西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

奄美の自然を守りたい2

※7月27日。追記
この愚かな計画は、一度白紙撤回されたと報じられましたが
水面下で続いているそうです。

引き続きご署名、拡散を希望します。
よろしくお願いします。

キャンペーンのお知らせはこちら




今まで5度旅行した、奄美大島。


僕らは自然を愛するがゆえに、
こうした愚かな計画には毎度悩まされることになります。


龍郷の海は、
僕らがいつも自然観察の森から撮影している
素晴らしく美しい海。


目先の“金”しか目に入らないヒトらが、
そんなかけがえのない豊かな自然環境を破壊していく。


ヒトが大量に押し寄せることで、
貴重な野生動植物の生息環境にプレッシャーとなる。


もう、たくさん!


奄美に行ったことが無くても、
自然を心から愛するという方々。
どうかご署名をお願いします。


奄美大島のすばらしい自然を残すため、
中国人客5,400人を乗せた22万トン級クルーズ船の
寄港地建設計画をやめてもらいたい!
龍郷湾を守る会





※7月21日追記。

町長が計画を断念したそうです。
本当によかった。
が、利権に動く者によってこうした話はまた出てくるかもしれません。
今後も見守り続けたいと思います。
ありがとうございました。


2013年撮影。
奄美自然観察の森から望む龍郷湾。
IMGP4764_201607211141591cf.jpg


| 奄美大島 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いも~れ奄美2013・最終日②~ありがっさまりょーた

大勢で現れたリュウキュウサンショウクイの家族!
こちらはおそらく親鳥。
本土の夏鳥サンショウクイよりも濃い灰色ですね。
P7050194.jpg

このまだら模様の方がヒナでしょうか。
ヒナといっても自分で虫とか捕まえているのが観察されたので
間もなく独り立ちするのでしょう。
P7050203.jpg

なにが面白いかって、サンショウクイは木の高いところを
生活圏としているので見上げなきゃならないことが多いんだけど、
今はドラゴントリデにいる僕らの方が高い位置なので
いつもお腹しか見えなかったサンショウクイを上から観察出来たこと。

そして警戒心の薄いヒナの1羽が、トリデの手すりに止まりました!
これは茶が1mの距離からコンデジ撮影した写真。
僕は気付かず、振り向いたら飛んでしまいました。
至近距離で見たかった~^^;見れた茶は満足げ^^
DSCF6434a.jpg

でもみんなかなり近くまで来てくれて、楽しい~!
景色はいいし、最高だね☆
IMGP4751.jpg

夢人島にも飾ってある、龍郷湾の写真です。
IMGP4764.jpg

こっから海へ飛び込みたい!!
IMGP4765_20130725165536.jpg

リュウキュウサンショウクイ、龍郷湾を背に☆
P7050136.jpg

たっぷりと南国の風景を堪能♪
P7055686.jpg

シジュウカラの家族に見送られて、自然観察の森を後にしました。
P7050182.jpg


さて奄美旅最後のお楽しみはお昼ご飯~☆
僕らが鶏飯で一番美味しいと思っている『みなとや』へ
来ましたが・・・げっ!まさかの“休み”!?

金曜日が定休日なワケがない・・・と調べておかなかった
自分が悪いんだけど^^;東京の感覚とは違いますね。
東京で金曜日に休む飲食店はまず無いですから・・・。

そういうことで空港に近いみなとやから戻る形になっちゃったけど、
『ばしゃ山村』へ急行しました!

僕は鶏飯モードが抜けきれず、鶏飯と刺身の定食を!
IMGP4776.jpg
ん~☆美味しい~♪
サラッといくらでも食べられちゃう鶏飯は以前自分でも作ったけど、
また作りたくなりました☆
IMGP4774.jpg

茶はマグロの握り寿司のセット!
小鉢のもずくがウレシイね^^
IMGP4773.jpg
美味しいピース☆出ました☆
IMGP4777.jpg

奄美の妖怪ケンムンたち。
IMGP4779.jpg

結構出発時間にギリギリで焦ったけど、乗れた^^;(笑)
次はいつ来れるかな~。
DSCF6449.jpg

今回も貴重で素晴らしい生きものたちと
たくさん出会えました。

奄美の大自然、大満喫~!

