西荻窪の整体師たけちゃんの福朗日記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩『羽村取水堰~草花丘陵』

よくお客様に『出かける場所をどうやって見つけてるの?』と聞かれます。
僕たちは散歩の本やたまたまネットで見つけた所なのですが、
最近はもっぱら『日本の探鳥地・首都圏版』(文一総合出版)を参考にしています。

で、今回もそれを見て来たわけですが、僕の表題で福朗散歩としているけど
思いっきり“ハイキング”でした!


一騎にて西荻窪から青梅線で一本、『羽村』駅下車。
(最近、西荻窪から上り線に乗らなくなったな~^^;)
羽村堰は西口なんだけど、降りてみるとコンビニも何もない。
なので一旦東口へ出てファミマでオニギリやお茶を買い、再び
西口から歩くこと約10分。羽村取水堰が見えてきました!
DSCF2785.jpg
今から360年前に完成した羽村取水堰。
言わずと知れた玉川上水の起点であり、一部は現在も活用されています。

この流れが僕らの住んでいる近くの井の頭、高井戸を通り、四谷に至ります。
初めは豪快な流れも、下流に行くにつれだんだんと静かになりますよね。
DSCF2863.jpg

江戸市民、そして東京都民を潤した“英雄”とも呼ぶべき玉川兄弟の像。
高井戸まで掘ったときに幕府からの費用が底を尽き、自宅を売り払って
費用に充てたそう。工事は想像を絶する苦難の日々でした。
昔の人の責任感たるや凄い。失敗すると切腹とかって人もいるし。
DSCF2790.jpg


堰下橋のたもとに“何か居そう”なヨシ原を見つけたので行ってみると・・・
聞こえてきたゾ!

ソングポストで赤い口をいっぱいに開け、高らかに歌うオオヨシキリ。
夏鳥、やって来ました☆
IMGP1931.jpg
『ギョギョシ ギョギョギョ』と、かなり大きな声で鳴いています☆
その鳴き声から“行々子”とも呼ばれ、夏の季語として俳句にも多々登場。
季節感のあるヤツです。
雄が雌をなのか、雄が雄をなのか(縄張り争いで)分からなかったけど
大体10羽ほどが追いかけあっていました。
この顔、本当に歌ってるみたい~♪^^
IMGP1935.jpg

オオヨシキリの古巣を発見。よくカッコウ類に托卵されるんだよね^^;
DSCF2798.jpg
声でかいし(笑)、周りより高い位置に出てきて鳴きまくるので
見つけるのは容易です^^
じっとしているうち四方八方この賑やかな声に囲まれ、前方のヨシに居るかと思えば
横の草むら、後ろの木に現れたりとまるでモグラたたき(笑)。
たくさんのオオヨシキリに囲まれてシアワセ~♪しかし賑やかだな!


堰下橋を渡って右折すると多摩川分流の小さな流れがあったのでそこでお昼に♪
ここではキレイなさえずりが聞こえ、しばらくすると青い小鳥が対岸へ
飛んでいきました。渡り途中のオオルリに感動♪
DSCF2805.jpg


この先にある羽村郷土博物館に寄りました。
ここでは玉川上水や付近の武蔵野台地から出た遺跡など詳しく紹介。

博物館の裏手から『草花丘陵』ハイキングコースがあります。
いってみよ~!
川の音も聞こえなくなり、一気に静かな環境に。
深山に入ってきたみたい^^楽しー♪
DSCF2823.jpg

意外と急な上り坂の途中、小さな社の羽村神社があります。
そこからの風景は見事!疲れが吹き飛ぶ~。
遠くに狭山丘陵。
多摩川は蛇行していて、ここに取水堰が造られたのが納得☆
DSCF2829.jpg

浅間岳山頂でセルフタイマー自分撮り(笑)。
ここから健脚なればハイキングで『小作駅』にも『福生駅』にも出られます。
僕は途中から玉川大橋に出て羽村取水堰へ戻りました。
DSCF2831.jpg

まだ鳴いてるよ^^;オオヨシキリとヒヨドリ、にぎやかコンビ(笑)。
IMGP1943.jpg

さえずりもカラーも美しいキセキレイは、飛んでいる虫を食べる
フライングキャッチを何度も行っていました。
IMGP1947.jpg

陽が傾く頃、堰下で獲物待ちのアオサギ。
今週も楽しい散歩、いやハイキングでした♪
IMGP1886_20120510164758.jpg

今回の出会い
オオヨシキリ、オオルリ、カワセミ、ハチクマ、トビ、
ホオジロ、シジュウカラ、メジロ、ムクドリ、ヒヨドリ、
ダイサギ、アオサギ、カルガモ、カイツブリ、アオゲラ、
コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、
キジ、キジバト、ウグイス、スズメ、ハシボソガラス、
ツバメ、カワウ、ガビチョウなど


吉祥寺で、別行動だった茶と合流。
寿司『美登利』にてハイキングによる猛烈な空腹とノドの渇きを満たす。
久しぶりに生キューッ!!
DSCF2867.jpg


ポチッとお願いします☆

スポンサーサイト

| 福朗散歩 | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩~門前仲町・深川

暑さ復活の8月23日(火)。

ふと思い立って一人で向かったのは地下鉄東西線・門前仲町。
深川不動尊門前通りにある元祖深川丼「六衛門」でお昼ご飯☆
DSCF5630.jpg
深川丼セット。
あさりの濃厚な旨みが厚揚げ、ご飯にしみこんでいてウマい!
食べに来る価値ありの逸品です。
DSCF5632.jpg
壁にはアサリとハマグリ?の絵かな。
昔は江戸前のアサリなんかたくさん採れたんでしょうねぇ。
DSCF5634.jpg


深川不動尊を詣でます。
ここ門前仲町へは、サラリーマン時代に担当していた工事現場があって
一時期よく来ていました。
DSCF5651.jpg
もう15年以上前になりますか。
ストレス吹き溜まりの現場で、行くのが本当にイヤでイヤで(笑)
その時にこのお不動様にはよくお世話になっていました。

本堂に上がり、静かに手を合わせる。
『のうまく さんまんだ まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん』
今でも忘れない、不動明王の御真言。


富岡八幡宮。
ここの門前にも美味しそうな深川めしの店がありました。
うーん、こりゃまたいつか来ないと、だな。
DSCF5666.jpg
ここから反時計回りに歩を進めます。

江戸情緒を多く残す町。その代表的なのが水路でしょうか。
DSCF5693.jpg
覗き込めば、マハゼやカニがわんさか^^
DSCF5681.jpg

水路が縦横に走っている町だから、橋も多い。
DSCF5701.jpg
トンボに導かれながら、平久川沿いの遊歩道を北へ。
DSCF5712.jpg
大和橋の手前で撮った写真を後で見て気付いたんだけど、左手に
スカイツリーが見えてました。
DSCF5714.jpg

仙台堀川。
名前からして仙台伊達藩が造ったのかと思い調べると、
単に仙台藩の米蔵にこの運河から物資を運び込んでいたから、だそうです。
しかし一帯の名称や雰囲気なんかは『鬼平』や『剣客商売』って感じでイイ☆
DSCF5716.jpg
ここを右に堀川沿いを歩き、適当に左折して門前仲町駅へ戻りました。
暑かったので僕の散歩距離としてはかなり短かったですが面白かった。

清澄公園や永代橋なんかも歩いていける距離なので、
もう少し涼しくなったらまた来てみようかな。


ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 00:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩「目黒~恵比寿」

晩ご飯は「なすび亭」~♪

その前に、食事まで別行動の茶は先に家を出て、僕は昼過ぎまで家で庭仕事など。
でも天気がいいから歩こうと思い、電車で目黒へ向かいました。

久しぶりに荻窪駅まで歩いたら、ツツジがとってもキレイなお宅が。
DSCF3190.jpg


目黒駅東口を大通り沿いに。
首都高のすぐ下、ここだけ写真で切り取ると、目黒とは思えませんね~。
IMGP0632.jpg

目黒駅から徒歩5分ほどで、自然教育園に到着です。入園料は300円。
こんな街中にありながら、深い緑が楽しめます。
IMGP0643.jpg
若葉が芽吹き始めるこの季節。新緑が目に眩しい!
IMGP0652_20110428220049.jpg

水辺のベンチに腰掛けて。
カワセミやサギ類も来るそうです。この日は見かけませんでした。
IMGP0648_20110428220259.jpg

上野の国立科学博物館附属の自然教育園。
古くは室町時代の豪族の館跡であり、当時の土塁も残っています。
今は様々な植物や鳥類、昆虫が楽しませてくれます。

何箇所か“ビューポイント”が示されています。
ここはモミジの群生ポイント。秋には・・・すごいことになりそうですね。
IMGP0675.jpg


1時間ほど園内を散策し、教育園の外塀に沿うように北へ。
なんとなく地図は頭に入れてあったんだけど、恵比寿はこっちでいいのかな?

あれがガーデンプレイスかな?と思いよく見ると六本木ヒルズだったり。
まぁ時間はたっぷりあるのでのんびり歩きます。

この辺り、坂が多いのも特徴ですね。そういう意味ではここで暮らすには
車があった方がいいのかも。
坂の名前や、その由縁を見るのが好き。ここは日東坂。
タモリ倶楽部やブラタモリってな気分です☆
DSCF3214.jpg


何とか恵比寿東口交差点に出ました!
まだ時間あるので、広尾方面を目指して歩きます。

この交差点近くで、ハワイア~ンなお店を見つけたので小休止♪
アボガドアイス・メープルシロップがけ&トロピカルココナッツティー。
僕は男一人でもこういうものを食べられる人間デス^^おいしい☆
DSCF3217.jpg

古い建物と新しい建物が混在する街。お店も多く、見ていて楽しい。
あ、前を歩くこの男性はジローラモさんでした^^
DSCF3219.jpg

お寺の多い一角に来ました。昔からの建物じゃないけど、
お寺や神社の独特の雰囲気は大好き。
DSCF3225.jpg

総門の向こうは、広尾のストリート。
ああ~、ここに出てくるんだ!昔、広尾散歩をしたときはあっちから歩いてきたんだ。
頭の中で、地図がつながりました。
DSCF3233.jpg

思ってたより歩いたな。もう、お腹ペコペコ。
「なすび亭」でのエビスビールのひとくち目の旨かったこと!^^


ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩~新座・野火止~平林寺②

中断した新座散歩日記。季節が変わりすぎぬうちに。


平林寺。
総門を入り、振り向くと、うっそうとした竹林が何とも言えぬ風情を醸し出します。
IMGP6966.jpg

仁王像のある山門の建立は1664年。
P3081048.jpg
秋山小兵衛と波切八郎の待ち合わせ場所がこの山門前でした。

『 藁ぶき屋根の平林寺・山門の前へ立ったとき、あたりは、いよいよ明るみを
たたえてきて、鬱蒼とした樹林に小鳥がさえずりはじめた 』

『 山門から、十人ほどの托鉢僧があらわれ、整然と川越街道の方へ去って行く 』

ん~、小説そのままの雰囲気だなぁ。

物語では結局、相手の波切八郎はこのとき現れませんでした。
以降のお話は剣客商売番外編・黒白(こくびゃく)をぜひどうぞ。


山門と同時期に造られた仏殿。
簡素ながらも堂々とした存在感。人々を引きつけます。
P3081051.jpg

秋山小兵衛が『 江戸にはない趣のある寺だ 』と言うとおり、
東京にも、京都にも鎌倉にも無い独特の雰囲気です。
それは約56ヘクタールという広い寺領に残されているクヌギ、コナラなどの
貴重な雑木林のせいでもあるのでしょうか。
IMGP6994.jpg
平林寺境内の雑木林は国指定の天然記念物。野鳥や野生動物も多くいます。
あっ、アオゲラ発見!大型のキツツキです☆
IMGP6976.jpg
池にはオシドリ夫婦。
IMGP6972.jpg

思わぬ出会い、とはこの事でしょうか。
武田信玄公次女・見性院のお墓(供養塔)がありました☆
P3081023.jpg
武田関連の歴史が出ちゃったら、書かずにはいられません(笑)。

見性院は信玄公旗下の有力武将にして武田一族の穴山梅雪(信君)に嫁ぎます。
主家を裏切り徳川家康に接近した梅雪は武田家滅亡後に武田宗家を継ぎますが、
本能寺の変後に逃走中を襲われ死去。

以後、徳川家康は敵であった武田家の遺臣を多く召し抱え、この見性院も
手厚く保護したのです。

2代将軍・徳川秀忠は自分が侍女に生ませた幸松という男子を見性院に預け、
養育させます。
やがて幸松は、元武田家臣で“槍弾正”の異名をとった保科正俊の保科家を継ぎ、
「保科正之」となって会津藩初代藩主に。

“徳川家へ絶対の忠誠を”家訓に掲げた会津藩。
時は下って幕末、迫り来る薩長軍に対して最後まで“徳川のために”抵抗を
続け、白虎隊の悲劇などを生むこの藩の精神は、武田見性院の、ひいては
甲斐武田家の家風を受け継ぐものだったのかも知れません。

どういった所以で平林寺に見性院の供養塔があるのかは分からないけど、
江戸幕府老中の信綱が平林寺を新座へ移築した(元々は岩槻にあったそう)
ことを考えると、見性院を慕う幕府関係者がここへ建立したのでしょうね。


梅に囲まれた鐘楼。突いてみたくなるんだよね^^
P3081035.jpg
その下の苔むした地面ではヤマガラが土をほじくって
苔をくわえ、どこかへ運んでいきます。
巣作りが始まったようですね☆
IMGP7015.jpg

野火止用水、平林寺。
古き良き武蔵野を堪能しました☆


ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 01:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩~新座・野火止~平林寺

シ、シブい。シブすぎるぜ。我の行くところ。

今週火曜は、散歩の本と一眼レフ持って、初めて訪れる地・新座へ。
所有してる散歩ガイドと「剣客商売」が無ければ、来ることはなかっただろうと
思います。

西荻窪からは西国分寺駅で武蔵野線に乗り換え。50分もかからず。
車窓からは、木々の密生した場所が随所に見られるように。


新座駅から歩いてすぐに川越街道に出ます。
ちょうど昼時。大きな街道沿いには外食チェーンが並んでいました。
「かっぱ寿司」と「びっくりドンキー」どっちかで5分以上悩み(笑)、
安く上げるためカッパの方へ。
味はともかく、注文した寿司が新幹線のオモチャに乗って走ってくるなど
オトナであることを忘れて楽しんでしまいました。ガハハ


腹ごしらえを終え、散歩の開始~!
川越街道の野火止公園を右折。しばらくは「野火止用水」に沿って歩きます。
この用水路、開削は江戸初期の1655年だそう。

川越藩主・老中松平信綱が、開拓・農水用水路として玉川上水から志木までの
全長24Kmを造らせました。こっちの方まで多摩川の恩恵が。
人々の生活はどれだけ潤ったことでしょうね。
現代の、お金の為に行う無意味な環境破壊工事とはワケが違いますな。


水路沿いには椿や、
P3080993.jpg
梅などが。広い畑の奥は、これから向かう平林寺の雑木林。
のどかだな~♪
IMGP6893.jpg
もっと暖かくなった、小春日和の日の散歩なんか最高だろうな。
無人の野菜売りもあるぞ☆
P3080995.jpg

間近に居る僕らなんか眼中に無い、ゴハン探し中のコサギ。
IMGP6904.jpg

野火止用水周辺は野鳥の声でいっぱい。
2人とも上ばっか見てて首が痛くなりました(笑)。
IMGP6899.jpg
エナガちゃんも振り向きざまに見返して☆
IMGP6935.jpg
シジュウカラ、コガラ、ヤマガラ、ジョウビタキ、コゲラ、シメ、キジバトetc
たいそう賑やかでした♪


平林寺
このお寺は好きな時代小説「剣客商売」に登場します。
P3081065.jpg

門前の一軒茶屋「竹映」。創業40年だそうです。
P3081012.jpg

主人公・秋山小兵衛の若き頃を描いた『剣客商売番外編 黒白(こくびゃく)』
(上下巻 池波正太郎 著)。

小兵衛は真剣の立ち合いを挑んできた剣士・波切八郎と平林寺で待ち合わせます。
早く到着した小兵衛は、『 平林寺の山門が一目で見わたせる 』ひとつの茶店に
入りました。
『 これから真剣を抜いて命のやりとりをする男にはどうしても見えぬ 』ほど
落ち着いている小兵衛は、餅を食いながら波切八郎を待ちます。


竹映は江戸時代当時からの店ではないけど、竹林に囲まれていていい雰囲気。
僕らは甘酒で小休止しました。
柚子を効かせた甘酒は体を温めてくれ、とても美味しかった♪
P3081060.jpg

では、平林寺境内へ。


ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 02:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩「矢川~谷保」

(2007年5月)

とても気に入ったこの散歩コースは、立川から二駅の南武線「矢川」駅からスタート。
(矢川・青柳コースせせらぎの道)

多摩川に近いこの一帯は、水と生活が溶け合った美しい町並みが続いていました☆
P5030018.jpg
こんな遊び場がすぐ近くにあるなんて、羨ましい子供たちです。
P5030023.jpg

「矢川緑地保全地域」は雑木林が広がり、昔ながらの武蔵野の風景が楽しめます。
P5030044.jpg
木道が整備され、気持ちよく歩けます。
マングローブ林を思い出させるこんな湿地の風景も☆
P5030039.jpg

ちょろちょろ小魚が泳ぐ水路に、ダイコン!
P5030049.jpg

多摩川方面へ南下。
「谷保の城山」。城山公園は鎌倉時代の豪族・三田氏の館跡。
うっそうとした樹木に包まれ、古民家と竹林がいい雰囲気を出していました☆
P5030057.jpg
のどかな畑を見渡すベンチでお昼。
当時(2007年)、結婚はまだしてなかったけど既に同居していた
茶の作ってくれたオニギリをパクつきます♪
P5030074.jpg

こんな小川も覗き込んでみると、カワニナやザリガニの姿が。蛍いるかも?
P5030091.jpg


谷保天満宮に到着しました。ホッと一息☆
P5030104.jpg
ここ南武線の谷保駅から電車で帰ってもいいんだけど、この時の僕は
頑張っちゃいました。(ちなみに北へずっと行くとJR国立駅)
「府中崖線(かつての多摩川の浸食跡)」に沿って更に歩く!
でも景色がいいから疲れも忘れちゃいます。
P5030116.jpg
ここはかなりの湧水が見られますが、これでも開発によって
水は涸れゆく一方なのだとか。失うものは大きいです。
P5030121.jpg


分倍河原駅に着いた頃、もうヘロヘロでしたね。
分倍河原合戦の勇者・新田義貞の銅像。
この目標がなければ、僕は途中で討死していたでしょう(笑)。
P5030127.jpg

散歩コースの地図など細かく書かれたものも配られており、
緑あり、水あり、歴史あり、かなり充実した散歩が楽しめるこのエリア。
足を伸ばしきれなかった場所もいくつかあり、何度でも
行きたくなる水辺の風景でした☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩~「東村山」

茶母から、今年も東村山駅前の噴水でカルガモが子育てをしているという
情報を聞き、また見に行っちゃいました☆

キミは去年と同じお母さんかい!?だとしたら一年ぶりだね☆
IMGP9199.jpg
生まれて2~3週間ってとこかな。
IMGP9266.jpg

常に動いている子ガモ。水から上がって行ったり来たり。
IMGP9176.jpg
・・・かと思えば兄妹かたまって眠ったり。
IMGP9185.jpg
この元気で愛らしい姿を見ていると、本当に癒されます♪
IMGP9537.jpg

ムフ、フ♪自然と笑顔になれるこの瞬間。まぁ~!ちっちゃい手羽だこと☆^^
IMGP9223.jpg

完全に、潜ってます(笑)!好奇心旺盛な子供たち☆
IMGP9512.jpg
いっちょまえに毛づくろいなんかしちゃって。
IMGP9469.jpg
しまいにゃ、立ち寝(笑)。
IMGP9480.jpg
11羽から6羽に減った子ガモ。これはしょうがないとして、
残ったみんなは精一杯生きてほしい!グワッグワッ


駅から徒歩で20分程の北山公園。その奥に広がる緑は「八国山緑地」。
貴重な緑は青空と相まってとても眩しく見えました。遠くには西武園の観覧車。
IMGP9321.jpg
「となりのトトロ」七国山病院のモデルにもなったこの八国山。
縦横に走る尾根道。深い緑の森は静かで、野鳥の声がたくさん。
IMGP9339.jpg
野鳥の声の大半は、まだ幼いヒナの鳴き声でした。
ヤマガラの親もせっせとご飯探し☆
IMGP9365.jpg
肉眼では見えなかったカワイイ雛のおねだり顔。
IMGP9359.jpg

緑のパワーをいただいて、東村山駅方面へ戻ります。
立ち寄ったのは「正福寺」。この地蔵堂は室町期1407年の建立で、
都内で唯一の国宝建造物。確か、ちぃ散歩で地井さんはこの中に
入れてもらってました。うらやましい話です。
IMGP9312.jpg


ここまで来たら、やはり名物・武蔵野うどんを食べたくなります。
駅近くのうどん屋「手打房 とき」へ。ここは2回目。
行列の人気店も、午後2時に行くと空いててよかった☆

カレー汁、ねぎ汁、たぬき汁など、つけ汁の種類が豊富なのが
「とき」の特徴でもありますが、久しぶりなのでやはり王道の「肉汁」に。
P6010274.jpg
注文を受けてから大釜で茹で上げ、しっかりと水で締め、豚肉とネギの旨みが
充分に出たつけ汁にからめます。うーん硬すぎず丁度よい麺のコシ☆

麺を噛みしめ、豚肉汁をズズッと。
熱い!うまい!おっと、鼻水が・・・。
鼻汁うどんになっちまう~!


茶の実家にも寄らず東村山散歩はそこそこに、電車に乗ります。
16時に高円寺で茶と合流。

一緒に、ある学科講習を受けます。何の!?


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩「和田堀公園」②

さてこの和田堀公園中心の和田堀池近くに、
「武蔵野園」という釣堀と食道を兼ねた施設があります。
見た目は普通の古いお宅がやっているような素朴な感じ。いいねぇ☆
近所のガキんちょ・・・いえいえ、お子様たちも集います。
P5060351.jpg
武蔵野園は火曜日が休み。夢人島の定休日と被るためなかなか来られませんでした。
(この日この場所を選んだのは、これが理由なワケです^^)
釣堀は「ヘラブナ用」「コイ用」「雑魚用」とあり、1時間700円のお手頃価格。
僕は色んな魚が入っているという雑魚(ザコではない!)コーナーで。

最初に釣れたのはなかなかの引きのコイでした☆
P5060324.jpg
ヘラブナもゲット!結構キレイな魚体です。
P5060328.jpg
1時間の釣果はコイ4匹ヘラブナ4匹。
バラさなきゃもっと釣れてたんですけどね!

僕の後からお客さんが増え始め。
子供にイイトコ見せちゃろう!の雰囲気出しまくりの子連れお父さんや
釣る気あるの?と思わせる若いカップル
本当の池に行った方がいいのでは?てな感じの重装備の釣り師や
ここはビーチか?目のやり場に困る格好の若い外人さん三人組まで
多種多様な人々が釣り糸を垂れていました。

午後3時、遅めのお昼はここ武蔵野園で食べることに。
釣堀を一望するまさに“食堂”でいただきます☆

松平健、真田広之、柴田恭兵、ショーケン、小林亜星、市原悦子、とんねるずetc・・・
壁には超の付く一流芸能人の方々のサインがズラリ。おみそれしました!
P5060349.jpg
武蔵野園のラーメン550円は懐かしい中華そば屋さんの醤油ラーメン☆
ハラペコだったせいもあるけど本当に美味しかった!
P5060346.jpg


松ノ木遺跡。この辺り、6世紀頃の古墳時代の遺跡が多数出土。
復元住居は解説音声付きで興味深いものがありました。
P5060352.jpg

一般家庭の見事な藤棚。
IMGP8523.jpg
藤、つつじ、そして新緑の季節感あふれる小道。
IMGP8525.jpg
バーベキュー場や運動場、遺跡、神社や自然林もある和田堀公園一帯は
西荻窪からも近く、サイクリングには丁度良い場所にありました☆
また行こっと!


PS:このあと西荻に戻り、またマンガ喫茶ゲラゲラへ。やべ、ハマッた!?


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 00:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩「和田堀公園」①

散歩じゃなくって、サイクリングなんだけど。
天気予報に反して晴れた今週の木曜日。(GWのため定休日がスライドしました)
善福寺川を自転車で下って、和田堀公園へ行ってきました☆


いつも西荻窪近辺で見慣れている善福寺川も、環八を越えてしばらくすると
緑の植え込みやベンチがあって綺麗に整備されており、ジョギングや
犬の散歩をする人、ベンチで読書する人などをよく見かけます。
IMGP8402.jpg
川の両側は「善福寺川緑地」として木々の生い茂る歩道や公園があって
とても爽やかなサイクリングが楽しめます。美しい緑のトンネル☆
IMGP8403.jpg

とらえた!!見事ダイサギ。哀れザリガニ。
お腹の中でチョッキンチョッキンされなきゃいいのですが(笑)。
IMGP8532.jpg


より深い緑が川を覆う場所が和田堀公園です。約30分で到着!
IMGP8443.jpg
和田堀池はたくさんの若葉で彩られています。
黄菖蒲がたくさん咲いていました☆
IMGP8444.jpg
まぶしいほどの新緑。水面まで緑色に見えますね。
IMGP8446.jpg

おまえ、どうやって上ったの?
それより、どうやって降りたかが気になる!(やっぱダイブでしょうか^^)
IMGP8471.jpg

一瞬のシャッターチャンス!
カクテルグラスから七色の光がこぼれているかのよう。
IMGP8497.jpg

池の周りさまざまな角度から見ると違った面白さがある噴水。
IMGP8512.jpg
和田堀池の周囲ではカワセミやエナガの親子など野鳥も多く見かけました。

さてこれより、武蔵野園にてフィッシングターイム!
(つづく)


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福朗散歩「林試の森公園~目黒不動尊」

気温が上がった今週の火曜日。

陽気に誘われて出かけたのは散歩の本で見つけた「林試の森公園」
JR目黒駅から東急目黒線で二駅、「武蔵小山」駅で下車。

この辺は初めて来ますが、結構大きな街なんですね。アーケード付きの
長い商店街をちょっとぶらぶら。
お昼はマックの「ハワイアンバーガー」を食べました。ハワイ好きなら
一度は食べておこうかと。ソースもなかなか美味しかったです。
もうちょっと安いといいんだけどな。


徒歩10分程で林試の森公園の南門へ到着しました。
一眼レフを首にかけて歩き始めます。
クンクン。匂うぞ匂うぞ!鳥の匂い(笑)。
梅の花と一番ピッタリなのはメジロ。カメラ目線いただきました(笑)!
IMGP4525.jpg
スズカケの木の白さが、青空に映えていました。
IMGP4557.jpg
この公園は明治~昭和にかけて操業していた林業試験場の跡地。
たくさんの樹木が植林され、珍しいハナカガシ(絶滅危惧種)など
貴重な植物も見られます。

慣れたネコたちものんびり日向ぼっこ。
IMGP4535.jpg
こっちまで眠くなってきた・・・。
IMGP4533.jpg
カワセミも訪れるという池。
P2230084.jpg
野生化したホンセイインコ。カメラ目線②^^。
IMGP4555.jpg
かわいいウサギを散歩させている方がいました。カメラ目線③^^。
IMGP4615.jpg
かくれんぼ。
IMGP4595.jpg

見頃の河津桜が!今日お花見ができるとは思ってもいなかったので
とても嬉しかったです。近所の方もゴザ敷いて寛いでいました。
IMGP4611.jpg
彼らは花見・・・ではありません。美味しい蜜を逃す手はない!
ヒヨドリも満足げ。
IMGP4602.jpg
くちばしにいっぱい花粉を付け、アクロバットなメジロ。
IMGP4645.jpg
メジロのポーズもばっちり。この写真、当ブログのトップ画像に採用しました。
IMGP4619.jpg
野鳥が多く、他にシジュウカラ、ツグミ、シロハラ、キジバト、ムクドリなど確認。
この公園、新緑の時期などとてもキレイなのではないでしょうか。


公園から歩いてすぐの所に目黒不動尊があります。
開山は平安時代という関東最古の不動尊。現在の伽藍を整備したのは
三代将軍家光だそう。
ぐるりと境内を回って、時間の都合で今回の散歩はここまで。
近くの五百羅漢寺などもっと歩きたかったのですが、またの機会に☆


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

| 福朗散歩 | 09:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。