西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蓼科2016・2日目②~車山高原

御泉水自然園。

走らないで歩くよう言っても、
歩き→小走り→走りになっちゃって、大変^^;
他の来園者がほとんどいなくてよかった。
IMGP0503.jpg

木道をなぜかハイハイしていました。
IMGP0510.jpg

そして「いたい・・・」と晴くん。
人差し指に小さなトゲが2本、刺さってしまっていました。
小さすぎて、取れない。

一度、車へ戻ることに。
こ、これで歩け、と・・・!?^^;
P1310701.jpg

茶の機転で、化粧用具の小ハサミでトゲが刺さっている部分の表面の皮だけを
薄く切り、毛抜きで取り除くことに成功!やった☆
いや~女性の化粧道具がこんな事にも役立つとは!!
IMGP0513_20160609152850f06.jpg

御泉水自然園のビジターセンターで小休止。
生き物の剥製があり、森や環境の事を学べるようになっています。
IMGP0519.jpg


この後、森を少し歩いている間に晴くん、寝る。




車で山を下り、『そば処せんすい』でお昼に。
晴くん、先にいただきますね。
P1310710.jpg

こちらは初訪問。
蕎麦にはちょっとうるさい僕も茶も、とっても美味しくいただきました☆
さすがは信州そば処!のどごし、香り、いいですね!
もちろん手打ち、汁も自家製で無添加。
堪能しました!ごちそうさまでした☆
P1310709.jpg






車山高原へ!
(途中では昨日のように多くのノビタキは見かけなかった)

リフトに乗ります。
寝ている晴くんをどうしようか、という話になったが
僕は晴くんをリフトに乗せてあげたくてここへ来たので、起こします。
P1310719.jpg

車山中腹までの片道チケット。
ヤッホー!楽しー!気持ちいー!
P1310722.jpg

高原の初夏。
カッコウの声が聞こえてきましたよ。
約6分のリフト、最高でした♪
P1310816.jpg



リフトを降りたところにある「TOP’S360°」で、晴くんのお昼にしましょう!
山を眺めながらのカフェランチ、いいですね~♪
P1310738.jpg

野菜の入ったクリームスープと、トースト。
晴くん、トースト付属のイチゴジャムを先に食べちゃって、
おかわりくーださい!だって(笑)確かに美味しいジャムだったけど^^;
P1310742.jpg



それでは車山中腹から下山しましょう!
距離は短くても標高差があるため、これからのシーズンは
様々な植物が楽しめるそうです。
P1310764.jpg


ショウジョウバカマ、一輪。
車山の春を知らせる最初の花、だということです。
レンゲツツジ、ニッコウキスゲの季節もいつか来てみたい。
P5184792.jpg


5月とはいえ強い日差しに。
しかし空気が美味しい!
P1310773.jpg


目の前をサッと横切る鳥。
着地したので行ってみると、遠くで採食している。
お、ノビタキもいるぞ^^

逆光で眩しく、遠いので適当に撮って帰宅後に確認してみると、
飛んできたのはビンズイで、奥にホオアカも写っている!
ノビタキ、ビンズイ、ホオアカの高原3種が同じフレームに収まった写真は
そうそう無いのではないかな^^画像としてはひどいですが。
P5184824.jpg

茶が見つけたノビタキ。
飛び出しの瞬間。
P5184839.jpg

ここへ移動し、見事なフライングキャッチを披露してくれました☆
P5184853.jpg


中腹から駐車場まで歩いて約30分。
僕らはゆっくり歩いたのでもっとかかりましたが。
かなり楽しかった!
次は山頂まで行ってみたいね^^
P1310774.jpg




茅野駅へ戻り茶と晴くんを下ろし、レンタカーを返却。
そこに居たコムクドリ。
月をバックに撮ってみました^^
P5184862.jpg


茅野駅の階段を上ると、姿は見えないが晴くんの大きな笑い声が
響いています。
地元の女子高生に遊んでもらっていました^^よかったね☆


晴くんはそのテンションを車内まで持ってきた。
動く、動く。ずっと動いてる。そして歌うわ、笑うわ。
(機内のシュトレーゼマンのように。)
こうなると僕は白目むくしかありません(笑)。
P1310801.jpg


今回も、思った。
電車の旅は、ムリだ・・・^^;




2日間の出会い☆
ビンズイ、ホオアカ、ホオジロ、ノビタキ、ルリビタキ、アカハラ、
キビタキ、オオルリ、コルリ、モズ、キセキレイ、ハクセキレイ、
コマドリ、サンショウクイ、ハシボソガラス、トビ、シジュウカラ、
ヤマガラ、ヒガラ、アオゲラ、アカゲラ、カワラヒワ、ミソサザイ、
アオジ、ツバメ、ウグイス、ヒヨドリ、メジロ、キジバト、カルガモ

声のみ:カヤクグリ、メボソムシクイ、エゾムシクイ、カッコウ、
キジ、コガラ、コゲラ、エナガ他

茅野市街にて
スズメ、ハシブトガラス、コムクドリ、ムクドリ、オオヨシキリ(声)、
アオサギ
以上44種

| 山梨長野 | 01:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓼科2016・2日目~御泉水自然園