そしてお世話になった方々、ありがっさまりょーた!(ありがとう)



奄美大島5日間の出会い☆
アマミヤマシギ、オオトラツグミ、オーストンオオアカゲラ、
ルリカケス、リュウキュウアカショウビン、アマミコゲラ、
リュウキュウサンコウチョウ、リュウキュウサンショウクイ、
ズアカアオバト、リュウキュウハシブトガラス、シロチドリ、
リュウキュウコノハズク、リュウキュウキジバト、ミサゴ、
コアジサシ、リュウキュウメジロ、アマミシジュウカラ、
アマミヤマガラ、イソヒヨドリ、アマミヒヨドリ、ダイサギ、
コサギ、クロサギ、リュウキュウツバメ、スズメ、カワセミ

声のみ☆
アカヒゲ、カラスバト、リュウキュウアオバズク、
リュウキュウキビタキetc
全30種


鳥類以外☆
アマミノクロウサギ、リュウキュウアオヘビ、ヒメハブ、
アカマタ、オットンガエル、リュウキュウカジカガエル、
アマミハナサキガエル、ヌマガエル、シリケンイモリ、
バーバートカゲ、キノボリトカゲetc

声のみ☆
ケナガネズミ、ヒメアマガエルetc


ポチッとお願いします☆

| 奄美大島 | 10:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いも~れ奄美2013・最終日①~奄美自然観察の森

眠い・・・さすがに寝不足が4日続くと眠い。
しかし行かねばならない(ことはないが)・・・(笑)

朝5時、ひとりで宿を出ました☆
お月さま、おはようございます。
IMGP4706.jpg

『奄美自然観察の森』。
龍郷湾を照らす朝日。この風景を見られただけでも早起きの甲斐あり!
IMGP4714.jpg

たくさんの生きものが暮らす長雲峠の森。
IMGP4716.jpg

さて鳥さんは、と言えば。
2羽のアカショウビンが鳴き交わしを行っていました。
1羽は森から一瞬出てきましたが撮影には至らず。

そして遊歩道をゆっくり歩いているとアカヒゲの鳴き声が!
この旅でぜひ会いたいと思っているアカヒゲ。
しばらく息を殺して待ちましたが、姿は見られませんでした。
待っている間、アカショウビンの警戒の声。
そしてすぐそこから飛び立つのが見えました。
めちゃくちゃ近くに居たんだねぇ~!

というわけで撮れたのはオーストンオオアカゲラのみ。
一心不乱に木ツツキ!
P7055779.jpg

ツマベニチョウ。
P7050190.jpg


給油ランプが点滅していたので給油し(近くにあってヨカッタ^^;)、
8時半にヴィラゆりむんに戻って朝食をいただきました。
部屋の前に置かれたバスケットに入っていたのはフレンチトースト☆
朝から甘々ですね。
IMGP4720.jpg

テラスでモーニングコーヒーを☆
IMGP4723_20130725152832.jpg

海も空も青い!
IMGP4725_20130725152938.jpg

今日も暑い一日になりそうです。
IMGP4729.jpg


帰る日なので、荷物をきちんとトランクに詰めて整理。
9時半頃チェックアウト。
最後に過ごすのは『奄美自然観察の森』!

朝と同じ、ドラゴントリデから見た龍郷湾の風景。
IMGP4746.jpg

もうアカヒゲもアカショウビンも鳴いていませんでしたが、
“ピリリ ピリリ”と鳴く複数の鳥がドラゴントリデの周りを飛んでいる!

リュウキュウサンショウクイがヒナたちを連れてやってきました~☆
P7050130.jpg

いっぱいいる!
これは嬉しい出会いだなぁ~♪
P7050086.jpg


つづく

ポチッとお願いします☆

| 奄美大島 | 01:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いも~れ奄美2013・4日目③~夜の生きもの観察隊

奄美最後の宿泊は『ヴィラ ゆりむん』さん。
建物全体、かわいらしい造りになっています。
IMGP4684.jpg

夕食時間は決まっており、午後7時からとのこと。
だいぶ時間があるので、近くの浜へ出てみました。
ここ赤尾木湾は大昔に隕石が落ちて出来た海だと言われており
『奄美クレーター』と呼ばれています。
IMGP4691.jpg

風呂に入ったりしてゆっくり過ごし、午後7時にテーブルに着きました。
楽しみにしていた夕食!・・・お料理がなかなか出てこない。
やっと1品目が来たけど、次の皿がまた出てこない・・・。

ここは宿泊客以外の人も利用できるようで、どうやらワイワイ飲みながら
食べている5人組のペースに合わせて調理をしている様子。
これじゃあ食べ終わるのに2時間以上かかると見て、早く料理を出して
くれるよう頼みました。
こちら3品目の魚介のパエリヤ。
IMGP4702.jpg

申し訳ないが、俺の奄美ラストナイト、
ゆっくり食事をしている暇はないッ!

奄美で一番楽しみにしている、夜の動物観察に出発できたのは午後9時前。
だいぶ遅くなりましたが、まずは近くの自然観察の森付近へ。
リュウキュウコノハズクの群れを楽しみましたが、
他には出そうもなかったので場所を移動。


こちらでもリュウキュウコノハズクがヒット!!
茶が最初に見つけたとき、このヒナ3羽は並んでいました^^
かわいい~
P7045451.jpg

しばらく見ていると、親鳥(上)がヒナに獲物を運んできました。
ヒナは木の枝のようなものを足でつかみ、頑張って飲み込みます。
獲物はなんとナナフシ!
枝に擬態しても、コノハズクにはバレちゃうのね~^^;
P7045455.jpg

今までの旅で多くのコノハズクのヒナが見られたのは2006年。
この時は8月の旅行で、丁度コノハズクの繁殖期に当たっていたからでした。

なので7月一週目にこんなに早く子育てしていることがちょっと意外でしたね。
今年の奄美は梅雨にあまり雨が降らなかったらしいので、
そうした影響もあるのかな~、と勝手に推測しています。
P7045467.jpg

ここへ観察車が近づいてきて「何がいるんですか?」と聞かれたんで
「リュウキュウコノハズクです。」と答えると、5、6人の観光客が
どやどや車から下りてきて全員コンデジでフラッシュの嵐。
こうなってはここでの観察もおしまいです。
コノハズクには申し訳ないことをした気がしました。

生物は物体ではなく、敬意を表し静かに観察するもの。

もし、奄美が自然遺産登録などされたら、こういう連中がもっと増えて
生きものたちへのダメージとなるのではないか。

かねてから持っていた僕の不安が増大してしまいました。


気を取り直して先へ進みます。
斜面に、アマミノクロウサギ~☆
草を食べていますね^^
P7045503.jpg


こっちにも!
P7045554.jpg

おとなしい個体です。うひょ~♪
P7045555.jpg

土に巣穴を掘り、子供を外敵から守るために巣穴の口を土で埋めて
また掘り返したりするアマミノクロウサギ。
そのため爪は鋭く尖っているのが分かります。
P7045562.jpg

余裕があったので赤目軽減など試したけど、どうしても赤目になります。
しかしカワイイなぁ~^^
古代より奄美で独自の進化を遂げてきたまさに“生きた化石”です。
見させてくれてありがとな~☆
P7045572.jpg

この日に見たクロウサギは4羽ですが、
たっぷり観察できました☆
DSCF6413.jpg


出た!ヒメハブ!
ライトに反応し、頭を持ち上げています。
P7045778.jpg

レロレロレロ☆
毒蛇です。
素晴らしい生きものですよねぇ~!
でも僕ら5回も奄美に来てるのにハブにはまだ会ったことがない・・・。
P7045627.jpg


今夜のアマミヤマシギはとってもキュート

どっちに行こうかな~、やっぱあっちに行こうかな~、ウロウロ。
顔がカユイな~、ポリポリ(写真)。
ウンコしたいな~、プリッ。
好き放題やって、何かついばみながらトコトコ歩いてゆきました☆ガハハ
P7055640.jpg


帰り道、こんな所にコノハズク?
コノハズクに始まりコノハズクで終わった今夜^^
P7055653.jpg


出陣が遅かったせいか小鳥類は全く見られませんでしたが、
時間が違えばそれなりに楽しい出会いがあるもの。

奄美最後の夜にふさわしい内容でした☆
楽しかった~♪


最終日へつづく

ポチッとお願いします☆

| 奄美大島 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いも~れ奄美2013・4日目②~大島北部へ

コロコロ、丸石のホノホシ海岸。
IMGP4508.jpg

南国情緒を思わせるアダンの実。
P7045285.jpg

チョウが追いかけあっていました^^
P7045294.jpg

ホノホシ海岸から古仁屋へ戻る途中、3羽のズアカアオバトが。
P7045766.jpg

古仁屋の『フラワーショップたしろ』。
こちらは名前の通りお花屋さん。
でも奥へ入るとカフェがあって食事が出来、ジェラートもあるのです!
このジェラートが絶品☆
DSCF6399.jpg
イタリア語で酢を意味する「アチェート」は、島特産のさとうきびから
作った“きび酢”に手作りクッキーとレモンピールを合わせさっぱりと。
「白ごまもち」は喜界島特産の白ゴマと、黒糖から出来た“じょうひ餅”
が組み合わされていて食感も風味も豊か!
「黒糖ミルク」も最高で、土地の食材を上手く使ったジェラートは
これを食べるために南部に足を運んでもいいと思わせるほどです☆


朝、僕一人で来た『高知山展望台』に再度やってきました。
ぜひこの景色を茶にも見せたかったので☆

珊瑚茶屋ヒデさんから「すごい!」と聞いていた望遠鏡がコレ。
なんと加計呂麻島を歩く人も見えちゃう超望遠!ホントすごい!
バードウォッチャーにはおなじみ「KOWA」製。
IMGP4634_20130724142412.jpg
映画「寅さん」や、最近では仲間由紀恵さん主演「島の先生」など
撮影された加計呂麻島。撮影地に関しては全く興味がないですが、
海がキレイで『青の洞窟』と称する景勝地もあるそうで、いつか行ってみたい島☆
IMGP4640_20130724142831.jpg

古仁屋の街をジオラマ撮影^^
P7045306.jpg

巨大シダ・ヒカゲヘゴはこんなに巨大!
金作原のはもっと大きかったけど☆
IMGP4646.jpg

何という花かな?
朝、盛んだった鳥たちはどこへ行ったのやら、静か。
IMGP4649.jpg


このまま大島南部を後にして、北部へ向かいます。
『クロウサギに注意』。

アマミノクロウサギの交通事故は多く、特に2007年以降は急増し
年間70頭以上が命を落としています。
クロウサギだけでなく鳥、カエル、ヘビなど多い路上に注意。
DSCF6400.jpg


マングローブ遠景。
ここでは茶が、水場から飛び立つアカショウビンを目撃。
IMGP4667.jpg

この日の昼食はカロリーメイトなどで簡素に済ませます。

探鳥地である小湊へ寄りますが暑いので車から降りずスルー。
水田でヨシゴイやヒクイナなど探したかったんだけど。

2006年、泥染め体験をやった『本場奄美大島紬泥染公園』前を通ると、
泥染めおじさんが元気で居た!


『大川ダム』。
IMGP4676.jpg

可愛いリュウキュウツバメのヒナがたくさん!
P7045364.jpg

木の実を食べていたズアカアオバト☆
P7045372.jpg


また『こっこ家』来ちゃった!^^
卵から作ったソフトクリームをいただきます♪
次回こそはぜひロールケーキをォォォッ!
DSCF6402.jpg

『奄美物産センター』でお土産購入。
皆様に大好評の黒糖かりんとう、そして奄美もずく、アオサなど。
ハイビスカスティーは自由にいただけます☆
DSCF6406.jpg


午後4時頃、龍郷に到着!
イソヒヨドリ君のお出迎え☆
P7045397.jpg

つづく

ポチッとお願いします☆

| 奄美大島 | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いも~れ奄美2013・4日目①~朝探鳥とホノホシ海岸

4日目の早朝ウォッチングは僕一人で出陣☆
さすがに眠いですけどね、出かけたい気持ちが勝ちますね(笑)☆

いつもよりちょっと遅めの朝6時半。
寄り道して海の風景を眺めながら・・・
今日も天気は良さそう!
IMGP4452.jpg


車で林道を上り、駐車して更に5分ほど歩くと
展望台が現れます。
IMGP4460.jpg

うひょ~!
ここの眺めはすごい~!
古仁屋の街の向こうに横たわる加計呂麻(カケロマ)島!
広角にしても写真に収まらない!
IMGP4467_20130721162755.jpg

右へ目を移すと、大小様々な島が。
大島海峡が一望に見渡せる絶景です☆
IMGP4478_20130721162952.jpg

展望台の周りでは“ポ~ ポァ~オ~”とズアカアオバトの
愉快な?鳴き声が聞こえます。
そのうち1羽がすぐ近くに飛んできました^^
大島海峡をバックに☆
P7045182.jpg

そして“キョッ キョッ”とオーストンオオアカゲラ。
声はすれども姿は見えず・・・
待ってると、つがいで姿を見せてくれました~♪
上の、頭全体が赤いのがオスですね☆
奄美大島固有種のこの大型キツツキは国指定天然記念物、
絶滅危惧Ⅱ類、国内希少野生動植物。
今回の旅ではよく見かけました。
P7045754.jpg

オオアカゲラ夫婦の観察に時間をかけすぎた^^;
もうそろそろハーラに戻らないと朝食の時間に遅れちゃう・・・
駐車場へ行こうとすると、木陰でガサガサ・・・また足止め(笑)。

おおっとルリカケスだ!(国指定天然記念物・絶滅危惧Ⅱ類)
息を殺していると、枝ぶりの良い場所に止まってくれました!

しかし思いっきり逆光。
露出補正で何とか姿が浮かび上がりましたが、背景は白とび^^;
P7045242.jpg
奄美大島固有種、大島ではよく鳴き声を聞くし見れたりするけど、
日中にここまでしっかり見られる機会は少ないです。
僕もこんな近くでちゃんと見れたのは初めて☆可愛い顔してる!

4日目の朝探鳥、思っていた以上に楽しかった♪


ペンションハーラの朝食は8時半にお願いしてありました☆
ふわふわ卵に、フレッシュ野菜。いただきまーす!
IMGP4482.jpg

自家製パンが驚きの美味しさ!
僕は遠慮なくオカワリしました☆
IMGP4483.jpg
作ってくれた女性スタッフさんに、僕らは東京の美味しいパンの激戦区に
住んでいるけどそこで十分にやっていける、と話すととても喜んでくれました。
ご飯にしてもパンにしても、細やかな気配りがないとこの味は出ません。

茶も大満足の笑顔♪
IMGP4485.jpg

午前9時半頃、『ペンション ハーラ』をチェックアウト。
とっても思い出深い宿でした。
次回の奄美でも南部まで足を伸ばしてお世話になりたいですね☆


向かうはホノホシ海岸。
途中にあった『ハートに見える風景』。
そうね~海がハート形に見えるような・・・見えないような・・・?
IMGP4488.jpg

キレイな海岸線があって思わず車を止めました。
雲の流れに従って色を変える海がとっても美しい。
IMGP4502.jpg


『ホノホシ海岸』到着!うおー!
IMGP4600.jpg

ここは年中波が荒いため、石の角が取れて丸くなっているのが特徴。
IMGP4547.jpg

そのため波が引くときに面白い音を出すのです。
IMGP4559.jpg

海岸の可愛い野花^^
IMGP4611_20130721195810.jpg


つづく

ポチッとお願いします☆

| 奄美大島 | 01:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いも~れ奄美2013・3日目③~夜の生きもの観察隊

ハーラのテラスで夕日を見るこの男の着ている泥染めTシャツ。
茶のと同じく2006年初奄美の時に作ったもの。
我が武田の御館様・信玄公のまとう袈裟をイメージしました。
IMGP4428.jpg



さて夜を迎えた奄美。
当然、僕らの一日はまだまだ終わりません!
ちょい長いドライブになるけど、元気に出発~☆

最初の出会いは僕の好きなオットンガエル!(県指定天然記念物)
“オウッ、オウッ、オウッ、・・・ットン!”という何とも表せない
楽しい鳴き声を聞かせてくれます。
いつか、鳴いているところを動画で撮りたいですね~^^
P7035733.jpg

前を観察車が2台走っている・・・
これではクロウサギとの出会いは期待できそうもないので場所移動。


今夜のオオトラツグミ☆1羽でした。
一昨日は2羽で、枝かぶりの無い場所に止まっていたし
本当にラッキーだったな~^^
P7034993.jpg
遠くにクロウサギがいましたが、鳥影は少ないようなので元の場所へ。


アカマタく~ん!また会ったね☆にょろりにょろり^^
P7034998.jpg

茶が発見!リュウキュウアカショウビン☆
P7035004.jpg

目が白く見えるのは目を保護する瞬膜を閉じたから。
それにしても口の中まで赤い!火を吹いてるみたい!
さすが“火の鳥”アカショウビン☆
P7035009.jpg

真紅のくちばし、かっこいいですね!足がカワイイ^^
P7035017.jpg

待ってましたリュウキュウコノハズク~!
右側に見える小さな虫を追っかけてました☆
P7035737.jpg

今度は僕がアカショウビン見つけた!
2年前より圧倒的にリュウキュウアカショウビンが多いと感じます。
P7035034.jpg

今宵はアマミノクロウサギがヒットでした♪
なかなかいい写真は撮れなかったけど、11羽も目撃!
その全部を茶が発見。
ウサギレーダーがよく働いていたようですの(笑)☆
P7035042.jpg

アマミヤマシギ~^^
P7035058.jpg

戻ってくると、今度は道路に下りていました。
奄美の夜道、暴走は禁物です。
野生動物に優しい走りを心がけねばなりません。
P7035067.jpg


リュウキュウコノハズクの大家族に遭遇!!
珍しく羽角の出た写真が撮れました。
P7035071.jpg

これは巣立って間もないヒナ鳥です。
止まり方も飛び方もぎこちない。
いやぁ、かわいいですね☆
P7035077.jpg

これは親鳥のようですが、どうでしょう。
P7035091.jpg

飛ぼうとしているのではなく、羽を広げてバランスを保とうと
しているようでした。おっとっと(笑)^^
P7035102.jpg

最後は茶がルリカケスを見つけて終了☆
P7045740.jpg

一昨日は姿を見ることができなかったリュウキュウコノハズクを
たっぷり観察できて面白かった~!


ペンションハーラに戻ったのは午前1時過ぎ。
おやすみなさ~い・・・zzz・・・

つづく

ポチッとお願いします☆

| 奄美大島 | 01:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いも~れ奄美2013・3日目②~ペンション ハーラ

3日目にお世話になる『ペンション Hala(ハーラ)』さん。
大島南部、古仁屋の街から車で5分ほど。
道路を挟んで海の真ん前!
IMGP4400.jpg

宿泊部屋は全3部屋。
この日キャンセルが出たとのことで、無料で海側の部屋を
提供してくださいました~♪わーい☆
木の造りがとってもリラックスさせてくれます。
1Fは寛ぎ空間。
IMGP4381.jpg

ロフトへ上がるとベッドスペース。
このベッドが広くて、柔らかさも丁度よく、
最高に寝心地が良かった!
IMGP4386.jpg

さて。
3時間ほど睡眠をとった茶は・・・
気分の悪さが無くなったようでホッとしました!^^
DSCF6363.jpg

それでは貸切露天風呂へ!
いやぁ~海の見える明るいうちの露天風呂は最高~♪
目の前にはアダンの木があって、南国ムードも◎!
屋内の洗い場は広く、シャワーは細かい噴霧のようで
とても気持ちいい☆
DSCF6370.jpg


露天風呂でサッパリして、1時間ほど部屋でまったり☆
こういう過ごし方もリラックス出来ていいなぁ~♪
僕もあまりに気持ちよくて30分寝ちゃったよ^^


夕食は午後6時にお願いしました☆

「とけいそう(パッションフルーツ)ジュース」
「ばんしろー(グァバ)ジュース」
ふ~!おいしい♪
IMGP4402.jpg

奄美の「もずく」って、太くて味があって本当に美味しいんですよ!
IMGP4405_20130719191702.jpg

うぐすの刺身☆
うぐすは、カツオの高級版のようなお魚だそう。
これがまた新鮮で一寸の臭みも無く、すっごい美味しい!
IMGP4406.jpg
刺身醤油を2種類、出してくれました。
1つは一般的なもの。
1つは島の、ちょっと甘めな醤油。
僕らが使ったのはもちろん後者。とても良く合いました♪


島豆腐を豚肉で巻いたお料理☆
僕も茶も舌鼓を鳴らす!
豚肉は昔の奄美では正月などお目出度いときの食べ物でした。
IMGP4409_20130720155106.jpg

軽度熱中症から完全復活の茶!
美味しい夕食が食べられてよかったネ~☆
食べられなかったらさぞ無念だったろうよと
今も話しています^^
IMGP4414.jpg

豚肉とキバンシャ(フキ)の炒め物☆
IMGP4410.jpg

島豚(黒豚)ステーキ☆
きび酢を使った酸味と甘みのあるソースが絶品!こりゃ旨いわ~♪
IMGP4412_20130720155717.jpg

ご飯と汁物が付くのですが、ご飯を口に入れたとき
美味しくてビックリ!
お料理を手がけている女性スタッフさんに伺うと、
お米は普通のものだけど水加減にポイントがあるのだとか。
IMGP4416_20130720155917.jpg


ここで、ペンション前の夕日がいい感じに!
ハーラのテラスより。
IMGP4420.jpg

デザートももちろんお手製。
専門店で食べるより美味しいショコラケーキ♪
紅茶と共に☆
IMGP4430_20130720160508.jpg

食後も女性スタッフさんとしばし談笑。
僕らが、奄美が好きで5回も来ていると話すと
とても喜んでくれました。

ペンション ハーラの雰囲気、部屋、食事、サービス・・・
僕らとっても気に入ってしまいました!
次回の奄美旅でもぜひお世話になりたいと今から思ってます^^


部屋からの夕景。
静かに奄美の夜がやってきます。
IMGP4435.jpg


つづく

ポチッとお願いします☆

| 奄美大島 | 01:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いも~れ奄美2013・3日目①~大島南部へ

奄美3日目の早朝。
酔って寝て、また早起きしてしまうんだな・・・^^;

午前4時半、起床。
この日は茶もがんばって起きてきたので、一緒に車で出かけました。

ある場所で車を止めると、遠くからオオトラツグミの声。
それにアカヒゲ、リュウキュウサンコウチョウが加わって、
奄美の森の自然コーラス!眠気も吹き飛びますね。
素晴らしい☆
DSCF6324.jpg
カメラの動画なんかでは声は拾えませんでしたが。

しかしオオトラツグミの声の“キョロン”の部分なんかは
ツグミの仲間アカハラにも似た素晴らしくキレイな声。

本土で見られる見た目はそっくりなトラツグミは
夜に“ヒ~”と不気味な声で鳴くため、昔は“鵺(ぬえ)”と
いう架空の妖怪として扱われたこともありました。

トラツグミとオオトラツグミ。
声も尾羽の枚数など違いがあるので、今では亜種ではなく
完全な別種であるという説が有力となっています。

野鳥のコーラスは一斉に鳴き出したセミによってかき消されました。
ああ~^^;


ルリカケスやズアカアオバトを観察するうち、
電線にリュウキュウアカショウビンを発見!^^
車を止め、車内から静かに見ていると・・・
P7035712.jpg

地面に下りた!
アカショウビンが道路に仁王立ちしている面白い図^^
P7034819.jpg

そして山側の法面へ飛び、黒い虫を捕まえて再び電線に乗りました。
虫(たぶんゴキ)は首を折られているようですね~。
P7034860.jpg

そこへやってきたルリカケスに対して、なんとアカショウビンがアタック!!
アカショウビンがモビングするなんて、ここは縄張りなんでしょうか。

“早起きは三文の徳”とはよく言ったもの。
いいもの見れたね~♪

赤いカワセミと青いカワセミの両方を観察できました☆
P7035718.jpg


英さんちに戻って、朝ごはんをいただきます。
午前中からガイドが入っているようで、9時半頃に僕らは出ました。
英さん純さん、大変お世話になりました!
もちろん、またいつかお世話になっちゃいますけどネ♪
IMGP4315.jpg


昨日見た川の美しさが印象深くて、また寄ってみました。
英さんが「奄美で一番きれい」というこの川の下流には
絶滅危惧種リュウキュウアユが住んでいます。
しかし一部はダム化されています。ぜひ手付かずのままの
美しい川を残していってほしいものですが。
IMGP4319.jpg

石の上にアマミノクロウサギのうんち☆
IMGP4320.jpg

いっぱいある!
って、なぜ俺がウンチングスタイル!?
やらせ写真はやめろって(笑)
DSCF6339.jpg

ところで僕のTシャツにプリントされているのは
リュウキュウアカショウビン。
昨年、西表島の『A PICTURE BOOK』で買いました。
どこへでも着ていける、かっこいいTシャツです♪
もちろん奄美の雰囲気にはこれ以上ないほど合う!
DSCF6344.jpg


マングローブの干潟へやってきました☆
IMGP4326.jpg

うじゃうじゃいたシオマネキ。全員で手招き(笑)
P7035720.jpg

とりあえず捕まえて尋問。
「なにを手招いているのだッ!?」
「女の子を巣穴に呼ぼうとしているんだよーッ!」
がんばれよッ!
IMGP4378.jpg

片手で招くシオマネキに対して、こちらのカニさんは両手でカモン!
眼に突起があるのでツノメガニの一種と思われますが定かでなし。
P7035722.jpg



干潟散策を終え、今日の宿泊場所である南部へ向かいます。

古仁屋の街で見つけた『JUICE』という海鮮丼の店に入ってみました。
店内にはステージの上にドラムセットがドーン!
夜はライブハウスか何かになるのかな?そっちが本業?
マグロ丼は、近畿大学が奄美でクロマグロの養殖に成功したとして
有名な“近大マグロ”の漬けや炙り、たたきが乗っています☆
DSCF6352.jpg

茶に異変。

どうやら干潟に居たせいで軽く熱中症になってしまったようで、
食事がノドを通らない状態に。辛そうです。

そこで、この日宿泊する『ペンション ハーラ』さんに電話して、
早めにチェックインさせてもらえるよう依頼。
快く引き受けてくださいました☆

『ハーラ』に着いて、部屋の準備が整うまで
ロビーで休ませていただきました。
冷やしたタオルやアイスノンまで貸してくれて、
とっても親切。

午後1時半頃でしたが、お部屋に通してくれました!
いやもう、ありがたかったですね~☆

茶は広くて寝心地よいベッドで睡眠をとることに。


茶が寝付いたので、僕は車で『白浜』へやってきました。
ここは珊瑚茶屋の英さんと何度も潜りに来ているところ。
海もいいけど、僕はこのガジュマル並木の風景が好きなのです☆
IMGP4398.jpg
英さんと毎度お世話になっている彫金工房の若林さんは
本土へ帰っている最中でお留守でした。

颯爽と獲物を探すミサゴ。
ではなく、カラスに追われるかわいそうなミサゴ。
P7035728.jpg

ツマグロヒョウモン。
P7034967.jpg


つづく

ポチッとお願いします☆

| 奄美大島 | 00:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いも~れ奄美2013・2日目③~テナガ獲りとバーベキュー

大きなシダ植物、ヒカゲヘゴ。
P1080204.jpg

カヌーの後はテナガエビ獲り!
さぁガンバルぞ~☆
P1080219.jpg

こっちでは“タナガ”と呼ばれてるテナガエビ。
網で簡単に獲れます♪
僕が捕まえた、本日の大物大賞!
ご立派です☆
P1080213_20130715142513.jpg

ついでにヨシノボリも捕まえてみる^^
もちろん食べはしないのですぐにリリース。
P1080227.jpg

突然ですが、今回の旅に持参したカメラは
野鳥・生き物撮影用のオリンパス OM-D EM-5。
風景撮影用のペンタックス K-m。
茶がオールラウンドに使うコンデジ、LUMIX TZ30
水中撮影用のFUJI FINEPIX F80EXR の4台。

エビ獲り中に、僕がうっかりTZ30を川に落っことしちゃった!
旅行中はもう使い物にならず。
これで武田軍の戦力は5%低下しました(笑)!
(笑ってられるのは、自然乾燥で直ったから)



旅の2日目は、『珊瑚茶屋』の英さんちに泊めてもらっちゃいます!
わーい♪
なんと最近、自分で建てた家なんです!
造れちゃうもんなんですね~。すごい立派!ビックリ!
P1080039.jpg
もう僕ら興味津々で、家の中を探検ですよ(笑)☆
やはり木の感じはとてもステキ。
そしてキッチン、バス、トイレなどは最新のものを使っており、
過ごしやすいったらありゃしない^^
ウチなんかよりずっと先を行ってます(笑)


夕暮れが近づいてきました。
IMGP4264.jpg

ハンモックで冷えたビールをゴクリ!
ップハァーーー!最高!
周囲の山々ではアカショウビンやコノハズクが鳴き、
心地よい風が頬をなでる・・・
僕が奄美で最も好きな時間帯ですね♪
DSCF6276.jpg

そ・こ・へ・!
先程みんなで獲ったテナガエビが登場~!
待ってました~!
IMGP4274_20130718115048.jpg

カラッと揚がったテナガは大きいので手からバリバリ。
ん~香ばしくってウマイ!自然の恵み、いただきます☆
DSCF6300_20130718115314.jpg

茶が着ているのは2006年、初めての奄美旅行のときに
作った泥染めTシャツ。
奄美では泥染めや藍染め、貝細工など伝統工芸の体験を
行っている施設が多くあります。
DSCF6280.jpg

純さんは台所で腕を振るってくれます☆
DSCF6297.jpg

火をおこす英さん。
5度の奄美旅、全てでお世話になってます☆
今まで奄美に限らず多くのダイビングショップで潜ったけど、
僕らは英さんのツアーが一番好き。
人柄とかサービス精神だけでは言い表せない安心感や
楽しさがあるんですよね☆
IMGP4281.jpg

い~い雰囲気になりました!
IMGP4283.jpg

初めて食べる夜光貝!
シンプルに炒めてあるだけなんだけど、歯ごたえ良く
非常に美味しい!僕は気に入ってしまって、
ほとんど一人で食べちゃった^^;
DSCF6309.jpg

みんなで外でバーベキュー!
おいしいな~☆
たのしいな~♪(笑)
DSCF6308.jpg

ビールの次、奄美といえばやはり黒糖焼酎!
長雲・一番橋の壺入り、非売品らしいです。
こういう時間の過ごし方が“ゼイタク”なんだね~♪
DSCF6318.jpg

バーベキュー中にみんなで写真を撮ろうと思っていたのに、
酔っ払ってすっかり忘れてしまった・・・^^;

酔ってこのまま眠れるなんて。
最高に気持ちイイな~♪
zzz~・・・

(ちゃんと布団で寝ました)

つづく

ポチッとお願いします☆

| 奄美大島 | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT