボルネオ島タビン野生動物保護区~最終日②

朝食後、1日目に訪れた泥火山“マッドボルケーノ”へ行ったことの『証明書』を
作ってくれました。
泥を手に塗って、紙にペタッ!いい記念品になりました☆
DSC_0020.jpg


午後2時のチェックアウトまで自由時間。
ここは大自然の中。たいくつなんてありません。
僕たちは最後まで生き物を追い続けました。
川原に居たのはブルーが美しいトンボ。
IMGP3874.jpg
で、僕はやっぱ捕まえてみる(笑)。
透明な羽と黒い羽。じっくり観察すると色々なものが見えてきます。
P1020496.jpg
石をひっくり返して、エビも捕らえた!
P1020512.jpg

クロリスちゃん^^
IMGP4534.jpg

こんなベストポジションに来てくれたのに、何故かピンボケになっちゃった。
僕の好きな赤い鳥^^
IMGP3912.jpg

タビン滞在2日間と半分では到底足りない程の生き物の豊富さ。
IMGP4519.jpg
もうすぐ帰るというのに、次々に初めて見る生き物が現れます。
IMGP4525_20120720160815.jpg
破壊の進むジャングルですが、ここはまだ、確かに生き物の楽園でした。
IMGP4536.jpg


別行動をしていたティムさんが、巨大ニシキヘビの死骸を発見!
ホテルの従業員と皆で見に行きます。
うおーっ、すげ~・・・!
ガイドさん曰く、キングコブラと闘って負けてしまったんだそう。
さしものニシキヘビも、大きな毒蛇にはかなわなかったのか・・・。
DSCF3457.jpg
えっ、ニシキヘビ、キングコブラ、“ここにいる”ってことだよね!?
ひえぇ~!
改めてジャングルのすごさ、自然の只中に居るすごさを感じました。


僕らの森歩きは続きます。
P1020564.jpg

僕のすぐ横の木がガサガサしたと思ったら、“大きな小動物”が!
何かを食べていた彼は、僕の姿を見ても遠くに逃げるではなく、
横枝にうつぶせになりZZZ~・・・あまりにユーモラスな姿に笑っちゃったよ^^
IMGP3937.jpg
ムクッと起き上がったそれは、大きなリスでした!
IMGP3941_20120720162502.jpg
また別の枝に移って、腹ばいになります。
こっちをジーッと見ているようだけど、
IMGP3951_20120720162634.jpg
特に警戒するわけでもなく、木の実を食べたり
足でわきの下をボリボリかいていたり(笑)。
とにかく尾が長い!尾だけで40~50cmはありました。
IMGP3960.jpg
後でティムさんにこの写真を見せたら、「えっ!どこにいました!?」と興奮気味。
ボルネオ最大のリス、『Giant squirrel』、いいもの見たな^^


つづく

ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 00:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボルネオ島タビン野生動物保護区~最終日①

タビンを離れる日。
午後2時のチェックアウトまでは自由行動です。

朝食まで寝ていてもよかったんだけど、ジャングルに居る僕たちは
そんなゆっくりしていません。てか、ワクワクして寝てられないから!^^
たった半日の最終日。
その短い時間の中でも、素晴らしい出会いがたくさん待っていました☆


朝6時に起床。
生き物たちは目を覚まし、今日もジャングルの一日が始まりました。
DSCF3462.jpg
最初に見たのは泳ぐヘビ君。
P1020325.jpg

身支度を終えた茶と合流。
そして動物好きなティムさんも朝早くから行動開始しており、
一緒に朝のバードウォッチングです^^
DSCF3445.jpg

初日に少しだけ姿を見かけたサイチョウ『Oriental Pied Hornbill』が
夫婦で姿を見せてくれました!枝をつっついて折ったり、行動が面白く
ずっと見ていても飽きませんね^^
IMGP3812.jpg


今日のギボン。
テナガザルの子供が樹上で活発に動き回っていました^^
P1020901.jpg

今日のイーグル。
この幼鳥はいつも同じ場所に居て獲物を待っていました^^
P1020359.jpg
このとき、盛んに鳴いていたのでしばらく観察していると・・・
『CRESTED SERPENT-EAGLE』の成鳥が飛んできて、この子と鳴き交わして
いるではありませんか。巣立ち後の我が子が気になって、見に来たのでしょうか・・・。
IMGP4429.jpg
いつもホテルの敷地内に居たテナガザルの一家とイーグルの子供。
その姿は僕たちに癒しを与えてくれました☆


タビンワイルドライフリゾート入り口付近。
右手は広大な油やしのプランテーション。
ジャングルの大半がこのプランテーションに変わってきている現状です。
P1020395.jpg
朝のさえずりが賑やか♪
IMGP4430.jpg

赤茶色をしたキツツキの夫婦。
あまりに動きが早く変な写真になっちゃったけど、面白い鳥を見られたな。
アオゲラくらいの大きさでした。
P1020814.jpg

4種目のサイチョウ!!
『White-crowned Hornbill』シロクロサイチョウの夫婦!
僕がサイチョウの中で一番見たかった種類です。
よく見ると何かの赤い実をパクッと美味しそうに食べていました☆
IMGP4432.jpg


日本でもどこでも、やはり朝が最も生き物観察に適していますね♪
さて、僕らもお腹が空いたので食堂へ向かいましょう^^
P1020408.jpg
今日の朝ご飯は・・・
やったー!ビーフン料理♪揚げ卵と、ハート型の魚の揚げ物。
ビーフンとっても旨かった~☆おかわりしまくり♪
P1020403.jpg

朝食後はティムさんと、今までタビンで見た生き物のおさらいを。
たくさん見すぎちゃったけど(笑)すべて忘れられない生き物ばかり。
DSCF3450.jpg
車でのジャングル探検中に現れたボルネオゾウと、下段ヒゲイノシシ。
中段スマトラサイは生息数約20頭とやばい状況。
P1020453.jpg

食堂の動物パネルより。
今回見たのは上段の左ブタオザル、中央の夜行性希少種スローロリス、
下段の中央テナガザル、右のグレイリーフモンキー。
多くが絶滅危機にあり、パネルにはオランウータン、テングザル、
メガネザルの姿もあります。
P1020444.jpg

目撃した野鳥の数はハンパなかった。
このパネルの中だけだと半分は見てるかな。
サイチョウはタビンの7種中4種を確認。
カワセミ類2種、フクロウ類2種はじめ珍しいのをたくさん見られました☆
P1020451.jpg

つづく

ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボルネオ島タビン野生動物保護区~2日目④

ブタオザルの群れに遭遇しました~☆
かわいい表情だな~と思ってたら突然・・・
IMGP4374.jpg
『ムキッ』
!ガハハ
変顔対決なら負けないよ!
IMGP4372_20120715111632.jpg
・・・って、変顔をし返すと、向かってくることがあるそうな。
オスの威嚇ポーズなんだって。

ほのぼの親子連れ^^
IMGP4390.jpg


次に会ったのはザ・サイチョウ!
『Rhinoceros Hornbill』サイチョウのオスは赤で自己主張^^
IMGP4417.jpg
こちらはメス。
これから繁殖期なのか、出会う鳥類はつがいが多かったのが印象的でした。
この時点で辺りは薄暗くなってきています。撮影にはシビアな状況になって
きたけど、何とか一眼の設定を変えたりして撮れました~♪
IMGP4396.jpg
でも僕らの一日はまだ終わらないよーん♪
IMGP3719.jpg


この日暮れのタイミングでレアな場面に遭遇!
『WALLACE’S HAWK-EAGLE』が、枝で丸型に作った巣の近くで交尾を行いました。
未来へ子孫を繋ぐ瞬間です。
IMGP4421_20120715113137.jpg

そして女性ガイドさんがまた、絶対気付かないような遠くの樹上に生き物を発見!
『RED GIANT FLYING SQUIRREL』という赤褐色の大型ムササビ。
木の頂に上ったとき、ガイドさんが「Get ready・・・」
そして・・・飛んだ!
P1020830.jpg
「Nice picture!」とお褒めの言葉をいただきましたよ^^


ここで車を停め、暗くなるのを待ちます。
お楽しみ、2回目のナイトサファリの始まり!

女性ガイドさんと赤シャツの助手ガイドさんが走る車の上からライトで動物探し。
いきなり出現したのが『Barred Eagle Owl』会いたかったウオミミズク!
新たなフクロウの発見にまたまた僕ら興奮!(あくまでも静かに、^^)
木の杭にとまっていたんだけど車から至近距離に居過ぎたせいか
すぐに飛んでしまい絶好のシャッターチャンスを逃す。
この旅で唯一の心残り。でも嬉しい出会いです☆


昨夜に続き『オオフクロウ』^^2羽いたんだけど、2羽目はスルー。
僕らはじっくり見たいんだけど^^;
なんか夕食の時間に遅れるからって車が急いでました!
P1020274.jpg

そんな中でも僕らに付いていた見習いガイドさんが大物を見つけてくれた!
夜行性のサル、『スローロリス』
スローロリスはもっと奥の森に居るから見るのは難しい、と聞かされていたので
これは嬉しい出会いでした☆
環境破壊や乱獲によって絶滅危機にある小さなサル。
すぐに木陰に隠れてしまったけど、感動的。

幻想的なホタルが今夜も楽しませてくれます。
『ベンガルヤマネコ』なども目撃して、ナイトドライブは終了♪


今宵のチキンカレーはやけに美味しく、ご飯おかわりしてカレーソースをたっぷり☆
他にイカの揚げ物と野菜料理、トマトスープ。
P1020277.jpg
ティムさん日焼けしたな~^^
白い茶とえらい違いだ。
P1020278.jpg


夕食後、ホタルの舞うホテル近辺をガイドさんとナイトウォーク。

蓮の花咲く池ではカエルの合唱♪
IMGP3804.jpg

木の隙間から顔を覗かせる『Small-toothed Palm Civet』^^
IMGP3806.jpg

僕、照らすライトの先に生き物らしきものが見えて、ガイドさんに「あれ何?」と
聞いたんだけど、葉っぱがフクロウに見えただけでした(笑)。
フクロウの幻覚、まぁよくあることで^^;

さあさ、トンボも寝てるから僕らも寝ましょう!
P1020302.jpg

もう、一日が濃いから夜はグッスリですよ☆


ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボルネオ島タビン野生動物保護区~2日目③

足がスッキリ気持ちよくなってから、しばしワイルドライフリゾート内で寛ぐ☆

ブランコチェアー♪
DSCF3395.jpg
すぐ近くに『Spectacled Bulbul』。
IMGP3640_20120713112042.jpg

今日のギボンさん^^(テナガザル)
なんとも器用に寝るものです。
脚に子供を挟んでいるので、おシリが2つ重なってますね(笑)☆
IMGP4369.jpg

カワセミ!
『Blue-banded Kingfisher』は日本のカワセミ大だけど、頭から羽にかけて
濃紺。しかし背は同じように鮮やかな青色をしていました。
P1020196.jpg

すごく可愛い表情のトカゲがいたので撮りました。
マンガみたいな目でこっちを見ています^^
DSCF3393.jpg
で、トカゲが狙っていたのが金色の体を持つ『GOLDEN・・・何とかアリ・・・失念^^;
DSCF3406.jpg

サイチョは飛んでゆく。
P1020227.jpg

超巨大タロイモ~!
葉っぱに乗って川下りができそうです^^
DSCF3420.jpg

食堂で3時のおやつ。
芋をカラッと揚げたものはこちらでよく食べられているお菓子なんだそう。
風味がよくてとっても美味しい☆
そしてボルネオ島サバ州名物・サバティー。紅茶ですね♪
DSCF3423_20120713112915.jpg


午後4時。
この旅では最後となる車でのジャングル探検に出発~!
DSCF3424.jpg

よく見かけたハチクイの仲間『Blue-throated Bee-Eater』。
IMGP4385.jpg

茶はまた前列のガイドさんに挟まれる席に座ります^^
左の女性ガイドさんが映画「バイオハザード」1作目と「アバター」に出演した
勇ましい女優さんに顔も雰囲気もそっくり☆
このガイドさんが、茶が動物を見つけたとき『いた!』と言うのを覚えて、
何か見つけたときに日本語で『いた!』と言ってたのが面白かった^^

そしてこれは存在感のあるものすごい高さの木!
DSCF3431.jpg
真下から見上げると、御神木かと思えるような神々しさを感じました。
変わりゆくボルネオの自然をどのように見ているのでしょうか。
DSCF3434.jpg

かなり遠いけど、新たに見るサイチョウの仲間!
『Asian-Black Hornbill』クロサイチョウのメス^^。オスもいました☆
IMGP4387.jpg
夕方から夜にかけて、またまたお楽しみの動物観察の時間がやってきました♪

つづく

ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 01:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボルネオ島タビン野生動物保護区~2日目②

朝食後のジャングルへ出発で~い!
DSCF3314.jpg
今日も頭の中で流れるテーマ曲インディジョーンズ(笑)♪♪♪
DSCF3355.jpg

早速、女性ガイドさんが何か見つけました!
DSCF3358.jpg
遠くの木の、点にしか見えないヤツなんだけど
双眼鏡で見るとちゃんと鳥だったりする。
15cmの小さな鷹、『Bornean Falconet』。
IMGP4273_20120711192532.jpg
ガイドさんはじめこちらの方々の視力はいかほどなのか聞いてみようと
思ったんだけど、止めました。
「視力ってナニ?」とか「計ったことがない」って言われるのがオチでしょ(笑)!


日本のよりは明らかにメイクの濃いツバメちゃん(笑)^^
IMGP4274.jpg
体は真っ黒、目は真っ赤!
IMGP4366.jpg


今日のトレッキングでは、川を渡りまーす!
DSCF3375.jpg
『リバド滝』で川遊び♪ここにいるだけで涼しい~☆
皆さんはバシャバシャ泳いでたけど、
P1020151.jpg
僕らは魚を追いかけて遊んでました♪
P1020147.jpg
この川渡りのとき、僕と茶は“ヒル”にくっつかれましたが
早期発見で大事には至りませんでした!^^;
ヘタしたら血ィ吸われてたな~。
ワイルドライフリゾートではヒルに血を吸われた場合、『ヒル献血証明書』を
発行してくれるそう(笑)☆シャレがきいてるけど欲しくない!


すごくカラフルなヤスデ!
ガイドさんが触っていいよ!との事なので好奇心旺盛な僕はもちろん
ヤスデに手を這ってもらいました^^
DSCF3387.jpg

車は川を横断!ワイルドライフ万歳~!
P1020178.jpg


ランチは見た目にも食欲のわいてくる野菜が旨い!
チキンのカレー煮、揚げたシュリンプでガッツリ♪
P1020181.jpg
ティムさんとの楽しい食事のひととき♪
P1020183.jpg


午後2:30からホテルのアクティビティタイム。
(うっかり部屋で30分ほど寝てしまい、少し遅れちゃった^^;)
指定されたカワイイ小屋へ。
DSCF3421.jpg
緑の壁や色とりどりのクッションなど、癒しの空間。
DSCF3414.jpg
足湯とハーブティーでリラックスタイム♪
レモングラスなど使用していると思われる香りが最高でした~・・・^^
DSCF3407.jpg

やあ~、いいな。こういう時間♪

つづく

ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 00:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボルネオ島タビン野生動物保護区~2日目①

うす明るくなってきたとき、自然と目が覚めました。

様々な鳥の声に混じって、テナガザルの遠吠えが聞こえてきます。
そうだ、ここは日本ではない・・・。

昨夜のナイトサファリから帰ってきたとたんに雨が再び振りだして
夜中もずっと雨音がしていたんだけど、止んでいました。
晴れ男&晴れ女、マレーシアでも力を発揮(笑)☆
P1020002.jpg
雨水をいっぱいにたたえたジャングルの大地と緑。空気が新鮮です。
湿気を含んだ森がいいにおい♪
P1020007.jpg


2日目は6時にレストランに集合となっていたので、5時起床。
レストランでは朝6時から軽食を置いてくれます。
P1020014.jpg
焼いたトーストとコーンフレークで爽やかな朝のひととき♪
P1020013.jpg

で、せっかく覚えたマレー語なんだけど・・・朝とか昼とかにあいさつしても
現地の人はほとんど「Hello!」とか「コニチハー!」とか^^;
それに対して僕らがマレー語で返すという妙なあいさつに終始してしまいました(笑)!
でもまぁ、少しは覚えておいてよかった。気持ちは伝わったかな?^^


今日も僕たち担当の現地ガイドさん2名とティムさんと5人で朝のジャングル探検☆
テナガザルのみんな、Selamat pagi(おはよ~)!
おお~、今日はカワイイ子供の姿をしっかり確認!^^
IMGP4216_20120707183146.jpg
子供がお母さんのお腹に抱きつきました。
後ろから見ると、背中に回した子供の手足が見えてめちゃめちゃカワイイ!!
足裏、くすぐってやりたくなります(笑)。
IMGP3481_20120707183317.jpg
このテナガザルの家族はホテル敷地内のこの場所をねぐらにしており、
昼間は別の場所に移動して食事などしたあと、夕方にまたここへ戻ってくるんだそう。
まさに木の上で暮らす“人”です☆


ティムさんが好きな鳥、『BLACK-and-YELLOW BLOADBILL』が樹上に!
ティムさん嬉しそう^^
僕らも動物好きな人たちと一緒に居ると楽しくなってきます☆
IMGP4227.jpg

『CRESTED SERPENT-EAGLE』、巣立ち後間もないと思われる子がいました!
まだ警戒心が薄いので、間近で観察することが出来ます☆
日本のカンムリワシに似てるかな。
ガイドさんによれば、ヘビが大好きなんだそうな!
IMGP3544.jpg

『GREATER COUCAL』
野太い声で鳴く面白いヤツ^^ハシボソガラスくらいの大きさでした。
IMGP4235_20120709140150.jpg

野鳥の種類は本当にすごい。上手く撮影出来なかったもの、目で見ただけのもの
合わせるとこの朝の時間だけでも20種以上は見たと思います。

タビンにはテングザルの迷い個体が1匹いるそうですが、見当たりませんでした。
P1020099.jpg

ウツボカズラ。
有名な食虫植物ですね。
IMGP3600.jpg


うわっ、うわわっ!!
でっけーダンゴムシ!!
ガイドさんが触っても大丈夫と言うので・・・ツンツン
DSCF3349.jpg
やっぱ丸まってもデカイ(笑)
実はこれネッタイタマヤスデというヤスデの仲間なんです。
駄菓子屋のコーラ飴と間違えちゃいそうだよ^^;
DSCF3352.jpg

オジギソウが自生しています。その花は初めて見ました。
オジギソウもツンツンして、お辞儀させまくり(笑)子供か・・・^^;
DSCF3341.jpg

ゾウのフンもツンツン・・・しません。
DSCF3337.jpg


まだいた!
この場所が気にってるんだね~^^
IMGP3593.jpg


丁度テナガザルが食事に出かけるときで、僕らの間近にやってきました!
P1020131.jpg
ティムさんによれば、家族に置いてけぼりにされたお父さんだって。
ガハハ!日曜日のお父さんかっての。
IMGP4094.jpg


8時に戻ってきて、朝食♪
おかゆ、バナナパンケーキ、ゆで卵。
特におかゆ、とっても美味しい!おかわり3回^^
DSCF3354.jpg

いや~、朝からたくさんの生き物が観察できて、濃いなぁ~!(笑)

つづく

ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボルネオ島タビン野生動物保護区~初日④

一応、食事の時間は決まっていますがここは外国、
日本のようにきっかり何時に食べてというのはありません。
食堂の準備が出来ていたら、適当に食べ始めます。
P1010945.jpg
新鮮フルーツ、コーヒーに紅茶。
P1010944.jpg
今宵の夕食はフライドチキン、ゆで卵トマトソースがけ、野菜炒め2種、
マッシュルームのスープをサフランライスで♪
P1010947_20120706114053.jpg


20:30から車でのナイトサファリの予定なんだけど、
食事前から降り出した強い雨、鳴り止まぬ雷。
皆で21:00まで待ってみたけど雨は止みそうもありません。

ティムさんが「残念だけど今日のナイトサファリは中止にしましょう」と。

うーん残念!夜行性動物が見たかったなぁ~!

そうしているうちに、あれれ、雨音がなくなってきましたよっ!?

ティムさん、「行きます?」

僕ら「Ya~!!(はいっ!)」

否、という理由はありません。やったー!


一旦決まった中止を覆して行われることとなったナイトサファリ。
出発後まもなく、車の前を横切っていったのは2頭のヒゲイノシシでした!

車は走行しながら、ガイドさん2人がライトを持って闇を照らし
生き物を探していきます。

自分たちなら見逃すであろう、葉っぱの上で寝る小さな小さな鳥。
『Rufous-Tailed TailorBard』。
オスは頭と尾が赤いので、これはメスなのでしょう。
IMGP4180.jpg

2人のガイドさんに挟まれて車の前方に座っていた茶が、飛んできた“何か”を発見!
車は停車し、ガイドさんは右の草むらを注目します。いた!!
『Blue-breasted Quail』。
見た目、ウズラに似ていると思い帰国後調べると、Quailってウズラの意味でした。
IMGP4181.jpg
日本語ガイドのティムさんは仕事柄、タビンへは何度も来ているけど
その度に何かしらの新しい生き物を見るのだそう。
このQuailが、今回のそれでした。

いや~、茶はよく見つけたな。
ニッポンの鳥レーダーを前方に座らせておいてよかった(笑)!


ホタルの乱舞やカエルの合唱も夜の森の雰囲気を盛り上げます☆

助手のガイドさんが見つけたのは、『Parm Civet』というネコ科動物。
IMGP4182.jpg

いた~っ!!
僕らの大好きフクロウちゃん!!
『Brown wood owl』、和名オオフクロウ。
油やしプランテーションの境界杭にとまって、獲物を待っていたようです。
日本でもハワイでもタビンでも、野生フクロウに遭遇すると鼻血が出そうに
なるくらいテンションの上がってしまう僕たちです^^;
P1010976.jpg

ワイルドライフリゾートに戻ってくると、入り口の正面にマメジカがいました!
“豆鹿”の名の通り見た目はシカの小さいの(ネコくらい)。
でも鹿の仲間ではありません。宿泊棟の下を通って川の方へ消えていきました。
IMGP4183.jpg

他にジャコウネコなど夜行性哺乳類など目撃。
楽しすぎるボルネオの大自然!

ホテルに戻ってきたとたんに再びの大雨。ツイてたね♪
ナイトサファリの興奮も冷めやらぬまま、眠りにつきました☆


ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボルネオ島タビン野生動物保護区~初日③

日本語上手なH.I.S.所属の現地ガイド、ティムさん。
とっても優しくて爽やかな彼は7人兄弟の長男。
四国・香川県で半年間ホームステイして日本語を勉強したんだそう。
旅行中、ティムさんとマレーシアや日本の色々な話をするのが
とっても楽しかったですね☆
DSCF3278.jpg

昼の休憩中、敷地内を歩いていると、僕らと同じような動物好きの
西洋のご婦人が手招きして“あれ”と指差す方を見ると・・・

おお~、テナガザル!!
『Bornean Gibbon』現地ではギボンと呼ばれています。
IMGP3320.jpg
木の高い所で枝に横になって昼寝をむさぼっています。
よく見ると子供も居るよう。
心が和む光景ですね~^^


さて昼食後の休憩をはさんで15時半から、車に乗ってジャングル探検に出発!
空港からの車で一緒だった2組の外国人の方と、それぞれに付くガイドさんたち。

僕と茶の頭の中には、『インディジョーンズのテーマ』が鳴っていました!!
いや、実際に2人で口ずさんでいたな(笑)♪
P1020878.jpg

しばらく車で走ってから、徒歩。
これぞワイルドライフ!!
この森では、小さなマメジカを観察できました。
P1010870.jpg


そして目の前に現れた泥火山、『マッドボルケーノ』!
P1010890.jpg
泥は地表に出るまでに冷えて、全く熱くはありません。
マッドボルケーノお約束の“泥メイク”を僕らも!
天然の泥温泉は美容パックになるんだそうですよ。
ガイドさんはもっと顔真っ黒にしてました(笑)!
DSCF3301.jpg
見通しの良いこの場所は、生き物の集まる場所でもあります。
P1010894.jpg
カラフルなハトや、15cmという小ささのタカも。
珍しい生き物に興奮するな~☆
P1010895.jpg


では戻りながら車で動物探し!
P1010900.jpg

走っている車が急に止まると、生き物をみつけたってこと^^
ガイドさんが示す遠くの樹上に『GRAY LEAF MONKEY』!
示されてもすぐに分からないような場所、よく見つけるよな~☆
IMGP3415.jpg

枝の上で休んでいる大トカゲ。
P1020880.jpg

!!赤いカワセミ!!
『BLACK-BACKED KINGFISHER』
日本のカワセミよりやや小さいか。
ボルネオにはカラフルなカワセミの仲間が多くいるそうです。
僕らめちゃめちゃ興奮した~。
P1010912.jpg


そして車が進むうち・・・

車の左側の茂みが突然、大きくバキバキと音を立てて揺れた!!
その茂みが静まったと思ったら・・・
前方の森からのっそり現れたのは、ボルネオゾウ!!(アジアゾウ)
IMGP3383.jpg
おおおー!すっげーー!
IMGP3394.jpg
「むしゃむしゃ」
P1010996.jpg
「パオーン!!」
P1010991.jpg
ボルネオゾウは尾が鼻と同じように長いのが特徴。
ゾウの中では小柄ではありますが、間近で見るその姿に圧倒されます。
このとき現れたボルネオゾウは4頭。
草を食べながら群れで移動をしています。
ワイルドライフリゾートの比較的近くで会えたのはとてもラッキー☆


野生の大迫力に思わず息を呑んだ瞬間でした。
す、すごすぎる・・・!

つづく

ポチッとお願いします☆

| ボルネオ島 | 01:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。