僕は4時半、起床。


ホテルを出ても、川音だけで鳥の声は無し。
昨年はいきなりオオルリが鳴いていたもんだが。
やあ~今日は予報通り良い天気♪^^
P5184698.jpg


ビーナスラインのホテル入口に、元気に鳴くキビタキの声。
姿は見えないので、そのままホテルを見下ろす川沿いの道を歩く。
ここでオオルリの声を耳にするが、見えず。

しばらく行くと、昨年見知った道に出ました。
信濃路自然歩道です。
P1310654.jpg

大滝キャンプ場を通り、『親湯』の裏山から庭へ。
料理長らしき方が敷地内のお堂で参拝しています。
昨年はお世話になりました☆^^
P1310659.jpg


さて、親湯でもオオルリ、キビタキ共に声を聞けず。
昨年はここに複数羽いたので、残念。
ビーナスラインを滝の湯へ戻ります。
途中、鳥相の濃い所があり、追いかけ合うアカゲラ、アオゲラや
モズ、カラ類など観察。

最初のキビタキ君はまだ元気に鳴いていたので探すと、
近くに来てくれ・・・近すぎてこんな写真しか撮れませんでした^^;
P5184719.jpg

滝の湯駐車場で、ホオジロ。
P5184723.jpg

期待していた野鳥は大したことなかったけど
やっぱ早朝散歩は気持ちいい!



朝食バイキング!
朝も品数いっぱいで選ぶ楽しさがあります。
P1310665.jpg

旅先ではご飯と味噌汁でいただきたいね☆
注文してから焼いてくれるオムレツも美味♪
P1310664.jpg

昨晩食べ過ぎて苦しかったのに、また食べられちゃうから不思議(笑)
ごちそうさまでした^^
P1310677.jpg

チェックアウト。お世話になりました!
レンタカーは久々のホンダ車。
バックは滝の湯の外観。
P1310683.jpg

昨年の『親湯』、今回の『滝の湯』、どちらも良かったと思います。
親湯は貸切温泉に洗い場が無い、禁煙部屋だったが廊下に煙草臭があり
ちょい不快だった、部屋が暗すぎた、という不満点(細かいが)あるものの、
蓼科キュイジーヌと称する夕食はとても美味しく、広い宴会部屋を仕切って
個室にしてくれ、カラオケもそこで無料で使わせてくれ、スタッフさんの対応は
ひとりひとり非常に良く、あまり他のお客と接することなく、プライベート性は
バッチリ。文豪、俳人たちが利用した雰囲気もとてもいいものでした。

滝の湯は貸切温泉も部屋も非常に快適で、バイキング形式の食事は
大変な品数ですがどれも美味しく、スタッフさんのサービスも行き届いていたと
思います。ただ外国人観光客もたくさん訪れており、夕食時はごったがえして
いました。うるさいという程ではなかったですが。まぁこっちには子供がいるし
お互いさまではあります。のんびり、ゆっくりするには親湯に軍配ですかね。

ん~、今思うと、良い思い出が残ったのは親湯の方かな。
ん~、でもどちらもまた泊まってもいいな☆




ビーナスライン沿いの『女の神展望台』。
2枚つなげました。ズレちゃったけど。
八ヶ岳、南アルプス、中央アルプスが見渡せる圧巻の風景。
IMGP0422a.jpg

絶景かな!
空気もウマイ!
IMGP0428.jpg

元気なビンズイと出会いました。
P5184885.jpg




『御泉水自然園』へ。

標高は1830m。
昨年訪問し、とっても気に入った所です。
今回はゴンドラには乗らず、車で上っていきました。
IMGP0461.jpg

一年前は抱っこヒモだった晴くん、
歩いて元気に探検開始!
IMGP0465.jpg

木道が設置されていて歩きやすい^^
緑と清流に心癒されます。
IMGP0472.jpg

「つめたい!」
たくさんの自然に触れさせたい。
P1310692.jpg


森に響くルリビタキの声。
P5184880.jpg

サルオガセ(猿尾枷)。
ルリビタキの声を聞きながらこれを見ると、亜高山帯に
来ていることを感じさせてくれます。
P5184773.jpg

苔の美しい林内には、ミソサザイの美声。
IMGP0484_20160608194117226.jpg

蓼科山。
IMGP0497.jpg

ここで晴くん、石の隙間から池に片足を突っ込んで、また靴が濡れた~!
昨日、長門牧場でずぶ濡れになった靴は、宿で僕と茶が頑張って乾かしたが
一瞬で再びずぶ濡れとなりました~・・・あ~あ^^;



つづく

| 山梨長野 | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓼科2016・初日②自然いっぱいビーナスライン~滝の湯

長門牧場を出て、ちょっと寄り道していこう。

次の日も訪れる予定の、車山高原付近。
IMGP0407.jpg

メロディーロード(S&Gのスカボローフェア、改めて聴くと間の抜けた音^^;)を
過ぎると、山側にすぐノビタキが見つかりました^^!
下車し、そっと撮影。
羽繕いなどして、寛いだ様子。
P5174408.jpg

夏羽のきれいなオス。
茶の大好きな鳥です☆
P5174615.jpg

ここは昨年、自分たちで見つけた観察ポイント☆
IMGP0401_201606041419545f3.jpg

メスが巣材運びをしていました。
次月にはレンゲツツジの上で子育てする姿が見られるのでしょう。
P5174458.jpg




ビーナスラインを戻ります。
車の窓は“おいしい高原の空気を感じるため”、
そして“野鳥の声を聴き取るため”全開にして走ります。

野鳥の声は、いっぱい!
「雨上がり」が、こんなに探鳥に幸いするものかと感じました♪

午前中は雨で引っ込んでいたであろう鳥たちの合唱を楽しみながらドライブ。
オオルリとは何ヵ所も出会いがありました☆
P5174489.jpg

ビーナスラインでも標高の高い地点では、ウグイス、ヒガラ等に交じって
「ヒンカララララ」・・・
コルリの聞き間違えかと思ったが、間違いなくコマドリでした♪

遠~くの倒木の辺りを動く小鳥を適当に撮って帰宅後に確認すると、
コマドリとコルリ♀の姿を捉えていました。ヒドイ写真ですが。
(コマドリは初撮影にカウントしません)
まぁ写真なんかどうでもいいくらい、楽しく癒される声の探鳥☆


そして左山側に動く影。
ニホンジカたちとの出会いです。
P5174588.jpg

十頭は居たろうか。
家族のようでした^^
P5174597.jpg




今回の宿『滝の湯』到着は午後5時頃。

場所は昨年お世話になった親湯から歩いても10分ちょっとと近い。
外見は山間にある大型ホテル。
チェックイン後、部屋のベランダから見ていると観光バスが入ってきました。

お部屋は標準タイプの和室、とてもキレイです☆
IMGP0411_201606041442545c7.jpg


大型バスが来たことだし、早く貸切風呂へ行こう!

貸切風呂は「檜」と「石」の2つ、時間は無制限ですが電話で予約は出来ず、
自分で空いてるか見に行く必要があります。

僕が確認に行き、運よく「檜」が空いていた!^^
携帯で茶と晴くんを呼び出します。
これはいい感じじゃあないですか~?^^
P1310571.jpg

福朗日記名物、久々の主観風呂☆
湯加減、最高ぉ~♪
P1310574.jpg

やってきた晴くん、「きもちいいね~♪」、
茶も深い呼吸で蓼科温泉を味わっています。
いいお湯だねぇ。



風呂へ続く廊下から見える川。
P1310563.jpg


部屋のベランダからは、とても美しい夕焼けが見えました☆
P5174629.jpg




夕食はホテル自慢のバイキング!
広い会場に、ビックリものすごい品数です!
こりゃあ全品制覇はムリ。
好きなものから選んでいくことにしよう☆

出来立てを提供してくれるライブキッチンも充実。
P1310625.jpg

まずは茶が晴くんの膳を取りに行き、それを僕が食べさせている間に
茶は自分の分を。

そして僕、壱の膳^^
ライブキッチンより牛焼肉、イクラ丼、握り寿司、山菜の天ぷら。
うーん!一品一品、どれも美味しい☆
P1310631.jpg

弐の膳。
再び寿司^^。信州蕎麦は普通かな。
若竹煮物とタケノコきんぴら、マグロのほほ肉が旨い!
P1310635.jpg

撮った会場写真の料理名を書いた札を見ていくと・・・
マグロほほ肉煮付け、菜の花と桜エビの煮物、カツオサラダ、
牛蒡とコンニャクの炒め物、豚肉のトマト煮込み、キーマカレー、
ホームメイドピザ(その場で窯焼き)、山菜の出汁巻き玉子、
蕎麦豆腐の餡かけ・・・etc・・・etc・・・
パスタ、もずく、茶碗蒸し、その他、すごい品数。


晴くんはデザートに突入。
この笑顔^^
P1310641.jpg

僕も参の膳を終えてから、デザートへ。
これだけでお腹いっぱいにしたいくらいだ!(笑)
P1310644.jpg

ラスト、ソフトクリームを食べている時点で、もうお腹はパンク寸前。
あと一口でも食べたら出てきそうなくらい(笑)。
食べてこんなに苦しいのは昔の松島旅行以来か。
(いや、あの時の方がもっと死にそうだった気が・・・でも若かったし^^;)


部屋に戻って、敷かれていた布団にしばらく突っ伏していました。
晴くん、頼む、乗っからないで・・・(笑)。


復活!^^

嬉しいことに、子供用の浴衣まで用意してありました☆
僕らと同じ格好が出来たことに、晴くんはとても喜んでいました^^
P5174649.jpg


それでは川の字で、オヤスミ~・・・zzz・・・


・・・真夜中。

ふと目覚めると、茶が起き上がってベランダへ出ようとしていた。

ははぁ、星だな、と思い僕もベランダへ。

天の川がはっきり分かるほどの美しい星空が広がっていました・・・☆
P5184690.jpg

星が好きな晴くんにも見せたかったなぁ。


つづく

| 山梨長野 | 01:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓼科2016・初日~長門牧場

5月17日~18日。

昨年と同じ時期、とても楽しかった蓼科再訪です☆
雨の出発、ベビーカーにはレインカバーを装着。


立川からスーパーあずさ。
P1310484.jpg

昨年は晴くんが電車内でずっとハイテンションで落ち着きなく
車の方が楽だと思ったが(もう電車の旅はムリだと思った^^;)、
西荻から車で行くのはやっぱり遠いと思い、今回もあずさ号に。

途中で晴くんに眠気が起き、抱っこヒモで寝かせてしまったので
悠々列車の旅となりました♪^^


午前10時過ぎ。茅野駅についてもまだ寝てる。
茶と晴くんは駅で待たせ、僕はニコレンで車を借り、戻ります。

まだ雨が降っているけど、昼から止む予報が出ており気楽なもの☆




ビーナスラインを約1時間のんびりドライブ、
『長門牧場』到着~☆

広い牧場レストラン。
中央には窯が。
僕ら以外誰もいなかったので、木の長テーブルにゆったり腰掛けます。

牧場牛乳でカンパーイ!
P1310516.jpg

3人でシェアしたのはこの3品。
自家製ビーフカレー、辛口または甘口。
晴くんも食べるので、牛乳をたっぷり使用した甘口に☆
P1310524_2016060218192139f.jpg

ここで食べるなら窯焼きピザは注文しなきゃ!
釜揚げシラスのピザと迷うが、マルゲリータをチョイス☆
焼きたて熱々♪牧場チーズがトローリ、おいしー!
子供用に小さいピースが切り分けてあるのも嬉しい配慮です。
P1310522_201606021817452a5.jpg

ロールキャベツの牛乳煮☆
晴くんはスープを美味しそうに飲んでいました^^
P1310520_2016060218215880f.jpg

ふ~・・・☆
雰囲気も良く、のんびりできるなぁ~。
ごちそうさまでした!



食べ終わる頃には雨が上がっていました!

元気に飛び出す晴くん。
どんどん走っていっちゃう^^;
「はやく おいでよー!」だって☆
はいはーい!
走る僕^^;
IMGP0389_20160602182706a86.jpg

のんびり、牛たち。
P5174318.jpg


雲の切れ間から、青空と信州の山々が顔を出しました!
「おとうさーん!やまが みえるよー!はやく おいでー!」
はいはーい!
走る僕^^;
P5174371.jpg

追いついたと思ったら、走り出す。
P5174332.jpg


今度はアルパカの所へ。
「おとうさーん!はやく おいでよー!」
はいはーい!
走る僕^^;
P5174952.jpg

晴くんから見れば見上げるような大きな動物でしょう。
ちょっと後ずさりしながらも、ふれあいを楽しみました。
IMGP0316_201606021907020f8.jpg



僕らの制止も聞かず、走る晴くん。
先には、雨上がりの水たまり!やっばい~!
ダッシュで追ったがすでに遅く、水遊びが好きな晴くんは
靴も靴下もビショビショになりました~・・・^^;

茶に諭される晴くん。草を食む馬との対比が面白い写真^^
P5174345.jpg

そんな場面をよそに、ツバメが交尾を行いました。
P5174360.jpg


雨上がりで、小鳥たちが出てきましたよ☆
草原ではハクセキレイやカワラヒワが地面をつっついています。

「ギジギジギジ!」
けたたましいモズの声。
探すと、雌雄並んでいました。
鳴いていたのはオス。
2羽で飛んでゆきましたが、カップルにはなれたのでしょうか。
P5174924.jpg


さて、ソフトクリームを食べなきゃ一生後悔するってもんです(ホントか?)。
こちらのは濃厚な牧場アイスの中でも、かなり美味しかったと思います♪
ん~最高☆
P1310551.jpg

牧場って、いいね!
P5174320.jpg



つづく

| 山梨長野 | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日帰り山梨②恵林寺信玄公忌祭~いちご狩り

甲斐武田氏菩提寺、恵林寺。
僕は今まで訪れること数知れず。

信玄公ご命日の4月12日には、信玄公毎歳忌が行われます。
当日が定休日だったので、甲斐訪問は早くから決めていました。
(数年前も定休日と重なり、一人で特急に飛び乗りました^^)
P4124316.jpg

山門には、織田軍焼き討ちの際に快川国師が唱えたと伝わる
“心頭を滅却すれば火もまた自ずから涼し”
P4124319.jpg


まずは遠祖・武田信玄公の墓参。
寺内へ入ると、大勢の僧たちの読経の声。
薄暗い雰囲気に、晴くん少したじろぐ・・・。
P4124323.jpg

信玄公の法要の真っ最中でした。
P4124324.jpg
さすがはお館様!!テレビカメラが入っています。
地元テレビで放映されているのでしょうか。


武田晴信入道信玄公の墓前にて。
晴くんが90度以上の深々とした礼を見せてくれてビックリ!
初めての事です。
P4124336.jpg

僕は、やっと晴くんをここへ連れてこられたという思い。
「諱の“晴信”から一字を頂戴し、“晴好”と名付けました」と報告できました。

歴史を物語る杉の巨木。
P4124344.jpg



この日、恵林寺境内にはたくさんの露店が出て賑わいます。
P4124402.jpg

武田二十四将の幟旗がはためく。
P4124388.jpg

あ、何か買ってる人がいるぞ!?(笑)
P4124405.jpg

ベビーカステラのおばちゃんが、晴くんにひとつくれた☆
ありがとうございました^^
東京の祭りでは味わったことのない優しさ。
P4124419.jpg


山梨へ来ると、信玄公が偉大であり、かつまた没後450年を経た現代も
地元の方から「信玄公」、「信玄さん」と呼ばれ親しまれていることが分かります。
この毎歳忌や、日本最大の戦国祭り「信玄公祭り」に行くと尚更です。

信玄公は侵略戦争をしましたが(戦国大名なら当たり前のこと)、
反面いかに民衆を大切にして善政を布いてきたかが伝わってきます。
(信長や家康や現代の阿呆政治家にこれ程の人間的魅力があろうか?)
今度は晴くんを武田神社へ連れていかなきゃね!




イチゴが大好物の晴くんに、たらふく食べさせてあげたいとの思いから、
次は恵林寺から車で10分程の『飯島フルーツファーム』へ。

当ブログ開始前、茶と二人で訪れ、美味しかった所です。
予約のレーンに入ると、晴くん目がキラキラ☆
P4124454.jpg

入園料のみで6種のイチゴが味わえます。
美味しいの笑顔が出ました!^^
大小合わせ20個くらい食べていました。
P4124473.jpg
晴くんは僕や茶にもイチゴを取ってくれるのだが、青かったりする。
もったいないから食べますが・・・^^;赤いの頼むよ!!


別のレーンに居たお友だちへ、イチゴを渡そうとする晴くん☆
挨拶のつもりなのでしょう^^
こちらのご家族はこの後、ほったらかし温泉へ行くとのことでした。
P4124467.jpg

小さい子同士はすぐに友だちになれるんだね。
いいね。

晴くんと他の子のやりとりを見ていて、いつも思うことです。


前部が見えていない。
アクセル、ブレーキに足が届いていない。
しかし、思いきり運転気分を味わってもらいました^^
P4124596.jpg


桃畑の多いフルーツライン(東部広域農道)を石和へ抜けます。
遠くまでピンクの絨毯が広がっていました。
P4124608.jpg


「保雲寺」へ立ち寄る。
寺好きとしては甲斐信濃の寺はしらみつぶしに回りたいところ。
武田氏関連の古文書は火災で焼失してしまったとのことでした。
P4124615.jpg


最後は桔梗屋工場アウトレットへ☆
夕方はもちろん信玄餅は売り切れですが、カステラや煎餅など
美味しい菓子をいくつか半額で購入しました。
僕の中でのヒットは、信玄餅揚げパン!
また買うわ~これは♪
P4124625.jpg


定休日に信玄公毎歳忌の日程が重なり、天気は晴れ。
桃の花は満開見頃、ほうとうやイチゴは美味しくいただきました。
大満足の甲斐日帰り行でした☆

| 山梨長野 | 07:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日帰り山梨①埋草神社~ほうとう歩成

4月12日。
僕が勝手に第二の故郷と思い込んでいる甲斐の国、日帰り行☆


レンタカーで出発、4月に毎年足を運んでいます。
これこれ!この桃畑の風景が僕を呼んで止みません^^
P1250152.jpg


最初の目的地「埋草神社」到着は午前10時過ぎ。

やあー、晴れてよかった!
遠くの山までキレイに見えます☆
P4124111a.jpg

御坂町は何度も車で走っているけど、埋草神社周辺は初めて。
神社の周りの花が美しいという情報を仕入れてやってきたら・・・!

なるほど!!
こりゃあすごい!
P4124221.jpg

これだけ菜の花と桃の花が一ヵ所に密集している所は初めて。
三脚持ってきてよかった♪
P4124180.jpg
晴くんを肩車していたら、さっき話した高齢者の方々が
離れた場所から僕らを撮影しているのに気付く。
どんな風に撮れてるんでしょーか!?


楽しそうに菜の花の道を走り回る晴くん☆
トトロの世界だね!
P4124207.jpg

開花状況はチェックしていましたが、まさに見頃。
P4124231.jpg

絵になるふたり。
P4124256.jpg

これだけで満足しちゃった。
来てよかった!
P4124243.jpg


これだけで満足できない人、その1。
「うんてんするの!」って・・・^^;
P4124269.jpg

これだけで満足できない人、その2。
「お腹空いた!」と、茶^^;


はいはい、食べに行きましょ!(俺も腹減ったよ)
ここを離れ、停車して次の目的地への位置を確認していると、
車が横付けしてきました。
お互い車の窓を開けると、60くらいの男性が話しかけてきました。
「菜の花がもっとキレイな場所がありますよ!」と。

僕らが杉並ナンバーのレンタカーだったので、
気を利かせて教えてくださったのでした!
そこでしたら先ほど行ってきましたとお礼を言いました。

以前のブログにも書いたけど、山梨では何度も
こうした地元の方々の親切に触れた経験があります。

それも、僕が山梨を愛する理由なのかもしれません。




山梨は普通にドライブしているだけで楽しい。
街中の看板や交差点名にも注目します。
信玄さんや家臣団に関連したものが多いからです。

例えば「ハジカノデンキ」で初鹿野伝右衛門忠次を連想したり、
「土屋造園」で土屋右衛門尉昌続、
「米倉工場」で米倉丹後守重継、
秋山、原、勝沼、曽根、甘利・・・切りがありません(笑)




R140雁坂みちを恵林寺方向へ。
『ほうとう蔵 歩成』、初訪問です。
P4124298.jpg

ほうとうは『小作』へ行くことが多いが、歩成さんがほうとうの大会で
3年連続優勝と掲げていたのが気になり、一度食べてみようかと。

ほうとうは特産の「山梨ワイン豚」と「信玄鶏」の2種類だけというのも
潔くていいじゃないですか!

僕は信玄鶏の黄金ほうとう☆
P4124281.jpg

汁は初めあっさりに感じるが野菜やキノコの味が出ていて美味しい。
僕がほうとうを食す時の定石通りカボチャを崩して溶かすと、
コクと甘みがアップ!う~んウマい♪

太さの違う、やや縮れの入った麺です。
ホームページには手打ちとか何も書いてありませんが、そういう食感です。
地産の野菜や味噌を使用。
とにかく素材にはこだわっているようで、子供にも安心して食べさせられます☆
汁も旨そうに飲む晴くんでした。
P4124285.jpg

馬刺しも食おうぞ!
僕ら好物なんですよね、馬刺し♪
P4124293.jpg

店内はもちろん嬉しい完全禁煙。僕らにはココ、重要。

歩成さんの、お客へ良い商品を提供する姿勢には感服しました。
信玄公ご存命なれば褒美のひとつふたつ下賜されたのでは?(笑)



ここから出発するときも、晴くん運転したがります。
運転席に座らせた後、チャイルドシートに戻そうとすると大泣き。
「ちがうの!うんてんできるの!」だって(笑)。

いつか晴くんの運転で出かけるのを楽しみにしているよ☆


いざ恵林寺へ!

つづく

| 山梨長野 | 07:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日帰り山梨~西湖野鳥の森

富士花鳥園は居心地よいね~♪いつものことだけど☆
PB044155.jpg
昔からいるスタッフさんたちが表に出てこなくなったのは少し寂しいですが。
新旧交代はどこにでもあるんですね。
次回、21回目の訪問を楽しみに^^☆
PB044128.jpg


雄大な景色に、また車を止めてしまいました・・・☆
PB044196.jpg


富士花鳥園を後にして、寄り道は『西湖野鳥の森公園』。
いつものパターンです(笑)しかし外せない^^

野鳥はもちろん、隠れた紅葉スポットでもあります。
PB044208.jpg

きた、きた・・・♪
PB044231.jpg

可愛いヤマガラたちが、たくさん出迎えてくれました☆
PB044277.jpg

僕らの癒しスポット^^
PB044229.jpg


誰もいない広場で、思いっきり走り回る!
晴くん、どてっ。
でも痛くなーい☆
PB044291.jpg

ニッコニコ^^
PB044295.jpg

4時半頃。往路の車内で寝た以外、お昼寝なし。
でも元気元気!
PB044302.jpg

秋の自然を楽しみました☆
PB044310.jpg



ここを出ると、さすがの晴好くんも寝た。
しかし時間的に河口湖の小作で食べていってしまおう、ということになり、
寝付いた晴くんには申し訳ないけどもう一度起きてもらい。

晴くんも好物の『小作』のほうとうを
おなかいっぱい食べました☆
P1200535.jpg

帰路、家に着くまで、
なぜか眠らない晴好くん!暗い車内でチャイルドシートに座ったまま
おめめパッチリ!

運転席の僕に向かって「とうたん!(父さん!)」と呼びかけてきたりする☆
僕はいつものように「ハーイ!」と返事をするのだが
茶は「眠気防止になっていいんじゃない?」だって(笑)

| 山梨長野 | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日帰り山梨~富士花鳥園

11月4日、ずれこみ定休日。

週間天気予報の時から晴天であり、僕の中では早くからお出かけモード!
日帰りで富士花鳥園へ☆

午前9時過ぎ、レンタカーでのんびり出発^^


大好きなブーブーに乗って、楽しそうな晴くん♪
中央道に乗る前に、寝ました。この方が現地で元気に遊んでくれます。
P1200491.jpg

い~い天気!
わずかに冠雪しています。
P1200512.jpg

河口湖インターを下りて。
人家の裏山が見事に色付いていました。
PB043836.jpg

木々のグラデーションが目を楽しませてくれます☆
PB043853_20151111185123f3b.jpg

本栖湖を過ぎ、いつものススキの原。
いや~この開放感!
PB043877.jpg



『富士花鳥園』、到着~!

花と鳥の楽園。
数えて何と20回目の訪問。好きだよねぇ~(笑)
PB044138.jpg

まず腹ごしらえ、これを食べなきゃ気が済まない富士宮やきそば、大盛り!
晴くんも大好き、いい食いっぷり☆
PB043946.jpg

濃厚な牧場ソフトクリームはいかが?^^
(手が早いな~^^;)
PB043954.jpg


そしてインコゲージへ。
会いたかったオオハナインコのもん太くん!^^
相変わらず茶にべったりだね~☆
PB043964.jpg

インコに興味津々だった晴くん、自分の肩にインコが舞い降りると・・・
数秒の間隔を開けたのち、泣き出しちゃいました!
接触すると、恐怖感が出てきちゃうのかな?^^
インコ嫌いにならないでね~。
PB043978_201511112006124cf.jpg


ここで茶が、会いたかったスタッフさんを発見!!

よく訪れる僕たちとはすっかり顔見知りで、いつもよくしていただき、
茶が妊娠中だったときには“元気な子が生まれるように”と
ナンベイヒナフクロウの羽をプレゼントしてくれました☆

そして晴好くんが生まれ、このスタッフさんに会せようと訪問した前回
(偶然にも一年前の2014年11月4日)、あいにくスタッフさんはお休みで目的果たせず。

今回ようやく晴好くんを見せられました~!

子供や僕たちの元気な姿を喜んでくれたスタッフさん。
嬉しいことに今度は誕生のお祝いとして、富士花鳥園最強のヨゲンノスリ、
アポロン君の羽をプレゼントしてくれました♪やったね☆

また、いい思い出ができました。ありがとうございました☆

アポロン君の雄姿。
PB044110.jpg


ウサギとのふれ合いでゴキゲン^^
PB044007.jpg

屋外でのバードショーを見た後は、鳥さんたちに餌上げ。
集まってきたのはヒナの時から知っているアイガモたち☆
PB044074.jpg
コクチョウに手をパクッとされた晴くん、泣いちゃいましたが
巨大なエミューには積極的に接近していきました^^


3時からの屋内バードショーで、アポロン君の雄姿再び☆
PB044178.jpg


つづく

| 山梨長野 | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月の蓼科・2日目③~霧ヶ峰高原

大門峠交差点を右折しビーナスラインを走ると、ある場所で道路から音が。
眠気防止の設備かなと思っていたら、よく聞けば何かのメロディーになっている!
ガハハ!面白い体験でした☆
(※あとで調べるとダンロップが設置したメロディーラインで、曲目は
サイモン&ガーファンクルのスカボロー・フェア。効果としてはやはり眠気防止・
速度超過抑制や、観光資源創出など有るそうな。)


霧ヶ峰高原!
IMGP9894_20150611143000d16.jpg


2日目のお昼は、車山肩の山小屋カフェ『ころぼっくる ひゅって』にて。

車山スカイプラザのレストラン(冬はスキー客が利用するゲレンデ食堂)も、
土地の食材を使っていて美味しそうだったのだが、今回は高原の雰囲気を
より味わおうと思いこちらにしてみました。
IMGP9896.jpg

レジへ注文しに行き、先に支払い、料理が出来上がったら取りに行く
セルフサービスは事前にチェック済み。

暖かな日、テラスの日陰のテーブルへ。
車山高原を眺めながらの食事は最高です。
IMGP9913.jpg

名物ボルシチ。
パンが2個ずつ付きます。
IMGP9902.jpg

煮込まれた野菜や牛肉が美味しい☆
晴好くんもこの笑顔^^
IMGP9922.jpg

トイレに行ったら、100円のチップと書いてある。
入金して用を足すが、後で聞いたら利用者は無料でよかったのだそうだ。
水は当然引いていないので、タンクの水を大切に使う。
山小屋の雰囲気を味わうことができました。


テラス前の広場。
右手に車山山頂の気象レーダー観測所が見えます。
ブログを書いている6月上旬は一帯がレンゲツツジで紅色に染まり、
7月になればニッコウキスゲの黄色に彩られます。
混むだろうが、花の時期にも来て見たい場所です☆
IMGP9926.jpg

靴をはかせると大喜び!
おい、右のほう行くと滑落するぞ!(汗)
IMGP9930_20150612115321989.jpg

遠くの方、よ~く見ると、たくさんの登山者が列を作って歩いているのが見えました。
霧ヶ峰一帯は真夏はとても涼しいらしく、人気のエリアなんでしょうね。
晴好くん、おいしい空気いっぱい吸い込みました☆
IMGP9976.jpg



最後の目的地『八島ヶ原湿原』です。
IMGP0020_20150612120002966.jpg

“自然の音100選”のひとつ、八島ヶ原名物シュレーゲルアオガエルの声。
なんとも風情がありました♪
IMGP0030_20150612150522af0.jpg

10kg近い晴好くんをおぶっての散策が続き、僕の身体にも限界がきたようです。
茅野駅に戻る時間にも余裕がほしかったので、午後3時に切り上げました。
P1290669.jpg


ビーナスラインを白樺湖に向け戻る途中で、車の前を横切る小鳥。
木の枝に止まったので後方確認し停車。

僕と茶が小躍りしたくなるような
ノビタキたちとの嬉しい出会いでした☆

運転席より撮影。
ガードレール代わりの2本のワイヤーが邪魔で、その一本を切り取り
トリミングしても羽毛がはっきり写るほどピントがドンピシャ。
下のワイヤーさえ無けりゃあなぁ。
P5203914.jpg

往路で小鳥を確認した場所で注意深く走行すると、
やはりこっちもノビタキ君でした☆
駐車場で下車して撮影。
P5203944.jpg

アオジも登場。
P5203977.jpg

駐車場付近を10分ほど散策。
見上げる位置にノビタキ!
ノビタキの青空バックはなかなか観察できないので嬉しいね♪
P5203976.jpg

白樺湖の大門峠交差点よりR152にて茅野駅へ。

母たちを茅野駅で降ろし、僕はニコレンで車を返却。
復路の特急の時間にちょうど良い到着でした。

スーパーあずさに興奮のご様子☆
P1290685.jpg

帰りの方がもっとテンション高かった晴好くんでした☆
(これなら西荻から車で行った方が楽だったか?^^;)
P1290713.jpg


今回の旅は、ほとんど初めて訪れる場所でしたがとても気に入りました。
(大昔、ゼミ合宿をこの近くで行ったような?違ったかな・・・?)
またぜひ来てみたいですね☆


☆2日間の出会い☆
ホトトギス、キビタキ、オオルリ、ホオアカ、ノビタキ、ホオジロ、
アオジ、アカハラ、アオゲラ、コゲラ、ミソサザイ、カワガラス、
カケス、ゴジュウカラ、キセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、
シジュウカラ、ヒガラ、コガラ、キジバト、ハシブトガラス、トビ、
ヤマガラ、ウグイス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、モズ高原型、
マガモ♀

声のみ
アオバト、カッコウ、コルリ、サンショウクイetc・・・

茅野市街にて
オオヨシキリ(声)、ツバメ、スズメ、ムクドリ
以上37種

| 山梨長野 | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月の蓼科・2日目②~御泉水自然園

親湯から向かうのは蓼科牧場。

晴れ渡った高原の道を走るのは最高に気持ちよいね☆
P1290612.jpg

ビーナスライン途中の「女の神展望台」。
展望台正面に立ち、右手には木曽駒ケ岳などの中央アルプス、
中央には甲斐駒ケ岳などの南アルプス、そして左手には写真の
八ヶ岳連峰と、開放的で雄大な絶景が楽しめます。
IMGP9822.jpg

窓を全開にしながら車を走らせると、所々でオオルリ、コルリ、キビタキ等の
鳴き声が楽しめ、目的地を設定せずに適当に車を止めて歩くだけでも
かなり面白いのではないかと思われました。

車の左手、谷側にホトトギスの声。かなり近い!
助手席の茶にカメラを託したら、枝被りながらナイスショットしてくれた。
P5203791.jpg

2羽のホトトギス。托卵相手でも探していたのでしょうか。

カッコウの仲間の声はしみじみと季節感が伝わってきて、好き☆
こういうのを出会い頭の素晴らしい出会いというのです^^
P5203785.jpg


蓼科山を望む『蓼科牧場』に到着。
IMGP9833.jpg

ここからゴンドラに乗ります。
晴好くん楽しそう^^
ここは冬場は白樺高原国際スキー場となります。
IMGP9838.jpg

女神湖。
IMGP9845_201506101629432ca.jpg


ゴンドラを降りてすぐの所にあるのが『御泉水自然園』
みな初めて訪れるが、今回の旅の中でも特に気に入った場所となりました。
IMGP9860.jpg

木道が整備されており、とても歩きやすい(といってもベビーカーは
もちろんムリなので、僕が抱っこヒモで背負います)。
IMGP9872.jpg

新緑や清流に囲まれた素晴らしい環境の中、アカハラやミソサザイ、ウグイス、
IMGP9877.jpg

ヒガラの夫婦に出会いました。
驚くほど近くまで寄ってきたヒガラ。
その辺りに巣があったのでしょうか。
P5203843.jpg

松の仲間?
茶が気に入った植物です。
IMGP9874_2015061114175971f.jpg

園内は広く、ここで一日過ごしてもいいくらい^^
IMGP9878.jpg

蓼科山と。
茶が鐘を鳴らすと思いのほか大きな音でビックリ(笑)☆
IMGP9885.jpg


ゴンドラで戻り、蓼科牧場の売店でソフトクリームを。
黄色みがかった濃厚な牧場アイスは旨い!
ふれあい牧場には仔牛やヤギが居たようですが
晴好くんは寝ていたので先へ進むことにしました。
IMGP9892.jpg

後部座席では、母が晴好くんにアイスクリームを食べさせていました。
やはり美味しいと思うのか、ニコニコ顔を見せていた晴好くん。
後で、結構な量を食べさせていたことが茶の写真から分かりました^^;
P1290641.jpg

「母がアイスクリームたくさん食べさせたんですよ」と、あるお客様に話したところ、
「おばあちゃんは、仕方ないですよ(笑)」とのお返事。
みなさん経験がおありのようですね^^;


つづく

| 山梨長野 | 00:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT